ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



なんだか、まわりの人の話に入っていけないんだよね。だから一人でいることが多くって、さみしいんだ。こういう性格、直したいって思ってるんだけど? なーんて悩みもってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『「幸福になれない」症候群』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 「自分は人の輪のなかに溶け込めない」と自意識過剰になって苦しんでいる人は意外に多いのです。
 そうした人たちを観察してみると、ある事実が浮かんできます。それは「自分のからだや性格、能力のなかで、どこか特定の部分に大きなコンプレックスを持っていることが多い」ということです。そして、そのコンプレックスを人に知られまいとする気持ちが、必ずと言ってよいほど働いています。
 人の輪のなかに溶け込めないのは、おとなしい人ばかりではありません。そのなかには、はしゃぎすぎる人もいます。(中略)その反対に、人前に出るとまったく話ができなくなるタイプの人もいます。こうしたタイプには、地方出身で言葉に自信がない人や、自分の頭脳に自信がない人などがいます。(中略)
 人間というものは、他の人の訛りや方言だけをとらえて笑いものにするほど悪くはないのです。(中略)また、(中略)「ほんとうに何も話せないのならば、ばかだと思われてもしかたがない面がある」と私は言っておきたいのです。なぜなら、そこには努力がないからです。
 それは、ある意味での自己保存であり、自分をよく見せたいがゆえに人前で話ができないということにほかなりません。
 このような人への私からのアドバイスは、「話題をもっと見つけなさい」ということです。(中略)
 もっとも、人びとの話題自体にまったくついていけない人もいるかもしれません。特に、まじめな人にはそうした人が多いようです。(中略)
 しかし、(中略)あなたは他の人に対してあまり関心を持っていないはずです。関心を持っていないだけではなく、他の人を見下げ、その反動によって自分を高くし、澄んだ川に棲む高級魚のような気持ちになっているのではないでしょうか。そして、「世界観が合わない。人生観が合わない」と言って、人の輪から外れているのではないでしょうか。
 しかし、それは、逆の見方をすれば、「他の人から変わり者だと言われたくない」という自己保身が働いているのです。あるいは、認識力の不足によって、他の人のなかにある素晴らしいものを見いだせずにいるのです。(中略)
 高い認識力を備え、高い教養を持っている人ほど、それぞれの人の境涯や機根に合わせた話ができるものなのです。
 したがって、自分と似たようなタイプの人に対しては話ができても、違うタイプの人には話ができないならば、それは、自分の心の修行がそれだけ後れていることを意味しているのです。
 このような人は、もっと人間というものを知る必要があります。また、ほんとうの意味で自分に自信を持ち、自分自身の心の幅を広げることも大事です。心のなかに大きな内的空間を持つことが、多くの人びとと話を合わせるための秘訣なのです。
(99ページ)

まず、人に知られたくないコンプレックスがありませんか?

自分で意識してなかっただけで、実はそれが原因だったと気がつくことで、今の悩みは、瞬時に解決してしまうのかもしれませんね。

また、人というのは、言葉の訛りや方言だけをとらえて笑いものにするほど、そう悪くはないものですよって考えてみましょうよ。

実は、自分をよく見せたいのに、そうできないから、人前に出ると話ができなくなるんじゃないかな。

その場合は、話題を豊富にするよう努力してみましょう。流行りのテレビ番組や映画、ファッションなどをフォローする努力で、もっと余裕ができてきますよ。

まわりの人の話題についていけないし、ついていく気がない人? 厳しい言葉だけど、自己保身じゃありませんか。

実は修行がおくれていて、認識力不足のために、まわりの人の中にある素晴らしいものが見つけられないんじゃありませんか。

もっといろんな人間がいることを知ること。

本当の意味で自分に自信を持ち、自分の心の幅を広げ、大きな内的空間を持つこと──。

うーん、一口に「人の輪のなかに溶け込めない」って言っても、いろんな場合があるわけです。

まずは、大川隆法先生のお教えに素直に従って、いろんな角度から原因と対策を考えてみることで、なにかしら自分で解決できる糸口が見つかると私は思っているのです。

『「幸福になれない」症候群』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 祈りの心がま... 憑依ってとれ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。