ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



昨日の記事を読んでくれた人、じゃ、守護霊のアドバイスをガンガン受けたいけど、どうしたらいいのよ。・・・という疑問って、わきませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『常勝の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 各人には、守護霊という存在が必ず付いています。さらに、職業が専門分化してくると、その職業にふさわしい、いちだんと格の高い指導霊が付くこともあります。天上界には数限りない指導霊たちがいて、地上の人が、それなりの立場に立つようになると、その人に合った霊人たちの指導が始まるのです。やはり、こうした指導を受けるべきです。そうすると、非常に素晴らしい結果が出てきます。
 これについては、努力していくと、「援助を受けている」ということが、ある程度、自覚的に分かるようになってきます。
 この守護・指導霊の力を受けるためには、いつも虚心坦懐でなければいけません。私心というものをなくし、謙虚に、「仏神の力をこの世において体現しよう」という気持ちを持っていれば、しだいに、あの世からの指導のパワーが倍加していきます。
(41~42ページ)

必ずいてくれる守護霊だけじゃなく、指導霊って存在もいて、自分を応援してくれている。とても素晴らしいことですよね。

天上界(要は「あの世」ですよね)って世界が実際にあって、この世の私たちにアドバイスをくれたり、応援してくれてたりっていうのが、ホントなんだとしたら。

死んだらすべて終わりって考え方よりも、絶対、そっちの方がいいと思うけどな。 

 



『常勝の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




いつかすてきな男性にめぐりあえると思って、待っていても、ちっともチャンスがやって来ない。そんな人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『幸福のつかみ方』(幸福の科学出版)で、最初に大人の智慧として、こう教えておられます。

 すてきな男性とめぐりあう方法は、あなた自身がすてきな女性になっていることです。…
 すなわち、あなたのもっておられる美点のなかで、いちばん自信があるところを最高度に引き出し、そして自信のないところ、すなわち欠点とも短所ともいわれるところをできるだけ抑える工夫をするということです。…
 男性には、狩猟本能というものがあり、追いかけられるよりは、追いかけるほうが好きなのだという事実に気づいてほしいのです。
(10~12ページ)

そして、スピリチュアルな方面からも、こうアドバイスされます。

 人間には一人ひとりに、それぞれ「守護霊」という存在がついています。
 この守護霊とは、霊界に住むあなたの魂の兄弟姉妹で、男性にも女性にもついています。もちろんその守護霊が勤勉に働いているか、いねむりをしているかは各人さまざまで、一慨には言えませんが、この守護霊という存在は、あなたのいちばん引き寄せたいと思っている男性が、どういう男性であるかをじつによく知っているのです。
 ですから、この守護霊によくよくお願いしておけば、あなたの目に見えない世界で相手の男性の守護霊を探り当て、どうにかしてふたりが出会えるようなチャンスをつくってくれます。そのチャンスを素直に受取り、受け入れることです。そのときに、へんに自我の心を出してチャンスを逃さずに、みごとに守護霊のアドバイスを受け取ることが大事だと思います。
(12~13ページ)

これまで知らなかっただけで、実は、幸福のつかみ方って、とても簡単なのかもしれない。そう思ってしまうのは、私だけでしょうか。
 



『幸福のつかみ方』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アメリカのトランプ新大統領もすごいけど、フィリピンのドゥテルテ大統領って、ほんとにものすごいよね。それこそ、暴言王だし、法律なんか無視して統治したりしてるみたいだし。この人、どうなのよ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊メッセージ』(幸福の科学出版)の序文(Preface)で、こう教えておられます。

 最近来日されたフィリピンのドゥテルテ大統領がどういう人なのか。日本政府も、マスコミも、国際政治学者もさっぱり分からないらしい。ドゥテルテ氏の本心が分からなければ、日本も安全保障上のしっかりとした方針が出せず、アメリカ政府の顔色をうかがってばかり、といったことになりかねない。
 本書のドゥテルテ大統領の守護霊メッセージは、同時に彼の霊査(スピリチュアル・リーディング)もかねているので、“結論”がきわめて透明度の高いものとなっている。どうやら外見上、恐そうなこの方の本心は、“日本の武士精神”のようである。彼の言動だけで先入観を持ちすぎず、日本国としては、フィリピン政府は信じられる、という態度をピシッと決めたらよいだろう。
 日本の真なる独立をも願っている、真なる愛国者の姿を発見して驚くのは、読者の楽しみとして期待してもらうこととしよう。
(2ページ)

本書は、本年10月29日に収録された、フィリピンのドゥテルテ大統領の守護霊に対する英語インタビュー(「公開霊言」)の対訳本です。左ページには英語、右ページにその日本語訳が並べて掲載されています。

ただ、他の霊言の対訳本とかなり違うのは、なんと最初はちょっとたどたどしい感じの英語で話していた守護霊が、対話の途中で突然、流暢な日本語をしゃべりだして、それ以降は、日本語の対話部分の英訳がつけられた形になっているところです。

要は、ドゥテルテ大統領の守護霊は、日本人として生まれていて、「武士(もののふ)の心」を持った、あの有名な軍人だったわけで、もう驚くほかありません。

ドゥテルテ大統領が、訪日の帰路に飛行機の中で聞いた「神のお告げ」の真相とは?

