ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

高岡城 (日本100名城) (富山県) 2019.4.11

2019-05-20 21:51:23 | Weblog

( 写真は、高岡城の水堀 )

我々のバス旅行は、歌枕の地「那呉の浦」を出て、木曽義仲が活躍した古戦場・倶利伽羅峠へ向かいますが、その途中で「高岡城」に立ち寄りました。


1605年、加賀藩2代目藩主の前田利長は、隠居して富山城に居ましたが、1609年の大火により城が焼失したため、新たな隠居城として、ここ「高岡」を選び、築城に着手しました。

「高岡城」は、キリシタン大名で、築城の名手として有名な「高山右近」が縄張(設計)したと伝承されています。

その5年後の1614年に利長は死去し、翌年の1615年に、高岡城は、一国一城令により廃城となりました。

しかし、加賀藩3代目藩主の前田利常は、高岡城の水堀を埋めないで、城の実質的な保全を図りました。

そして、明治3年、高岡城跡は民間に払い下げられましたが、市民の熱心な保存運動により、明治8年、城跡は「高岡公園」として残りました。



(高岡城の航空写真:高岡城のパンフレットから)
上の航空写真の様に、高岡市のど真ん中にある「高岡古城公園」は、21万平方メートルという、東京ドームの4.5倍もの広さを有しています。
城跡は、市民から「古御城(ふるおしろ)」と呼ばれ、現在でも、水濠は、ほとんど築城時のままに残されています。

高岡古城公園の特長は、以下の写真の様に、豊かな水をたたえた水濠で、本丸を囲む掘の幅は50メートル以上もあり、水掘りの面積は、公園全体の3分の1を占めます。











(朝陽橋)



(民部の井戸:三の丸)


写真は、本丸に鎮座する射水(いみず)神社です。





「本丸」跡は、上の写真の様に芝生広場となっており、その奥には下の写真の「前田利長の像」があります。









ps.
ご参考までに、これまでにご紹介した城を下記に書き出してみましたので、城に興味のある方はクリックしてみてださい。

なお下記の城名で、(100)とある城は「日本100名城」で、(200)とある城は「続日本100名城」です。

2019/4の(春日山城(100)(新潟県))、
2019/3の川越城(100)(埼玉県)、2018/11の小峰城(白河城)(100)(福島県)、2018/9の吉野ケ里(100)(佐賀県)
2018/12の韮山城(静岡県)、2018/9の熊本城(100)(西南戦争)、2018/9の佐賀城(100)
2018/10の八代城(200)(熊本県)、2018/7の新発田城(新潟県)、2018/3の船岡城(宮城県)
2017/11の白石城(100)(宮城県)、2017/11の二本松城(100)(福島県)、2018/8の松代城(100)(長野県)
2018/8の上田城(100)(長野県)、2018/3の仙台城、2018/3の多賀城(100)(宮城県)
2018/3の佐敷城(熊本県)、2018/10の一夜城(小田原市)、2018/5の小田原城
2018/5の小田原城・北条五代祭り、2017/11の大田原城(栃木県)、2017/12の箕輪城(群馬県)
2017/10の喜連川城(栃木県)、2017/10の勝山城 (栃木県)、2017/9忍城(200)(埼玉県)
2017/8の沼田城(200)(群馬県)、2017/8の名胡桃城(200)(群馬県)、2017/8の小机城(200)(横浜市)
2017/4の熊本城(100)(被災後)、2017/4の館山城(千葉県)、2017/1の宇都宮城
2017/1の徳次郎城(栃木県)、2016/12の金山城(100)(群馬県)、2016/11の小山城(栃木県)
2016/11の古河城(茨城県)、2016/9の今治城(100)(愛媛県)、2016/4の彦根城(100)
2016/4の福江城(200)、2016/4の熊本城(100)(被災前)、2015/10の岐阜城(100)
2015/10の犬山城(100)(岐阜県)、2014/7の小倉城(200)、2014/6の福岡城(100)
2015/5の苗木城(200)(岐阜県) 、2014/4の島原城(100)、2012/3の水口城(滋賀県)
2012/02の亀山城、2012/1の桑名城、2011/12の吉田城(200)(愛知県)
2011/11の 浜松城(200)、2011/11の掛川城(100)
コメント (6)