what's?? のなんちゃってアスリート日記

陸上競技と筋トレを中心に、日々の生活について書いています。100mで11秒5が当面の目標です。

マー君…

2013-11-02 23:02:29 | スポーツ観戦記

今日は掃除、買い物、筋トレを済ませてから日本シリーズをテレビ観戦しました。
大方の予想を覆して菅野がマー君に投げ勝ったのはすごかったですね。
マー君についに黒星が付いてしまったのは残念ですが、
最終戦までもつれたことで見る方としては楽しみが一日増えました。
しかし高校野球張りの160球完投はすごかったですね。
むしろ肩が大丈夫か心配になってしまいますが…

今年の日本シリーズはどの試合も緊張感があって面白いですね。
リーグ優勝者同士、力を出し切っているなぁという感じがします。
明日も楽しみですね。
それでは。

コメント

勝利の花火を

2010-08-25 15:55:31 | スポーツ観戦記
今日は仕事を早めに切り上げてこれから野球を観に行きます。
神宮球場の横浜-ヤクルト戦です。
ベイスターズはここのところ負けが込んでいるので…そろそろ勝って欲しいところです。
ビジターなので3塁側になりますが、頑張って応援してきます!
今日は5回裏に花火が上がるそうなので、それも楽しみですね。
それでは。
コメント

雨には勝てず…

2010-05-24 21:15:16 | スポーツ観戦記
今日は平塚球場の横浜-ソフトバンク戦を見に行く予定でしたが…残念ながら雨で中止となりました。
昨日も一日中雨で全く走れませんでしたしね…
悔しいですが、雨には勝てませんね。
まだ梅雨には早いと思うんですが、いまいちすっきりしない天気が続きますね。
来週日曜日の陸上の試合も微妙なところです。
こればっかりは祈るしかありません。
今日はこれから上半身の筋トレをする予定です。
それでは。
コメント

すごいよ、日馬富士!

2009-05-25 22:06:25 | スポーツ観戦記
少し更新間隔が空いてしまいました。
遅ればせながら、昨日終わった大相撲夏場所の雑感を。
日馬富士の初優勝はすごかったですね。
大関に昇進してからは精彩を欠いていましたが、ついに本領発揮という感じでしたね。
身長はあるものの、体重は幕内最軽量の126kgですからね~。
山本山の半分ですよ(汗)
大型の力士が増える中で、相撲は体重では無いことを証明してくれていますね。

幕内に上がってきた頃は上位にはなかなか歯が立ちませんでしたが、
その気迫にはただならぬものがありました。
思えば朝青龍もそうでしたね。
今に強くなるだろうなと思っていたら、あれよあれよと言う間に周りを追い抜いて、
ついに横綱に手の届く位置まで来てしまいました。
日本人力士に足りないものは…力や技では無く気迫なんでしょうか。
実力はあるのにもう一つ伸び悩んでいる人がいっぱいいますよね。
気迫と言えば稀勢の里なんですが、もう一息という感じですよね。
今場所の13勝2敗を自信にそろそろ一皮むけてほしいところです。

それと、あまり批判を書きたくは無いんですが、
かど番とギリギリの勝ち越しを続けている大関を見ていると情けなくなってきます。
その上、それでお客さんの同情を買っているようでは………うーむ。

それでは。
コメント (2)

連覇しちゃいましたね

2009-03-24 22:53:42 | スポーツ観戦記
いやーすごかったですね、WBCの決勝は。
3年前の前回大会は出張中で見られなかったんですが…
今回は最初から最後まで仕事そっちのけでバッチリ見てしまいました。
しかし最後の最後に美味しいところを持っていってしまったイチローを、
ちょっとずるいなと思ってしまいました(笑)
ま、何といっても現時点で世界一のバッターですからね!

今回は日本代表のチームワークが光りましたね。
誰かが調子悪いときは他の人がカバーするという感じで、
全員が自分の仕事をしてくれたという印象が強いです。
MVPは松坂でしたが、本当に全員で勝ち取った世界一ですよね。
そしてピッチャーの層の厚さは他国に比べてずば抜けていたと思います。
3年前はちょっとタナボタ的なところがありましたが、今回は文句なしの優勝だと思います。
やっぱり日本の野球は強いんだなとあらためて感じました。

横浜ファンの僕としてはついに天才・内川が目覚めてくれたことがうれしいです。
昨年の首位打者獲得がまぐれでないことを証明してくれたと思います。
ただ、村田の故障は痛いですね。本当に痛い。
連覇の興奮冷めやらぬままペナントレースも開幕ですが、
ただでさえ厳しい状況の横浜はさらに苦戦を強いられそうです。
ここは日本代表のチームワークを見習って、
村田の穴を埋めるよう選手一丸となって頑張って欲しいところです。
それでは。
コメント (2)

