ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

佐賀県・呼子 2019.11.17

2019-12-17 19:19:59 | Weblog

(写真は、呼子のイカの活造り)

 

福岡在住の知人に久し振りに会って酒を飲むために、11月15日、羽田空港から福岡空港へ向かい、福岡のホテルに2泊しました。

宿泊したホテルは、博多川沿いの博多中洲ワシントンホテルプラザです。(1泊朝食付:6,500円)

福岡空港から5分の地下鉄・中州川端駅で下車して、写真の川端商店街を通り抜けます。  

昼過ぎでお腹が空いたので、取り敢えず、川端商店街の「一竜」で「博多ラーメン」を食べます。 

宿泊予定のホテルは、下の写真の「櫛田神社」の前の博多川を渡ったところにあります。

  

(櫛田神社の境内に展示されている「博多山笠」)

福岡に到着した日は、その知人と、中州の歓楽街で飲み明かして、近くの予約したワシントンホテルに2泊します。 

2泊した翌朝に、中州川端駅から地下鉄に乗って、乗り換えなし(相互乗り入れ:快速)で1時間20分、「JR西唐津駅」で下車します。

(西唐津へ向かう電車の車窓から)

(JR西唐津駅)

JR西唐津駅から、上の写真の昭和バスで30分、「呼子(よぶこ)」で下車します。

呼子バス停の近くの「呼子の朝市」から見物スタートです。 

呼子は、昔からイカ漁が盛んな港町で、100年もの間続いているという「呼子朝市」が行われています。

約200メートルの「朝市通り」には、毎日、約50軒の露店や店舗が並びます。

写真は、自家製のイカの一夜干し、みりん干し等です。

おばあさんが座るパイプ椅子とトロ箱を置いただけの露店が多く、飾り気のない売り方に和まされます。

 

呼子朝市を見終わったところで、朝市の一角にある写真の「歳香亭(さいこうてい)」に入り、呼子名物の「イカの活造り」を注文します。(イカ活造り定食:3,100円)

運ばれてきたイカは、包丁で刺身用に刻まれているにも拘わらず、未だ生きていて動いています!

透き通ったイカの刺身は、甘みがあって、コリコリとしていて歯応えがよいです!

東京で食べるイカの刺身は、時間がたって白い色になっているので、しばらくは食べる気がしません・・・

活造りの皿は、いったん下げられますが、刺身以外のゲソの部分が、下の写真の様に、天ぷらになって再び出されました。

こちらも美味い!

ついでに、下の写真の活アワビ刺身(3,300円)も注文します。

 

「呼子のイカ活造り」を満喫したところで、朝市通りの一番奥にある上の写真の「鯨組主中尾家屋敷」を見学します。(210円:写真撮影禁止)

鯨組主中尾家屋敷は、鯨組主として巨万の富を築いた「中尾家の屋敷」として建てられた町屋建築の遺構だそうです。

中尾家は、江戸時代中期から明治の初めまで、8代の170年間にわたり、捕鯨業を一手に引き受けていた名家です。

豪壮な造りの主屋は、吹き抜けの広い土間、大きな梁、風格のある座敷など、歴史を感じさせます。

 

中尾家屋敷を出て、呼子港にある「七ツ釜遊覧船」の乗り場へ向かいます。(1,800円)

(呼子港のイカ釣り漁船)

(七ツ釜遊覧船のイカ丸)

港を出ると、10分ほどで「七ツ釜」の断崖絶壁が見えてきました!

奇岩景勝の七ツ釜の洞窟は、7つのカマドを並べたような海蝕洞窟です。

写真中央の一番大きな洞窟は、間口が3メートルですが、奥行きが何と!、110メートルもあるそうです。

遊覧船は、この洞窟の中へ入って行きます。 

えぇっ~、こんな狭い洞窟に入って行くの?、壁にぶつかりそう~・・・

ギリギリの横幅、天井もギリギリの高さです!

遊覧船は、間口3mほどの洞窟に、ゆっくりと進入します。 

絶壁が目の前です!

この縦に切り立った岩は、「柱状節理」(ちゅうじょうせつり)と言われるもので、デッキに立ち目の前に迫って来る柱状節理はスゴイ迫力です!

エメラルド色に輝く海と、柱状節理に圧倒されます!

岸壁の洞窟に入る瞬間はスリリングですが、洞窟内部は、静かで、深く澄んだエメラルド色の神秘の別世界です!

 

 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 鞠智城(続日本100名城)(熊... | トップ | 名護屋城(日本100名城)(佐... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日は (hide-san)
2019-12-08 15:00:40
ウオーク更家さんはかなりのグルメですね。

以前は鎌倉でイカ釣りをして、船頭の漁師さんが、
釣り上げたばかりの獲物でイカ刺しを造ってくれました。
それと同じような生きイカの刺身ですね。

ボクの場合は後のげその天ぷらはありませんでしたが・・・・。

船酔いの友人が横になって寝て居るところへ、
「如何釣れたぞ」と叫んだら、
寝て居た友人が「どれどれ」とむっくり起き上がった所へ、
つれたイカを見せたら、
イカがぴゅーと友人の顔にスミを吐きました、
友人仲間で大笑いをした記憶がよみがえりました。
鎌倉でもイカ釣り (ウォーク更家)
2019-12-08 16:55:50
いえいえ、グルメを名乗るにはおこがましいですが、新鮮な魚は大好きです。

そうでしたか、以前は、近場の鎌倉でも、イカ釣りが出来たんですね。

イカが友人の顔にスミを吐いたとは、忘れられない愉快な思い出ですね。
イカの活造り  (もののはじめのiina)
2019-12-09 09:03:49
イカの活造りは、イカにも生きがいいです。^^
昨晩のテレビ番組で、これとまったく同じイカの活造りを見たのでタイムリーでした。足の部位をゲソの天ぷらにして2200円ほどでした。ゴックン

更に、活アワビ刺身とは、うらやましいいなiina~
博多ウーメンのほうなら、iinaも手が出ます。なつかしい・・・("^ω^)
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/aad77552ce13e3f9a2fea73eaf3ecc71


古い写真集は、港区立郷土歴史館で発売していた気がします。お確かめください。



イカの活造りも高騰 (ウォーク更家)
2019-12-09 09:17:48
ホントは、イカの活造りももっと安いらしいのですが、なにせ、昨今、記録的なイカの不漁で、値段も高騰しているみたいです。

ええ、東京では、活アワビ刺身もなななか食べる機会が少ないので、つい注文してしまいました。

そうですか、ありがとうございます、港区立郷土歴史館、確認してみます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事