大リーグ好き、集まれ!

大リーグ情報&意見交換の共有場

玄人・素人『大リーグ通』お待ちしてます。 他人・社会の風評攻撃は、御法度です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MLB情報の拾い物&駆り集め、最新記事『 Roundup 』 ・ 3/07 ; 第3稿 《訂正&加筆》

2013-03-07 16:00:58 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  【 [ ピオリア〔AZ〕、( ・球場)]、--- 2013年2月18日(月) : - 資料写真ファイル〈'13年月日()〉:、… シアトル・マリナーズ先発、日本人選手の岩隈久志投手は、大リーグ野球の春季オープン戦の練習で投げます。 】

   ※ 《 試合内容と会見の模様は、MLB.com球団別の公式HPで、: http://seattle.mariners.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_sea_vid&c_id=sea 》
--------------------------------------------------------------------------------


-------------------------------------------------------------------------------- 
   ※ 「 MLB.com の シアトル・マリナーズ ツイッター公式サイト 」; http://twitter.com/Mariners

    * 「  〃   岩隈久志投手の公式ブログ 」; http://ameblo.jp/hisashi-iwakuma/ 

   ※ 「   〃   フェイスブック 公式サイト 」; http://www.facebook.com/Mariners 

   ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+mariners?prsrc=1#+mariners/posts?prsrc=1

   ※ 「   〃   マリナーズ 公式ファンクラブ 」; http://seattle.mariners.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=sea

   ※ 「   〃    〃    公式モバイル 」; http://seattle.mariners.mlb.com/mobile/?c_id=sea《登録が必要》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 地元紙のスポーツ欄 」; http://seattletimes.com/html/mariners/?from=stnv2 《(見出しは、『 マリナーズのラインナップ;対ブリュワーズ戦: グッチが口火を切ること、次に打つオーキー。』:〔 シアトル・タイムズ紙/ラリー・ストーン記者、[2013年3月6日水曜日(午前7:17)]〕、… グレンデール(AZ)- しかし、恐らくこれをあまりに見抜いて、ダスティン・アクレーおよびフランクリン・グティエレス選手は、今春初めてラインナップにともにいます。また、グティエレス選手は開始(彼がすべてのスタートの中で行ったとして)に打撃を与えるグティエレス選手です。アクレー選手は次に打っています。エリック・ウェッジ監督は、彼がラインナップ・コンビネーションの実験に行きグティエレス選手が最初に打つ可能性を除外しなかった、と言いました。

ここに、ラインナップがあります。

1番: フランクリン・グティエレス中堅手。(CF)。/交代:モーバン中堅手。
2番: ダスティン・アクレー二塁手。(2B)。/交代:アンディーノ二塁手
3番: マイケル・モース右翼手。(RF)。/交代:べル右翼手。
4番: ジェーソン・ベイ左翼手。(LF)。/交代:タームズ左翼手。
5番: ラウル・イバニェス選手。(DH)。/交代:ペギュエロ選手。
6番: ・スモーク一塁手。(1B)。/交代:ジェーコブス一塁手。
7番: イエス・モンテーロ捕手。(C)./交代:ショパッチ捕手。
8番: ビニー・カトリカーラ三塁手。(3B)。/交代:シーガー三塁手。
9番: ブレンダン・ライアン遊撃手。(SS)。/交代:トリンフェル遊撃手

先発:右腕ブレーク・ビーバン投手。(RHP)。

*  中継ぎピッチャー: #31. キャメロン・ロー投手。(RHP)。/ #39. ダニー・ファーカー。(RHP)。/ #41. 左腕チャーリー・ファーブッシュ。(LHP)。/ #50. エラスモ・ラミレッツ。(RHP)。/ #52. ジョニー・ヌニェス。(RHP)。/ #53. ジョシュ・キニー。(RHP)。/ #71. ローガン・バウコム。(RHP)。/ #73. カーソン・スミス。(RHP)。/ 

*  内野手: (控え)

#1. カルロス・トリンフェル選手。(INF)/ #35. 左打者マイク・ジェーコブス一塁手。(1B) 。/ #61. ニック・フランクリン。(SS) 。/ #75. スティファン・ロメロ選手。(INF)。/ #77. 左打者ブラッド・ミラー。(INF)。

*  外野手: (控え)

#4. 左打者カルロス・ペギュエロ選手。/ (L) 。/#10. 左打者エリック・テムズ。(L) 。/ #66. フランシスコ・マルチネス。/ #76 フリオ・モーバン。(L)。

*  キャッチャー: (控え)

