ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

散歩の寄り道(その5:演劇)

2009-10-27 21:09:09 | Weblog
(写真は北千住駅前のマルイ10F の「THEATRE 1010」)

ウォーキングの後に演劇を見て帰る
というのはいかが?

「散歩の寄り道」については、
「その1:西武球場(2006.10.8)」、
「その2:温泉(2007.1.21)」、
「その3:映画(2007.2.12)」、
「その4:水族館(2009.8.7)」と
 紹介してきましたが、
 本日は「その5:演劇」です。

北千住駅前のマルイの10Fにある「THEATRE 1010」
(シアター千住→ せんじゅ → 千十 →1010)
 の「家へ帰ろう」を仕事帰りに見ました。
(写真のマルイのビルの右上に小さく
 劇場名が見えますでしょうか?)

仕事帰りのサラリーマンに配慮してでしょう、
7時開演です。

小劇場には、役者のセリフのつばきが
飛んでくる位置で芝居が見られるという
大劇場にない緊張感が何とも言えません!
演劇は映画の様に後に何も残らないので、
その空間、その瞬間だけを楽しむ贅沢な
趣味だと思います!

私が、出演している役者を調べるのに使って
いるのが「演劇名鑑(テアトロ)」です。
(カモミール社、3,500円)
本の値段はちょっと高いですが、
演劇評を書いている新聞記者の一覧なども
載っていて、パラパラと読んでいる
だけでも楽しいですよ。

次に私が見た演劇で印象に残っているのを
あげてみますね。

・ミスサイゴン(本田美奈子)、
・ラマンチャの男(松本幸四郎)、
・屋根の上のバイオリン弾き(森繁久弥)、
・回転人魚(野田秀樹:夢の遊眠社)、
・薮原検校(井上ひさし)、
・ジャガーの眼(唐十郎:紅テント)
(ちなみに私は紅テントの会員でした)

・近松心中物語(平幹二郎・太地喜和子)
  蜷川演出の近松心中物語は、
  ちょうど私が観に行った日に、
  平幹二郎が腰痛で降板したため
  本田博太郎が代役で出ていました。
  無名の彼はこの日からスターに
  なりました。
コメント (2)

ニヶ領用水に沿って(1/2) 6km

2009-10-23 10:26:58 | Weblog
(写真はニヶ領用水)

、仕事帰りに、ニヶ領用水に
沿って歩きます。

JR(南武線)久地→府中街道(と並行)→
JR武蔵溝の口→第三京浜(と交差)→JR武蔵中原

恥ずかしながら、私はかって、ニヶ領用水の近くの
二子玉川と武蔵小杉に住んでいながら、
ニヶ領用水の存在自体を知りませんでした。

色々な地図で見てると、ニヶ領用水の載っている
地図と載っていない地図があります。
また、載っている地図も、川が途切れ途切れに
なっている地図と、つながっている地図があり
その実態がよくわかりません?

ただ、全ての地図に共通しているのは、
川崎市高津区の久地の辺りで、川が円形を
描いています。
なぜ流れている川が円形になるの?
今回はこの謎解きからスタート
しました。

先ずJR南武線の久地駅で降りて、
駅の近くの円形の川を目指します。

久地駅から暫く歩くと川がドードーと
音を立てて落ちている所があり、
その近くに円筒状の構築物があって、
その周りを川が円形に流れています。
なるほど! これだ!
でも工事中のため、近づいて写真を
撮ることが出来ません!

「久地円筒分水」の案内版によると、
2つの堰から取り込まれた多摩川の水を
久地で合流させ、円筒分水と呼ばれるこの
分水装置で、水量が変わっても一定の比率で
放射状に均等に分水する装置だそうです。

4方向に分岐するため、久地円筒分水により
各堀の潅漑面積に応じた一定の比率
(7.415 : 38.471 : 2.702 : 1.675)で
正確に分水されるそうです。
何と! すごい!!

久地円筒分水からニヶ領用水に
沿って歩きます。

溝口駅の近くで大山街道を超えます。
更に、川沿いに歩いて第三京浜の高架を
くぐると、周りには畑も点在していますが、
武蔵中原駅当たりになると住宅も
密集してきます。

ニヶ領用水の特徴は、写真の様に、いたる所で、
遊歩道から川面に降りることができる階段
があることです。
素晴らしい!
私のお気に入りの散歩道の一つに
加えることにしました。
コメント (2)

大井町線に沿って(3/3) 6km

2009-10-16 20:32:31 | Weblog
(写真は溝の口駅前)

、仕事帰りに、大井町線に
沿って歩き続けます。

九品仏→尾山台→等々力→上野毛
 →二子玉川→二子新地→高津→溝の口

・奥沢
 静かな住宅街の中に、ポツリぽつりと
 小さなイタリアンのお店があったりして、
 ちょっとしゃれた感じもします。

・等々力通り
 九品仏から上野毛までは、大井町線の
 線路横の道から一本奥を、等々力通りが
 ほぼ並行して走っています。
 静かな住宅街で車も少ないので、電車の
 音を聞きながら等々力通りを歩きます。

・二子玉川
 昔、私が住んでいた高島屋と反対側の
 駅前の街並は、完全に更地となり
 跡かたも無く、再開発が進んでいます。
 その更地に超高層の巨大マンションが、
 並行して一度に3本も建設中です!
 う~ん!東急はすごい!

