ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



仏って、全知全能なんでしょ。なんで、欲しい言葉が、見つからないの。なんで、私の求めてる教えが説かれないの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『永遠の仏陀』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

師というものは、弟子を観て法を説く。
弟子たちは、師から数多くの教えを学ぶために、
謙虚に心を開かねばならぬ。
謙虚に心の窓を開くことなくば、
仏法真理の光は、射してくることはない。
射してこないことは、光の罪ではない。
戸を閉ざしている己自身の迷いが、その罪なのである。
その迷いを取り去らねばならぬ。
生まれ落ちてよりのち、
思想や教育、信条、家庭環境によってつくられたる、
その迷いを取り去らねば、
仏の声が素直にあなたがたの心に差し込むことはあるまい。
心を開き、素直な態度にて、教えを学ぶことだ。
そうすることによって、
あなたがたは初めて、
みずからの魂が、いかなる方向を求めているかということを、
知ることができるのだ。
(34~36ページ)

あとで反省してみると、自分の心が閉ざされてしまっているとき、実はすでに説かれている仏の大切な言葉を、どうしても見つけることができないことがあります。

心を開き、素直な態度にて、教えを学ぶこと──。

これは、とても大切な心がけなんだと、改めて私は思っているのです。
 

『永遠の仏陀』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 自分がダメに... 性衝動って? »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。