ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

明治通りを歩く(3/3) 13km

2008-05-02 22:33:08 | Weblog
(写真は京島)

今夜も明治通り沿いに続きを、
仕事帰りに、歩きます。

明治通りは、麻布からスタートして、
山手線の内側を北へ向かって、
渋谷、新宿と池袋まで来ると、
山手線と別れて北東の王子へ向かいます。

王子の辺りから下町の雰囲気となり、
王子駅、尾久駅と歩いて白鬚橋で隅田川を渡り
京島へ向かいます。
そこから南方向へ向きを変え、北十間川を越えると、
ネオン輝く亀戸の繁華街に到着です。
更に真南に進むと、運送会社の配送センター等が続く
湾岸地区の雰囲気になり、その先の
夢の島大橋を渡るとそこは夢の島公園で
湾岸道路にぶつかり、そこで長かった明治通りの旅は
やっと終りです。
つまり、明治通りは環状6号線のその名前の通り、
この広い東京をグルリと環状にひと回りしています。
(麻布→恵比寿→渋谷→新宿→池袋→王子
→南千住)→向島→亀戸→南砂→夢の島

・京島
 東京の下町のなかで奇跡的に戦火を逃れたのが
 墨田区・京島だそうです。
高層マンションが建築中の
 東武曳舟駅と京成曳舟駅の間から
 京島の商店街へ向かいます。
新聞等のコラムにも「ALWAYS三丁目の夕日」
 さながらの光景の昭和レトロの町として
 よく紹介されています。
道端には鉢植えが並び月島などと似た雰囲気
ですが、道路は車もほとんど走っておらず、
 主要交通手段?は自転車といった感じです。
長屋、町工場、銭湯、小間物屋などが続き
 懐かしい昭和の原風景です!
狭い露地には、おばさん達が集まっておしゃべり!
 その周りを元気に走り回る大勢の子供達が!
 最近の日本では見なくなった光景ですよね。
 妙に郷愁を感じさせて、心地よく不思議に
 落ち着いた気持ちになります。

・砂町銀座
 明治通りと丸八通りに挟まれた商店街で、
 道が狭くて車が通れないのが良い感じで、
 長く続く商店街には、間口の狭い惣菜屋、
 八百屋、魚屋などがひしめいています。
 特に総菜屋が多く、あちこちから揚げたての
 天ぷらや焼き鳥等の総菜の匂いがしてきます。
 商店街というより縁日の雰囲気で、
 こういう街に住んでると、
 毎日の買い物が楽しいだろナ!と感じさせ、
 昔懐かしい郷愁漂うけれども、
 でも活気があり魅力溢れる商店街です。

・新砂~新木場
 運送会社やメーカーの配送センター等
 が延々と続き、その各ターミナルへ向かう
 運送トラックの量は半端ではありません!
 日本中の運送会社のターミナルが
 全てここにあるのではないか、
 と思うくらいです!
 日本通運、佐川急便、西濃運輸、新潟運輸、
 東京小包郵便局・・・と事務所兼ターミナル
 が続き壮観です!
コメント (4)