#2. イエス・スクレ。(C)。/ #5 マイク・ズニーノ。(C)。/ #9. ジョン・ヒックス。(C)。/ #27. ロニー・ポウリーノ。(C)。 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ ; http://www.seattlepi.com/sports/baseball/ 《(見出しは、『 カクタス・リーグ・ゲーム12(マリナーズのブリュワーズ)。』:〔 seattlepi.com紙/U.S.S. Mariner、[2013年3月5日(午後5:47)]〕、… フェニックス(AZ:・球場);2013年のシアトル·マリナーズは、本当に驚くべき捕食者である。彼らの攻撃陣のほとんどは、ストライキを待ち伏せであるか、レンジャーズとエンゼルスのような強者をストーカーの様に強襲。理由は何であれ、多くの餌の動物はまだマリナーズの著名なチームの家紋または 'S''はその象徴と"帽子に逃走反応をしていない。これは、新しい地区に移動したマリナーズの結果であるかもしれないので、地元の球団が侵入者のための健全な敬意を開発するためにまだ持っている。プライドの何人かのメンバーは非常に背が高く、長時間練習が必要で未熟であるため実際には、驚きや急所攻撃は、マリナーズの強みをプレーでできていません。ブレイク・ビーバン投手はこれらの本当の大規模な見本である。…以下省略…》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  ミルウォーキー・ブリュワーズ。(4勝-6敗)。

1番; #7. 左打者:青木宣親右翼手/(L) 。(RF)。
2番: #9. ジーン・セグラ遊撃手。(SS)。
3番: #23. リッキー・ウィークス二塁手。(2B)。
4番: #57. クリス・デイビス選手。(DH)。
5番; #22. 左打者:ローガン・シェーファー中堅手/(L) 。(CF)。
6番: #2. ボビー・クロスビー三塁手。(3B)。
7番; #15. 左打者:カルブ・ジンデル左翼手/(L) 。(LF)。
8番; #92. 左打者:ハンター・モーリス一塁手/(L)。(1B)。
9番: #40. ロビンソン・ディアス捕手。(C).

先発投手:  マイク・フィエル投手。(RHP)。#64.。…以下省略…》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 対戦相手の地元紙 」; http://www.jsonline.com/sports/brewers/ 《(見出しは、『 インゲームの雑談: マリナーズ、対ブリュワーズ戦。』:〔 JS・オンライン紙 /トム・ハウドリーコート&トッド/・ロジアック記者、[2013年3月06日(曜)、午後1:30]〕、… フェニックス(AZ); ブリュワーズのジョシュ・プリンス外野手は、メリーベール野球場での最近の春季オープン戦のゲームの前に、署名します。》
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ ; http://www.brewcrewball.com/2013/3/6/4071336/game-preview-thread-24-brewers-4-6-mariners-10-1 《(見出しは、『 ブリュワーズ(4対-6)マリナーズ。』:〔SB・Nation /キール・ロブナー記者、[2013年3月06日(曜)、午後00:00]〕、… ピオリア(AZ); ブリュワーズは金曜日以来ずっとカクタス・リーグ・ゲームに負けていません。しかし、マリナーズは単にオープン戦で、1敗しました。今日のゲームで、猛烈なマリナーズ(連続10試合のアリゾナ・ゲームの勝利者)に対する場合、ブリュワーズは今日、ピオリアでカクタス・リーグ・プレーを再開します。マリナーズの2月22日のパドレス戦での敗北を備えた開かれたカクタス・リーグ・プレー、しかしそれ以来、負けておらず、26日に6対-5でブリュワーズに勝つ。恐らく、事態はブリュワーズが24歳の右腕ブレーク・ビーバン投手(この春の防御率:3.60(ERA)、2012年の4.43/4.85のERA/FIP)に対する今日異なるかもしれません。彼の3試合目の大リーグ・シーズンに彼の3度目のオープン戦に姿を見せています。ビーバン投手は、2本のヒット上の2打点および1本のホームランを許して、木曜日に3イニングをジャイアンツに対して際立って投げました。彼は249.1大リーグ・イニングに通算4.37のERAを持っています。ビーバン投手の投球内容は、先発投手として彼に関するかなり魅惑的な話を話します。肯定的な評価で、彼のコントロールは非常によく見えます。マイク・フィエル投手(この春の防御率:1.80(ERA)、2012年の3.74/3.09のERA/FIP)と対戦するでしょう。この人はさらに彼の3試合目のオープン戦に姿を見せています。フィエル投手は、四死球および3個の三振のない3本のヒット上の打点を許して、木曜日に3イニングをホワイトソックス戦に対して際立って投げました。今日2回1/3イニング以上を投げれば、彼はブリュワーズ戦、カクタス・リーグのトップに躍り出るでしょう。…以下省略…》


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ◆  『 ミルウォーキー・ブリュワーズの選手登録簿報告書 』  ◆

●  予想される先発ローテーション: 

