ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

散歩の寄り道(その28:大衆演劇)2014.9.4

2014-09-14 07:29:17 | Weblog

(写真は、三吉演芸場へ向かう途中の案内板)

ウォーキングの後に、大衆演劇に寄って帰る
というのはいかが?
私は、横浜・伊勢佐木町のウォーキングの帰りに、
地元の地下鉄・阪東橋駅近辺の三吉演芸場に立ち
寄りました。

阪東橋駅の1A出口を出て、そのまま真っ直ぐに
大きな通りを横浜方面へ引き返すと、右手に
横浜橋商店街の入口があります。

横浜橋商店街は、私の好きなレトロな商店街で、
全てが非常に安く、平日にもかかわらず活気が
あり、大勢の人で賑わっています。

この商店街で弁当を買ってから三吉演芸場での
芝居見物もお勧めです。
この商店街を通り抜けて信号を渡ると、ちょっと
行った左手のビルの2階に、三吉演芸場があり
ます。

阪東橋駅から徒歩10分くらいです。

劇場の入口には、写真の様なノボリと手書きの
看板とが掲げられており、レトロな感じが
漂っています。

ビルの大きな階段をあがったらすぐカウンターが
あるので、ここでチケットを買います。

自由席2,200円、指定席は2,500円です。

観客席は、写真の様に真新しい感じで綺麗です。


前の5列が指定席で、それより後ろの席が自由席です。


食べ物、グッズ販売の売店もあります。

公演中は、撮影禁止です。
舞台に向かって左側前方が花道正面なので、この
近くの席だと、役者との距離が1~2メートルに
なりますよ!
今月の公演は、大和みずほ座長が率いる「劇団
昴星」です。

きらびやかな和服姿の役者が、初心者にも分かり
やすい時代劇や踊り、歌を披露します。



大衆演劇というと、地方の芝居小屋で公演して
いると思っている方が多いみたいですが、実は、
首都圏でも東京、川崎、横浜に4か所も常設の
劇場があります。
歌舞伎などの芝居の影響を受けつつ、ジャンルの
枠に縛られない自由な振り付けです。
出し物は、古典的な人情物から喜劇、現代劇まで
幅広く、セリフ回しは情感たっぷりです。

演目は毎日変わります。
劇団は多くのレパートリーを用意しているので、
毎日来ても飽きない様になっています。

役者は男性中心で、あでやかな女形から、華麗な
殺陣までこなします。
目や鼻がくっきりと浮かび上がる、歌舞伎役者の
様な濃い化粧が特徴です。

早変わりする面白さも見どころですよ。
公演は、芝居と舞踊、歌謡ショーの3部構成です。
舞踊では、演歌や浪曲などの他にも、派手な照明
を使った最近の流行曲もあります。
ファンの中心は中高年の女性ですが、若い人も
チラホラとみえます。
劇団の役者は、見た目では20~30代が中心です。
3時間程度の公演で、1時の昼の部と、6時の
夜の部の2回公演で、月曜が休演日です。
余程の人気公演でない限りは、当日ふらっと散歩
帰りにでかけても席の確保は大丈夫ですが、
一応、公演情報をインターネットで確認して
から出掛けた方が無難です。
普段着で、ふらっと立ち寄れる家庭的な雰囲気
なので、ぜひ一度気軽に立ち寄ってみることを
お勧めします。
役者との距離は、5メートルくらいしかないので、
距離の近さと一体感を楽しんで下さい。
好みの劇団や役者を発掘して親しくなって、
追っかけをやってみるのも良いかも・・・
座長が幕間に、客の感想を聞いたり、次回予告を
したりする”口上挨拶”の気がきいたトークの
時間も楽しいですよ。
熱心な追いかけのファンは、公演中、ひいきの
役者にお札を渡す”ご祝儀”という習慣があり
ますが、皆さんは当面必要無いと思います。
見た目90歳くらいのお年寄りが、杖をついて、
足取りもおぼつかなく、椅子にぶつかりながら、
ヨロヨロと舞台のそでに倒れ込んでご祝儀を
渡したのには驚きました!

座長が慌てて、踊りを中断して走り寄って、
ご祝儀を受け取りましたが・・・
いや~、歳をとっても、生き甲斐を持つことが
如何に大切か!、
を感じさせられた1シーンでしたよ!
公演後は、座員総出で、客を見送りながら、
一人ひとりと握手をしてくれます。
これは、追っかけファンの気持ちが理解出来るシーンですね。
握手の時に、舞台の感想を言ったら、役者さんがすごく喜んでくれました。
私は、小学校1~4年生の間、熊本県と宮崎県の
県境の山奥の小さな町で過ごしました。
その町の映画館には、よく、旅回りの一座が、
1週間の公演期間でやって来ました。
当時は、ほとんどの一座に、子役の子供がいました。
その子役は、公演期間の1週間だけ、私の小学校
のクラスに転校して来ます。
洒落た都会風の女の子は、鼻たれ小僧の我々に
とっては、別世界の憧れ的な存在でした・・・

ps.
東十条の「篠原劇場」については、2006.12.11の
「京浜東北線に沿って:その4」を、浅草の
「浅草木馬館」については、2014.8.13「浅草
界隈散策」を見てね。
コメント (6)