オープン戦観戦記

2009-03-17 20:11:13 | スポーツ観戦記
今日は横浜vs楽天のオープン戦を観てきました。
横浜のスタメンは
 1(中) 松本
 2(二) 石川
 3(指) ジョンソン
 4(右) 吉村
 5(一) 内藤
 6(左) 大西
 7(遊) 藤田
 8(捕) 細山田
 9(三) 山崎
  (投) ウォーランド
でした。
記憶だけで書いているのでもしかしたら間違っているかも知れません(汗)
青空の下で試合を観るのは久々です。
やはり気持ちいいですね。
ただ日差しがかなりきつかったので、サングラスを持っていって正解でした。

結果は3-1で横浜の勝利!以下は簡単なレポートです。
先発のウォーランドは2回までは上々の出来でした。
以降はランナーをためて苦しみましたが、なんとか切り抜けて5回無失点。
その後は1イニング毎に那須野・真田・山口・石井とつなぎましたが…
どうもピリッとしない内容でした。
やはり中継ぎ・抑えは今年も課題ですね。
内野守備陣は大きなミスも無く、再三ピンチを救ってくれました。
こちらはいい感じだったと思います。

打撃の方は、チャンスは作るけれどなかなか返せないというのが現状ですね。
石川のタイムリーと吉村のソロで何とか3点取りましたが、もったいない場面が多かったです。
よくボールを見極めて有利なカウントにするところまではいいんですが、
もう一息、しぶとさが欲しいところですね。
村田・内川が不在とはいえ、もう2~3点は取りたかったですね。

楽天は中盤以降は代打攻勢でしたが、やはり中村ノリは怖いです!
最初の打席もあと数メートルでホームランでした。
あれが入っていたら流れが変わっていたでしょうね…
やはり野村監督は代打の使い方もうまかったです。
1失点で勝利したものの、本当に薄氷の勝利という感じでしたね。

いろいろと不安な面もありましたが、とりあえずは勝ってよかったです。
これでオープン戦は勝率5割復帰です。
いきなり優勝を狙うというのはきついと思いますが、
だいぶチームも若返りましたし、今年は何とか浮上のきっかけをつかんで欲しいですね。
それでは。
コメント

4番は誰に?

2008-11-27 22:09:02 | スポーツ観戦記
ヤンキースの松井がWBCに出られないのは残念ですね。
実際、シーズン中もあまり試合に出られませんでしたから仕方ないと言えば仕方ないかも知れません。
巨人時代はケガに強いことで有名でしたが、メジャーではケガに泣かされ続けていますよね。
まだ若いですし早く元気な姿を取り戻して欲しいものです。

で、4番候補ですが、横浜の男・村田、巨人の小笠原、SBの松中、広島の栗原あたりが噂されています。
2年連続ホームラン王、今年は打率も大幅に伸ばしてきましたし、
何より横浜ファンとしては村田に期待してしまうわけですが、
これまでの経験を考えると小笠原かなぁという気もします。
いずれにしろ、どんなチームになるかとても楽しみです。
中日の選手が不参加というのが少々引っかかるんですけどね。
あとは肝心のアメリカが全然乗り気でないというのも…
前回は第一回ということもあっていろいろと手探り状態でしたが、
今後盛り上がっていくか否かは今回にかかっている気がします。
サムライジャパンの強さを世界に見せ付けてほしいものです。
それでは。
コメント

初日から飛ばしてます

2008-11-13 19:32:15 | スポーツ観戦記
今日は三井住友VISA太平洋マスターズの初日を観戦してきました。
先週末が無休だったので…行ってきてしまいました。
今回の目玉は今年のマスターズチャンピオン、南アフリカのトレバー・イメルマンと
米ツアーで初勝利を挙げた今田竜二、
そしてもちろん日本が誇る石川遼クンであります。
最初にお断りしておきますが、今回の書き込みは長いです(笑)

早起きして朝7時過ぎにコースに到着し、まずは各選手の練習をしっかり見てきました。
遼クンはずいぶん早くから練習していましたが、いったんいなくなってからまた現れて練習をしていました。
打ち込みを2回も行う選手はあまり見たことがありませんが、彼なりの調整法なんでしょうね。
スイングに関しては、昨年見たときより確実に安定感が増していました。
少々トップでシャフトがクロス気味に入ってなっていたようですが、気になる程ではありませんでした。
体も明らかに大きくなっているようです。なんといってもまだ高校生ですもんね~。
片山はいつものように色々な練習器具を使っていました。
左腕に小さなボールをつけていたんですが、あれはどういう効果があるんでしょうか?興味ありますね。
そしてたびたび繰り返す左素振り。
テンガロンハットとともに片山の代名詞になりつつあります。
やはり誰よりも研究熱心ですね。僕らも見習わなくてはいけません!