1番手. 右腕(RHP):  ヨバンニ・ギャラード投手
|
2番手. 右腕(RHP):  マルコ・エストラダ
|
3番手. 左腕(LHP):  クリス・ナーブソン
|
4番手. 右腕(RHP):  ウィリー・ペラルタ
|
5番手. 右腕(RHP):  マイク・フィエル投手

ロン・ローエンニック監督は、ギャラードおよびエストラダ投手だけが鉛筆で書かれた、入るキャンプを言いました、ローテーション。

他の3つのスポットはナーブソン、ペラルタ、フィエルおよび右腕マーク・ロジャーズ投手によって戦われるでしょう。その後の3投手は2012年に印象的な成績を作りました。

ナーブソン投手(この人は回旋筋蓋の手術から離れる)は、彼が健康なことを示さなければなりません。しかし、ブリュワーズは先発ローテーションで左腕投手が好きでしょう。

ロジャーズ投手は、マイナー・リーグ・オプションが不足しており、ウェーバーをクリアーしないでしょう。したがって、先発ローテーションをしなければ、彼が恐らくリリーフ役割へ移されるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるブルペン陣 :


* 右腕(RHP): ジョン・アックスフォード投手(クローザー)

* 左腕(LHP): マイケル・ゴンサレス

* 左腕(LHP): トム・ゴルゼラニー

* 右腕(RHP): バーク・バーデンホップ

* 右腕(RHP): ジム・ヘンダーソン

* 右腕(RHP): ブランドン・キンツラー

* 右腕(RHP): マーク・ロジャーズ投手

アックスフォード投手は、2012年シーズンの中頃に鉛板を保護するいくつかの最高水準の問題をしていたが最終週に元の遠征ロード上で戻りました。また、ブリュワーズは役割に彼を委ねられます。

万一、何かがアックスフォード投手に起これば、ヘンダーソン投手は恐らくプランB.(交代要員)でしょう。

フリー・エージェントの移籍市場に出ている、ゴンサレスおよびゴルゼラニーの追加分は、それらになかったブリュワーズを何かに与えます、終盤のイニングに試合の中で使用する、しばらくの間-1組のベテランの左腕投手。

マイナー・リーグ・オプションが不足しているので、先発ローテーションをしなければ、ロジャーズ投手はブルペン陣へ行くでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるラインナップ:

1番.  (RF) :  青木宣親右翼手。

2番.  (2B) :  リッキー・ウィークス二塁手

3番.  (LF) :  ライアン・ブラウン左翼手

4番.  (3B) :  アラミス・ラミレッツ三塁手

5番.  (C) :  ジョナサン・ラクロイ捕手

6番.  (1B) :  アレックス・ゴンサレス一塁手、あるいはボビー・クロスビーか、テーラー・グリーン一塁手。

7番.  (CF) :  カルロス・ゴメス中堅手

8番.  (SS) :  ジーン・セグラ遊撃手

ロン・ローエンニック監督は、投げる試合によって、彼が打順の先頭の2つの場所での青木およびウィークス選手を時々位置変更してもよいと言いました。

一塁は、膝手術を受けた後に最初の6~8週を逃すと予想される、コーリー・ハート選手との疑問符です。

ゴメス選手は伝統的に低い出塁率選手でした。また、セグラ選手は初めてフルシーズンの間先発メンバーになるでしょう。したがって、ブリュワーズ打線のラインナップの底から貢献の多くを得るだろうかどうかは今のところ不明です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  期待のトップ・ルーキー:

* 控え ; 右腕(RHP)ウィリー・ペラルタ投手は先の9月、彼の後ろに揺れるクラスAAAのシーズン(7-11、28のスタートでの4.66のERA)を置きました。また、非常に見事に[2-1、6ゲームでの防御率:2.48(ERA)]行なったので、彼は、先発ローテーションでスポット枠を乗り組ませるために戸口に足を持っています。ローガン・シェーファー外野手(クラスAAA「ナッシュビル」での124ゲームのうち、打率:.278)は、他のものが春季キャンプで何を行うかに依存して、デプス・チャート上のバックアップ・センターおよび恐らく4位の外野手になるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(1B)、 マット・ガメル一塁手(裂かれた正しい前十字靱帯)は、2月16日に傷つけられました。彼は全シーズンを逃すでしょう。

(1B)、 コーリー・ハート一塁手(2013年1月の右膝の手術)は、4月後半までに戻ることを望みます。

(RHP)、ウィリー・ペラルタ投手(少しの肩凝り)は、春季トレーニングの中で初期に遅くなりました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  『 MLB情報の拾い物&駆り集め、最新記事 』  ;  MLB関連記事の『 Roundup 』 3月07日、2013