アメリカや中国に対する外交の真意とは?

日本に対するその本心とは?

もう、スクープの連続というほかない本書は、フィリピンという国に興味関心がある方はもちろんのこと、これからのアジア外交を始めとする日本の外交の行く末を知りたい方、必読の文献と言ってもよいのではないかと私は思うのです。

 

『ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊メッセージ』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんだか不幸な人生なのよね。姓名判断とか、星占いとかみても、自分の運勢って、とてもよくないんだけど。こんな人生、運命なのかなあ・・・なーんて悩み持ってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『奇跡の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

「人間というものは、その人が考えるとおりのものである。自分が考えているところのものが、自分自身なのだ。
 あなたは毎日どのようなことを考えているか。あなたがくり返し考えていること、思っていることが、あなた自身なのだ。服装や外見などは関係がない。履歴書を見ても、あなたが何者であるかは分からない。要は、あなたが何を考えているかなのだ。
 人は、その人の思うとおりの人間になる。あなたが考えているところのものが、あなた自身なのだ」(中略)
 未来が肯定的か否定的か、楽観的か悲観的か、幸福であるか不幸であるかは、あなたの「心の種子」によります。
 未来を幸福なものにしようと思うならば、肯定的な種子を心のなかにまき、育てなければいけません。その種子を育てるには、常にくり返し考えることです。
(57~59ページ)

「考え方には人生を変える力がある」ってことです。悪い話ばかり信じて、自分で自分の人生を不幸にしていかないこと。自分で自分の人生は切り開いていくことができるんですよ。

これ、ホントなんですから。
 



『奇跡の法』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




学校の勉強とか、就職とかで、思い悩んでる若い人、いませんか?
これができるって胸を張れることがあるわけじゃないし、社会に出るって、どんなことなんだろう、自分は何者なんだろう、ってね。

幸福の科学の大川隆法先生は、『青春に贈る』(幸福の科学出版)で、「青春の方法」と題して、こう教えられています。

未来への自信は、まだないであろう。
過去と訣別するには、春はまだ浅すぎる。
しかし、無明(むみょう)の薄暗がりの中で、
手探りをしているのは、あなた独りではない。
恥ずかしくて消えてしまいたい日も、
悔しくて、涙が止まらない日もあるであろう。
挫折の中、
砂の如き時間を、噛み締め、
耐え続けることもあるであろう。
しかし、
それが青春。
それも青春。
未来の大鷲にも、
飛べない雛の時代はあるのだ。
(11~13ページ)

自分は、いま、飛べないヨチヨチ歩きの雛(ひな)かもしれない。けれども、未来は大鷲となって、大空を羽ばたいているんじゃないだろうか。

まず、自分の念いを変えるところから、成功するための青春の方法は、はじまっていくんですよね。



『青春に贈る』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




身近な人と、ぎくしゃくしてる人はいませんか? 今まで楽しくお話ししていたし、親しい関係だったはずなのに、なんだか最近、よそよそしい友だち。なんでだろう? どうしたらいいの? なんて、けっこうみんな体験してるんじゃないかな。

幸福の科学の大川隆法先生は、『希望の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 実は、人間関係がぎくしゃくするときには、たいてい、自分が慢心し、高慢になっていて、自分の気持ちが、かなり驕り高ぶっていることが多いのです。そして、自分のなかに、相手の悪いところを見て欠点探しや粗探しをする傾向があります。
(158~159ページ)

・・・と、自分の胸に手をあてて、うーん、そうだなあって思えたら、これはいけない、と素直に反省することが大切ですよね。すると、不思議なことに、自分の心が変わるだけで、あっという間に、また仲のいい友だちに戻れるんですよね。

心って、ほんとうに不思議なものです。
 



『希望の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今、人間関係がうまく行かなかったり、仕事がうまくいかないで、落ち込んでる人、いませんか? 今すぐできることで、運勢を変えて上昇気流に乗る方法ってないでしょうか。