遼クン・今田・矢野という最高のペアリングでしたので、まずはこの組について9ホールを回ってきました。
インスタートの11番で遼クンがエッジから見事にイーグル!
一方二人はなかなか波に乗り切れず苦しいスタートでしたが…
18番では矢野がセカンドをピッタリつけてほぼオーケーイーグル(汗)
二人もバーディーを奪っていい流れでハーフを終えました。
観客が増えすぎてしまったので…後半は片山・谷原・イメルマンの組につくことにしました。
こちらもかなりいい組み合わせなんですが、なんせ遼クンの組に客を取られてしまって少々寂しかったです。
その分間近でじっくり見られたのでよかったんですけどね。
この組は3人とも好調で、6番はセカンドを左に外した片山が絶妙のアプローチでチップインイーグル!
今日は3つもイーグルを見ることが出来ました。来た甲斐がありましたね。

イメルマンは派手さはないんですが、とにかくステディでしたね。
飛距離もやや抑え気味でしたが、飛ばすべきところはしっかり飛ばしてきて、
ドライビングディスタンスは295ヤードで全体の8位。
もう少しパットが決まっていれば6、7アンダーくらいまでいったかも知れませんね。
なんというか、マスターズチャンピオンを普通に間近で見られるのがなんとも不思議な感じです。

今日特にしっかりと見た6人の結果は…
-6:遼クン(単独首位!!)
-5:片山
-3:イメルマン、谷原
-1:今田
+1:矢野
となりました。
さすがに好調の選手たちですから見ごたえがありました。
矢野も明日以降は巻き返してくるでしょう。
この時期にしては信じられないくらい暖かく、コンディションは最高でしたね。
木曜日だというのに観客の多いこと多いこと。
遼クン効果は絶大であります。
あと、遼クンパパと谷原夫人(元プッチモニ)もしっかりと見てきました。
役者も揃っていますし、今週末の優勝争いが非常に楽しみなところですね。

いいスイングを見ていいイメージをたくさんもらってきたので、帰ってきてからはひたすら素振りをしています(笑)
見るのもやるのも最高です。ゴルフをやっていて本当によかったです。
それでは。
コメント

岸!平尾!

2008-11-09 22:21:09 | スポーツ観戦記
今年の日本シリーズはなかなかに見ごたえがありました。
補強で役者を集めに集めた巨人と、昨年屈辱の5位から華麗に復活を遂げた西武。
初めて野球を見に行ったのもこのカード、
出来たばかりの東京ドームでのオープン戦でしたから、なおさら思い入れがありますね。
当時選手だった原・渡辺久信が今や監督だというのを思うと、
それなりに年を取ったなと感じてしまいます(汗)

短期決戦ではラッキーボーイが必ず出てくるものですが、今回は岸と平尾でしたね。
岸の中2日での快投は本当に見事でした。
誰もが9回グラマンを予想していたところでの続投でしたからね。
渡辺監督の賭けが見事に当たりましたね。
平尾の勝負強さもすごかったです。
二日連続で試合を決めたわけですから、その集中力には脱帽です。
ただ、西口さんには日本シリーズ・東京ドームでの相性の悪さを断ち切って欲しいところでした。
そこだけはちょっと残念でしたね。

お互いに正捕手をケガで欠き、3番もケガの癒えない苦しい戦いでした。
西武はブラゼル、GGもいなかったわけですからね。
最後は若干、采配の差が出たのかなぁと、結果だけを見れば感じてしまいますが、
まあそれについてはこれ以上言う必要もないでしょう。

これで今年のプロ野球も完全に終わり、少々寂しいところです。
後はトレード等でどのくらい人が動くかに注目したいですね。
それでは。
コメント

日本のゴルフ界が変わる!その瞬間です!

2008-10-19 19:09:08 | スポーツ観戦記
男子プロゴルフの日本オープン、非常にいい試合だったと思います。
リードしたらやっぱり片山選手は絶対的な強さがありますね。
永久シードも決めましたし、まだまだ日本の第一人者はゆるがないところでしょう。
しかし何といっても特筆すべきは単独2位に入った石川遼選手です。
(正直、もう「遼クン」などとは呼べません…)
ラフに入るリスクを避けるべく、有力選手がほとんどドライバーを使わない中、
公約通り4日間ブンブン振ってスーパーショットを連発してくれました。
日本オープンと言うとみんなティーショットからアイアンで刻んで、それでも曲がってラフに入れて…
という我慢比べになるわけですが、石川選手だけは違いました。
真のスーパースターは既成の概念を打ち破って台頭してくるものですが、石川選手はまさにそれですね。
「自分の最終目標はここではない。こんなところで萎縮してドライバーも打てないようでは世界には通用しない」
という石川選手の内なる意思が伝わってくるようでした。
この4日間のプレーは単独2位という結果の何倍もの意義があると思います。
日本のゴルフ界の新しいスタートになると言っても過言ではないでしょう。
タイガー・ウッズが出てきたときもそうでしたね。
圧倒的な飛距離、どんな時でも果敢にチャレンジし、
ギャラリーの期待に応えるどころかそれをはるかに上回る結果を出してくる…
タイガーの出現によって、どのコースも全長を伸ばすために大幅に改造され、
他の選手は彼に負けじと筋力トレーニングに励むようになりました。
その結果、世界のゴルフが今までとは比べ物にならないくらいハイレベルになり、
日本のゴルフ界は完全に置いていかれる格好になりました。
そういう危機的な状況の中で、石川選手の出現は間違いなく日本ゴルフ界を変えてくれると信じています。
大袈裟に思われるかも知れませんが、決してそうではないと僕は思います。
興奮してずいぶんと書いてしまいました(汗)
それでは。
コメント (2)