◆ 『 MLBパワー・ランキング 2013 : ここで春季トレーニングが始まるとともに、チームはそれぞれの位置に立っています。』

  * アメリカン・リーグ【西地区】。

 ★ オークランド・アスレティックス;《94勝-68敗、勝率:.580、(ホームで50-31、ロードで44-37)、AL【西地区】第1位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 左腕(LHP):  ブレット・アンダーソン投手
2番手. 右腕(RHP):  ジャロッド・パーカー
3番手. 左腕(LHP):  トミー・ミローヌ
4番手. 右腕(RHP):  A.J.グリュブス
5番手. 右腕(RHP):  バートロ・コロン(薬物使用による出場停止の処分終了の後…)

昨年、トミー・ジョン症の手術からリハビリ治療する時、アンダーソン投手は、20ポンド程度やせました。また、彼は彼が8月に戻った時、これまでより調子がよく見えました。パーカー投手はルーキーとしてほとんどのカテゴリーでアスレティックスの先発メンバーをリードしました。また、彼およびミローヌ投手は両方とも13の勝利を計上しました。グリフィン投手は15試合の先発スタートで印象づけました、行くこと、防御率:3.06(ERA)を備えた7勝-1敗および右腕ダン・ストレイリー投手、5つのAの先発ローテーション枠でのルーキーのうちの1人、そのシーズンの最終の2週、コロン投手のための少なくとも1つの先発枠に書き入れるだろう。この人は彼の50ゲームの薬物使用による出場停止の処分終了する間に最初の5ゲームを逃すでしょう。

●  『  予想されるブルペン陣  』

* 右腕 (RHP)  :  グラント・バルフォア(クローザー)
* 右腕 (RHP)  :  ライアン・コック
* 左腕 (LHP)  :  ショーン・ドゥーリトル
* 左腕 (LHP)  :  ジョーダン・ノルベルト
* 左腕 (LHP)  :  ジェリー・ブレビンス
* 右腕 (RHP)  :  フェルナンド・ロドリゲス投手。

ブルペン陣は、2012年のセットポジションおよびルーキー(クックとドゥーリトル投手)を下って特に、特にそのように印象的でした。
バルフォア投手の火の気質は、ポストシーズンへAのを押し上げるのを支援しました。したがって、最終の3イニングはオークランドのためにほとんどセットされます。
ノルベルト投手は肩腱炎の繰り返し発現から離れますが、彼がそのシーズンの準備ができると予想されます。
ブルペン陣の最後のスポット枠は、ノルベルト投手が完全に健康ならば、最近獲得したロドリゲスと中継ぎトラビス・ブラックリー投手の間にあるでしょう。この人は昨シーズン、先発メンバーとリリーフ投手としてオークランドには価値がありました。

●  『  予想されるラインナップ  』

1番.  (CF) :  ココ・クリスプ中堅手。
2番.  (2B) :  ジェッド・ローリー二塁手
3番.  (LF) :  ヨエニス・セスペデス左翼手
4番.  (RF) :  ジョシュ・レッジック右翼手
5番.  (DH) :  クリス・ヤング/セツ・スミス選手
6番.  (1B) :  ブランドン・モス一塁手
7番.  (3B) :  ジョシュ・ドナルドソン三塁手
8番.  (C)  :  ジョン・ジェソ捕手
9番.  (SS) :  中島裕之遊撃手。

アスレティックスの起用された、5選手、昨年、またラインナップは得るだろう、さらに予測可能でない、4番目の先発外野手の追加を備えた今シーズン、ヤング選手、また内野手、ローリー選手、両方とも至る所でプレーすると予想されます。
ジェソ選手は、高い出塁率で、順にしばしばより高く打つかもしれません。また、一度、アスレティックスは、中島選手がバットでできることのために感触を得ます、さらに、彼はよりしばしば動き回るかもしれません。
スコット・サイズモアおよびジェミール・ウィークス選手は、また可能な内野陣オプションです。

★  期待のトップ・ルーキー  :

* 控え ; (SS)  中島裕之遊撃手は彼の米国でプレーする最初の年に30歳のルーキーになるでしょう。; 彼は日本で、打率:.302の打者でした。Aは、彼が、それらがいつか場所に中へ持ったより多くのオフェンス陣を提供するだろうと予期します。8月3日に昇格した時、右腕ダン・ストレイリー投手は190個の三振を備えた主戦投手でした。また、彼はメジャーに行きました、7試合の先発スタートでの防御率:3.89を備えた2勝-1敗。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(INF)、 スコット・サイズモア選手(死球を受けた)は左手の上に当たりました。しかし、X線は破損を示しませんでした。サイズモア選手は、昨春練習の1日目に彼の左膝中のACLを裂いた後に2012年シーズンをすべて逃しました。

(OF)、 クリス・ヤング外野手(左の大腿四頭筋緊張)は2月24日のゲームから出て来ました。病気は、小さいと考えられました。彼は4ゲームを逃し金曜日にラインナップに戻りました。また、彼には日曜日まで過去の3ゲームでヒットが出ていました。

