ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



守護霊って、私にもついてくれてるはずでしょ。それなのに、なんで私って、こんなに不幸続きなのよ。守ってくれてないんじゃないの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『霊的世界のほんとうの話。』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 あの世の話をして、「みなさん一人ひとりには、守護霊という存在がついていて、彼らがみなさんを見守っているのですよ」と話したら、信仰心のない人はすぐに言い返してきます。
 「守護霊がついているのに、どうして俺はこんなに不幸なんだ」「どうして事業に失敗するのだ」「どうしてお金が儲からないのだ」「どうして家族が病気で死んだのだ。おかしいではないか」と言います。
 「守護霊がいるなら、ちゃんと護ってくれるはずなのに、護ってくれないではないか。だから信じられない」と言う人がいるのです。
 これは、不幸な選択をしていく人です。どんどん悪いほうに悪いほうに考える人です。
 私はずっと見てきましたが、守護霊は、ほんとうに、みなさんの生き方を、毎日毎日、見守っていて、一緒に喜んだり悲しんだりしているのです。(中略)
 ただ、原則というものがあって、この世に肉体を持って生活している魂には、その人の今世の魂修行がありますから、あくまでも主体性は地上の人にあるのです。
 これを完全にピノキオなどの操り人形のように操れるとしたら、この世の人間の魂修行は意味がなくなります。ゼロになります。
 そのため、それは、してはいけないことになっているのです。これがつらいところです。
 ほんとうに、バックシート・ドライバーのように後ろに乗っていて、「あっちに行きなさい。こっちに行きなさい」と指図はしているのだけれども、自分がハンドルを握って運転してはいけないのです。
 それは、例えば自動車教習所では、教官が横に座っていて、危ないときにはブレーキを踏んだりするけれども、教官が自らハンドルをとって運転するわけにはいかないのと同じです。それでは指導にならないわけです。そういうところがあります。
 これは、この世とあの世では修行場所が違っている以上、やむをえない原則なのです。したがって、これは受け入れざるをえません。
 ただ、みなさんには、「危機のときには、それを知らせて、いい方向に善導しよう」といつも思っている人(守護霊)がいることは、信じていただきたいと思います。
(112~115ページ)

守護霊は、私たちの生き方を、毎日、見守っていて、一緒に喜んだり悲しんだりしている。

ただ、今世の魂修行がある以上、あくまでも主体性は地上の人にある。

例えば自動車教習所で、教官が横に座っていても、教官が自らハンドルをとって運転するわけにはいかないのと同じことである──。

「守護霊」という霊存在は、必ず私たち一人ひとりについてくれています。

まずは、その霊的な真実を信じること。

そして、どうすれば、その善導のためのアドバイスを受けることができるのかについては、以前ご紹介した記事を参照してくださいね! 

『霊的世界のほんとうの話。』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ルソーの「一... 40歳をすぎ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。