土曜日は古寺を歩こう。

寺勢華やかな大寺も、健気に法灯を守り続ける山寺もいにしえ人の執念と心の響きが時空を越え伝わる。その鼓動を見つけに…。

善水寺、目の前に三十数体の仏像、感動的対面です。

2018年10月15日 | 滋賀の古寺巡り





(2018.10.13訪問)

湖南三山の一つ、善水寺を訪ねその後僅かな距離の不動寺の磨崖不動明王に会うため、天気上々の今朝、大和路号は第二京阪から京
滋バイパス、名神高速と便利な便利な高速で栗東湖南ICまで走ります。高速をおりR1を東へ8キロばかり、少々山手に入ると目指す
善水寺三十数体の仏像が待ってくれているのです。




            ▼立派な寺号石柱が建ってます。     







            [ 善水寺 ]
            ●山号 岩根山 (いわねさん)
            ●寺号 善水寺 (ぜんすいじ)
            ●勅願 伝元明天皇 (げんめいてんのう)
            ●開創 伝和銅年間 (708~715年)
            ●再興 最澄 (さいちょう)
            ●宗派 天台宗
            ●本尊 薬師如来坐像 (秘仏)
            ▲拝観料 500円 朱印300円
            ▲拝観時間 9:00~16:00
            ▲http://www.zensuiji.jp/ 
            ▲湖南三山の一つ
            ▲滋賀県湖南市岩根3518 Tel. 0748-72-3730
            ▲JR草津線甲西駅下車、湖南市巡回バス下田行き「岩根」下車徒歩10分
 JR草津線三雲駅下車タクシー15分





▼鐘楼。一撞き355年の余韻にしびれました。寛文三年 (1663年) 建立。







善水寺縁起 (善水寺パンフより抄出)
奈良時代和銅年間元明天皇勅命により鎮護国家の道場として草創され和銅寺と号した。延暦年間、傳教大師最澄上人、比叡山開創の
堂舎建立の用材を甲賀の地に求め、材を野洲川河岸に筏を組み流す時、日照り続きで河水少なく材が流れない。大師請雨祈祷し、岩
根山中より一筋の光が射し、誘われるまま登られた。山中堂東側に百伝池あり、池中より薬師仏出現、その薬師仏を本尊として請雨
祈祷七日間、満願日大雨降り、流勢大いなるまま、材は川を下り琵琶湖対岸比叡の麓に着岸したと云う。その後、都で桓武天皇御悩
の際、大師は霊仏出現の池水を薬師仏の宝前にて七日間病気平癒祈祷、満行の日霊水を天皇に献上、御悩忽ち平癒された。この縁に
より岩根山善水寺の寺号を賜わったという。





▼本堂(国宝)。丁度鐘楼から見た左側面の堂姿です。
 桁行七間、梁間五間、入母屋造、檜皮葺。南北朝貞治五年 (1366年) 再建。







▼本堂正面です。







▼本堂扁額は寺号が書かれています。

               





▼中央が戸口ですが、ここからは入堂出来ません。中央一間が開き戸、周囲は内開き格子蔀戸、向拝なし。







▼堂内外陣と内陣は格子で仕切り。







▼超豪勢で豪華な内陣須弥壇。(写真は善水寺HPから)
 中央お厨子に秘仏本尊薬師如来、上段左右に梵天、帝釈天、中段左右に四天王 (重文)、下段左右に十二神将が祀られさながら仏像
 オンパレード。後堂にも兜跋毘沙門天 (重文)、不動明王 (重文) 安置されています。総勢三十余躯、今はともかく湖南三山の往時の
 賑わいを感じずにはおれませんでした。堂内ではご住職から懇切丁寧な説明があります。







