ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



人の意見なんて関係ないよね。やっぱりオリジナリティが大事だよね。自分は自分の考えをガンガン出していかなきゃね。そうでしょ? なーんて考え方もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『人を愛し、人を生かし、人を許せ。』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 いろいろな人がさまざまなことを言うでしょうが、そのなかで、「これはいける」と思うことは、自分自身のものにしてしまうことです。人生観に著作権はないので、どんどんもらっていけばよいのです。よいと思うところを集めてできたものは、自分自身のものなのです。
 他の人の考えであっても、自分が共感する部分というのは、実は自分自身のなかにあるものです。自分自身に〝素質″がなければ、その考え方に共感しません。感応する場合には、自分のなかにそうしたものがあるのです。
 したがって、いろいろな人の話のなかから、自分が感応するものを集めていけば、それは自分自身の思想になります。与える側と受け取る側とは、感応できる部分において同質なのです。
 他の人の人生観に学ぶことは、物真似や人真似では決してありません。そのなかで深く感じるものは自分自身のものなので、多くの人から学び、自分の言葉として語ればよいのです。
 それをせずにじっと考えていても、何も出てきません。多くのことから学ばなければ、何も出ないものなのです。知識や経験、他の人の言葉などから学び、それを自分自身のものにしていくことです。
 幸福の科学の会員となって勉強していると、いつのまにか、当会の書籍に書かれていることを口にすることが数多くあると思います。それでよいのです。その部分こそが、自分自身の思想になろうとしている部分なのです。
 こうすると、人間は無限に成長していきます。人の意見に関係なく、自分は自分の考えを出せばよいのだと思って生きていくと、思想的な豊かさというものは決して出てきません。逆にどんどん先細りしていきます。栄養を使いきって、葉も生えず、花も咲かない植物のようになってしまいます。
 それは水に活けられた花と同じであり、一時期、咲くことがあっても、やがては必ず枯れてしまいます。花を長く咲かせつづけるためには、土のなかに根を下ろして、養分や水分を吸わなければならないのです。この養分や水分にあたる部分が、自分以外の者から学ぶということです。
 他の人から学べるものは、どんどん学ぶことが大事です。そうしたことを通してこそ、実は自分自身のなかの最良のものを掘り出すことができるのです。
 土のなかに埋もれている宝を掘り出すには道具が必要です。知識や経験は、シャベルやスコップのようなものであり、そうした道具をつくるのが学びです。学びによって道具ができ、自分の本来の宝が掘り出されてくるのです。
(95~97ページ)

他の人の考えであっても、自分が共感する部分は、実は自分のなかにあるものだから、いろいろな人の話のなかで感応するものを集めていけば、それが自分自身の思想になる。

花が長く咲きつづけるために、土に根を下ろして養分や水分を吸うのと同じように、自分以外の者から学ぶことが養分や水分になる。

他の人から学ぶことを厭ってはならず、他の人からどんどん学ぶことを通してこそ、実は自分自身のなかに埋もれている本来の宝、最良のものを掘り出すことができるのである──。

今日は、学ぶことの意味、学校を出てからも学び続けることの重大な意味を、とても腑に落ちる形で教えて下さったのではないでしょうか。

「人生観に著作権はない」というのは、ものすごい一転語です。
 
大川隆法先生の出されている多数の書籍(経典)を学び尽くすことで、素晴らしい自分の人生観、そして思想をつくりあげていきたいものだと思います。

ただし、大川隆法先生のご著書は、この世的な法律で守られているのだと思いますので、ここで、ご著書の一節を勝手に自分の文章であるかのように使うことを許しておられるわけではないと思います。
 
その境目には微妙なものがありますけれども、このブログも自戒しながら丁寧に書き進めていけたらと、改めて私は思っているのです。

 

『人を愛し、人を生かし、人を許せ。』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 不幸な自分って? なんでこんな... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。