ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

散歩の寄り道(その23)(横浜ドッグヤードガーデンのプロジェクション) 2013.7.18

2013-07-19 09:13:39 | Weblog

(写真は横浜ドッグヤードガーデン)

豪雨の梅雨が終わったとおもったら、直ぐに、
猛暑日が続く夏になってしまい、なかなか
中山道の旅がスタート出来ません・・・
この暑さだと、いくら長野県の山道とはいっても、
熱中症になりそうです。

と言う訳で、現在、昼間のウォーキングは中止
して、夜間のウォーキングに切り替えています。

今晩は、夜の横浜みなとみらいのウォーキングの
ついでに、横浜ドッグヤードガーデンのプロ
ジェクション・マッピングに立ち寄ってみました。

そう、あの夜の東京駅で有名になった人気の映像
イベント「プロジェクション・マッピング」です。

屋外で日本初の「180度体験型プロジェクション
・マッピング」との宣伝文句です。

これは、横浜ランドマークタワーの開業20周年
イベントとして、今週火曜日(16日)から11月
上旬まで毎日開催しています。

場所は、横浜ランドマークタワーの前の「横浜
ドッグヤードガーデン」です。
ここは、国の重要文化財でもある約120年前の
三菱重工造船所の跡地で、石造りのドック跡を
そのまま生かした巨大な広場です。

ドッグヤードの高さ10メートル、横幅29メー
トルの石の壁がスクリーンになります。

上の写真は、石の壁の上の投影用のプロジェク
ターです。
テーマは横浜の歴史と未来です。
①江戸時代の横浜


②ペリー提督の黒船と船上の吹奏楽団




③横浜での日本初のキャバレー開業

④2300年の未来の横浜の街

映像が180度で展開されているので、映像に
包まれて、映像の中に立っている様な感じです。
ドッグヤードガーデンをかたどったミニュチュア
模型を使用して、映像の位置や色をテストしたのだそうです。

ドッグヤードガーデンの隣の広場では、大道芸も
やっています。

私の個人的な感想としては、上映時間が7分と、
あっという間に終わってしまうし、ドックの船の
形へ投影するという技術的に難しい面もあって、
散歩の寄り道としては良いけど、正直、東京や
千葉から、わざわざ見に行く程のものでもない
かな、という感じでした。
ここに比べると、東京駅のプロジェクションは、
投影面が巨大ですし、技術面の制約も少なさそう
なので、是非、一度見てみたいと思っています。
(会場のランドマークタワーは、東横線・みなと
みらい駅、またはJR京浜東北線・桜木町駅下車)

(入場無料で、11月上旬まで1日5回上映中。
 但し、整理券が必要 : ランドマークタワー
3階のスカイガーデン入口で、AM10時から、
各回500人分の整理券を配布中。)

(上の写真の左側が整理券発行機)
コメント (2)