▼本堂東側の百伝池。古来ももつての池と云うそうで、池を中心に池泉回遊式庭園です。     



















▼こんな親子もいました。







▼善水寺の善水の由来碑。







▼霊水善水。







▼元三大師堂。慈恵大師良源僧正を祀っています。方三間、宝形造、桟瓦葺、正徳三年 (1713年) 再建。







▼元三大師堂扁額。







▼堂内須弥壇。







▼本尊良源僧正のお顔。良源さんは比叡山中興の祖と云われ天台座主も勤めた方です。







▼元三大師堂。







▼石段を上ると善水寺の鎮守六所権現。







▼伊勢、春日、八幡、賀茂、熱田、鹿島の神々を奉安しています。







▼役行者を祀る行者堂。







▼前方には護摩壇が設えてあります。







▼行者堂扁額。役行者の賜名神変大菩薩と書かれています。







▼地蔵堂。小さなお堂ですが堂内には……、







▼お地蔵さんがイッパイ!

 





▼境内から少し下ったところに観音堂。元禄九年(1696年)建立。







▼観音堂本尊聖観世音菩薩坐像。宝冠が独特のかたち、漆箔がキレイに残る丈六坐像で平安時代作。







▼観音堂東に東西6m、南北5.5m、高さ8.2mの巨岩。左上部の彫物見えますか?







▼不動明王が平彫りされてます。よりによってなんでこんな所に彫ったんでしょうネ。



と疑問を持ちつつ善水寺 オ シ マ イ





▼ご朱印です。






本堂須弥壇上の中央扉が閉ざされた堂形お厨子の中には本尊お薬師さんが秘仏として祀られ、その左右に居並ぶ三十数体の仏像の壮
観さは、おそらく言葉だけでは理解出来ないでしょう。さながら仏像オンパレード、これでお厨子が開けられ本尊お薬師さんに拝す
ることが出来れば文句なしなんですがネ。

それではここからクルマで5分ばかり下ったところにある不動寺磨崖仏に会いに行きましょう。



コメント

桂林寺、大大阪の北端にある、花とわらべ地蔵のお寺です。

2018年10月11日 | 大阪の古寺巡り





(2018.10.08訪問)


本瀧寺から西方向へ10キロ少々、大大阪の田舎道も時にはイイもんで、山々に囲まれた能勢の道筋は大大阪に住みながらはじめての
走行。もう少し走れば京都の亀岡市と云う大大阪の北端っこに次に訪ねる桂林寺はあります。このお寺、花とわらべ地蔵のお寺とし
て有名らしく、なんとなんとわらべ地蔵200体が参拝者の心を和ましてくれているそうです。





▼お寺の郵便受け、石です。     







[ 桂林寺 ]
●山号 瑞雲山 (ずいうんざん)
●寺号 桂林寺 (けいりんじ)
●宗派 曹洞宗 (そうとうしゅう)
●本尊 釈迦如来坐像
●開創 天文17年 (1548年)
●開山 方外雲珠和尚 (ほうがいうんじゅ)
▲拝観 9:00~17:00 朱印300円
▲大阪府豊能郡能勢町宿野264 Tel:072-731-2002
▲能勢電鉄山下駅→阪急バス能勢町宿野下車
 阪神高速池田線「木部IC」から国道173号線北上 約30分





▼山門。おいでやす、小坊主が旗持って立ってます。







桂林寺縁起 (桂林寺HPから抄出)
天文17年2月、洞雲寺五世方外雲珠和尚がこの地に桂林庵を結んだことにより同和尚を開祖とし、
以後寺運に恵まれ隆盛をきわめました。





▼正面本堂への参道。植栽など丁寧に手入れされてます。







▼二人の小坊主(童地蔵)が何やらやってます。
 境内には小坊主が約200体置かれてるそうで、和やかな寺環境を目指すモニュメントとお寺は云ってます。
 
 なんとなんと一体5万円なり。

               





▼綺麗なお庭ですネ。







▼手水舎。







▼久々に見ました。







▼本堂です。







            ▼こんな大国さんがいます、手が込ンでるんですがチョット気持ち悪い。







▼本堂正面と扁額です。(写真は桂林寺HPより) 







