ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



たとえば、行きずりで無差別大量殺人を犯したような人間って、仏の目からみたら、地獄に堕ちるのは間違いなしだよね。そこまで行かなくても、同じように救われない悪いやつなんて、世の中、いっぱいいるんじゃないの? なーんて疑問もってるる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『限りなく優しくあれ』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 自分に対して、「仏法真理に反することをすれば、もう極悪人であり、助からない。もはや、何の権利もなく、何を言うことも許されず、正しい生き方は許されない」と考えることは極端です。
 他人に対しても同様です。「仏法真理に反する生き方、言動をしたとしても、その人にも許される道が残されている。いや、その人は、必ずその道を辿っていくのだ」と考えてあげることは、極めて大事なことなのです。
 私は、人間らしさの根底にあるものとして、「許し」というものを大きく取り上げておきたいと思います。「許しがある」ということは、その前提として、「過ちはある。過つことはある」ということです。それがなければ許しもありません。
 自由がなければ、すなわち、人間が、みな杓子定規な行動をとるならば、おそらく地獄はなかったでしょう。地獄がつくられていくという危険を冒してまで、なぜ仏は自由を人間に与えたのでしょうか。
 それは、人間に大きな喜びを生ませるためです。
 人間には、創造の喜び、発見の喜び、選択の喜び、こういうものがあります。自由があるからこそ、新たなものを創造していくことができます。自由があるからこそ、試行錯誤をしながら、さまざまな発見をして、鋭い喜びを味わうことができます。自由があるからこそ、選択の喜びがあります。
 人間には、「善と悪とのあいだで揺れながら、最終的には善を選び取っていく」という喜びがあるのです。
(107~110ページ)

私たち人間は、誰もが、この世で生きていくにあたって、仏の目からは、多かれ少なかれ明らかな間違いを犯しつつ生きていて、堕地獄の危険を犯しているのだと思います。

それでも仏が、人間に「自由」を与えられたからこそ、人間には選択の喜びがある。

そして仏は、人間が善と悪とのあいだで揺れながらも、必ずや最終的には善を選びとる喜びを味わえるように、その間違いを許し続けておられる──。

だからこそ、私たちも、仏の目線を少しでも見習って、他人に対しても、そして自分に対しても、必ずや元の正しい道に帰ってくる可能性があると、やさしい目線で見てあげることだ、と。

大川隆法先生は、そういったこともここで教えておられるのではないかと私は思っているのです。

 

『限りなく優しくあれ』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 悪霊の侵入を... ビジョンの描... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (コウ)
2008-10-24 22:21:28
ゆーぱさんこんばんは!今週も終わりですね。今日は、久しぶりの雨で、秋の自然や気候を肌で感じた一日でした(^-^)g"

文学を読み取る鋭さで、他人も自分の気持ちを読み取らなければならない。自由は選択の喜びのために許されている。誤りを許す優しい気持ち…。

善を選択する喜びが、全ての人にあるなら、誤りに寛大な心が持てそうな、気がしてきます。
また、誤りは誤りと、諦めず、こんこんと教えてあげれることも、人の愛であるのかもしれない、と考えたりしました。
神は、計りしれない大きさと、太陽のように、温かく平かな愛で、私達を見守って下さっているんだ、と思うと、日々の不満や、誤った人々も、大きな心で許してゆけるような気がしてくるから、不思議だし、また有難いですねo(^-^)o

この書籍は、読んだはずなのに、なんだかとても新鮮に感じました
(*^_^*)…また自分の心境に、タイムリーに合った法だったんでしょうね。

長々とごめんなさい。また、書き込みさせて頂きます。
ありがとうございます!
 
 
 
Re:Unknown (ゆーぱ)
2008-10-25 22:54:58
コウさん、こんにちは!

今回も、真っ直ぐに受け止めてくださって、ありがとうございます。

先日もちょっとかするようなことを書きましたが、大川隆法先生の書籍(経典)というのは、ほんとに一筋縄には行かなくて、いろんな機根を持った衆生の一人でも多くの心の糧になるようにという意図なのでしょう、論旨がシンプルではなくて、あえてかなりふくらみを持たせて説かれていることが多いように思うのです。

ですから、その一部を特に切り取って味わってみたとき、全体を通読するだけでは容易に気がつかなかった深い学びが得られることも多い、と思っています。

その意味では、このブログのような形式で、少しずつ経典の一部をご紹介していくというのは、それなりに意味があることなのかもと、コウさんのコメントをいただいて、改めて感じたりしてます。

毎回、コメントありがたいです。また、ぜひお気軽に!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。