ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

袋田の滝・紅葉狩り (茨城県) 2017.11.26

2018-02-25 23:26:51 | Weblog

(写真は袋田の滝)

今年の「紅葉狩り」は、日帰りバスツアーに参加
して、「袋田の滝」へ行って来ました。

茨城県の袋田の滝へ向かう途中の奥久慈の山々は
紅葉の真っ盛りでした。







バスが袋田の滝に到着し、滝の入口へ向かって
歩いて行きます。
(観瀑料金300円:バスツアー団体250円)

滝の入口から先はトンネルになっており、その
突き当りに展望台へ上るエレベーターがあります。

このエレベーターは、紅葉のピーク時には、
1時間以上の待ち時間になるらしいのですが、
この日は幸か不幸か、展望台周辺の紅葉が
完全に終わっていたので僅か5分待ちでした。

(ちなみに、1時間待ちの場合は、このバスツアー
の集合時間との関係で、エレベーターで上がる
展望台は断念しなければなりません。)


エレベーターを出ると、目の前が展望台で、更に
その脇に、より高い展望台があったので、その
階段を上って、先ずこの一番高い位置の展望台
から袋田の滝を眺めます。





四段になった岩場に、滝が無数の白い筋になって
落ちています。
袋田の滝は、最上段の滝からの落差が
120メートルもあり、「日本三名瀑」の一つに
数えられているそうです。

ちなみに、三名瀑とは、華厳の滝(日光)、
那智の滝(熊野)、袋田の滝だそうです。

残念ながら、袋田の滝の周辺の岩場の紅葉は
完全に終わっており、お目当ての紅葉と滝の
コントラストの絶景写真は撮れませんでした
・・・


それから、今度は、エレベーターで下りて、
トンネルを戻って行くと、トンネルの途中に
切れ目があり、ここにも観瀑台があります。

この観瀑台からは、滝の上段と中段部分は見る
ことが出来ませんが、轟音と共に流れ落ちる水の
流れを、間近に見ることが出来ます。


かなりの水量があり迫力です!

この観瀑台の脇に、対岸に渡ることが出来る
「吊り橋」があったので、トンネルの中を
元の入口まで引き返すのを止めて、吊り橋を
渡った対岸の散策路を歩いて元の入口を
目指します。



「吊り橋」の上は、袋田の滝の横からの撮影
ポイントになっていて、大勢の人が橋の上から
撮影していました。


また、この吊り橋の上からは、先程こちら側を
眺めていたトンネルの途中の観瀑台が見えます。
(上の写真の赤丸印の部分。)

川を跨いだトンネルの反対側の散策路を歩いて
行くと、スタート地点の滝の入口の土産屋や
食事処が並ぶ辺りまで戻って来ました。








今回の紅葉狩りは、奥久慈の山々は紅葉が
綺麗だったのですが、肝心の袋田の滝の周辺が
すっかり終わってしまっており、タイミング
としては失敗でした。

バスツアーは、ピーク時を見極めてから直前に
申し込むと満席です。

だからといって、早めに申し込むと、予想が
外れて、紅葉狩りのピーク時とずれてしまいます。

この様に、バスツアーはピーク時の見極めが
難しいので、見極めに自信が無ければ、個人で
行った方が良さそうです。

ps.
これまでの個人で行った「紅葉狩り」については、
2015/11(水上温泉)、2015/11(谷川岳)、
2014/12(皇居乾門)、 2008/11(清澄庭園
を見てね。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 横浜・山下公園のバラ園 と ... | トップ |  竜神大吊橋・紅葉狩り (茨... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
袋田の滝 (hide-san)
2017-12-11 11:35:30
袋田の滝は3回観るチャンスがありますね。

新緑の頃と紅葉の頃と真冬の滝が凍り付いた時の3回です。
袋田の滝の3回の見頃 (ウォーク更家)
2017-12-11 13:08:28
袋田の滝、詳しいですね。

3回とは、新緑、紅葉に、凍り付いた冬ですか。

春と秋は良いですが、寒さが苦手の私は、真冬はどうも・・・

そう、新緑の頃に、もう一度、行ってみたいです。
旅  (iina)
2017-12-12 09:24:53
袋田の滝には、入社した年の社員旅行で観光しました。
滝の上まで歩きましたが、展望台に上るエレベーターが出来たのですね。真冬の凍った滝を見てみたいです。^^

旅か仕事で一度は歩いた47都道府県を想い起こすと、栃木県は、恐らく袋田の滝の此処くらいしか観光していません。
思えば、定年して「勿来の関」に行った折に通過しました。 (-_-;)
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/b068f4ba2605d472e0787e4cd97a15ba

よくよく振り返ると青森以外は、総て歩きました。
それでも、北海道に旅する際、青函連絡船に乗るときに列車を降りて歩いてはいるのです。

袋田の滝の展望台 (ウォーク更家)
2017-12-12 10:51:42
袋田の滝は、社員旅行が多いみたいですね。
そうでしたか、iinaさんは新入社員旅行でしたか。

今回は、滝周辺の紅葉が終わり残念でしたが、逆に展望台へのエレベーターが空いていたのはラッキーでした。

勿来の関は、昔、車で行きましたが、綺麗な勿来海岸が懐かしいです。

そうですか、iinaさんは青森以外は全て歩きましたか。
ちなみに、旅行好きの私は、高知以外は全て歩きました。
こんばんは。 (Komoyo Mikomoti)
2017-12-16 17:59:37
三名瀑の1つですか。
那智と華厳はよく知ってますが、この滝はまったく知りませんでした。
他の2つが直線的に落下する滝ですが、この滝はまったく違うタイプの滝ですね。

紅葉も鮮やかできれいですね。
関東で知られた名所 (ウォーク更家)
2017-12-17 07:35:34
そうですよね、私も東京へ来るまでは、「袋田の滝」を知りませんでしたので、どちらかといえば、関東の人の間での名所だと思いますよ。

そうは言いながら、那智や華厳とは異なる美しさを有しているのは確かです。

ええ、ここ辺りの茨木の低地での紅葉はピークで良かったです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事