what's?? のなんちゃってアスリート日記

陸上競技と筋トレを中心に、日々の生活について書いています。100mで11秒5が当面の目標です。

鼻中核矯正術-手術後二カ月

2012-01-16 22:23:09 | 鼻中隔矯正術

今日は一カ月ぶりの鼻の検診でした。
少し左の鼻が詰まり気味でしたが、手術跡はもうすっかりきれいになっているそうです。
検診も次回で終わりでいいでしょうとのことでした。
友人に鼻中隔湾曲症の話をすると、自分も医者にそう診断されたという人が結構いますね。
日本人には多いみたいです。
しかし一週間前後の入院となるとやはりハードルが高いですよね。
僕も今の職場で無かったら受けていなかったかも知れません。

人それぞれ状況が違うので安易にお勧めすることは出来ませんが、
僕自身は思い切ってやってよかったと思っています。
もし手術を考えている方は、費用の安さなどでは無く、
信頼出来るお医者さんを見つけることを最優先すべきです。
どうせやるならば中途半端な気持ちではやらない方がいいと思います。
それでは。

コメント (2)

鼻中核矯正術-手術後一カ月

2011-12-12 22:52:33 | 鼻中隔矯正術

鼻中隔矯正術を受けて約一カ月が経ちました。
今日の検診では左の鼻に残っていた糸を抜いてもらいましたが、
おかげでますますすっきりしました。
ブログに書いてある通りガンガン運動していますが、全く問題はありません。
まだ鼻呼吸の仕方がよく分からなくて(?)戸惑うこともありますが、
とにかく手術前とは世界が違いますね。
手術を受けて本当によかったです。
また一ヶ月後に検診がありますが、その頃にはさらに良くなっていることを祈ります。
それでは。

コメント

鼻中核矯正術-入院八日目

2011-11-14 22:11:13 | 鼻中隔矯正術

ついに退院の日がやってきました。

朝の検診で最後の鼻掃除をしてもらい、問題無いと言われました。
次は一週間後の外来に来るように言われました。
しばらくは通院をしながら様子を見るようです。
最後に寝る前に飲む錠剤と、点鼻薬をもらいました。
退院したからと言って完治したわけではないので、忘れないようにしないといけませんね。

午前10時前に、迎えに来てくれた両親と共に病院を後にしました。
長いような、短いような入院生活がついに終わりました。

綿球も必要無くなり、今はマスクのみ着用しています。
術後の経過はまた更新しますが、現時点では手術をして本当によかったと思っています。
とにかく鼻がよく通りますね!
今まで味わったことの無い感覚なのでびっくりしています。
同じ手術を受けた後輩の、「鼻ってこんなに通るものなんですね」という言葉の意味がよくわかりました。
命に関わることではありませんが、やはり鼻が通った方が生活がずっと楽になりますね。
思い切って決断してよかったです。
それでは。

コメント (4)

鼻中隔矯正術-入院七日目

2011-11-14 22:00:24 | 鼻中隔矯正術

入院生活も大詰めです。

朝の検診でついに全てのガーゼを取ってもらいました!
驚くほど鼻が通る気がしましたね。
出血もほとんど無く、予定通り翌日に退院ということになりました。
いやー本当にうれしい瞬間でした。
習慣ですぐに綿球を詰めてしまいましたが(笑)

ガーゼが無くなったせいか、まだ綿球には血が染みてきますし、喉に回る血もあまり減ってはいません。
先生には問題無いと言われたので一安心ですけどね。
外出の許可が取れたので、昼食後に徒歩で帰宅しました。
二時間なのであっという間でしたが、やはり我が家はいいですね。

病室に帰ってからシャワーを浴び、帰り支度も少しずつ始めました。
そうこうしているうちに夕食になり、その後はずっと日本シリーズを観ていました。
もう必要無さそうでしたが、念のため綿球をつけて寝たんですが…
見事に口が乾いてしまい、何度か起きてうがいに行きました。
口呼吸だけだと想像以上に乾いてしまうものですね。

ついに明日で退院です!

コメント

鼻中隔矯正術-入院六日目

2011-11-13 10:31:45 | 鼻中隔矯正術

もう入院生活にはすっかり慣れました。

朝の検診ではほとんど出血が無かったため、
ガーゼの枚数も左が4→2、右が3→1と減りました。
鼻が詰まっている状態が普通になっていたので、ずいぶんスースーする感じがします。
この調子なら予定通り月曜(入院八日目)で退院だね、とのことでした。
うれしいことですね!

