ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

中央通りを歩く 6km

2007-02-27 22:41:02 | Weblog
(写真はJR上野駅ホームの車両止め)
今夜は、仕事帰りに、中央通り沿いに歩きました。
風が少し強かったですが、それでも快適でした。
中央通りの起点は上野、終点は新橋です。
上野→→秋葉原→神田→日本橋→銀座→新橋

・JR上野駅
 鉄道ファンの私から、皆さんへ、上野駅に
 ついてのナゾナゾです。

 *第一問
  ご存じの様に上野駅は終着駅で、
  写真の様に、ホームの先は行き止まりです。
  先頭の機関車に引っ張られて、「カシオペア」
  等の客車がホームへ入って来ます。
  翌日、列車の向きを変えて出発するには、
  先頭だった機関車を、最後尾だった客車に
  連結し直す必要があります。
  さて、上野駅では、どの様にして、
  機関車を最後尾へ持って行って、
  客車と連結し直しているのでしょうか?

 *正解
  先頭の機関車は、そのままの位置で、
  隣の尾久駅まで、引っ張らないで、
  客車を押して行きます。
  隣の尾久駅は操車場ですので、そこで、
  機関車を先頭から末尾へ移動させます。
  そして、同じように、隣の上野駅まで、
  客車を先頭にして、押して行きます。
  これで、機関車が先頭になって、上野駅から
  客車を引っ張って出発出来ますよね。

 *第二問
  それでは、上の回答を踏まえて、答えて下さい。
  上野駅と隣の尾久駅の間には、踏切がありません。
  何故でしょう?

 *正解
  機関車は、隣の尾久駅まで、客車を押して行きます。
  踏切事故の場合、機関車が最後尾にいたのでは、
  急ブレーキが踏めません。従って上野駅と
  隣の尾久駅の間には、踏切がありません、
  というより作れません。
  ちなみに、尾久駅を過ぎると、すぐ踏切があります。
 (その踏切の写真と尾久操車場の説明は、昨年12月9日の
  「京浜東北線に沿って(その2)」を見てね。)

・秋葉原
 JR秋葉原駅周辺は、すっかり奇麗になって、
 ヨドバシカメラも駅の反対側に出店、
 高層ビルが建ち、様変わりです。

・JR神田駅
 ここで中央通りは山手線と交差して、
 山手線の外側に出ます。

・日本橋
 日本橋は、「五街道」の全て起点です。
 五街道とは、東海道(国道1号)、中仙道(国道17号)、
 甲州街道(国道20号)、日光街道、
 奥州街道(国道4号)です。
 日本橋の袂に道路元標の石碑がありました。
 この前は何度か通っていますが気づきませんでした。
 しかしよく見ると、複製とあります。
 本物は何処にあるのでしょうか?
コメント (6)