ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



「政教分離」って、憲法上の原則なんだから、宗教は政治に口を出しちゃいけないんじゃないの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、さかのぼれば『奇跡の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられました。

 「宗教と政治のかかわりをどう考えるか」という問題について述べたいと思います。
 これはなかなか難しい問題です。「政治と宗教の関係はどうあるべきか。政教分離は正しいのか、正しくないのか」というような議論は、憲法論議と併せて、今後も続いていくだろうと思います。
 結論からいえば、過去の歴史を見るかぎり、宗教と政治の明確な分離は不可能だと思います。
 宗教というものは、仏の意志、あるいは神の意志という、超越したものからの、国民あるいは人類に対するメッセージをもとにしています。「人間よ、これにもとづいて生きていけ」ということなのです。そのなかには政治の原理と重なる部分があり、それを完全に分離することは、おそらく不可能だろうと思います。
 たとえば、ユダヤ教は建国の思想そのものと関係があり、政治の原理と一致している部分があります。
 キリスト教においてはどうでしょうか。イエスが生きていた当時のイスラエルは、ローマの植民地、属領であったので、政治的独立運動がかなり華やかでした。イエスをキリスト(救世主)、メシアとして仰いでいた人たちのなかにも、その中心に、そういう政治的独立運動をやっていた人たちがかなりいたのです。
 このように、イエスの運動そのものにも、政治的独立運動に近いものが背景にあったため、イエスが政治的指導者として充分な仕事ができなかったことに対する失望がそうとうありました。
 これが、キリスト教とユダヤ教が分かれていった理由です。ユダヤ教において救世主になるためには、政治的指導者としての成功がなければならないのです。メシアとは、「油を注がれたる者」ということであり、やはり一種の王様なのです。天意を表し、人民をまとめていく王様であるわけです。
 ところが、イエスはそこから離れて、心の世界、霊的世界のほうに入っていったために、ユダヤの正統なメシアとしては認められなかったのです。ただ、イエスが政治から離れていって心の世界を説いたことで、逆に普遍性が出て、その教えが民族を超えて広がったという面もあります。
 しかし、キリスト教においても、政治との分離はやはり難しいものがあり、イエスの時代や、それ以後の初期のキリスト教徒たちは、いわば非合法時代の共産党運動に近いものをやっていたのではないかと思われます。外からは、そのように見えます。
 また、釈尊はどうであったかというと、彼は政治的に中立の立場をとっていたようにも見えますが、もともとの出自が王子なので、政治との親和性はかなり持っていました。一定の権威を持って、国王に対して方向性を述べたり、「戦争をすべきでない」ということを述べたりしています。具体的な政治権力を求めたという史料はありませんが、政治に対して意見は述べており、国王をしのぐ権威を持っていました。
(138~141ページ)

過去の歴史に照らして見れば、宗教と政治の明確な分離は不可能である、ということがただちに判明する──。

考えてみると、もう一つの世界宗教であるイスラム教では、政教一致が当然とされているはずです。

また、アメリカ大統領は、大統領就任式で聖書に手をおいて宣誓するのは有名な話です。

そして、アメリカ大統領は、人によって多い少ないはあっても、その公式演説の中で神への祈りの言葉を語るのが普通のことだというのもまた、実は有名な話だと思います。

2009年に大川隆法先生が創立された幸福実現党は、祭政一致を当然の政策としているわけですが、それはそれとして、少なくともこういった世界の宗教事情を共通認識とした上で、「政教分離」の問題は議論される必要があるのだと、改めて私は分かった気がしているのです。


 

『奇跡の法』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« プライドって? 修行って? »
 
コメント
 
 
 
ゆーぱ様…。 (なつき)
2008-07-17 15:15:36
ゆーぱ様こんにちは。ゆーぱ様はこの記事を書いて、あるいは読んで何も感じないのですか?確かに難しい問題ですよね…?宗教と政治の癒着。
大川さんは結局、何を言いたいのでしょうか?政教分離は難しいです…不可能だと。だから、それで私達に何を伝えようとしているのか?私には伝わりませんでした…。政教分離が正しいのか間違いなのか、ゆーぱ様は判るの?はっきりと教えて貰えるの?政治には色々な物が何も宗教だけに限らず、利用されてきました。宗教。核。お金。資源…などなど…こんな事は誰でも大人なら判っている事です。これだけで終わるならただの一般論です…。本当に肝心なのは、ここから先でしょう??
世の中には宗教などを政治に利用する人がいて、そうする事によって権力を保ちます。だから私達は何を心がけたらいいのですか?
宗教の指導者として、私達に指し示すべき道しるべは何処に書かれているの?
他の本に書かれているなどは理由になりません…。何故なら沢山の人が先生の文章を読んだ時に感じ方は違っても読んだ人が人生の生き方を神様から指し示してくれる箇所が無くてはメッセージの意味がないからです。沢山本を読まなくてはこの記事で先生が伝えたい本意が判らないのですか?
世の中には痴呆の方や老人の方がたくさんいらっしゃいますのに?
曖昧な表現の文章も以前から気になります。
大川さんは神様なの?
…だと思われます…とか、確証がない様な表現を何故するの?私は指導者の方からこのような言い方をされると不安になります…。ゆーぱ様はどのように考えてますか?
 
 
 
Re:ゆーぱ様…。 (ゆーぱ)
2008-07-18 22:48:24
なつきさん、こんにちは!