まだ外出の許可は出なかったので、だいぶ時間を持て余すようになりました。
ブログを更新し始めたのもこの日です。
これ以上後になると入院当初の記憶が曖昧になりそうだったので、
いいタイミングで書き始められたと思います。
また、順番では無かったのですが、特別にシャワーも浴びさせてもらいました。

鼻に詰めた綿球の交換はほとんど要らなくなりましたが、
喉に回る血の量は少し増えた気がします。
ガーゼの枚数が一気に減ったからでしょうか。
とはいえこれも先生に言われていたので想定の範囲内です。

夜もよく眠れましたが、喉に回った血を出すために何回かは起きました。
まだ結構な量が出るんですが、これは退院後もしばらくは続くかも知れませんね。
翌日には退院に関する説明があるとのことでした。

コメント

鼻中隔矯正術-入院五日目

2011-11-12 15:26:50 | 鼻中隔矯正術

入院生活も後半戦に入りました。

まずは前日から持ち越してしまったガーゼ交換です。
前日に半分やっていたおかげで、残りの半分はそこまでつらくはなかったです。
左の鼻の方が出血がひどかったので、この日は左に4枚、右に3枚入った状態になりました。
以後のガーゼ交換は一回目ほど痛くはないので一安心です。

点滴も無く、ガーゼ交換も山場を越えたので精神的にはだいぶ楽になりました。
シャワーもオーケーが出たので久々に体も髪もきれいに洗いました。
伸びっ放しだった髭も剃り、だいぶ普通の状態に戻ってきました。
その後は本を読んだり教科書を読んだりネットサーフィンをしたりして、
時間を有効的に使うことが出来ました。

入院していると曜日感覚が無くなりますが、気付いたらもう金曜日でした。
明日から日本シリーズも始まるなと思いながら、気持も前向きになってきました。
まだ少し血は出ていましたが、問題の無い程度のようです。
いよいよ退院が視野に入ってきました。

コメント (3)

鼻中隔矯正術-入院四日目

2011-11-12 15:03:02 | 鼻中隔矯正術

個人的には一番つらい一日でした。

かなり痛いと聞いていたガーゼ交換の日がやってきました。
服には念入りにエプロンをかけられ、両手には血を受ける皿を持っていよいよ開始です。
鼻に詰まっているガーゼがピンセットで一枚ずつ抜かれていきますが、これが痛い!
泳いでいる時、鼻に水が入ると痛いですよね?あれの強烈なやつです。
しかも僕は他の人より出血がひどかったようで、エプロンをしていても服がかなり汚れました。

左の鼻のガーゼを抜き終わったところで一休み。
そして今度は新しいガーゼが入ってきますが、これもそれなりに痛かったです。
それが終わった時点で先生が、
「ちょっとつらそうだから右の鼻は明日にしようか」
と言って下さいました。
僕が返事を迷っていると、迷うくらいなら明日にした方がいいよということでした。
というわけで右の鼻は翌日に持ち越しとなりました。
今思えばつらいことは一気に済ませておくべきでしたが、
あの時点ではそう考えている余裕がありませんでしたね。

ガーゼ交換は痛いとはいえ時間としてはほんの数分のことです。
しかしこの日はもう少しつらいことが待っていました。

その後、なんとなく喉の奥がむずがゆい感じがしていました。
先生にも看護師さんにもそのことは伝えておきましたが、
手術の際に少し痛んでしまったのかな、くらいに考えていました。
しかし午後になって違和感が強くなり、
横になっていないと常に戻しそうな状態になってしまいました。
外来を終えた先生のところに飛んで行って診てもらうと…衝撃の事実が!
翌日に持ち越した右の鼻のガーゼの一部が喉のあたりに落ちてきていたんですね。
これでは常に戻しそうになるのも当たり前です。
すぐに取ってもらうと、嘘のようにすっきりしました。
邪魔くさかった点滴もこの日で終わり、峠は越したかなという感じです。

そんなこんなでこの日はつらかったです。
あまり脅かすようなことを書くと、
これから手術を受けようか迷っている人は不安になるかも知れませんが、
事実は事実として書いておこうと思いました。
ただ、ガーゼが落ちてきて苦しんだのは滅多にないことだと思うので心配しないで下さいね。
大事なのは少しでも違和感を感じたら我慢せずに言うことです。
翌日からいよいよ後半戦です。