幸福の科学の大川隆法先生は、『コーヒー・ブレイク』(幸福の科学出版) で、こう教えておられます。

 春の陽気のように、ぼかぼかとした雰囲気をつくることが、成功の秘訣です。
 心からは、いろいろな波長が出ているのですが、笑顔をつくることによって、チャンネルを替えるように、その波長が変わるのです。
 そして、体から出る波動が柔らかいものになります。(中略)
 普通、オーラは一定の形をしていますが、自分の姿を映しておいて、じっと見ながら笑ったりすると、ぱっとオーラが出ます。これは法則です。ニコッと笑うと、ぱっと出ます。
(22~23ページ)

まずは、ニコッと笑ってみて、自分の波動を柔らかく変えるところから始めましょう。これは、ほんとにすごく効き目のある方法ですよ。
 



『コーヒー・ブレイク』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




どうして身近な人を愛せないんだろう、と感じることはありませんか? 友だち、兄弟、姉妹、自分の夫や自分の妻、職場の同僚・・・。

幸福の科学の大川隆法先生は、『幸福へのヒント』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 愛せないのは、理解できないからです。「どうしてこの人を愛せないのだろう」と思うかもしれませんが、それは理解できないからなのです。理解できたら愛せるのです。(中略)
 相手を理解するためには、相手の言うことをよく聴くことも大事です。相手の話をよく聴いてあげると、相手を理解できるようになります。
 たいていは、自分の話を一方的に押し付けているのであって、相手の話を聞いていないのです。
 家庭においては、ほかには何もしなくても、ただ相手の言うことをよく聴いてあげるだけで解決する問題は、たくさんあります。
(215~218ページ)

ああ、聴いてあげることこそ、愛の出発点なんだと、改めて気がつきますね。

 



『幸福へのヒント』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アメリカ大統領選、世間ではトランプ氏が予想外に当選しちゃったって騒いでるよね。トランプ新大統領で、これから世界はどう動いていくのかなあ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『トランプ新大統領で世界はこう動く』(幸福の科学出版)のはじめに(Preface)で、次のように述べておられます。

これが「私の信じること」だ。
アメリカは、まだ生きていた。
アメリカは、アメリカであるべきだ。
アメリカは、偉大かつ力強い教師であるべきだ。
(大統領選の)結果が神の意志を示している。
今、それを信じなくてどうする。
ドナルド・トランプ氏の勝利こそ神の答えなのだ。
彼は合衆国を再建し、再び偉大ならしめるだろう。
私はそう希望し、私たちはそう希望し、
世界の人々もそう願っている。
この答えで正しいのだ。
アメリカが再び分裂することはないだろう。
(2~3ページ)

アメリカ大統領選でトランプ氏の勝利した翌日である2016年11月10日、大川隆法先生は、幸福の科学総合本部から世界に向けて、「On Victory of Mr. Donald Trump」と題した英語説法をされました。

本書は、その内容がそのまま活字に起こされ、日本語と対訳の形で緊急出版されたものです。

いま世界は、「TPP」(環太平洋戦略的経済連携協定)の問題、イスラム国(IS)問題、北朝鮮の核兵器問題、中国の大軍拡による近隣諸国への侵略問題、ロシアの問題等々、さまざまな課題が目白押しですが、今回当選したトランプ新大統領は、これらの問題すべての解決のカギを握っています。

大川隆法先生は本年1月の段階で、トランプ氏を高く評価しておられ、夏以降ハッキリと推薦しておられたわけですが、今回のアメリカ大統領選は日本にとっても世界にとっても良い結果になった、というのが本書に示された結論です。

大川隆法先生は、どうしてそう断言されるのか。どうしてトランプ氏をそう高く評価されるのか──。

その具体的な理由に興味がある方はもちろんのこと、来年以降の日本の行方、世界の行方に興味関心がある方にとって、間違いなく必読の最重要文献であると私は思うのです。
 

『トランプ新大統領で世界はこう動く』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんだか世界って、行き詰まってる感、ありすぎなんじゃないかなあ。日本とか世界とかは、どっちの方向にどう進んで行ったらいいの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『地球を救う正義とは何か──日本と世界が進むべき未来』(幸福の科学出版)のあとがきで、次のように述べておられます。

 地球レベルでの「正義」を語り始めたということは、私の仕事も、最終目標に向けて着実に進んでいるということだろう。
 先般、十月二日のニューヨークでの英語講演会、“Freedom, Justice, and Happiness”(『自由、正義、そして幸福』)をタイムズスクエアのホテルで開催した。それに先立って八週連続で、『フォックス・テレビ』という日本でいえばフジテレビか日本テレビに相当する有力チャンネルで、幸福の科学の紹介と私の講演内容が日曜日の午前中の礼拝時間帯に流れた(各三十分間)。反響は大きかったようだ。
 日本では地方局六~七局と、日刊ゲンダイやスポーツ紙、地方紙で何紙かが私の講演内容を伝えてくれるが、まだアメリカほど開けているとはいえない。ただ私の思想がアメリカ大統領選にまで影響を及ぼしていることは確実だ。
 一人でも多くの人が、日本に降りている「地球を救う光」、「地球を救う正義」に気づいてくれることを願う。日本と世界が進むべき未来。いくつもの難問を解決する道は、すでに示されているのである。
(148~149ページ)