大川隆法先生がこの一節で、結局おっしゃりたいことだと私が思っているのは、「過去の歴史に照らして見れば、宗教と政治の明確な分離は不可能である、ということがただちに判明する」というものです。これを、この記事には明確に書いたつもりでした。

そしてこれは、日本国憲法の「政教分離原則」は誤っているので改正されるべきだ、という結論が導かれていくことになる教えの一部だと、私は理解しています。

大川隆法先生は、なつきさんがおそらく言っておられる意味での神様ではありません。しかし、「仏陀」であり、「仏」であり、「救世主」であると、私は信じています。

救世主というのは、全世界六十五億の人類すべて(そして霊天上界五百億の魂すべて)を、教えによって救う使命を持っておられる。そのために、さまざまな角度から、さまざまな教えを、さまざまな表現で説くことで、老若男女すべての人に何らかの形で受け止めてもらえるようなメッセージとして出しておられるのだ、と思います。

お釈迦さまは、「八万四千の法門(はちまんしせんのほうもん)」と言われるほど多数の教えを説き、それが多数の経典(大蔵経)として残っています。また大川隆法先生が、現時点までで四百冊を超える書籍を刊行されただけでなく、まだ書籍になっていない多数の説法を、毎週毎週、違う内容で、全国各地で(場合によっては海外で)説いておられるというのも、これが理由だと思っています。

(なお、その各地での説法の様子は、月刊「幸福の科学」に毎月、紹介されています。
http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/magazine/list/details/10_1319.html

大川隆法先生は、たしかに明確に言い切らない説き方をされることもありますが、逆に明確に、毅然と言い切っておられる教えも、もちろん多数あります。それは、誰に向けてどのようなシチュエーションで説いておられるかによって、表現の仕方が変わるからです。
たとえば、次のような記事はどうでしょうか。
http://blog.goo.ne.jp/mryupa/e/bdb2ef31148c4672d74a465cefe4f2fa

このブログは、大川隆法先生の膨大な、しかし一般書店で今すぐに手に入る書籍の一部を、できるだけ毎日少しずつご紹介することで、読んで下さるみなさんの人生の悩みや疑問などを少しでも解決するお手伝いをしたいという趣旨で、どれかの記事が、読んで下さるどなたかの方の心に響くことがあればという願いを込めて、書き綴っているものです。

そして、その引用した一部だけでは納得できない方や、それ以上の中身についてもっと知りたいという方のために、前後の文章、できたら全体を自分で確認していただけるように、書籍(アマゾンですぐに購入できます)とその引用箇所を明示するという方式をとっています。

なつきさんが、このブログの記事だけを読んで納得できないということであれば、それはひとえに、私の記事の書き方(あるいは書籍の引用の仕方)がまずいから、ということになってしまいます。この記事に引用した大川隆法先生の書籍の文章は、私の考えでその一部を切り取り、記事とするのに長すぎれば、適宜、私の判断で省略するなどしていますので、ストレートな大川隆法先生の教えそのものではなく、ゆーぱという人間のフィルターを通して加工された大川隆法先生の教え、ということになるわけです。

そして、仕事以外の時間(いわば余暇の時間)で記事を書かざるを得ない、という私の個人的事情から、また能力も十分でないために、この短い記事だけで十分に分かっていただけるように、すべての記事を時間をかけて書くことができないでいるのは、申し訳なく、かつ残念に思います。今後、いただいたコメントを参考にしながら、新しい記事をアップしていく際に、足りない点を少しずつでも埋めて行けたらと思っています。
 
 
 
そう言えば (ヲチャ)
2008-12-17 01:26:17
"行動する保守"で有名な瀬戸弘幸氏も、フライデー事件の頃から幸福の科学を評価してましたね。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52114935.html
 マスコミを始め良識派ぶった文化人が、ここぞとばかりに<民主主義と近代合理主義>まる出しに『幸福の科学』を攻撃し、逆に大川氏が<信仰と非合理主義>を以って対峙する図式は、戦後日本が内包する矛盾点の暴露という見地から大いに結構なことと言わねばなりません。
 景山氏や小川氏といった著名人を先頭に押し立てる戦術の巧みさと共に、特筆すべきはこの“宣戦布告”が一宗教教団として最初になされた点です。
 第四権力と言われて久しいマスコミは当然の如く自らに対した全面的な敵対者をこれまで迎えたことなどありませんでした。我々のような民族派からの偏向批判に対しては黙認すれば済むことでした。
 しかし、100万人を超える会員を持つ教団が、全面的な敵対者として登場した以上、この対立は互いに己が存亡を賭けたものとならざるを得ないでしょう。
 幸福の科学はこの宣戦布告によって、内部の結束はより強固なものとなる筈です。今後どうなるのか? その推移を見守っていきたい。
 かつて大本教率いる出口王仁三郎氏が夢見た<霊的革命・神聖国家樹立>という“未完の意思”を体現する人物こそ大川氏その人である。
 願わくば、中途半端な妥協に終わることなく、徹頭徹尾「戦後民主主義」の敵対者として活躍されることを切に祈念するものです。
 
 
 
Re:そう言えば (ゆーぱ)
2008-12-17 23:14:55
ヲチャさん、はじめまして!
URL以下の文章は、瀬戸氏のブログの文章の引用、ということなんですね。

氏が積極的評価をしてくださっているのは、たとえば、以下のような大川隆法先生の教えの部分に関してなのだろうと思いますが、いずれにしても、幸福の科学が、立場を異にする方からも積極的に評価していただいているという事実は、うれしい話ではありますね。

http://blog.goo.ne.jp/mryupa/e/fa94eace3a2d19ca271d3e0d2922ee5e


なお、この氏の記事の前提となった「フライデー事件」に関して、かなり間違った情報が流布されているようですが、その真相は、以下をみればよくわかると思いますので、ご参考に。

http://www.justice-irh.jp/kibou_no_kakumei/index.html
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。