おかみのひとりごと

不動産、工務店を切り盛りするおかみの日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無常という力

2012-01-13 14:49:27 | Weblog

熊毛図書館で 借りてきた本


    


福島県 三春町の お寺の住職さんの 書かれたもの。


東日本大震災に合われ 次々に起こる 未経験の問題。。これまでの


知識や経験は 全く役に立たない現実。 冷静に考えれば "無常"といわれる。


800年前 鴨長明によって書かれた "方丈記"


"ゆく河の流れは絶えずして、 しかも、 もとの水にあらず"


 冒頭のこの文章は 有名ですね。 


方丈記を読まれた著者は 自然の摂理 人間の無力さを この大震災により


経験。 それを読むことにより "無常という力"という 大きな力を得たとおっしゃつて


おられる。  我々の身にも いつ起こるかしれないと思いつつ 日々を過ごしている。


一日一日を 大切に。。。 生きたいと思う。


 



 
いつもクリック有り難うございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鳩子の湯 | トップ | 着物を着て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事