(RHP)、 グラント・バルフォア投手(2013年2月の関節鏡検査法の右膝の手術)は半月板を治療しました。彼は2月後半に水平な地上で投げていました。また、彼は開幕初日のためにリリーフを期待されています。

(RHP)、 アンドリュー・カリグナン投手(2012年7月のトミー・ジョン症の手術)は秋に投球プログラムを始めました。彼の回復がうまく行き続ける場合、リリーフ投手は、シーズン半ばによって再び投げているかもしれません。

 
 ★ テキサス・レンジャーズ;《93勝-69敗、勝率:.574、(ホームで39-25、ロードで35-29)、AL【西地区】第2位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 右腕(RHP):  ダルビッシュ・有投手。
2番手. 左腕(LHP):  マット・ハリソン
3番手. 左腕(LHP):  デレク・ホランド
4番手. 右腕(RHP):  アレックス・オギャンドー
5番手. 左腕(LHP):  マーティン・ペレスあるいは右腕(RHP)カイル・マクレラン投手。

トップ2つのスポット枠は全く強固です、しかし、どちらが一番手かと質問した場合、意見は多い。2011年の終わりに期待されるピッチャーへ成熟したホランド投手、しかし、彼は投球ミスを犯し続けるでしょうか、ストライク・ゾーンで揺れる不安定さ、いつ、有利なカウントで攻められるか?
オギャンドー投手は、オフスピードピッチおよびスタミナ問題の彼の不足がレンジャーズを2012年のためにブルペン陣に彼を返すことヘ導く前に、2011年の前半の間彼が行ったローティーションの中に同じ有効性を持つことができるでしょうか。誰が5番手のスポット枠を勝ち取るでしょうか。
ペレス投手が今季のトップの予想である間、彼は2シーズンで投球していません、トリプルAで…。
マクレラン投手は、右腕コルビー・ルイス投手がDLから戻るまで、2か月程度の間合うことができる代役のピッチャーで勝利を提供します。
その他では、さらに、左腕ロビー・ロスおよび右腕ジャスティン・グリムがいます。

●  『  予想されるブルペン陣  』

* 右腕 (RHP)  :  ジョー・ネーサン投手(クローザー)
* 右腕 (RHP)  :  ジェーソン・フレゾアー
* 右腕 (RHP)  :  ジョシュ・リンドブロム
* 右腕 (RHP)  :  ターナー・ショパーズ
* 左腕 (LHP)  :  ロビー・ロス
* 左腕 (LHP)  :  マイケル・カークマン
* 右腕 (RHP)  :  カイル・マクレラン、右腕エバン・ミーク、あるいはRHPランディー・ウェルズ投手。

ブルペン陣は、フリーエージェント制(マイク・アダムズおよび上原浩治投手)の、および先発に右腕オギャンドー投手を移動させることによる著しい損害に苦しみました。右腕ジョアキム・ソリア投手(この人は5月に準備ができているかもしれない)および右腕ネフタリ・フェリツ投手(この人はオールスター戦の休みの後に戻ってもよい)をリハビリする際に、途中で増援軍が潜在的にあります。しかしながら、オープン戦がスタートするとともに、1つの役割だけが定義されます: ネーサン投手は、クローザーです。フレゾアー投手は、アダムズ投手が持っていた頑丈さおよび競争力をすべてもたらします。しかし、彼の経歴のDLへの昨年の最初の遠征旅行の後、彼の傾く材料がどれくらい上手に遊ぶだろうかに関する質問があります。彼は、鋭ければ、有望な首謀者です。他のものは何も、解決に接近して遠隔にさえありません。リンドブロムとショパーズ投手には才能がいます。しかし、どちらも、メジャーにおける長期成功をしていません。ロス投手は先発の戦いに関係することができました。カークマン投手は、オープン戦に球速と伝統的に戦いました。また、中継ぎ投手役割は、1握りのノンロスター・ベテランの間で完全に早い者勝ちになりえます。

●  『  予想されるラインナップ  』

1番.  (2B) :  イアン・キンスラー二塁手
2番.  (SS) :  エルヴィス・アンドルス遊撃手
3番.  (DH) :  ランス・バークマン選手
4番.  (3B) :  エイドリアン・ベルトレ三塁手
5番.  (RF) :  ネルソン・クルーズ右翼手
6番.  (LF) :  デービッド・マーフィ左翼手
7番.  (C) :   A.J.・ピアジンスキー捕手
8番.  (1B) :  ミッチ・モアランド一塁手
9番.  (CF) :  レオニス・マーティン/クレイグ・ジェントリー中堅手

