ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



家庭なんて、嫁まかせだしなあ。仕事さえきちんとしとけば、別に気にする必要ないんじゃないの? なーんてこという人がいるけど、そうなのかな。家庭生活って、どう考えたらいいんでしょうか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『ティータイム』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 家庭生活は、人生修行の半分と考えてよいでしょう。学校生活には教科書がありますし、会社の仕事にもマニュアルがあります。しかし、家庭生活には、誰もが参考にしうるようなテキストがないのです。自分の育った家庭環境を模倣するか、各人が試行錯誤して、新しい流儀を生み出すしかありません。他人の家庭生活はのぞけないし、世間話をしても、本当のところはわからないものです。
 私は、家庭生活を幸福にするための教科書や参考書を提供するのが、宗教の使命の一つだと思います。
(まえがき)

 人間は霊的存在で、この世からあの世へと移行していきますが、人生の幸福の前提部分が家庭生活です。家庭生活が円満であれば、そう簡単に地獄などに赴くものではありません。
 家庭の幸福という土台を固めてこそ、職業上の成功が一層の幸福へと花開いていきます。難しいことではありますが、努力してみる価値はあります。
(あとがき)

家庭生活が、人生修行の半分を占めるのだと理解することが、まずは主発点。

そうすれば、家庭生活を円満にするための智恵が、いかに大切なものかが分かってきます。

そして、その真実をしっかりと教えてくれるものこそが、宗教であることも。

そういうふうに理解が進んで、宗教の教えの真の意味が、よりよくわかってくるのだと私は思うのです。

『ティータイム』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 邪馬台国って... どうしてみん... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。