 家に帰りついて、10時からのNHK
 「ブラ タモリ」を見ていたら、偶然
 「二子玉川」をやっていました。
 ”謎の土手”と昔の料亭街の関係という
 テーマで、今も1軒だけ残る料亭の女将の
 インタビューをやっていました。
 
 なっ! なんと!!
 そのインタビューを受けているのは、
 昔、二子玉川に住んでいた時の近所の
 割烹・柳家の西尾さんのおばさんです!

 料亭街の前に堤防を構築すると、
 料亭街からの景観が台無しになるため、
 洪水で料亭街が流されても構わないからと
 猛反対したため、現在の堤防の位置は、
 料亭街の外側に決まったそうです。

 そうか!!
 それで昔の我が家のマンションの位置は、
 堤防より川側の河川敷みたいな場所に
 あっいたんだ!!
 長年住んでいてずっと不思議に思っていた
 謎が、今頃になって解けるとは!! 
(割烹・柳家については、2008.1.27の
「玉川通りに沿って」を見てね。)

・溝の口
 大井町線は、大井町から二子玉川迄でしたが、
 最近、溝の口まで延伸となり、急行も出来て
 ローカル線から非常に便利な路線になりました。
 昔、二子玉川に住んでいるときは、時々、
 溝の口の商店街に買い物に来たものですが、
 久し振りに溝の口駅で降りてみて、
 その激変ぶりにビックリ!
 昔は狭くてゴチャゴチャした商店街だったのが
 写真の様なシャレたビルが駅の歩道橋と
 つながっていて駅前の風景がすっかり
 変わっていました!
コメント (4)

鶴見川に沿って(2/2) 6km

2009-10-04 20:31:03 | Weblog
(写真は鶴見川沿いの歩道)

だいぶ間が開いてしまいましたが、
2008.11.16の鶴見川の下流に続いて、
鶴見川の中流に沿って歩きました。

久し振りの晴天で、結構、
大勢の人が、歩いたり、走ったり、
サイクリングをしたりしています。

鶴見川沿いの歩道の特徴は、写真の様に、
上下の2段の歩道です。
ここは、写真右の広々とした上段の歩道の
お陰で、多摩川の様に、歩く人と自転車の
接触の危険はありません。
その代り、堤防は雑草が伸び放題といった
感じで、多摩川の様に美しくはありません。

・新幹線
 新幹線が鶴見川を渡ります。
 防音壁の鉄橋でしょうか、橋の壁が高く、
 川を渡る新幹線の屋根だけしか見えません。


・東横線
 綱島の辺りで東横線が鶴見川を渡ります。
 この辺りは河川敷が少し広くなって、3面の
 グランドで少年野球の試合をしています。

・下水処理場
 小高い土手の上から、下水処理場の全景が
 見えます。
 案内版によると見学も出来る様です。
コメント (4)

大井町線に沿って(2/3) 3km

2009-10-01 08:52:19 | Weblog
(写真は自由が丘駅南側の九品仏川緑道)

仕事帰りに、大井町線に沿って歩き続けます。

北千束→大岡山→緑が丘→自由が丘→九品仏

・九品仏(くほんぶつ)川緑道

 緑ヶ丘から自由が丘までは、九品仏川緑道が
 ほぼ大井町線に沿うようにあります。

 九品仏川緑道は、真ん中が歩道になっていて、
 その両脇が道路になっていますが、車がほとんど
 走っていないので快適な散歩道です!

この緑道は九品仏駅まで続いていて、
 目黒区と世田谷区の境界線になっています。

 地下には九品仏川が流れているらしいですが、
 歩いていても全くわかりません。

 九品仏川緑道は、東横線自由が丘駅の南
 に来ると写真の様に道幅が広がります。

 これまでに見たことのない独特の
 雰囲気です!

 会社員、カップル、親子連れといろんな人
 がいますが、どちらかといえばベンチで話し込んで
 いる無目的な感じの若い人が多いのに驚きます!

 歩道というより、ちょっとした広場のような
 集まり方で、人の流れが非常にゆっくり
 してます。
ここは、自由が丘でも一番素敵な通り
 だと思います。

 歩道の両側のお店がガラス張りになっていて
 店の中の人も見えて、カフェもオープンになってて、
 それが歩道のベンチの人と一体感のある風景となって
 どことなくお洒落です。

 自由が丘は若い人たちが多いですね。
言うまでもなく、たくさんのスイーツのお店や
 輸入装飾品、グルメ、ファッション、
 ファッション専門店が並びます。


・浄真寺(九品仏)
広くはありませんが静かな参道です。
 長年、近くの二子玉川に住んでいながら
 一度も来たことがありませんでした。

 近くでも知らない場所があったり、人間の
 行動範囲なんて、意外と狭い
 ものなんですね・・
コメント (4)