キンスラー選手が標準以下の年から立ち直る場合、およびバークマン選手が負傷から立ち直れば、オフェンス陣はジョシュ・ハミルトン選手のいない中軸にとって今までどおり有力かもしれません。その後、再び、クルーズ選手は、薬物使用(PED)の疑いで調査中です。また、処分保留はラインナップの中で別の穴を作ることができました。打順の後半は左打者でいっぱいです。また、打線の小つぶの可能性は大きくありません。左腕投手に対する対策が必要で、マーフィ選手は、魅力的な右打者のオプションには違いありません。ピアジンスキー捕手(左腕投手打者)はメジャーリーグ中の任意のキャッチャー以上にプレーします。モアランド選手(もう一人の左腕投手)は彼がレギュラーかどうかのために感触を得るために左腕投手に対し始めなければなりません。ただ一つの打順は、センター(左腕投手を打つマーティンは右腕投手に面し、ジェントリー(右打者)が左腕投手に対するだろう)にあります。

★  期待のトップ・ルーキー  :

* 控え ; (INF)   ジュリクソン・プロファー選手は、ベースボール・アメリカ誌によって新人で期待の1番の予想にランクしました。しかし、レンジャーズは、彼のための専任職を持っていません。彼は、中間中のエルヴィス・アンドルスおよびイアン・キンスラー選手をバックアップしなければならないか、あるいはその年のスタートを切りにクラスAAAに行かなければならないでしょう。(INF)マイク・オルト選手(システムでの2番目の予想)は、ルーキーで出場できないベンチのプロファー選手と競争することになりました。オルト選手は昨年、クラスAA「フリスコ」で28本のホームランを持っており、メジャーリーグ(彼は足問題によって制限されていましたが)中のそのシーズンの過去2か月を過ごしました。両方の選手で、メジャーリーグ中の限定的役割の利点がマイナーリーグ中の一貫したプレーする時間より重要でも、レンジャーズは正当化しなければならないでしょう。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(OF)、 ネルソン・クルーズ外野手(筋肉の緊張)は、痛みを経験した後、金曜日にテストのために病院に送られました。チームは、土曜日に野球活動を再開するためにストレステストの後にクルーズ選手(彼があの朝起きた時この人は苦痛を経験した)が追い出されたと言いました。

右腕(RHP)コルビー・ルイス投手(2012年7月の右肩の手術)は3月前半までにマウンドを取り除いているつもりです。彼は5月に先発ローテーションに戻ることができました。

右腕(RHP)ネフタリ・フェリツ投手(2012年8月のトミー・ジョン症の手術)は7月後半、あるいは8月に戻ることができるかもしれません。

右腕(RHP)ジョアキム・ソリア投手(2012年4月のトミー・ジョン症の手術)がそのシーズンの最初の月を逃すと予想されます。しかし、彼は、5月までに返す準備ができているかもしれません。

(DH)ランス・バークマン選手(2012年の2つの膝の手術)。2月28日初めて春季トレーニング試合でプレーすることを望まれ、あるいは3月1日。

右腕(RHP)カイル・マクレラン選手(2012年7月の右肩の手術)は2月後半に投げることからシャット・ダウンされました。彼はアクションを再開することができるかもしれません、3月4-10日の週。


 ★ ロサンゼルス・エンゼルス;《89勝-73敗、勝率:.549、(ホームで39-25、ロードで35-29)、AL【西地区】第3位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 右腕(RHP):  ジェレッド・ウィーバー投手。
2番手. 左腕(LHP):  C.J.ウィルソン
3番手. 左腕(LHP):  ジェーソン・ヴァルガス
4番手. 右腕(RHP):  トミー・ハンソン
5番手. 右腕(RHP):  ジョー・ブラントン投手。

これはセクシーなローテーションではありません。しかし、それはメジャー野球での任意のピッチャーほどよいウィーバー投手のトップで固定です。C.J.ウィルソン投手は2012年にオールスター前半を過ごし、次に、2年間にスランプに陥りました。その中で彼は肘の痛みの骨チップの故障のまま投げていました。骨のチップは治療されました。したがって、エンジェルスは、彼からよい仕事のフルシーズンを出すことを望んでいます。
後ろに、3人、ジェーソン・ヴァルガスおよびジョー・ブラントン投手はイニングを消化する人です。
違いを生ずる実際の機会を得ている人は、ハンソン投手(この人は以前、メジャー野球におけるトップの見込みのうちの1つだった)です。しかし、負傷は彼を傾かせました。彼が健康で、形式に戻れば、エンジェルスは強い先発ローテーションをすることができました。
エンジェルスがスポット枠の先発投手を必要とすれば、ギャレット・リチャーズおよびジェローム・ウィリアムズ投手はリストの一番上にいます。

