ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

とびしま海道 (4/4) (今治城) (愛媛県) 2016.9.29

2016-10-31 20:43:03 | Weblog

(写真は今治城)


(今治駅)

離島巡りの達人・原人さんに同行して、瀬戸内海
の「とびしま海道」を巡った話の最終回です。


愛媛県の今治港に着いてから、今治市の中心の
今治駅までバスで行き、先ず、明朝の松山空港
へのリムジンバスの予約をします。



それから、今治駅の構内の食堂で、昼食に写真の
今治名物「鯛飯」(1,150円)を食べました。

小雨の中、原人さんと今治駅から2キロの
「今治城」(400円)へバスで向かいます。



「今治城」は、築城の名人「藤堂高虎」が、江戸
時代初期に築いた城です。

「藤堂高虎」は、近江国・藤堂村の出身で、当時
としては珍しい身長190センチの長身でした。



徳川家康の懐刀で、他にも「宇和島城」や「伊賀
上野城」など18もの城を築いた築城の名手です。
「藤堂高虎」については、このブログの「バスで
行く東海道(第8回-4)」(2012.3.31)で、
四日市宿の「笹井屋」の「なが餅」のエピソード
でもご紹介しました。

上の写真は、城内の「藤堂高虎」像です。

今治城は、全国的にも珍しい海岸の「海城」で、
我々が上陸した今治港の近くにあります。
今治城の城内に入ると、雨は本格的になって
きました・・・


「今治城」の特徴は以下の通りです。
1)三重の堀に海水を引き入れていることで、
  高松城、中津城と共に三大水城(うみじろ)
  と呼ばれています。

  今治城は、海上交通の発達と共に重要性を
  増し、ここに城を築くことで、瀬戸内海の
  制海権を握ることが出来ました。
  藤堂高虎は、今治城から、対岸の福島正則、
  毛利元就などの動きを牽制・監視していた
  のです。
  ちなみに、城の種類は、年代的にみると、
  山城→平山城→平城→水城の順に出来ました。
  今治城の現存する内堀は、潮の干満で水位
  が変わり、海水魚が泳いでいます。

2)高さ15メートルもの石垣が、脆弱な地盤
  (砂浜)を強化した”犬走り”と呼ばれる
  土台の上に築かれています。

3)天守閣は、寺の五重塔の様な「層塔型天守」
  です。
入母屋破風と唐破風がバランスよく設え
  られています。

4)本丸の外周は多門櫓(長屋状の櫓)で包囲
  しています。

5)枡形(四角形の広場を伴う城の出入り口)に、
  二重の城門を設けています。
  5層6階の鉄筋コンクリート造りの天守は、
  昭和55年に再築されました。



雨が更に激しくなってきたので、城内の櫓などの
見物を諦めて、天守閣の中で雨宿りします。

(天守閣の内部)
天守閣は、高欄の付いた廻縁(まわりえん)に
なっています。

(天守閣からの眺め)
下の写真の様に、広大な瀬戸内海が見渡せます!

今治城の見学後、これから四国に住む友人と
会いに行くという”原人”さんとここで分かれ、
ここから先は単独行動になります。
私は、今治城の近くの四国八十八か所の一つ
「南光坊」(光明寺金剛院)等の今治市内見物へ
向かおうとしますが、雨が激しく振り止みません
・・・
市内見物を断念し、早々に、今晩の宿泊予定の
今治駅前のビジネスホテルに一人で向かいます。

翌日の早朝、未だ暗いうちから、今治駅前発の
リムジンバス(2,360円)に乗って、松山空港
へ向い、福岡空港経由で、実家の熊本に帰り
ました。

以下は、松山空港へ向うリムジンバスの車窓
からの風景です。



(松山空港)


今治駅前(5:55)→リムジンバス→松山空港
(8:35)→(9:25)福岡空港 → 高速バス
 → 熊本


(熊本行きの高速バス)
コメント (8)