ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

散歩の道具(その5):マサイ族の歩き方

2008-09-28 19:51:19 | Weblog
(写真はMBTシューズ)


思わず買ってしまいました!!

写真のMBTシューズ(34,650円 エバニュー)です。

新宿高島屋で見つけたウォーキングシューズで、
34,650円と高かったのですが迷わず買ってしまいました。

「MBT」は、「Masai Barefoot Technology」
の略で「アフリカのマサイ族の素足のテクノロジー」
の意味だそうです。

スイス人の開発者が、アフリカのマサイ族が
美しい姿勢と背中や関節のトラブルとは無縁なのに
着目して、この靴を研究開発したのだそうです。
長い間活動していなかった関節の周辺の
小さな筋肉を鍛えて目覚めさせるのを
目的に開発された、とあります。

写真の様に、普通の靴とは逆に
靴の真ん中の部分が高くなっています!

もともと人間の筋骨格は、柔らかで不均一な
自然の地面を歩く様に作られていますが、
実際には、現代人の我々は硬くて平らな
舗装道路を歩いています。
そこでこの靴は、舗装道路の上を自然の
不安定さで歩く様に設計された、とあります。

頭が高い位置に保持され、一定の高さで
滑らかに移動する様に設計されているため、
頭の上に本を載せたまま自然に
歩行出来る様になるそうです。
ホント?

さて、この効能書通りの効果が出るでしょうか?
それは、また2~3月後に結果を
ご報告したいと思いますのでご期待下さい。
コメント (4)

非常階段東京

2008-09-20 11:09:02 | Weblog
(写真集「非常階段東京」)


思わず買ってしまいました!!

写真集の「非常階段東京」(3,200円 青幻舎)です。

新宿紀伊国屋で見つけた写真集で、3,200円と高かった
のですが迷わず買ってしまいました。

いつも知らない土地の次の散歩コースを考える時は、
魅力的な街はないかな? どの辺りを歩こうかな?と、
「忘れがたき東京」(1,600 角川学芸出版)等の
散歩の写真集を見ながらイメージを膨らませまていす。

その魅力的な街の写真をイメージして出かけるのですが
いつもイメージと違っていてがっかりします。
それは、写真集が悪いのではありません。
写真集は(当然のことながら)昼間の風景で、
たとえ同じ位置からの風景でも
夜に歩いてる私が見てるのは夜景だからです。

でもそんな私が見ている風景の印象に
ピッタリなのがこの写真集なのです!
しかも衝撃的なのは、この写真集は全てが
マンションの非常階段から撮影されているのです!
その視点のユニークさに感嘆しました。

裏通りに面した非常階段なので、
東京の裏の顔がよく見えて、主に街の裏通りを
歩いている私の印象にピッタリなのです!

裏町の夜景なので、巣鴨、押上、小岩、新小岩、
平井、千住、東砂などの下町が中心です。

しかもカメラが高い位置なので、地図を見る様な
感じで全体感が掴めます。
これまで有りそうでなかった優れ物です。

でも東京広しといえども、この私以外に
この高い写真集を買う人がいるとは
とても思えません!
コメント (4)

柴又街道を歩く 9km

2008-09-15 11:34:50 | Weblog
(写真は柴又帝釈天境内の盆踊りの太鼓の練習風景)

今週は腰痛で散歩を休んだので、
パソコン修理中の8/15に歩いた柴又街道について
思い出しながら書いてみます。

柴又街道は、一車線の普通の道路なので、
柴又街道の表示が無ければ、ただの道として
見落としてしまいそうです。
金町→柴又→小岩→篠崎→瑞江(みずえ)

・寅さんの像
 京成金町線の柴又駅はセツトの様な小さな駅で、
 その駅前に「フーテンの寅さん」の
 立派なブロンズ像が建っています。
 観光客の皆さんが入れ替わり立ち替わり
 記念撮影をしていました。
 ”わたくし、生まれも育ちも、葛飾柴又。
 帝釈天で産湯をつかい・・・”で有名な渥美清が
 亡くなったんだな~、と、この立派なブロンズ像を
 見て初めて実感しました。
 (寅さんの像の写真は8/30の”集中豪雨”を見てね)

