思いつくまま

思いついたことを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サッカーワールドカップドイツ大会、1次リーグF組 日本対ブラジル戦

2006年06月23日 06時02分37秒 | サッカー
ドルトムントでの日本ブラジル戦。これがジーコジャパン最後の試合か。日本は、決勝トーナメント進出には、ブラジルに2点差以上の差をつけて勝って、それでも結果待ちの試合だった。
ジーコ監督は、就任後初めて先発メンバーを事前に予告しなかった。その先発メンバーは、DFに出場停止の宮本に代わり坪井が入り、ボランチに稲本、FWにグランパス玉ちゃんと「マキッ、 うぉー(代表発表の時の会場の驚き)」の巻の4-4-2。キャプテンマークは中澤が巻いた。対するブラジルは、勝ち点6を取って余裕があるため、アドリアーノ、ロベカル、カフーなど5人を休ませ、ロビーニョが先発した。
余談だが、NHKの放送は、4年前のトルコ戦の失点シーンで、「アーー、フィッチー」と訳のわからない言葉を発していた、また終わらせるのかよー野地アナだった。
前半ブラジルが押し気味ながらも、DFはよく耐えていた。中田英のミスが気になった。加地からのセンタリングに、ブラジルDFあわやOGになりそうだった。
そして迎えた前半34分、三都主のパスを受けたグラ玉ちゃんが、左から得意の左足でシュートゴーーーーーーーーール。ブラジルは久しぶりに本大会で失点。期待していいのか
しかし、前半終了間際に、日本はゴール前でボールウォッチャーになってしまって、太っちょロナウドに1点プレゼント。ここで、川口らが下を向いてしまった
気持ちを立て直せないまま、後半8分、ジュニーニョ・ベルナンプカーノがミドルシュート、川口反応できず失点。10分に小笠原引っ込めて中田浩をボランチに入れ、中田英を前に出した。14分、ロナウジーニョのパスを受けたジウベルトの強烈ミドルがゴールネットを揺らした。巻に代えて高原投入するも、すぐに足を痛めて大黒と交代。ブラジル余裕の玉回し。
カカ、ロナウジーニョを休ませて、ゼ・ロベルト、リカルジーニョ投入。
36分、ボールウオッチャーになっている日本DFを横目に、太っちょロナウドに2点目をプレゼント。ブラジルはGKジダを引っ込める余裕の選手起用。中村FKで輝けず。そして何も無くタイムアップ。1対4の大敗。
試合終了後、中田英、ずーーーーっと立ち上がれず。 _| ̄|○ 
結局、1勝もできずに、1分け2敗でグループリーグ敗退。ブラジル余裕の勝ち点9で1位通過。2位はヒディングマジックのオーストラリア、最終戦でクロアチアと2対2で引き分け勝ち点4。3位がクロアチア、最下位が日本だった

コメント (5)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 木村元彦著『オシムの言葉-... | トップ | 中日、森野の大活躍で巨人に... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (しょうちゃ@BlogAnoia)
2006-06-23 21:07:20
ブラジルのサッカーを見て思いました。あれが「横綱相撲」というものなんだなぁ…て。って言うと日本は前頭何枚目?(^^;



前回大会のように、ブラジルのような横綱と試合をする前に負けてしまうのではなくて、今大会のように横綱に胸を借りることが出来て、日本サッカーにとって必ずプラスになるはず。



あぁ、私ってばポジティブ。TT
コメントありがとうございます。 (まっちゃ)
2006-06-23 22:16:52
>しょうちゃ@BlogAnoia様

うーん、本気の(といってもベストメンバーではない)ブラジルとの差は、想像以上のものがありました。完膚なきまで叩きのめされた感じです。

Jリーグも含めて、日本全体のサッカーレベルの大幅な底上げが無ければ、オーストラリアが入り、アジア枠が削られると思われる2010年の南アフリカ大会は、出場すらむずかしいかもしれません。
TBありがとうございます! (tets)
2006-06-23 22:22:16
中田英・・・泣いてましたね!彼・・・そうとう頑張ってましたもんね
Unknown (mirupon)
2006-06-23 23:05:15
今回の試合もオーストラリア戦と同じで、1失点してからはもう反撃するどころかすき放題やられたという感じがしました。

技術的な差もそうとう大きいと思いますが、精神面でも負けてました。



4年後はほんとワールドカップ出場も難しいのではと思います。

チーム全体を引っぱれるような選手がまずは必要じゃないかと思います。



中田英だけはそうとう頑張ってたので悔しさも人一倍おおきかったのでしょう。



川口は調子の良い時と悪い時のムラがありすぎで、出来れば楢崎を出して欲しかったと思います。
コメントありがとうございます。 (まっちゃ)
2006-06-24 18:36:51
>tets様

全員が、中田英くらいの気持ちでやって欲しかったです。それでも、気持ちだけでは埋められない差がありました。



>mirupon様

グランパス玉田選手には、Jリーグでも頑張ってもらいたいです。

アジアのチームの結果を見ると、出場枠削減は避けられない上に、オーストラリアの参戦で、本大会出場は非常に厳しい感じがします。

GK川口は、スーパーセーブもあったけど、ムラがあり、フィードも悪く、ブラジル戦途中で下を向いてしまって、気持ちの切り替えができていなかったので、楢崎を交代で出して欲しいと、本気で思っていたら、ジダが交代してしまいました。チックショー。

サッカー」カテゴリの最新記事