▼本堂内陣の荘厳。奥内陣は格子ガラス障子で遮られ本尊のお顔が見えません。



















▼本尊釈迦如来坐像。像高32.5cm、檜材、一木割矧造、玉眼、金泥。永享8年 (1436年) 室町時代。
 (写真は桂林寺HPより)







▼歴代和尚の墓碑の一つ。横の灯籠がまたイイ、火袋は木材で材料寄せ集め灯籠。







▼石仏。







▼位牌堂。







            ▼朱色鮮やかな三重塔。お寺では納経塔と云い、実は約3mほどのミニチュア塔です。







            ▼相輪まで本格的ですネ。







▼最後に大邸宅風庫裏へご朱印戴きに寄ったんですがお留守なようで……、 



桂林寺 オ シ マ イ

僅か15分ほどの訪問でした。
周辺の山々を含めると相当広い寺領を持ち、花木数万本が植栽され、花と童地蔵のお寺として有名らしいのですが、今は花色もなく
本堂エリアだけで今日の拝観はオシマイ。曹洞宗のお寺なんですが、宗派色を感じることもなく、お寺ガイドもご朱印も手に入らず、
はなはだ欲求不満の桂林寺でした。ウチの奥さんの感想、言わぬが花。
コメント

本瀧寺、大大阪の北端、能勢の山中に在ります。

2018年10月10日 | 大阪の古寺巡り





(2018.10.08訪問)


大大阪も北辺近くになりますと、山また山と大阪のイメージがガラリと変わります。大阪にこんな所があるのかと、大阪に住んで久
しいボクがビックリ、大自然が一杯の山懐、能勢町にやって参りました。能勢と云えば栗園がアチコチにあり、まさにいま旬。ウチ
の奥さんに栗拾いでもして行くかと、とある栗園の前を通るとなんとマア長蛇の列、列、列……、朝の九時頃ですヨ。
奥さん曰く「栗なんかスーパーで買ったほうが安い!」と云う訳で、今日は久々に奥さん同行のお寺巡りです。





▼参道前の大きな境内ガイドマップ。     







[ 本瀧寺 ]
●山号 能勢妙見山 (のせみょうけんざん)
●寺号 本瀧寺 (ほんたきじ)
●宗派 妙見宗総本山 (みょうけんしゅう)
●本尊 釈迦如来坐像(秘仏) 脇本尊妙見大菩薩 常富大菩薩 (つねとみだいぼさつ)
●開創 大正10年 (1921年)
●開山 野間日照上人(のまにっしょうしょうにん)
▲拝観 9:00~17:00 朱印300円
▲大阪府豊能郡能勢町野間中718  Tel:072-737-0028
▲阪急梅田駅より電車で20分 「阪急池田駅」下車 でタクシー25分
 阪急池田駅より阪急バスで余野、牧行で妙見口バス停もしくは余野バス停下車、バス停より本瀧寺のマイクロバスの送迎。
 完全予約制





▼大空殿の扁額がかかる石鳥居。参道入り口です。







本瀧寺縁起 (本瀧寺HPから抄出)
約1250年前、僧行基がこの山を拓き一寺を建立し、爲楽山大空寺と称していました。爲楽山大空寺は、一時は隆盛でしたが、元亀
天正のころには、戦乱の世となり寺は衰微荒廃。天正9年(1582年)領主能勢頼次は、外襲防御のため、この寺を改造し城構としまし
た。慶長6年(1601年)頼次は日蓮宗に帰依、京都の本満寺十三世日乾上人を請い、領内改宗を行い、 そのとき頼次の遠祖、多田
満仲公の邸内に祀られていた鎮宅霊符神(ちんたくれいふじん)を移し、日乾上人がそれを「妙見大士」として法華勧請し城の守護神
としました。日乾上人は滝を改修し、法華の行場として大衆教化にあたり、この山の守護神として宇迦の御魂権化常富菩薩を勧請、
能勢の本滝と呼ばれるようになりました。





