ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

横浜イングリッシュガーデン 2015.5.25

2015-05-27 22:36:34 | Weblog

(写真は、横浜イングリッシュガーデン)

特に、薔薇に興味がある訳ではありませんが、
今が満開というテレビニュースにつられて、
一昨日(5/25)、横浜イングリッシュガーデンへ
行ってみました。
横浜イングリッシュガーデン(入園料500円)は、
横浜駅から相鉄線で一つ目の平沼橋駅から
徒歩10分です。
TVKハウジング横浜プラザの住宅設備展示場の
一番奥のスペースにあります。
住宅展示場にお客を呼び込むためでしょうか。



横浜駅西口(天理ビル前)から、TVKハウジング
へのシャトルバス(無料:水曜運休) も出て
いますし、住宅展示場には無料駐車場もあります。



横浜イングリッシュガーデンには、約1,100種類
ものバラが、手入れのよく行き届いた庭に展示
されています。
多分、薔薇の花のファンには堪らないスポット
でしょう。

平日なのに、結構混んでいました。
お客の大半は、中高年のおば様軍団ですが、
デート姿のカップルも散見されます。

入場料金は500円ですが、早朝(8:00~9:30)
の入場料金は倍の1,000円です。
早朝は半額じゃあないの?
ファンの静かにゆっくりと鑑賞したいという心理
を前提に料金が設定されているのでしょうか。
私も、約1時間、ガーデンを散策しました。









甘い花の香りが漂うなか、色も形も千差万別で、
その種類の多さに驚きます。









私は、薔薇の花の種類とか名前は、全く知らない
し、興味が無いので、以下に写真のみ並べます
のでご鑑賞下さい。













帰りは、横浜駅行の無料バスで横浜駅まで
戻りました。(45分毎)
コメント (6)   トラックバック (2)

三菱みなとみらい技術館 (横浜)2015.5.11

2015-05-16 06:28:24 | Weblog

(小型ジェット機MRJのシミュレーター)
横浜のみなとみらいに買い物に出かけたついでに、
以前から一度入ってみたいと思っていた「三菱
みなとみらい技術館」に立ち寄ってみました。

「三菱みなとみらい技術館」は、東急東横線
「みなとみらい駅」から徒歩3分の場所にあります。
上の写真は、三菱みなとみらい技術館の正面玄関です。(入館料:500円)



三菱みなとみらい技術館は、三菱重工(三菱電機
ではありません)の展示館で、航空宇宙、海洋、
交通、エネルギー、技術探検等のゾーンに分かれ
ています。

最先端の科学技術を分かり易く学べるだけでなく、
最先端の乗り物の操縦も出来る体験型のミュー
ジアムで、他にも本格的なロケットエンジン、
深海潜水調査船など展示しています。

ここの目玉は、ヘリコプターと旅客機の飛行
シュミレーターで、その操縦体験には、大人も
夢中になること請け合いです!
一通りの見学のための所要時間は、2~3時間と
いったところでしょうか。
私の一番のお薦めは、ヘリコプターのシュミ
レーター「スカイウオークアドベンチャー」
(無料)です。
CG画面で再現した横浜の上空を、実際の
ヘリコプターに乗っている様なリアルな動きで、
操縦体験が出来ます!

ちょっと見辛いですが、上の写真が、ヘリ
コプターの操縦席です。
みなとみらいをぐるっと回り、横浜上空を自由に
空中散歩してから、出発地点のヘリポートに
戻ってきます。
自分で操縦桿を握って、離陸、旋回、着陸を操作
しますが、リアルにヘリコプターの機体が振動
するので、本当に空を飛んでるかの様な感覚を
味わえます。
ヘリコプターが、ゆっくりと横浜みなとみらいの
上空に浮かび上がると、眼下には、CGの横浜の
市街地街が広がります!
私は、先ず、海の方向へ向い、ベイブリッジの
上で旋回する操作をしてみました。
大桟橋、山下公園を眼下に見ながら、 高層ビルに
衝突しない様に、高度を上げたり下げたりして
旋回しますが・・・

あっ、危ない!
高層ビルに激突しそうになります!
なかなかの難易度で、想像以上に難しいです
操縦に夢中になっているうちに、ヘリコプターの
外の景色は、昼間から次第に夕方、そして夜景
へと変わっていきます。
しばらくすると、眼下に花火も打ちあがり始め
ました!
操縦中は、はらはらドキドキで、操縦桿から手を
放す暇がなく、残念ながら写真撮影が出来ません
でした。
最後に着陸しますが、高低のコントロールが
うまくいかず、あえなく地面に激突!
ああっ~、本物でなくてよかった!


