ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



人生って、どこでどの家で、こんな肉体で生まれたってことは、もう変えようもないんだから、大きな時代の流れの中で、流されていくのも人生なんじゃないのかなあ? なーんてこと考えてる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『仕事と愛』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 海辺では一日じゅう波が寄せたり引いたりしています。それとリズムを合わせて、海辺の小石も寄せたり引いたりしています。こうした小石に心があるならば、彼らは一日をどのように感じているでしょうか。一年をどのように感じているでしょうか。一生をどのように感じているでしょうか。
 小石には、自分が波の動きとともに動いているという事実をもって、自分は大自然を形づくっている一部であるという自覚があるかもしれません。しかし、その自覚はそれ以上のものにはなりえません。
 なぜならば、小石は自分自身の力によっては何ひとつなすことができないからです。小石は波の力によって、あるときは押され、あるときは引かれます。そして、他の石とぶつかってすり減ることもあれば、他の石を打ち砕くこともあるでしょうが、あくまでも自然現象の一部としてとどまっています。
 そうした波間に漂う小石のような人生であるとしたならば、可能性という意味では、きわめて小さなものしかないでしょう。やがて砕かれ、美しい砂浜の小さな砂になっていくということ以外には、可能性を見いだすのは難しいと言っても過言ではないかもしれません。
 このような小石との対比で人間の人生を考えてみたとき、いちばんありがたいことは何でしょうか。それは「人間には心というものがあり、心の領域のなかには意志という強いものがある。そして、方向を定め、その方向に向かってあらゆる能力を総動員して、人生を切り開こうとすることが、人間の努力なのである」と考えられる点です。
 すなわち、小石とは違って、力強い心、意志によって道が開ける──ここに人間のすばらしい点があるのだと思います。可能性というものを考えたとき、この意志の力というものなくしては、道が開けることはまずないのです。
 ところで、おもしろいことに、この意志の力というものは、必ずしも生得のもの、生まれつきのものではないのです。もちろん、生まれつき頑固な子供もいるでしょうし、生まれつき気の強い子供もいるでしょう。しかし、そうした性格の違いは多少あるとしても、それだけでは語れないものがあります。なぜならば、意志というものは鍛えていけるものだからです。(中略)
 心強くあると、その人の念いは、一種の筋肉のように、障害物を力強くはね上げ、はね飛ばし、すべてのものを押しのけて突き進むことができるようになってくるのです。
 したがって、何事かをなさんとするならば、そして、その何事かが人間の幸福にかかわるものであるならば、しかも、その幸福が、そのなかで最も関心のある自分自身の幸福に関するものであるならば、まず意志を強くしなければなりません。
(193~197ページ)

人間は、海辺の小石とは違うものだ。

人間には「心」「意志」という貴重なものがあるのだ。

この意志は、鍛えれば強くすることができるのだ──。

とてもありがたく、ほんとうに希望がわき上がってくるお教えであると改めて私は感じているのです。

 

『仕事と愛』

 大川隆法著

 

↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 「解脱」って? なぜさまざま... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Letgo)
2008-05-30 22:38:58
みんなを幸せにする、心の筋力を鍛えたいと思いました!

いつも学ばせて戴いて、感謝しています!
 
 
 
Re:Unknown (ゆーぱ)
2008-05-31 01:48:00
Letgoさん、こんにちは!

いつも真っ直ぐに受け止めていただいて、ありがとうございます。そうですよね、努力を重ねていきたいものですね!
 
 
 
Unknown (デーグー)
2018-07-05 20:40:00
もう35年も前に、私わ自分をあきらめました

この記事が当時の自分の気持ちでもありました

その後、幸福の科学は・大発展
されました、誠に真に嬉しいデス\(^_^)/
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。