●  『  予想されるブルペン陣  』

* 右腕 (RHP)  :  ライアン・マドソン投手(クローザー)
* 右腕 (RHP)  :  アーネストー・フレイリー
* 左腕 (LHP)  :  ショーン・バーネット
* 右腕 (RHP)  :  ケビン・ジェプセン
* 左腕 (LHP)  :  スコット・ダウンズ
* 右腕 (RHP)  :  ジェローム・ウィリアムス
* 右腕 (RHP)  :  ボビー・カサバー投手。

このブルペン陣・スタッフはエンジェルスが昨年の終了を伸ばすことを望む、最も大きな理由です。
トップ5人のリリーフ投手はすべて、最終イニングを終了する選択のマイク・ソーシア監督に信頼を与えて、終盤のイニングにおける成功をしました。
大きな質問は、ライアン・マドソン投手(この人はトミー・ジョン症の手術から戻る)が健康だろうか有効だろうかどうかでしょう。
そうでなければ、アーネストー・フレイリー投手は恐らく9回の登板機会を得るでしょう。

●  予想されるラインナップ:

1番.  (LF) :  マイク・ツロート左翼手。
2番.  (SS) :  エリック・アイバー遊撃手
3番.  (1B) :  アルバート・プホールズ一塁手
4番.  (RF) :  ジョシュ・ハミルトン右翼手
5番.  (DH) :  マーク・トランボ選手
6番.  (2B) :  ハウイー・ケンドリック二塁手
7番.  (3B) :  アルベルト・カラスポ三塁手
8番.  (C) :  クリス・イアネッタ捕手
9番.  (CF) :  ピーター・ボウジャス中堅手

これは、昨シーズン(ジョシュ・ハミルトン、マーク・トランボ、アルバート・プホールズおよびマイク・ツロート選手)30本のホームランを打つ27人の選手を4人含む野球選手で、最良のラインナップのうちの1つです。他のチームには2人以上の強打者がいません。エンジェルスは、さらに速度とスイッチヒッターのよいミックス、および任意の反対するピッチャーのためにこれをタフなグループにしてボールをフェアグラウンドに打ち返すことができる選手を持っています。

★  期待のトップ・ルーキー  :

* 控え ; (LHP)  ニック・マロンド選手(エンジェルスの2011年のドラフト指名の第3位の選択)は昨年、簡潔な仕事のための大リーグへ一挙に出世しました。彼は2012年に3試合のマイナー・リーグ・レベルで防御率:2.26を持っていました。彼はブルペン陣を担ったか、あるいは誰かがけがをすれば、先発メンバーとしてそれを作るかもしれません。
* 控え ; (OF)  コレ・カルフーン外野手は、エンジェルスの5番目の外野手の職を勝ち取るよい試みをしています。彼は昨シーズン、トリプルAで、.877のOPSを持っていました。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(LHP)、 ショーン・バーネット投手(後ろに強堅)は、訓練キャンプの中で初期に遅くなりました、しかし、彼は一週間を逃した後に2月後半に捕らえることをプレーし始めました。彼は10月に行なわれた、残された肘の手術から回復しました。

(RHP)、ライアン・マドソン投手(2012年4月のトミー・ジョン手術)は2月後半に彼の投げるプログラムを増加させて、3月後半までにオープン戦で投げることを望んでいます。彼は、恐らく初日の準備ができないでしょう。

(1B)、アルバート・プホールズ一塁手(2012年10月の右膝の手術)春季トレーニングの中で初期に守備する光を打っており行っていた、しかし、彼はまだ2月25日時点で全速力で走っていません。彼は3月中旬までカクタス・リーグでプレーしないかもしれません。しかし、エンジェルスは、彼が開幕初日に適すことを期待しています。


 ★ シアトル・マリナーズ;《75勝-87敗、勝率:.463、(ホームで39-25、ロードで35-29)、AL【西地区】第4位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 右腕(RHP):  フェリックス・ヘルナンデス投手。
2番手. 右腕(RHP):  岩隈久志
3番手. 左腕(LHP):  ジョー・サーンダーズ
4番手. 右腕(RHP):  ブレーク・ビーバン
5番手. 右腕(RHP):  エラスモ・ラミレッツあるいは左腕(LHP)ダニー・ハルッチェン投手。

マリナーズはそれらがどんな打順もシャット・ダウンする機会を得ていることを知って、5日ごとに競技を開始することができます。しかし、ヘルナンデス投手の後、関係の多くの理由があります。シアトル・バッターを起用するのを支援するように新しく、より小さな野球場を設計したまま、マリナーズは、キング・フェリックス投手の後ろのいくつかの一貫した先発メンバーを見つけなければなりません。チームは背中合わせのシーズンオフ中の若者マイケル・ピネダおよび一貫したベテランのジェーソン・ヴァルガス投手を約束することを諦めました、ハルチェン、右腕ティジュアン・ウォーカー投手および左腕ジェームズ・パクストン投手のような前途有望な見通しのために多くの機会にシアトルを託すこと、右腕ジョン・ガーランド投手、2011年の肩の手術以来外に、キャンプのスポット枠を得ようとするでしょう。