次に、ジェット機のフライトシミュレーター
(無料)へ向かいます。
上の写真は、現在、三菱重工が最も力を入れて
いる小型ジェット機「MRJ」の前面の操縦席
部分です。

そして、下の写真は、そのMRJのフライト
シミュレーターです!

順番待ちのために操縦席の後ろから見ていると、
結構難しそうで、私の前の二人組は、あえなく
墜落してしまいました・・・

おお~・・・、怖っ!・・・


いよいよ私の番です。
操作盤の開始ボタンを押すと、大きな音をたたてエンジンが始動します。




滑走路に入ったところで、エンジンスロットルを
思い切り前に倒して、エンジンをフルパワーに
すると、無事に離陸しました!
前方の操作盤の小さなレバーを下げて車輪を格納します。

上空で水平飛行に移ると、その後は島から島への6分間のフライトです。
飛行経路を示すグリッドから大きく外れない様に、
操縦桿を操作しながら快適なフライトです!

そしていよいよ鬼門の着陸!
操作盤に表示された上下の飛行経路を示す
グリッド内に何とか収まる様に、
操縦桿とスロットルを慎重に操作します・・・
高度を下げつつ、同時に速度も下げてゆきますが・・・
うわっ~!
滑走路に激突してしまいました・・・
操縦を終わってから、シミュレーターの外へ
出ますが、悔しい!・・・
という訳で再挑戦します。
そして、空いていたこともあり、ついつい3回もやってしまいました。
・・・が、3回目の着陸も、オーバーランして
しまい滑走路から外へ飛び出してしまいました!
操縦席から出ていくと、スタッフの方が近寄って
きて、「惜しかったですね。」と声を掛けて
くれました。
その方の話によると、成功する人は、10人に1人くらいらしいです。
そうか、それじゃあ、仕方ないか・・・
見学の順番としては、先に、2階でスカイ
ウォーカーの予約をしてから、順番待ちの
MRJのフライトシミュレーターへ向かった方が
良さそうです。
下の写真は、月面が舞台の「体感型アトラク
ション!スペース・プロジェクト」
(別料金:500円)です。
先ず、各人が、採掘船の部品を担当して、形や
特性などを選択設計して資源採掘船を設計します。
次に、それを組み合わせた採掘船で、月面で
走らせるという設定です。

専用のタブレット端末を使い、前面の大きな
スクリーンを見ながら、採掘船を操縦して、
月面の資源を採掘しに行きます。
ゲーム好きの人には楽しいかもしれません。
小さな資源採掘船(3D印刷で出力した量産
モデル)のお土産付きです。

(H2Aロケット)

(宇宙服)

(実物大の「しんかい6500」)
最後に、1階の出口にあるミュージアムショップ
には、色々な宇宙食や、化石、面白いオリジナル
グッズ等がありましたよ。
コメント (14)

横浜開港記念みなと祭   (ザよこはまパレード 2015)2015.5.3

2015-05-08 06:09:36 | Weblog

(写真は、イセザキ・モールのフロート)

皆さんはGWは如何お過ごしでしたでしょうか?
私は、毎年、高い・満員・渋滞のGWは出掛け
ないで、地元の街をフラフラしています。
地元・横浜のGWのメインイベントと言えば、
何といっても「横浜開港記念みなと祭り」です。

パレードを先導するのは、女性警官の白バイです。

カッコいい!
58団体が参加し、趣向を凝らしたカラフルな
「フロート」、ダンスチーム、マーチング
バンド、全国各地のお祭り、コスプレチーム
等が次々と登場します。

(フロート)

(ダンスチーム)

(マーチングバンド)

今年も「第63回・ザよこはまパレード(国際仮装
行列)」と銘打って、5月3日に開催されました。

(全国各地のお祭り)

(コスプレチーム)
それでは、炎天下、3時間にわたる華やかな
パレードの様子をお楽しみ下さい!
先ず、先頭を切るのは、キッズグループの数々
です。



「♪港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ♪」の間奏の
間で、小学生の女の子達が声を揃えて叫ぶ、
”アンタ、あの娘の何なのさ!”
というセリフが、とても可愛らしく、
思わず笑ってしまいました。


次は、フロート(山車)の数々です。

(キリンビール)

山下公園前を起点としたパレードは、赤レンガ
倉庫前や馬車道を通り、ゴールの伊勢佐木町まで、
全長3.4キロを進みます。


(日産)



(横浜青年会議所)



(崎陽軒)



(都筑太鼓)



(横浜商工会議所)



(横浜市資源循環局:ヨコハマ3R夢)


次は、民族舞踊、ダンス、コスプレ等の数々です。

























下の写真のアイドルの女の子がオープンカーで
登場すると、周りが騒然となって、観客が大声で
アイドルの名前を連呼します。
(オジサンは、こんなタレント、名前も知らん
 ぞ?


