ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

日光江戸村 (栃木県日光市)   2019.8.3  

2019-08-24 06:55:34 | Weblog

(写真は「新選組体験」)

 

東武ワールドスクエアを見物して、SL大樹で鬼怒川温泉へ向かい、温泉で1泊した話の続きです。

翌朝、ホテルを出て、鬼怒川温泉の近くの「日光江戸村」へ向かいます。

ここを訪れるのは3回目ですが、私はここが大好きなのです。

最初に来たときは、ここで真面目にキビキビと働く若い人達に心を打たれました。

今回も、役者志望?の若い人たちの時代劇に対する真摯な姿勢に感動しました。

ここの若者達を見ていると、日本の未来は明るい!、という気持ちになってきます。

 

上の写真が日光江戸村の入口です。

入場料は4,700円と高い気がしますが、園内の施設がほとんど無料で1日遊べますので、ディズニーランド等に比べると、かなり割安です。

入り口から暫く歩いて行くと、江戸っぽい町並みが現れます。

暖簾で覆われたコスプレ用の家もあります。 

町人、町娘、侍、浪人、殿様など、色々な衣装が用意されていますが、若いカップルが恥ずかしそうに着替えていました。(有料)

役人、侍、町娘などの通行人のスタッフ全員が、完全に江戸の町の人になり切っています。

それぞれが、半端じゃなく完全に成り切っているところが凄いです。

そして、いつでも、気軽に、一緒に写真撮影のポーズ取ってくれて、サービス精神旺盛です。

江戸村を進んで行くと、真ん中あたりが上の写真の日本橋です。

日本橋の下には、川と池があって、猛暑の中、子供たちが水遊びしながら歓声をあげていました。

その日本橋の上で、いきなり、役人に追われているネズミ小僧のお姉さんに遭遇しました。

お姉さんは、千両箱の中から取り出したステッカー(小判?)を、子供達に配っていました。

 

 

 

この辺りは、江戸村の芝居小屋が並んでいるエリアです。

各々の芝居小屋の上演スケジュールとマップを照らし合わせ、芝居見物の順番を考えながら散策します。

芝居以外にも、上の写真の昔懐かしい「水芸」のアトラクション、下の写真の忍者屋敷見学などもありますが、全て無料です。

私は、写真の「吉原」の”お大尽遊び”の劇を見ました。(無料)

上の写真の右から2番目の殿様役は、海外からの観光客の飛び入りです。

日本語を話せない観光客相手のアドリブもなかなかのものでした。

子供達の1番人気は、「忍者体験(無料)」です。

手裏剣投げ、鈴を付けた縄が張り巡らされた中を鈴が鳴らない様に抜けていく”忍び”、水鉄砲による敵方攻撃など、子供達は大興奮です。

そして、子供達の2番人気は「新選組体験(無料)」です。

剣の抜き方、構え方など、本格的な実地訓練が続き、子供達の表情も真剣です。

上のパンフレットの写真は、「忍者からす屋敷」の忍者劇のアトラクションです。(無料)

忍者の殺陣のレベルが高く、動きが素早くて、大音響の音と光の演出もあり、大迫力で凄くかっこよかったです。

メインストリートに出ると、写真の「花魁(おいらん)道中」が始まっていました。

かなりゆっくりと進みます。

お昼時を過ぎたので、飲食店を見て回ります。

飲食店は沢山あるのですが、どこも狭くて満員です・・・

比較的空いていた食事処「竃屋」を見つけて入ります。

写真の滋養たっぷりの「柳川穴子膳」(1,900円)を注文します。

江戸時代、暑さを乗り切るために、夏場に好んで食べられていたという”夏の江戸料理”を復元したものだそうです。

お店の女将が、江戸料理の詳細について丁寧に説明してくれます。

柳川穴子、茄子田楽などの”江戸の味わい”を楽しみます。

食事処を出て、写真の「矢場」で的を狙います。(有料:矢5本で500円)

的に当てて扇子の商品を貰いました。

次に、写真の「忍者怪怪亭」に入ります。(無料)

かなり傾いて建っている建物ですが、入ってみると、完全に感覚が狂ってしまい、前に進もうと思っても、実際は、相当な上り坂で、なかなか足が出ません。

真っ直ぐに見えますが、実際はかなり傾いており、やっと、壁に寄りかかって写真を撮ります・・・

次に、上の写真のパンフレットの「巨大迷路」に挑戦します。

子供向けかと思ったら、意外と難しく、私は何とか抜けましたが、周囲の大人の人達でもリタイヤ続出でした。

他にも、北町奉行所のお白洲の一幕、松の廊下、小伝場町牢屋敷、長州藩藩邸の蝋人形による江戸の事件の再現等々(全て無料)、色々とあるみたいでしたが、時間切れで見物出来ませんでした。(全て無料)

閉園時間も迫り、入り口付近に戻ると、駕籠かきのお兄さんが、子供達を乗せてこの辺りを廻ってくれていました。(無料)

結局、ほぼ開門と同時に入園したのに、上の写真の様に、いつの間にか、閉門の時間となり、丸1日楽しみました。

残りを見るために、また来たいと思います。

 

 

 

 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 東武日光線「SL大樹」 と ... | トップ | 小布施 (長野県小布施町)... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日光江戸村  (もののはじめのiina)
2019-08-31 08:29:34
「日光江戸村」は、いろんなイベントを楽しませてくれて、4700円でしたか("^ω^)・・・


東武ワールドスクエアを組み合わせると、より充実しますね。

日光にいくなら、このふたつに寄って遊ぼうと思いました。いずれも観光していません。


> いや~、見事です。昭和の主婦の水まきテクニックも、その瞬間を捉えたカメラマンの腕前も。
ナイス水まき ショットでした。



日光江戸村と東武ワールドスクエア (ウォーク更家)
2019-08-31 10:13:33
ええ、日光江戸村と東武ワールドスクエアを組み合わせると、充実した観光スポットになりますよ。

どちらも子供の遊園地だろう、とバカにしてはいけません、私は両方のリピーターです。

どちらも大人も十分に楽しめて、相対的には割安ですし、浅草から乗り換えなしで行けて便利です。

(私は東武の宣伝マンではありませんが・・・(-_-;))

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事