思いつくまま

思いついたことを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サッカーアジアカップ予選、ホームの日本対バーレーン戦。

2010年03月03日 23時23分00秒 | サッカー
豊田スタジアムでのサッカーアジアカップ予選、ホームの日本バーレーン戦。
両チームともアジアカップの本戦出場は決めている消化試合だし、平日の寒い夜ということで、スタンドはガラガラになるかもと思っていたが、結果は杞憂で満員だった。
先月の東アジア選手権であまりにも不甲斐無い戦いをした岡田ジャパン、今回は欧州組まで合流させて危機感を持って試合に臨むということで、どういう試合をするかという期待が高まったのと、豊田で2回目の国際Aマッチなのと、最近急に暖かくなったなどの要因で、チケットが前売りで4万500枚売り切れたようだ。
相手がミラン・マチャラ監督率いるお馴染みのバーレーン、これまでもう何度も対戦していつも1点差の接戦ばかりなので、今度こそは大量点で勝って欲しいと思っていた。
日本のスタメンはFWが岡崎の1トップ、MFが中村俊、本田圭、松井、遠藤、長谷部、DFが中澤、トウーリオ、長友、内田、GKが守護神楢崎だった。
シンガポールの審判団だった。

試合は、立ち上がりから中村俊や内田が積極的にミドルシュートを打ったりしたが決まらず、逆に13分には長谷部のクリアであわやの場面もあったり、25分のクロスは楢崎がパンチングで逃れた。
そして、ようやく36分に左から松井がクロス、これを右から走り込んだ岡崎がフリーでヘディングシュート、ゴーーール
ロスタイムの松井のシュートはGKに防がれた。
前半は1対0。
後半もチャンスはありながら決められず、逆に攻め込まれる場面もあった。
22分に、松井に代えて森本を投入したが、なかなか決定的な場面は作れず。
そのまま試合が進み、42分に中村俊に代えて玉ちゃんを投入。
最後の最後、ロスタイムに右から内田のクロス、森本は触れなかったが、その奥にいた本田圭がヘディングシュート、ゴーーール
そのまま試合終了。
日本がバーレーンに2対0で勝った。
アジアカップ予選は、日本が1位通過、バーレーンが2位通過となった。

試合は、勝つには勝ったが、結構危ない場面もあったし、とにかく点が取れないヤバイ感じが残ったままだった。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2月のアクセス解析結果 | トップ | つボイ楽耳王2010年3月... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (スポーツ瓦版)
2010-03-04 12:37:43
TB有難う御座います。
本田ゴールあったから悪いの半減と言う感じですよね。
コメントありがとうございます。 (まっちゃ)
2010-03-04 22:10:26
>スポーツ瓦版様

2点目が取れて良かったけど、ワールドカップでとても4強を目指しているチームの試合とは思えませんでした。

サッカー」カテゴリの最新記事