▼石段と平路のダブル参道。勿論ボクは右側、石段はイヤ、奥さんは左石段です。







▼こんな縁起も書かれていました。







▼参道上りきると現代風建築、妙見廟という納骨堂です。

                 





▼裏から見ても寺社建築とは思えない妙見廟。ウチの奥さん「これお寺?」







▼本堂です。
 本瀧寺の本堂は行基菩薩の建てられた「爲楽山大空寺」にちなみ「大空殿」と名付けられています。
 内陣、中陣、拝殿に分かれ、
 内陣にはご本尊のお釈迦如来を中心に、脇本尊の妙見大菩薩、常富大菩薩が祀られています。勿論いずれも見ることは出来ません。







▼大空殿と書かれた本堂扁額。







▼本堂外陣から中陣を見ます。







▼内陣は御簾によって遮られ内部を窺うことは出来ません。本尊は秘仏の釈迦如来坐像。







            ▼甲冑姿の珍しい菩薩、脇本尊の妙見大菩薩。(写真は本瀧寺HPより)







            ▼この方も脇本尊の常富大菩薩。(写真は本瀧寺HPより)







▼本堂横からの景観。能勢の山深い所に本瀧寺はあります。







▼護摩堂。







▼本堂前の香台。







            ▼水掛不動。







▼こんなお顔です。一瞬うちの奥さんの顔を見てしまいました。







▼御瀧。法華行場として能勢の本瀧と呼ばれているそうです。
 行基菩薩が開いたこの御瀧は、本瀧寺の境内の南東の奥にあり正面に石の大鳥居、苔むした岩の上の青銅の龍の口から霊水が落下
 しています。瀧壺には天保十二年に丹波の日の出講の発願で法華経の一字一石が埋められたといわれています。







            ▼龍の口から霊水が落下。この勢いが無くなって幾歳月、ああイヤだ!    







▼鎮守の末社。







▼本堂西に仏像石碑が集められその中の一つ、妙白龍王碑。







▼もう一つの参道を通って……、







▼本瀧寺 オ イ ト マ です。





ウチの奥さんの気が変わらないうちに、あと2カ寺を訪ねる予定なんですが……、
「小さいお寺ネ、もうチョット大きいお寺ないの」と云われてもネェ……。
「お寺は大小じゃないんだぜ」と今更云ってもネェ……。

お寺巡りは一人が一番!
コメント

興福寺、中金堂301年ぶり再建。

2018年10月04日 | 奈良の古寺巡り





(2018.10.03訪問)


あまりの上天気に、いつの間にか近鉄奈良行急行に乗ってました。気が付くと興福寺の境内に立っていたんです。
平成22年10月立柱式から丸8年、平成30年10月7日(日)に落慶式を迎える興福寺中金堂が、301年ぶりにその姿を現しました。
堂内整備や会場設営でまだ鋭意作業中の中金堂ですが、創建時の姿が青空の下で映えています。
また一つ奈良時代の姿が蘇りました。
落慶法要は10月7日(日)から10月11日(木)まで、一般拝観は10月20日(土)から予定されています。




▼今日の中金堂です。




















































コメント (6)

苅萱堂、哀話と謎が残ってるお堂です。

2018年09月27日 | 和歌山の古寺巡り





(2018.09.23訪問)


かむろ大師から西へ少々、苅萱堂というお堂があります。それなりのお歳の方ならその昔、石童丸物語という哀しい哀しい母子のお
話を聞かされたことがあると思います。そのお話の中心がこの苅萱堂。高野山の麓、学文路にはこういった色々の哀話が結構語り継
がれているようです。これから訪ねるそのお堂は哀しいお話の外にもう一つ、ホンマかいなと思う謎に包まれたあるものが伝わって
いるんです。早速、そのホンマかいなを確かめに苅萱堂へ。