日本各地のミスも参加しています。







最後に、吹奏楽の数々をご覧下さい。
演奏曲は、伊勢佐木町ブルース、ブルーライト
ヨコハマなど全て横浜をテーマにした曲です。









私は、例年、GWは、横浜の街へ出て、パレード
をチラッと覗いてみる程度なのですが、今年は、
炎天下、初めて1番目の団体から最後の58番目の
団体まで、全てを見ました!
暇なのね?・・・

お蔭で、1日で真っ赤に日焼けしてしまい、
未だ腕がヒリヒリしています・・・

今回、初めて、開港祭のパレードを全て見物
しましたが、行くまでは正直、余り期待して
いませんでした。

しかし、パレードの人達が、こちらに笑顔で手を
振り、それに声援を送り返したり、一緒に手拍子
したりしているうちに、自然とパレードとの
一体感が生まれてきました。

必死で踊ったり演奏してる若い人たちの姿を目の
当りに見ているうちに、これまでの厳しい練習
風景が想像されて、自然と感動してきました。

パレードの皆さんのハツラツとした笑顔を観て
いたら、こちらも楽しい雰囲気になり、元気を
もらった気分になれました。
コメント (10)

国会図書館 (千代田区) 2015.4.30

2015-05-01 09:38:20 | Weblog

(写真は、「続膝栗毛(中山道)」)

連休明けに、中山道・一人歩きを再開したいと
思い、案内書などの準備を始めています。

これまでは、島崎藤村の「夜明け前」と、浅田
次郎の「一路」を読みながら中山道を歩きました。
次は、十返舎一九の「続膝栗毛(中山道)」を
読みながら歩きたいと思い、アマゾンで冒頭の
写真の「木曽街道①追分~大湫」を何とか手に
入れました。
「東海道中膝栗毛」は、色々な出版社から出て
いて直ぐに手に入るのですが、何故か「続膝栗毛
(中山道)」はほとんどが絶版となっています・・・
「続膝栗毛(中山道)」の「追分~大湫」編の前後
の本も読みたいな~!

という訳で、都心に出かけたついでに、「続
膝栗毛」を読むために、久し振りに「国会図書館」へ行って来ました。

有楽町線・永田町駅から徒歩5分の「国会図書館」
は、蔵書38,000,000点を有する日本一の図書館です。
国内で刊行された本、新聞、雑誌などの全て
出版物は、法律により、出版元は「国会図書館」
に提供する義務があり、これに対して5割の対価
と送料が支払われます。
この制度により、国会図書館には、膨大な本や
雑誌が収集保管されています。

国会図書館に入館するためには、受付で、身分
証明書を提出して、写真の「登録利用者カード」
を作成する必要があります。

このカードを使用して、入館、端末での検索、
閲覧申込、印刷注文、返却などを行います。

館内は撮影禁止なので、パンフレットの
説明図を使って、閲覧の手順を説明します。

先ず、館内の端末で、借りたい本を検索して
注文し、窓口で職員から受け取り、近くの
閲覧室で読みます。館外への持ち出し
は出来ませんが、端末から注文して、有料で
コピーすることは出来ます。

(入口の自動改札機)



(検索・注文)


(受け取り)
蔵書の大部分は、立ち入り禁止の書庫に収め
られています。
但し、科学技術や経済情報関係などの本について
は、開架式の書棚にあるので、自由に手に取って
読めます。
私は昔、業務に関する本を筆耕してダイヤモンド
社から出版したときに、下調べのために経済
情報室に足繁く通ったので、凄く懐かしいです!
また、あらゆる漫画や雑誌も創刊号から最新号
まで保管されているので、例えば、「少年
マガジン」の創刊号を端末で注文して、手に
取って読むことも出来ます。
また、新聞閲覧室では、8,900種類もの新聞
(地方紙、スポーツ紙、政党紙などを含む)
がマイクロフィルム等で保管されているので、
端末で検索しながら読む事が出来ます。
また、古地図や古典資料室などもあり、他の
図書館には無い古書も多いので、歴史ファン
や考古ファンには外せない場所ですよ。
また、館内には、食堂や喫茶もあります。
「続膝栗毛(中山道)」を読み終えて、国会図書館を出ます。
最近は運動不足なので、国会図書館の隣の国会
議事堂の「国会前庭」をウォーキングします。



「国会前庭」は、洋式庭園と和式庭園に分かれて
います。
洋式庭園には、三権分立を象徴した高さ32
メートルの下の写真の「尾崎記念時計塔
(三面塔)」があります。


また、日本全国の標高を決定するための基準
となる「水準原点標」を格納してある下の写真の
「日本水準原点標庫」もあります。


和式庭園は、写真の様に素敵なお庭ですが、平日
ということもあり人影がありません・・・
勿体ない・・・


コメント (16)