コメント

鼻中隔矯正術-入院三日目

2011-11-12 14:16:16 | 鼻中隔矯正術

手術から一夜明けました。

この日から食事も三食オーケーです。
とにかくお腹が空いていたのでまずは朝食をむさぼるように食べました(笑)
幸い食欲は旺盛で、三食ばっちり食べられました。
そして食後に計三回、痛み止めと整腸剤の服用が始まりました。

朝の主治医との面談では、「明日のガーゼ交換が一番つらいから」と言われました。
確かに、手術後から鼻の中にはガーゼがパンパンに詰まっているのです。
外から見てもはっきり分かるくらい鼻が膨らんでいます。
どのくらいつらいのか想像もつきませんが、やはりちょっと不安にはなりましたね。

この日も一日中点滴を打っていました。
別に痛くはありませんが、移動時には常に点滴台を動かさなくてはいけないので面倒です。
そして前日からやっている血出しと綿球交換は相変わらずです。
徐々に血の量も減ってきたので一安心でした。
まだ入浴は出来ないので、タオルをもらって体を拭くだけです。

というわけで三日目は面倒なことはあってもつらいことはありませんでした。
そして明日は一番の山場、ガーゼ交換がやってきます。

コメント

鼻中隔矯正術-入院二日目

2011-11-12 09:42:42 | 鼻中隔矯正術

いよいよ手術当日です。

手術は午前中ですが、まずは朝に浣腸をしました。
初の体験でしたが、あまり気持ちのいいものではありませんね…
トイレにいる間はけっこう苦しかったです。
体中が軽くしびれて頭がぼーっとしてしまいました。
不思議だったのは、これが陸上のインターバル走で追い込んだ後の苦しさと全く同じだったんです!
ああ、これはいつもの感覚じゃないか(笑)ということで耐えることが出来ました。

手術前にはまず点滴を打たれました。
初めての経験でしたが、邪魔くさいですね…これはもう二日間続きます。
また、直前には肺塞栓(エコノミー症候群みたいなもの?)予防のため、
きつめのストッキングを履かされました。
これも陸上のロングスパッツと変わりなかったので特に違和感はありませんでした。
10時半にお呼びがかかって別の階の手術室へ。
全身麻酔の手術には同伴者が必要なので、両親が来てくれました。
もちろん、外で待っているだけですけどね。
両親には長い時間に感じられたのではないでしょうか。

手術台に乗せられてもあまり怖い感じはしませんでした。
そのうちに麻酔が効いてきて…後は何も覚えていません。
気付いたら病室のベッドに寝ていました。
手術は非常に順調で、予定よりずっと早く終わったそうです。

もっとダメージがあるのかと思いましたが、いたって元気でした。
ただ、術後5時間はベッド上で安静にしなくてはいけないので、けっこう退屈でした。
しばらくは酸素マスクもつけられていました。
ここからは喉に落ちてくる血をティッシュに出すのと、綿球交換をひたすらやります。
血を飲み込んでしまうと気分が悪くなるので、その前にティッシュに出すんですね。
真っ赤な血を見るとちょっとびっくりしますが、痛いとかそういうことは一切ありませんでした。
綿球は出血を止めるために鼻に詰めます。
最初のうちはすぐ血が染みてきてしまうので、せっせと交換していました。

こんな調子で手術当日は過ぎていきました。
鼻が完全にふさがっているのでしゃべりにくく、口の中も乾いてしまいますが、
我慢出来ないようなものではありませんでした。
この日も特に問題なくよく眠れました。

コメント

鼻中隔矯正術-入院一日目

2011-11-12 09:26:20 | 鼻中隔矯正術

ついに入院の日がやってきました。

自宅から徒歩で行ける病院なので、その点は便利ですね。
午前中に両親とともに入院病棟に到着。
病室に案内され、入院と手術に関する説明を聞きました。
手術のスケジュール、全身麻酔、薬、手術のリスク等かなりボリュームがありましたね。
予定は二日目に手術、その後徐々に鼻に詰めたガーゼを減らしていって、
手術後一週間で退院というものでした。
そして全ての同意書にサインしてついに入院生活スタートです。

この日は昼食と夕食が出されました。
よく病院食は美味しくないと聞きますが、ここの食事は美味しいです。
おかげで毎日食事が楽しみです。
これはありがたいことですね。
手術当日は一切食べられないので、しっかり味わっておきました。
また、しばらく入れなくなるので風呂にも入れてもらいました。

この時点では「明日が手術か」という感じはあまりしませんでしたし、
夜もぐっすり眠れました。
むしろ鼻が良くなってこれまでの苦労から解放される期待感の方が大きかったです。

コメント