・参道商店街
 駅から帝釈天までの間は、寅さんシリーズの映画の
 セットそのままの様なお店が続きます。
 この参道の商店街の草だんも美味しそう!
・柴又帝釈天
 帝釈天の境内に入ってみると、浴衣を着た小さな
 子供達が盆踊りの太鼓の練習をしていました。
 その子供達の素人とは思えないあまりにも
 見事なバチさばきに暫く立ち止まって
 うっとりと聞き入ってしまいました。
 境内は人影もまばらでしたが、
 練習が終わると周りの通行人から一斉に大きな
 拍手が湧き上がりました。
 私も思わず大きな拍手をしてしまいました。
 (写真は柴又帝釈天境内の盆踊りの太鼓の練習風景)
・矢切の渡し
 帝釈天を抜けて江戸川の堤防に上がると、
 矢切の渡しが見えました。
 ここも寅さんシリーズの映画に出てくる風景ですが、
 広い遊歩道が綺麗に整備されていて、
 広々とした開放感の素敵な散歩道です。
新しく”寅さん記念館”なるものが出来ていて
 面白そうですが、5時閉館で見られませんでした。
渡しは対岸の松戸市矢切との間を往復しています。
 対岸の矢切には、伊藤左千夫の小説「野菊の墓」の
 記念碑があり、ずっと昔、帝釈天見物に来た時には
 渡しに乗って記念碑を見に行ったのを思い出しました。
・小岩~篠崎
 道路沿いのアパートの間にビニールハウスが
 点在します。
 都心なのだけれども農業も盛んなのでしょうね。
 そのせいでしょうか、興農親水緑道が
 柴又街道と十字に交差しています。
 少し歩いてみましたが快適な散歩道です。
・篠崎公園
 先ずこの公園の広さに驚かされます!
 ゴミゴミした下町の真ん中に何故こんなに
 広大な公園があるのでしょうか?
 野球場、競技場、テニスコート等の
 スポーツ施設が中心ですが、広い草地があり
 大木の樹木の数も種類も多く素晴らしい散歩道です。
 案内によると昭和42年開園で(新しい公園なのですね)、
 約29万平方メートルの都立公園で今後さらに
 造成するそうです!
コメント (4)

旧山手通りを歩く 2km

2008-09-05 17:21:55 | Weblog
(写真は旧山手通りのリストランテASO)

環七等の距離が長いコースの歩きに
疲れたので、暫くは短い距離の道路沿いに歩きます。
という訳で、今夜は、仕事帰りに、約30分の旧山手
通りを歩きます。
旧山手通りの起点は代官山/猿楽町、
終点は松濤/神泉で山手通りと合流します。
旧山手通りの両側は写真の様な立派な並木道で、
裏通りにも住宅の庭の緑が多く、小さなお店や
カフェがあって、私の好きな散歩コースの一つです。
並木の美しい通りの両側には各国の大使館、
お洒落なオープンカフェのレストラン、
教会、ファッション/インテリア等の店などが並び、
異国情緒豊かな非日常の気分を味わえる散歩道です。
車の通りはあるものの閑静な高級住宅街の雰囲気で
例え夜でも気持ちが良く快適な気分のコースです!

・アドレス代官山周辺
 アドレス代官山は、同潤会アパートの跡地に
 建てられた高層ビルで住宅も入った複合施設ですが
 この辺は、子犬を連れて散歩しているお洒落な
 若い女性が多いです。
 私なんか、つい、犬の散歩に何故お洒落するの?
 と思ってしまします。
 私は、あんたら田舎者と違ってこの辺に
 住んでいるのよ!
 とでも言いたいのでしょうかね?・・考え過ぎ?
・デンマーク大使館
 ちょっとお洒落なショーウィンドウのビルなので
 大使館とは気がつかないかもしれません。
 そのショーウィンドウの中に、あの有名な
 アンデルセンの人魚姫の像があります。
 でも小さい像なので、そのつもりで探さないと
 見逃してしまいますよ!
 コペンハーゲンにある本物の人魚姫の像も
 こんなに小さいのでしょうか?
・エジプト大使館
 こちらは玄関にスフィンクスの像が構え、
 脇にエジプトの神官らしき像が立っていて、
 いかにもエジプトという雰囲気です。
・リストランテASO
 ここは、一昨年に親戚の結婚式で来ました。
 レストランでのウェディングですが、
 旧山手通りの落ち着いた雰囲気で、料理も
 美味しく、表からは見えないのですが、
 素敵な中庭があります。
 ガラスの天井付きのチャペルは、樹に囲まれ
 その天井から光が差し込んで素敵です。
 レストランの方は、コース料理で1万円ちょっとで、
 雰囲気を考えれば、まあリーズナブルでは
 ありますが、単品は高いので止めた方が良いです。
 旧山手通りの並木道に面したオープンカフェは、
 道行く人を眺めながらのちょっとした
 シャンデリゼ気分を味わえます。
 その雰囲気を味わうためだけなら、
 カフェ・ミケランジェロで、コーヒーを
 飲む方が安上がりかもしれません。
 (写真は旧山手通りのリストランテASO)

・西郷山公園
 西郷隆盛の弟の西郷従道の屋敷跡だそうです。
 小さな公園ですが、見晴台からは周辺の町並みが
 よく見下ろせて開放感があります。
 私はあまりドラマを見ないので知りませんが、
 この公園はドラマのロケによく使われるらしいです。
 公園内にトイレがあるので、旧山手通りは
 安心して散歩出来るコースですよ。

コメント (3)

環七通りを歩く(最終日) 11km

2008-09-04 21:43:43 | Weblog
(写真は新左近川親水公園)

8月6日(水)、60キロもある環七も
いよいよ最終日です!
長かったな~!

(大井ふ頭→平和島→大森→千束→碑文谷→世田谷
→笹塚→高円寺→豊玉→中板橋→東十条→鹿浜橋
→西新井→亀有→青砥)

青砥→小岩→葛西→葛西臨海公園

・青砥~新小岩~一之江
 環七沿いの新中川の土手沿いに歩きます。
 真夏の暑さにもかかわらず、川風が非常に
 強くて冷たくとても心地良く、
 噴き出した汗も引いてしまう位です。
 100メートル置き位にベンチと照明灯があり、
 更に1キロ置き位にトイレもあり、
 完備された遊歩道です。

 新中川に架かる橋の中程には、涼を求めて
 涼んでいる人々が結構います。
 真夏の夜のお薦め散歩コースです!!

 この辺りは川底よりも低い位置で
 堤防の近くに民家が密集しているので
 夜遅くでも土手の上の散歩道は
 ランニングや散歩の人も結構いて、
 常にどこからか人の声が聞こえる感じで、
 夜遅い散歩も安全です。

・古川親水公園
 環七と十字に交差する古川沿いの親水公園です。
 所々になかなか趣のある和風の庭があって
 お勧めのコースです。

 江戸川区は周りを河川に囲まれており、
 西は墨田区との境の荒川、区の中央の中川、
 東は千葉県境の江戸川の3河川は、
 江戸川区を通って東京湾に流れ込みます。
 そのため、江戸川区には無数の用水路があり、
 古川親水公園もこの用水路の一つを
 公園化したのだそうです。

・新左近川親水公園
 環七と十字に交差する新左近川沿いの親水公園です。
 広い遊歩道が続き、ボート乗り場もあり、
 下町の真ん中に、写真の様なこんなに広くて立派な
 親水公園があるとは、想像出来ませんでした!

・南葛西
 中央卸売市場、東京団地倉庫、
 トラックターミナルなどが続く風景で、
 ああ!下町を抜けて、いよいよ湾岸倉庫地帯に入ったな!
 という感じがして来ました。

 この倉庫地帯を抜けると、いよいよゴールの西葛西!
 葛西臨海公園の大観覧車が見えました!!
コメント (3)