▼苅萱堂。     







[ 苅萱堂 ]
●山号 如意珠山 (にょいしゅざん)
●院号 能満院 (のうまんいん)
●寺号 仁徳寺 (にんとくじ) 通称苅萱堂 (かるかやどう)
●宗派 真言宗 (しんごんしゅう)
●本尊 苅萱道心 (かるかやどうしん)
●開創 不詳
▲拝観 9:00~17:00 朱印300円(西光寺)
▲和歌山県橋本市学文路542 Tel.0736-32-2274(西光寺)
▲南海高野線「学文路駅」から徒歩15分
 京奈和自動車道「橋本IC」からR24号経由約15分





▼苅萱堂扁額。







苅萱堂縁起 (苅萱堂内掲示から)
学文路苅萱堂は、正式には如意珠山能満院仁徳寺と呼ばれる真言宗の寺院である。江戸時代に入って学文路を登山口とする不動坂が
高野参詣の表参道となったことで、石童丸物語や謡曲「苅萱」説教節「かるかや」などで知られる千里御前ゆかりの地として、苅萱
堂は女人禁制の高野山へ参拝が許されなかった女性を対象とした唱導の場として賑わったという。現在は隣の西光寺が管理している。





            ▼出ました人魚のお堂。苅萱堂というよりは人魚のお堂と云う方が有名らしい。







▼お堂前面です。左のガラス障子を開けてもらい入堂です。







▼右上の額見て下さい、あれが堂内にいるんですって、本当に人魚でしょうか?                           

 





▼堂内外陣と内陣。内陣は奥に須弥壇が設えられ……、







▼中央に苅萱道心、左に石童丸、右に千里の前が祀られています。







石童丸物語主役の三人。
▼中央の石童丸父、苅萱道心 (かるかやどうしん)。







▼左の石童丸 (いしどうまる)。







▼右の石童丸母、千里の前 (ちさとのまえ)。







            ▼苅萱堂右奥に千里の前の墓標宝篋印塔。色とりどりの花が山のように供えられています。







▼境内の人魚姫、人魚のミイラはこんなに可愛くはないか。







▼ではでは懸案の人魚に会いましょう。







▼この黒塗りの厨子に、かの人魚のミイラが収められています。







▼ジャジャーン出ました人魚のミイラ!
 今から千年ほど前、近江の蒲生川で捕獲されたと伝わり、なぜ近江の捕獲物が学文路の地に来たのか疑問だらけですが、このお堂
 に伝わる多くの秘宝の中では、最も謎に包まれたものだそうです。









 印象は一言で書けませんが、確かに生身の干涸びたミイラで上半身は人間、顔の造作も揃い、手の指などかわいいもんで、乳首まで
 ちゃんと付いてます。下半身は魚のようで腹ひれ尾びれもあり、体長60cmぐらい、脚がないことを除いては全部揃っているようです。
 目の前で見たんですが、作為痕を見つけることは出来ませんでした。
 しかしよくよく考えると、かなり気持ち悪い印象しか残りません。

 ★どこぞの研究機関で謎解きしましょうヨ。今までしないということは、バレたら困るなにかがあるのかナ。





            ▼一応お隣西光寺も紹介します。







▼西光寺本堂。真言宗のお寺です。







▼内陣です。







▼須弥壇に祀られる五尊です。







            ▼本尊阿弥陀如来立像。







            ▼穏やかなお地蔵さんに一礼! 
             気持ち悪い人魚が夢に出ませんようにお願いして、人魚のお寺お暇です。







▼ご朱印です。






昔々蒲生川で遊んでいたころの人魚姫の面影を、今の姿からはとても想像することは出来ませんが、空想ロマンととらえて、も一度あの
ミイラを思い出すと……、ヤッパリ気持ち悪い!
コメント (2)