ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



スマホって、持ち歩ける高機能コンピューターなんでしょ。ちょっと前には考えられないくらい科学技術が進んだってことだと思うんだけど、そうすると、これから先の未来科学って、どうなっていくのかなあ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『トーマス・エジソンの未来科学リーディング』(幸福実現党)のまえがきで、こう説いておられます。

 宗教法人「幸福の科学」は、その名の通り、「科学」とも縁の深い宗教である。科学を否定していないばかりか、それを先取りしている。警戒しているのは、「科学」の美名のもとに、「神」や「信仰」「神秘現象」「宇宙の秘密」を一蹴し、「宗教」を過去の遺物、迷信と決めつけて無視してくる人たちだ。もっと謙虚で、神秘的なものに憧れるのが本来の科学者気質でありたいものだ。
 本書に登場するトーマス・エジソンは、私が製作総指揮したアニメーション映画「永遠の法」でも霊界でのナビゲーターとして登場した人物だ。好奇心の塊で、不思議大好き人間だ。本書も、読み方次第で、様々な未来産業のヒントを発見できると思う。
 もっと寛容な心をもって、未知の世界に挑戦しよう。
(1~2ページ)

「シュリンク包装」というのだそうですが、本書は透明フィルムで包装されていて、立ち読みでは大事な中身がわからないようにされています。

このエジソンの霊言がヒントになって、今はまだない未来の産業が生まれてくるかもしれないわけですから、その情報価値の高さがこういう形で強調されているのでしょうか。

で、本書に登場するトーマス・エジソンの語り口は、映画「永遠の法」に登場したエジソンのキャラクターそのままで、好奇心にあふれた、とっても面白い方だと感じます。

そして、その語る刺激的な内容については、また次回以降、少しずつ扱っていきたいと思うのですが、いずれにしても本書は、未来科学や未来産業などに興味関心のある方、ヒントを探している方にとって、必読の書籍であると私は思うのです。
 

『トーマス・エジソンの未来科学リーディング』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )