ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

山手線に沿ってXmas(その6) 3km

2006-12-26 20:06:35 | Weblog
(写真は表参道の照明)

仕事帰りに、山手線沿いのXmasウォーキングを
続けます。
(6日目)
渋谷 ⇒ 原宿 ⇒ 代々木

・ラフォーレ原宿
 ラフォーレ原宿ビル前のXmasツリーも、
 オーソドックスで大きくて見事です。

・表参道
 話題のアカリウム(写真をご覧下さい)を
 眺めながら、表参道をブラブラと歩きます。

 最初は気づきませんでしたが、時間が経つと、
 照明の色が変わっています。

 表参道の景観に合っているのか、
 よく分りませんが、これまでに
 見たことのないジャンルの照明ではあります。

・表参道ヒルズ
 ブームが一段落したのか、お客はそれ程、
 多くはありません。
 地上3階・地下3階と書いてあるのですが、
 中に入ると、真ん中が吹き抜けで、その周りを、
 ゆるやかな螺旋状に、通路が廻っている
 面白い構造で、どこまでが地上で
 どこからが地下か分かりません。

・表参道公衆便所
 表参道ヒルズの1階にお店ならぬ綺麗な
 公衆トイレがありますした。
 表参道ヒルズの一番良い場所が
 公衆トイレとは素晴らしい!
 という訳で、ここは、お勧めのトイレ付きの
 ウォーキングコースです。
コメント (4)

山手線に沿ってXmas(その5) 2km

2006-12-25 18:44:49 | Weblog
(写真は渋谷・電力館隣のTOKYO MAIN DINING)

仕事帰りに、山手線沿いのXmas
ウォーキングを続けます。(5日目)
恵比寿 ⇒ 渋谷

・スカイウォーク
 恵比寿ガーデンプレイスから、スカイウォーク
 (動く歩道)に乗って、渋谷へ向かいます。
 ん?これじゃウォーキングにならんゾ!

・渋谷百軒店
 道元坂から右奥に入る道が「百軒店」です。
 若い人は「ひゃっけんてん」と呼び、
 おじさん達は「ひゃっけんだな」と呼びます。
 
 私が通っていたスタンドバー「INAGAWA」も、
 閉店してしまいました。
 今夜も、渋谷の街は、若者で溢れています。
 この渋谷の街には、もはや、おじさん達の
 居場所は無いのでしょうか?

・TOKYO MAIN DINING
 写真の「TOKYO MAIN DINING」は、
 渋谷公園通りの電力館の隣にあります。
 渋谷の喧騒を逃れ、駅近くのうるさい店に
 比べれば、少しは落ち着ける空間です。

 NYスタイルのダイニングで、少し広々
 し過ぎる感じが難点ですが、バーで
 カクテル等も飲めますし、”今日は
 クリスマスイブ!”だから、シャンペンで
 乾杯といきましょう!
 週末にはジャズライブもやっていて、
 誕生日ソングの演奏もやってくれますよ。
コメント (4)

山手線に沿ってXmas(その4) 4km

2006-12-22 07:51:37 | Weblog
(写真は恵比寿ガーデンプレイスのXmasツリー)

仕事帰りに、山手線沿いのXmasツリー
見物を続けます。
 
大崎 ⇒ 五反田 ⇒ 目黒 ⇒ 恵比寿
  
・恵比寿ガーデンプレイス
 恵比寿の地名はエビスビールからきており、
 ビール出荷用に出来た貨物駅が現在の
 JR恵比寿駅だそうです。
 写真は恵比寿ガーデンプレイスのXmasツリーです。
 素晴らしいツインのXmasツリーですが、
 見物人があまり居ません。
 やはり、駅から離れているせいでしょうか。

 このところ、都心も、丸の内、汐留、品川、
 表参道、六本木、秋葉原など、次々に
 大規模開発が相次ぎ、人口の多い首都圏
 とはいえ、競争が厳しいのでしょう。
 やはり、ここや晴海トリトンの様に、
 駅から歩く場所は,厳しい様な気がします。

・恵比寿ビュータワー
 恵比寿ガーデンプレイスの端に建つ
 超高層マンションが恵比寿ビュータワーです。

 私の知人がここに住んでいて、
 花火大会の日に、何度かお呼ばれしました。
 やはり、生活拠点としては、首都圏の最先端の
 ライフステージ、といった感じです。

 知人のベランダからの風景は、遮るものが何も無く、
 横浜の花火大会も、はっきりと見えました。
 (もっとも、音は聞こえませんが.)
コメント (4)

山手線に沿ってXmas(その3) 5km

2006-12-21 23:34:37 | Weblog
(写真は・パシフィック東京入り口の電飾)

仕事帰りに、山手線沿いのXmasツリー見物
ウォーキングを続けます。
 田町 ⇒  品川 ⇒ 大崎
  
・海岸通り
 海岸通りを品川に向けて歩きます。
 排気ガスも多く、ウォーキングには不向きですが、
 道路からのレインボーブリッジの夜景は見事です!

・品川インターシティ
 JR品川駅の海側のインターシティの
 Xmasツリーは期待したほどではなく、
 割と普通のものでした。
 やはり、純粋なオフィス街ということで、
 あまり力がはいらないのでしょうか。
 でも、インターシティと品川駅ビルに
 挟まれたビルの谷間のセントラルガーデンは
 良い雰囲気で、散歩には最高です。

・JR品川駅
 新幹線の駅が出来てから品川駅は、
 見違える様な広々とした巨大な駅になりました。
 駅ビルのアトレには、洒落たお店も入って、
 昔と比べると、雰囲気が一変しました。

・パシフィック東京
 インターシティと駅の反対側の
 山側に回ってみます。
 駅の反対側もは期待したほどの
 Xmasツリーはありません。

 でも、この辺りのホテル群は、
 敷地がゆったりしていて、散歩には、
 なかなか雰囲気があります。
 (写真は・パシフィック東京入り口の電飾)
コメント (4)

山手線に沿ってXmas(その2) 3km

2006-12-20 23:59:09 | Weblog
(写真は汐留シオサイトの蒸気機関車の電飾)
山手線に沿って、仕事帰りに、Xmas
ツリー、イリュミネーションを見ながらのウォーキング
を続けます。
新橋 ⇒ 浜松町 ⇒ 田町 
・汐留シオサイト
  JR新橋駅から地下道を歩いて
  汐留シオサイトへ向かいます。
  広大なJR汐留貨物駅の跡地に出来たビル群です!
  高層ビルを結ぶ歩行者用デッキを歩いて、
  日テレタワー、カレッタ汐留、汐止ビル
  等を見て回ります。
  高層ビルを結ぶ結構高い位置にある透明な
  歩行者用デッキを歩いていると、これも
  目の前の結構高い位置を「ゆりかもめ」が
  横切って行きます。
  まるで、子供の頃手塚治虫のマンガで見た
  未来都市をみている様です!

・蒸気機関車のイリュミネーション
  ビルの谷間の旧新橋停車場跡に、写真の
  蒸気機関車の電飾がありました。
  きらびやかな電飾の点滅と音響効果!
  こうなると、オフィスビルのイリュミネーション
  というより、むしろ賑やかな遊園地の雰囲気です。

・ハウルの動く城
  工事のおじさんらしき人達が、日テレタワービル
  の壁面に、巨大な「ハウルの動く城」の模型の
  取り付け作業をやっていました。
大きさは、高さ5mx幅10mといった感じでしょうか。
  ブリキの様な金属で巧みにハウルの動く城が作られ、
  その出来栄えに感心して、しばし見惚れてしまいました。
あんなに複雑なものを、ブリキで器用に
  作ってしまう職人さんがいるんですね~!
 ・芝浦運河
  運河の川沿いの遊歩道を歩きます。こんなゴモゴミした
  ところにもキチンとした遊歩道があるんですね~。
コメント (4)

山手線に沿ってXmas(その1) 2km

2006-12-19 21:38:10 | Weblog
(写真はソニービルのXmasツリー)

この時期、千葉周辺や大宮周辺の住宅街の
ウォーキングは、寒くて寂しいものがあります・・・

いよいよXmasシーズン!
そういう訳で、今夜から、仕事帰りに、比較的暖かい
山手線に沿って、Xmasツリーや、年末のイリュミ
ネーションを見ながら、楽しくウォーキングすることに
しました。

わ~い!ネオンの街へ繰り出すゾ!
 
東京 ⇒ 有楽町  ⇒ 新橋

・ソニービル
 やはり、なんと言っても、定番、オーソドックスな
 Xmasツリーは、ソニービルでしょう!
 見ていて、安定感と安心感がありますよね。
 (写真はソニービル前のXmasツリー)

・並木通り
 落ち着いた街並みです。
 並木通りの資生堂本社横の大きくて
 真っ赤なXmasツリーも見事です。

 銀座並木通りを新橋方面へ歩きます。
 何かバブルのころこの辺のバーに
 来た事があるような・・・
 でも、もうすっかり、こんな世界と
 縁がなくなりました・・・
 まあ~、それはそれでいいか!
コメント (4)

京浜東北線に沿って(その7) 7km

2006-12-15 21:47:34 | Weblog
(写真はさいたま新都心駅コンコースのイルミネーション)
東京駅から、大宮駅を目指し、京浜東北線に沿って
仕事帰りのウォーキングを続けます。(7日目)
浦和⇒北浦和⇒与野⇒さいたま新都心⇒大宮(ゴール)

・与野駅
うっかり、与野駅の前を、気が付かずに
通り過ぎてしまうところでした。
そんなに小さな存在感の無い駅です。
与野の町もそんな感じなのでしょうか?
それとも、中心街は駅から離れているのでしょうか?
・旧中山道
与野からさいたま新都心へ、旧中山道を歩きます。
車道と同じ広さ(珍しい!)の広々とした歩道で、
快適な散歩道です。
・三菱マテリアル総合研究所
 旧中山道沿いのさいたま新都心駅近くに、
 大学のキャンパスらしき敷地が・・・
 近づいてみると「三菱マテリアル総合研究所」
 ・・・一企業の研究所なんですね、凄いなア・・・
・さいたま新都心駅
 いきなり近代的で超モダンな駅の出現です!
 スーパーアリーナも駅のコンコースで繋がっています。
 写真は、駅コンコースのイルミネーションで、
 その奥が、スーパーアリーナです。
 しかも、未だ、大規模なビル工事が続いています。
でも、駅が出来る前は、ここは、何だったの?
・大宮駅前の南銀座通り
 金曜の夜、忘年会シーズンだからでしょうか。
 それを割り引いても、凄い人の波です!
この通りを抜ければ、多分、大宮駅なのですが、
 この通りに入ったら、人混みで、全く
 進めなくなりました!
 なんじゃ、こりゃ!こんなに大勢の人が
 どこから湧き出したの?
ひたすら、旧中山道を歩き続けること、1時間半、
ついにゴールの大宮駅に到着です!!
大宮駅も、さすがに、大きな駅です。
コメント (4)

京浜東北線に沿って(その6) 9km

2006-12-14 20:35:07 | Weblog
(写真は浦和駅前のイルミネーション)
京浜東北線沿いにウォーキングを続けます。(6日目)
川口⇒西川口⇒蕨⇒南浦和⇒浦和 

・ダイヤモンドシティー・キャラ
この時期のウォーキングで、一番の難点は
トイレです。
特に、この蕨駅辺りの真っ暗な住宅街では、
喫茶店も無く、お手上げです!
やがて、真っ暗な住宅街の彼方に、
ショッピングセンターらしきネオンが、
かすかに見えます!"ダイヤモンドシティー"
 とあります。助かった!
(ウォーキング中のトイレ探しについては、
1月2日のブログ「トイレがない!」を見てね!)

・南浦和駅
 南浦和を目指しますが、真っ直ぐな道が見当たりません。
 電車の音を左に聞きながら北上します。
電車は見えなくても、電車の音が聞こえている間は、
 京浜東北線と並行して歩いているということです。
やがて、正面に、水平に、鉄道の高架らしきものが・・・
 多分あれが、武蔵野線だから、左を並行して走る電車と、
 正面の高架が、直角に交わるあたりが、南浦和駅なので、
 あの辺を目指して歩きます・・・

・浦和駅前のイルミネーション
浦和駅が近づくと、やたらと浦和レッズの
看板やフラグが増えてきます。
そして、極めつけは、写真の浦和駅前の優勝の
建て看板とサッカーボールのイルミネーションです!
 浦和レッズが、如何にこの街に活力を
与えているか、肌身に感じます。

川口駅から浦和駅まで、約2時間半、約2万歩!
今夜は、結構、長い距離を頑張りましたよ! 
コメント (6)

京浜東北線に沿って(その5) 6km

2006-12-13 09:38:31 | Weblog
(写真は川口駅前のビル)

医者の勧めで、仕事帰りに、京浜東北線沿いの
ウォーキングを続けています。(5日目)

東十条 ⇒ 赤羽 ⇒ 川口

・赤羽駅前
  赤羽駅前を歩いていると、いきなり、
  セーラー服の女子高生2人に、大声で
  「いらっしゃいませ!」と
  呼び止められ、ドキッ!

  落ち着いて、2人の後ろの店の看板を
  よく見ると「ルーズソックス」とあり、
  その道のお店でした・・・
  (そう言えば、女子高生よりも、
   年上の感じですね・・・)

  いや~!それにしても、駅前で不意打ち
  だったので、一瞬、驚きましたヨ。
  (興味のある方は、どうぞ。)
  あまり見ない駅前風景です。


・新荒川大橋
  この新荒川大橋を渡ると、いよいよ埼玉県です。
  夜、歩いていて、この様な大橋を渡る人は
  ほとんど居ないのですが、この寂しい大橋は、
  結構、大勢の人や自転車が渡っています。
  県をまたがる様な経済圏があるのでしょうか?

・川口駅前のビル
  写真は川口駅前のビルを改札口から撮影した
  ものですが、フィットネスクラブの人達が、
  改札口を目指して、一生懸命、自転車を
  漕いでいます。(写真のビルの上層から
  3階目が自転車漕ぎの列です)
  いや~!壮観!
  でもこれも、あまり見ない駅前風景です。
コメント (5)

京浜東北線に沿って(その4) 3km

2006-12-11 08:40:18 | Weblog
(写真は篠原演芸場)
京浜東北線沿いのウォーキングを続けます。(4日目)
上中里 ⇒ 王子 ⇒ 東十条

・飛鳥山公園
  上中里駅から京浜東北線の線路沿いに歩くと、
  大岡越前の守が庶民の花見の場所として
  開放したと言われる飛鳥山公園に出ます。
  夜の飛鳥山公園を通り抜けると王子駅です。

・石神井川
  王子駅から、石神井川沿いの両岸に、
  良く整備された素敵な遊歩道が、延々と伸びています。
歩道脇の桜は、満開の時期は、
きっと素晴らしいでしょう。
来年の春に、また、来ようっと!

・十条中央商店街
  JR京浜東北線の東十条駅から、
  踏切を渡って、JR埼京線の十条駅へ
  向かうと十条中央商店街があります。
夜の8時ですが、大勢の人で、
  結構賑わっていて、非常に元気な印象です。
  ここは、商店街の空洞化とは無縁の様です。

・篠原演芸場
  十条中央商店街と並行して、
  「演芸場通り」の看板の続く商店街があります。
この商店街を歩いていると、信じられないことに、
  いきなり芝居小屋が現れます!
入り口は、小さな映画館といった雰囲気ですが、
  テレビなどによると、梅沢冨美男などを輩出した
  有名な芝居小屋で、今も、旅回りの一座が、
  毎月、交代で公演しているらしいです。
 
  いや~!懐かしい!
  このテレビと携帯の時代に嬉しいですね!
  私も、次回、是非、中に入ってみたい!
コメント (4)

京浜東北線に沿って(その3) 2km

2006-12-08 08:07:46 | Weblog
(写真は上中里の住宅街)

京浜東北線に沿ってウォーキングを続けます。(3日目)

田端 ⇒ 上中里 

・上中里の住宅街と商店街
  尾久から上中里方面の住宅密集街へ
  と抜けると、何か、現代から昭和初期へと
  つながるタイムトンネルに迷い込んで
  しまった様な不思議な感覚に襲われて、
  何となく、胸が熱くなってきます。

  上中里中央商店街は、寂しいけど、
  「ALLWAYS 三丁目の夕日」の
  懐かしい雰囲気が漂う商店街です。

  街を歩きながら、昔見た秋吉久美子主演の
  「異人たちとの夏」という映画を
  思い出しました。

  主人公のサラーリーマンの風間杜夫が、
  仕事帰りに、ふと迷い込んだ
  昔懐かしい雰囲気の町に、
  交通事故で死んだ父母(母が秋吉久美子)が、
  何故か当時のままの年齢で住んでいると
  いう出だしの不思議な物語です。

  主人公の風間杜夫が、懐かしさのあまり、
  たびたび、その街に通い始めますが、
  私も、主人公の様に、懐かしさにつられて
  また来たくなりました。

  
コメント (4)

京浜東北線に沿って(その2) 4km

2006-12-07 15:23:25 | Weblog
(写真は尾久操車場)

京浜東北線に沿って仕事帰りの
ウォーキングを続けます。(2日目)

上野 ⇒ 鶯谷 ⇒ 日暮里
 ⇒ 西日暮里 ⇒ 田端

上野駅から、上野公園を抜けて、
芸大の前を通り、言問い通りに出ます。

言問い通りが、赤札堂で、不忍通りと
交差するので、あとは不忍通りに
沿って北上します。

・田端操車場と尾久操車場

  田端駅から、駅横の陸橋を、山手線の外側
  へ向かって渡ります。

  すると、左手に、東北新幹線基地の田端操車場、
  右手に、高崎線・東北線基地の尾久操車場と、
  左右の広大な操車場を眺めながら歩ける道に出ます。

  鉄道ファン(オタクではありませんヨ、念の為)
  の私にとっては、堪らなく、よだれの出る様な
  贅沢な散歩道です。
歩いているだけで、ドキドキ、ワクワクします。

  色々な種類の電気機関車、ブルートレイン、 
  東北新幹線などが見られて、まるで電車の
  展示会場です。

  地図でよく見ると、この広大な地域は、
  鉄道線の「本線」(白黒が交互の線の
  いわゆる鉄道線)ではなく、「側線」
  (1本の棒線)で表示されており、
  操車場であることが分かります。
コメント (4)   トラックバック (1)

京浜東北線に沿って(その1) 4km

2006-12-06 13:37:56 | Weblog
(写真は東京駅前の「OAZO」ビル)

今日から、新たに、京浜東北線沿いに、
東京駅から大宮駅迄、仕事帰りに歩きます。

よ~し、頑張るぞ!
 
東京 ⇒ 神田 ⇒ 秋葉原 
⇒ 御徒町 ⇒ 上野 

先週の総武線沿いのウォーキングでは、
道に迷ったりして、後半は、
ひたすら歩くのみになってしまったので、
今回は、テレビの「ぶらり旅」を真似て、
沿線の風景を楽しみながら、
ウォーキングを続けようと思います。

先ず、東京駅前のオアゾの4F「芋の蔵」
という店で、お湯割りの焼酎を一杯!
体を温めて出発!

また新しい旅のスタートです。

この店は、福岡が本店で、芋焼酎が
売りなんですが、私の好きな米焼酎
「豊永の蔵」も置いてますよ。
コメント (4)

六義園の紅葉ライトアップ

2006-12-05 23:29:34 | Weblog
(写真は、紅葉のライトアップが美しい六義園)

仕事帰りに、JR駒込駅前の
六義園に立ち寄りました。

回遊式の広大な庭園全体が、
ライトアップされて、池に紅葉が映え、
夜の庭園巡りは、幻想的でワクワクします!

枝垂れ桜のライトアップも、
見事で美しかったけど、
紅葉のライトアップもなかなか趣があります。
(枝垂れ桜のライトアップについては、
 3月27日のブログ「今週の夜桜ウォーク」を見てね!)

この季節、さすがに寒いので、茶屋で、
甘酒(300円)か、燗の日本酒で温まりましょう。
おしるこも美味しそうですよ!

案内板によると、江戸時代に、柳沢吉保が築園し、
明治時代に三菱の岩崎弥太郎が別邸として
使っていたのを、都に寄付したのだそうです。

いや~、それにしても、この広大な庭園!
明治の財閥というのは、桁外れですな~!

入場料300円で、夜間開園日は、夜9:00閉園。
今月13日(水)迄やっていますので、
お早めにお出かけを!
コメント (4)

総武線に沿って(最終日) 10km

2006-12-01 08:29:39 | Weblog
(写真は、京成千葉駅のビル)
東京駅から、千葉駅を目指し、総武線に沿って
仕事帰りのウォーキングを続けます。(7日目)
幕張⇒新検見川⇒稲毛⇒西千葉⇒千葉(ゴール)

・千葉街道(14号線)
  2夜連続のギブアップで、学習したので、
  今夜は、廃棄ガスがひどくても、ひたすら
  千葉駅を目指し14号線を歩きます。
  14号線も道が広くなり、2車線の立派な
  道路になりました。

・登戸緑町緑地
  14号線の山側には、立派な松林が続きます。

  案内板を見ると、ここは、かって、
  東京湾に面した松林だったとあります。
  へ~!昔は、ここが海岸線で、この林は、
  海岸線沿いの松林だったんだ!
  という事は、この14号線の海側の
  高層マンション群などは、
  全て埋立地なんだ!凄いな~!

ひたすら、14号線を歩き続けること、1時間半、
ついにゴールの千葉駅に、感動の到着です!! 
東京駅から、約40キロ・・・遠かった!
でも、マラソン選手は、この距離を、
2時間余りで走り抜けるんですよね。
う~ん。信じられん!

千葉駅に、何と!モノレールが乗り入れてます!
物珍しくて、つい乗ってしまいました。
遊園地の乗り物にたいな小さなモノレールです。
何故、こんな所に、モノレールがあるのだろう?
不思議? 終点は千葉みなとでした。

という訳で、次の機会に、Uターンして、
京葉線沿いに、千葉みなと駅から東京駅を
目指したいと思いますので、ご期待下さい。
コメント (4)