ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

群馬県・四万温泉   (「千と千尋の神隠し」の舞台)2015.8.13

2015-08-25 21:35:04 | Weblog

(写真は、群馬県の四万温泉「積善館本館」)

お盆休み(8/13~14)は、温泉にのんびりと
浸かりたいと思い、四万温泉に行って来ました。
四万温泉を選んだのは、どうしても訪れてみたい
旅館があったからです。
横浜→JR京浜東北線→上野(10:00)→JR
高崎・我妻線[草津1号]→(12:05)中之条
(12:15)→関越交通バス→(12:55)四万温泉

途中、乗換えの上野駅で、偶然、入線する寝台
特急ブルトレ「北斗星」に遭遇しました。
北斗星の最後の上野出発は21日(金)の午後、
最終列車の上野到着は23日(日)の午前なので、
終了間際の北斗星を見られた事になります。



写真の「記念駅弁・北斗星」を食べながら、
渋川駅経由で中之条駅へ向かいます。
JR中之条駅で列車を下りて、関越交通バスに乗換えます。
バスの終点の四万温泉に到着すると、先ず、旅行
の一番の目的であるバス停の近くの「積善館」へ
向かいます。

積善館の創業は、元禄4年で320年もの歴史を
もち、現存する日本最古の木造湯宿建築です。
(重要文化財)
そして、積善館は、私の一番好きなアニメの
「千と千尋の神隠し」に出てくる湯屋のモデルと
なった旅館でもあります。
ちなみに、「千と千尋の神隠し」のモデルと
なった建物は、積善館以外にも下記の様に
色々あるみたいです。
⇒道後温泉(愛媛県)、渋温泉・金具屋
(長野県)、江戸東京たてもの園等。
積善館に着くと、先ず、最初に目に飛び込んで
くるのは、写真の本館へと続く真っ赤な橋です。

この赤い欄干の橋を渡って旅館に行く部分が、
「千と千尋の神隠し」の最初のシーンを連想
させます!

何だか、「千と千尋の神隠し」の千尋やハクと
会える様な気分になる、不思議な雰囲気が
漂っています・・・

(映画:「千と千尋の神隠し」)


積善館は、同じ敷地内に、本館、山荘、佳松亭と
建っており、上の写真は、それを繋ぐ渡り廊下
です。


上の写真は、本館の入り口です。


上の写真は、積善館1階の上段の間です。


上の写真は、2階の部屋ですが、「千と千尋」に
出てきた油屋の部屋と似ています。

(映画:「千と千尋の神隠し」)


(映画:「千と千尋の神隠し」)



(映画:「千と千尋の神隠し」)

下の写真は、本館と隣の山荘をつなぐ廊下ですが、
まるでトンネルの様です。
千尋が歩いた不思議な世界に繋がるトンネルに
少しだけ雰囲気が似ている様な気もします。



本館の中は、「千と千尋の神隠し」の様な、
ノスタルジックで幻想的な雰囲気が漂って
います。


案内板によると、宿泊客には「館内歴史ツアー」もやってくれるみたいですよ。
そして、積善館は「千と千尋の神隠し」だけでは
なくて、吉永小百合主演の映画「天国の駅」の
ロケ地でもありました。




朝ドラ「花子とアン」の葉山蓮子(仲間由紀恵)
のモデルとなった柳原白蓮は、数回、四万温泉
に来て、積善館にも宿泊しました。

「葉山蓮子については、2014/11の「JR九州・
飯塚本線(石炭王嘉納伝助の邸宅へ」を見てね。)


(白蓮が宿泊した際に詠んだ歌)


ps.
積善館の宿泊客用の直通送迎バス(約3時間)が
東京駅八重洲口から出ているみたいです。
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 宮本武蔵 最後の5年間 (... | トップ | 群馬県・四万温泉(温泉街)2... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
温泉・積善館 (iina)
2015-08-26 11:03:37
「千と千尋の神隠し」は、テレビ放送されたときに見ました。
群馬県の四万温泉「積善館本館」を舞台にしていたのですね。番組「空から日本を見てみよう」でも紹介されました。
積善館を映画「天国の駅」でもロケしたのでしたか。趣の温泉につかってみたくなりますネ。
そうですか、四方に温泉が湧くのですね。

iina宅では、「行先は天国」をしていました。(^^ゞ
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/083bd1a02ea203d67aeef5e75332d85e

空から日本を見てみよう (更家)
2015-08-26 11:30:29
四万温泉は、川沿いに、結構、細長い距離のある温泉街です。

私も、たまたま「空から日本を見てみよう」を見ていたので、四万温泉に着いてから、あちこち歩き回るのに、何となく方向感がありました。

福島県にホントに「天国」があるんですね!驚き!
四万温泉 (hide-san)
2015-08-26 16:45:25
若く独身時代に会社の慰安旅行で一度、
前の晩にどんちゃん騒ぎをして、
翌朝二日酔いで、あまり良く覚えていません。
二日酔いの頭で、竹久夢二の絵を沢山観た記憶だけ残っています。

後に台湾へ行った所、「千と千尋の神隠し」の舞台となったのとそっくりのホテルに宿泊して驚いた記憶があります。
台湾が一番似ている (更家)
2015-08-26 17:30:50
そう、数多くある「千と千尋の神隠し」の舞台と言われる旅館の中で、台湾が一番、アニメ映画にそっくりらしいですね。
こんばんは。 (Komoyo Mikomoti)
2015-08-28 22:52:08
ここが「千と千尋の神隠し」のモデルなんですね。
柳原白蓮が泊まった旅館でもあるのですね。

ついに、ブルートレインはと呼ばれる列車は、
1本もなくなってしまいました。
なにか、さびしいです。
ブルートレイン (更家)
2015-08-29 06:25:48
「千と千尋の神隠し」のモデルは、何か所かありますが、ここは特に雰囲気がありますよ。

九州の人間にとっては、特に寂しいです。
飛行機が高価だった時代、帰省はいつもブルートレインでしたから。
懐かしいです (みなりん)
2015-09-23 00:07:24
こんばんは、更家さん。

積善館懐かしいです。
四万温泉にはわたしも数年前に行きました。
「みなりんの紀行文」に書いてあります。

ただ、更家さんのほうが写真が豊富ですね。

コメントいただいておいきながら、お返事遅くなってすみません。

これからも紀行文、期待しています。
みなりんの紀行文 (更家)
2015-09-25 08:24:58
昨晩、中山道歩きから帰宅したところで、こちらこそ、返信が遅くなり申し訳ありません。

「みなりんの紀行文」、楽しく拝見させて頂きました。

私が行きそこなった日向薬師堂にも行き、老舗旅館の「四万たむら」に泊まって、四万を満喫されたんですね。

小泉八雲が、日本人の間に、日本の恩人として一般に認識されていないのは残念です。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事