私の仕事も、最終目標に向けて着実に進んでいる。

一人でも多くの人が、日本に降りている「地球を救う光」、「地球を救う正義」に気づいてくれることを願う。

いくつもの難問を解決する道は、すでに示されているのである──。

この「いくつもの難問」の具体例として、本書の帯には、「IS(イスラム国)のテロ」「中国の覇権拡大」「北(朝鮮)のミサイル発射」「英国のEU離脱」「 アベノミクス失速」が羅列されています。

そのすべてを解決する道について、大川隆法先生は、本書で具体的に誰にもわかりやすく、説いておられるわけです。

「日本に降りている『地球を救う光』、『地球を救う正義』」というのが何かは、もう明らかです。

それこそが、主エル・カンターレであるのだ、大川隆法先生であるのだと、改めて宣言された書が、本書なのだろうと思います。

先に掲げたような国際問題や政治的課題に興味関心がある方はもちろんのこと、日本や世界が進むべき未来について興味関心がある方に、本書を強くお勧めしたいと私は思うのです。
 

『地球を救う正義とは何か』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




国際政治の世界って、いまものすごい激動のさなかだよね。特に、アメリカの大統領選って、ものすごい接戦みたいだけど、いったいどうなるのかなあ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『ヘンリー・キッシンジャー博士 7つの近未来予言』(幸福の科学出版)で、大統領補佐官や国務長官を務めたことがある有名な国際政治学者、ヘンリー・キッシンジャー博士の守護霊の言葉(「霊言」)を、インタビューの形で次のように紹介しておられます。

キッシンジャー守護霊 (中略)まだ2カ月あるので、予測は非常に困難です。(中略)状況次第ですが、現時点ではドラルド・トランプのほうがヒラリー・クリントンより強いだろうと見ています。
市川 トランプ氏が大統領になるということでしょうか。
キッシンジャー守護霊 そう思いますよ。
市川 アメリカはどうなるでしょうか。
キッシンジャー守護霊 トランプは本当に「チェンジ」を実現するでしょう。この「チェンジ」という言葉は、すでに8年前にバラく・オバマから聞きましたが、彼の「チェンジ」はアメリカの「衰退」という意味です。けれどもドラルド・トランプ氏は、「チェンジ(変化)」の意味を、もっと力強いものに変えるでしょう。
 初めのうちは、彼が世界から孤立しようとしているように感じられると思いますが、それは誤解でしょうね。彼は、「覇権国アメリカ」の次なる復活のチャンスを待ってるんです。この点に限っては彼を信頼できます。トランプは「強いアメリカ」を取り戻し、始動させるでしょう。2年かそこらで、アメリカが覇権国になってきたと感じられるようになり、米国民は、アメリカが中国やロシアより強くなったことに気づくだろうと思います。
(25~27ページ)

今日は日本語訳部分をご紹介しますが、本書は、英語で行なわれた公開霊言(守護霊インタビュー)が、日本語との対訳の形で刊行されたもので、2016年9月17日に収録されたことが冒頭部分に明記されています。

そして、あの初代大統領ジョージ・ワシントンの霊言が収録され、圧倒的にドラルド・トランプを圧倒的に強く推したのは、その5日後、9月22日のことです。

つまり、キッシンジャー博士の守護霊は、ジョージ・ワシントンの霊言に先んじて、独自の立場からこの予測を述べていたことになります。

幸福の科学では霊人にも「言論の自由」を認めているというのは、しばしば聞く話です。つまり、幸福の科学と反対の立場の霊人の意見(「霊言」)であっても、公開霊言としてかなりの数、そのままの内容が活字に起こされ刊行されています。

そんな典型例としては、最近であれば、民主党代表の蓮舫の守護霊や、有名な経済学者トマ・ピケティの守護霊の霊言集が出されていることが、すぐに思い浮かびます。

ともあれ、あと数日すれば、アメリカ大統領選の結果は出るわけですが、本書の序文で大川隆法先生は、本書の「予言の大半は、彼(キッシンジャー守護霊)の希望的観測でもあるので、歴史的な考察文献として読まれるべきだろう」と述べられ、本書を「考えるための材料」として刊行されたことを明示しておられることも、合わせご紹介しておきたいと私は思うのです。
 

『ヘンリー・キッシンジャー博士 7つの近未来予言』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )