ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

散歩の寄り道(その10:神宮球場)

2010-08-27 23:30:13 | Weblog
(写真は神宮球場の花火)

「散歩の寄り道」については、これまで、
 西武球場、温泉、映画、水族館、演劇、
 コンサート、美術館、せともの市、
 ビヤガーデンと紹介してきましたが、
 本日は「その10:神宮球場」です。

ウォーキングの途中で、野球見物
というのは、いかが?

このうだる様な暑さの中、生ビールが
飲みたい!

神宮球場は、銀座線・外苑前から徒歩5分
で、都内の会社のサラリーマンであれば、
6時の試合開始に十分間に合います。

しかも、東京ドームと違って、
自然の風に吹かれながら飲む生ビール
の味は格別です!

更に、5回裏には、写真の様に、毎日、
花火も打ち上げられます!
これで外野自由席の1,500円はお得!

そして、この打上げ花火と、ヤクルトの
応援歌の”夏祭り”が、妙にマッチ
しています。

♪君が居た夏~は♪ 遠い夢の中~♪
♪空に消えてっ~た♪ 打上げ花火~♪

それから、7回裏は、お決まりの青い
ビニール傘の東京音頭で盛り上がります!

今夜は、ヤクルト対阪神戦でした。

残念ながら神宮では、ジェット風船は
禁止なので、阪神名物のジェット風船
応援は見られません。
阪神側応援席は、首位がかかっていること
もあり、ビジターにもかわらず超満員で、
殺気を帯びています。
ヒット1本出ると、もう優勝した様な
大変な騒ぎです。

一方、東京ヤクルト側の応援は、割と
おっとりしてます。
東京の人は、物事に熱くなることが
無いのでしょうか?

ヤクルト外野自由席の最上段は、
小さな子供連れの家族が多く、
お父さんが生ビールを飲んでいる隣で、
ん? 
幼児が哺乳ビン?のミルクを飲んでます。

試合は、ヤクルト館山の出来が良く、
ホワイトセルと飯原の2発で、
ヤクルトが、6-0で圧勝でした!
コメント (4)

養老渓谷散歩

2010-08-22 09:26:47 | Weblog
(写真は養老の滝)

いや~!
ホントに暑いですね!
少しでも涼しい場所へ行きたい!
というわけで、
休日に養老渓谷へ行きました。

JR横須賀線の五井駅から、小湊鉄道に
乗り換えて約1時間の養老渓谷駅へ
向かいます。
鉄道好きの私には堪らない
ローカル鉄道の小旅行です!

途中の小さな駅々は、まるで鉄道模型の
ジオラマに出てくる様なレトロな
昭和初期の昔懐かしい雰囲気です。
子供の頃の夏休みの懐かしい記憶が
よみがえります。

千葉の内陸部の風景は、土地に高低差
があるにも拘わらず、畑ではなく、
一面の水田です。

旅館から養老渓谷へ歩いて向かう
20分位の道路は、暑くて頭がクラクラ!
熱中症になりそうです!

養老渓谷のひんやりした空気と
マイナスイオンを期待して来たのですが、
渓谷沿いのウォーキングも、
風が止むと蒸し暑さは都内と変わりません!

養老の滝も水量が少なく、写真の様に、
暑さに耐えかねた人々が川へ入って
涼を求めています。
水着が必要でした・・・

それでも、炎天下のウォーキングで
大汗をかいたあとは、さっぱりした湯質の
温泉に入り、すっきり気分になれました!
コメント (4)

散歩の寄り道 (その9:屋上ビヤガーデン)

2010-08-17 22:04:14 | Weblog
(写真は、九段会館の屋上ビヤガーデン)

「散歩の寄り道」については、これまで、
 西武球場、温泉、映画、水族館、演劇、
 コンサート、美術館、せともの市と
 紹介してきましたが、本日は
 「その9:屋上ビヤガーデン」です。

いや~!
ホントに、毎日暑い日が続きますね!
猛暑というか、この暑さは、異常気象
ですよね!

これだけ暑いと、もう、仕事帰りに、
屋上ビヤガーデンに直行するしか
ありません!

写真は、仕事帰りのサラリーマンで
大いに盛り上がる九段会館の
屋上ビヤガーデンです。

さすがに、この暑さで、6時には、
既に予約で超満員です!

写真後方の舞台では、バニーガールが、
年配のサラリーマンをターゲットに、
キャンディーズや山口百恵の懐メロを
歌って踊っています。
曜日によって、カーニバルとか色々と
やっている様です。

九段会館の屋上からは、武道館の屋根が
見えるなかなかのロケーションですが、
陽が落ちると、木々の間を通って来る
そよ風が心地よいです。

サラリーマンが、暑さを忘れて、
暫しの間、ストレスを発散できる
貴重な空間ですよ!
コメント (2)

野川に沿って(3/5) 3km

2010-08-13 22:19:34 | Weblog
(写真は夜の調布飛行場)

仕事帰りに、野川のサイクリング専用道の
続きを歩きます。

調布→武蔵の森公園→調布飛行場
→味の素スタジアム

中央高速の下をくぐります。
ユーミンの♪中央フリーウェィ♪は
この辺りでしょうか?

野川のサイクリング専用道に沿って
歩きながら地図を見ると、野川は、
調布飛行場周辺に沿って流れています。

しかし、こんな調布の住宅街のど真ん中に
飛行場があるなんて、信じられませんし、
イメージも湧きません!

でも、確かユーミンの歌の文句にも
あった様な、無かった様な・・・?
♪まるで滑走路・・・夜空に続く・・・♪

どうしても、この目で確かめないと
納得出来ません!

という訳で、野川から少し外れて
寄り道します。
野川と交差する人見街道を左に暫く歩き
武蔵の森公園の入口を目指します。

公園には大きな木々が茂り、武蔵野の森
のイメージにぴったりです。

この公園のライトアップされた遊歩道
を暫く歩いて行くと、濃い緑の草の中に、
こつ然と、飛行場の管制塔と、カマボコ型の
格納ドームが出現しました!!

夜中の公園での突然の飛行場の出現に、
まるで、アメリカのSF映画を見ている
様な気分です・・・

写真では分かりずらいですが、
左端の小さな赤い灯が管制塔です。
そして、中央の大きな真っ黒な帯の上部に、
かすかに左右に走る滑走路が
見えますでしょうか?
飛行場とはいっても、アメリカのど田舎の
飛行場という感じです。

飛行場を見終わって、納得して、
武蔵の森公園の前の歩道を南下します。
いかにも武蔵野らしい快適な
散歩道です。

暫く歩くと、この遊歩道沿いに
味の素スタジアムがありました。
何か中途半端な位置です。

試合は行われていませんが、綺麗に
ライトアップされています。
入口周辺には、サッカーグッズや
飲食店が並んでいて楽しそうです。

味の素スタジアムの前の道を更に
南下すると、京王線の飛田給駅
(とびたきゅう)に到着しました。

何もない住宅街の中の駅なのに
巨大なドーム型の駅です?
改札口に巨大なサッカーボールが
吊るしてあります。
そうか!
味の素スタジアムの最寄り駅なんだ!
コメント (4)

野川に沿って(2/5) 5km

2010-08-09 20:13:18 | Weblog
(写真は野川の喜多見周辺)

仕事帰りに、野川のサイクリング専用道の
続きを歩きます。

小田急線・喜多見→成城→京王線・国領
→調布

私は「東京人」(¥900- 都市出版)を
愛読していますが、今月号は、偶然にも
「東京の川を楽しむ」です。

早速、野川のページを読みますが、
残念ながら全て昼間の風景で、余り
夜の散歩の参考にはなりません。

野川も喜多見周辺まで遡ると、
川幅はあるものの、写真の様に
川の流れている幅が狭いので、
期待した程の清涼感のある川風は
吹いて来ません!

隅田川や中川沿いの散歩の様に、
川風に吹かれながら散歩とは
いきませんでした。

小田急線の喜多見駅近くのガードを
くぐると、野川沿いの左手の小高い丘に、
”きたみふれあい広場”がありました。
人工の池があり、高台になっていて
周辺の景色が見渡せます。


愛読書「東京人」今月号によれば、
何と!
”きたみふれあい広場”は、
小田急線の車庫の上に盛り土した
人工地盤の公園だそうです!
えっ! 
この巨大な小高い丘の全体が
人工の丘なの?
ウソ~!

そういわれて地図を良く見てみると、
確かに、小田急線の引き込み線が
この公園で消えています!
いや~!
東京という街は、知識なしで歩いたら
何も分からない処ですね・・・

この辺の立派な遊歩道は、川沿いに
桜並木が断続的に続いていて、
桜の季節にまた歩いてみたい素敵な
道です。
コメント (2)

散歩の寄り道 (その8:せともの市)

2010-08-06 22:39:14 | Weblog
(写真は、人形町のせともの市)
「散歩の寄り道」については、これまで、
 西武球場、温泉、映画、水族館、演劇、
 コンサート、美術館と紹介してきましたが、
 本日は「その8:せともの市」です。

今週は、人形町で恒例のせともの市を、
2(月)~4(水)の3日間やっていたので、
仕事帰りに散歩がてら覗いてみました。

安産祈願で有名な半蔵門線の水天宮駅で
地下鉄を降ります。

江戸時代から人形町一帯は、陶磁器問屋が
軒を連ねて大変栄えていたらしいです。

水天宮の交差点から、人形町通りの道の両側に、
写真の様な露天のせともの屋がずっと続きます。
面白いのは、全国の有名な瀬戸物を
売っているところです。
益子、伊万里、美濃など全国の有名食器が、
ほとんどあります。
値段は、だいたい3~5割引といったところです。
瀬戸物以外にもガラスの食器やお箸なども
売っています。
また、道端で、小学生を相手に、陶芸教室も
やってました。

人形町通りの道の両側には、所々に
からくり時計が置かれていて、
6時の時報で扉が開いて、ハッピ姿の町衆の
木遣歌を歌う人形が出てきました。
今、ドラマで人気スポットの人形町
ですから、ついでに、周りのお店を
覗いてみるのも楽しいですよ。
甘酒横町で豆腐屋や人形焼きのお店を
覗いてみましょう。
仕事帰りに、僅かの時間とはいえ、
全然違う世界に浸るのもよいものですよ。
コメント (2)