●  予想されるブルペン陣 :

* 右腕(RHP): トム・ウィルヘルムセン投手(クローザー)
* 左腕(LHP): チャーリー・ファーブッシュ
* 左腕(LHP): オリヴァー・ペレス
* 右腕(RHP): カーター・キャップス
* 右腕(RHP): スティーヴン・プライア
* 右腕(RHP): ルーカス・リューティジ
* 右腕(RHP): キャメロン・ロー投手。

マリナーズは、そのクローザーの近況だったとしても、ブルペン陣の未使用のダイヤモンドを見つける、ベテランを若返らせる、あるいはトップレベルのレベルにファームの新人を繁栄させることに信じられないほどに熟達しています。ウィルヘルムセン投手(この人は数年前に彼のメジャー野球経歴に見切りをつけた)は昨シーズン、閉鎖役割の中で成功しました。ペレス投手は彼の経歴を再開し、マリナーズにベテランの左腕投手を与えます。

●  予想されるラインナップ

1番.  (2B) :  ダスティン・アクレー二塁手。
2番.  (3B) :  カイル・シーガー三塁手
3番.  (DH) :  ケンドリス・モラレス選手
4番.  (LF) :  マイケル・モース左翼手
5番.  (C)  :  イエス・モンテーロ捕手
6番.  (1B) :  ジャスティン・スモーク選手
7番.  (RF) :  マイケル・サーンダーズ右翼手
8番.  (CF) :  フランクリン・グティエレス中堅手
9番.  (SS) :  ブレンダン・ライアン遊撃手。

いくつかの明白なラインナップ改良にもかかわらず、マリナーズは、まだ大部分は大リーガー特にラインナップでのような次のステップをとる必要のある、若い選手の精通しているグループに頼るでしょう。アクレー選手は、彼が先頭のスポット枠(彼は昨シーズン苦闘した)へ戻るように見えます。シーガー選手は、2012年からの彼のファースト・シーズンを複写し、セットポジションを下ってより多くの成績を示す必要があります。モンテーロ捕手(さらに、この人は指名打者として2012年のうちのほとんどを費やした後に今シーズンもたんとうする義務を扱うだろう)は、自分を証明する必要があります、として、1つの、真実、3番打者。また、スモーク選手は、彼が確かに大リーガーであることを証明する必要があります。近年ラインナップに、だがほどではなく多くの穴があります。シアトルの忍耐がスモーク、アクレー、シーガーおよびマイケル・サンダースのような選手でチームの成績をあげる場合、このオフェンス陣は期待されたよりよいかもしれません。

★  期待のトップ・ルーキー

* 控え ; 左腕(LHP) ダニー・ハルチェン投手は、フェリックス・ヘルナンデス投手を補足するためにマリナーズが必要とする2番の先発メンバーである運命であったように見えます。質問は、それがいつごろ起こるだろうかです。ハルッチェン投手(2011年のドラフト中の2番のの全面的なピック)は、死のトリプルAのタコマ(1-4、5.92のERA)に明らかにされたサインで停止までマイナーリーグをさっと、過ぎていました。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(2B)、 ダスティン・アクレー(2012年10月の残された足首の手術)は最初の3つのカクタス・リーグ・ゲームを逃しましたが、3月3日に2月の25-の週に彼がアクションを見ると予想されました。

(SS)ブレンダン・ライアン(2012年10月の右肘の手術)は最初の3つのカクタス・リーグ・ゲームを逃しましたが、3月3日に2月の25-の週に彼がアクションを見ると予想されました。

2月後半にバッターを実践するために投げると始められたRHPジョン・ガーランド(2011年7月の右肩の手術)。


 ★ ヒューストン・アストロズ;《55勝-107敗、勝率:.340、(ホームで35-46、ロードで20-61)、NL【中地区】第6位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 右腕(RHP):  バド・ノリス投手
2番手. 右腕(RHP):  ルーカス・ハレル
3番手. 右腕(RHP):  ヨルダン・ライルス
4番手. 右腕(RHP):  フィリップ・ハンバー
5番手. 左腕(LHP):  エリック・ベダード投手。

ノリス投手がアストロズのホームに滞在し、ハレル投手が2012年に基礎を置けば、それがアメリカンリーグに向かうとともに、ヒューストンには相当な1勝-2敗の先発スタートする必要が実際にあるかもしれません。
ライルス投手は昨シーズン、防御率:5.12を記録しました。2012年にハンバー投手はシカゴ・ホワイトソックスのための完全試合を投げただけでなく、防御率:6.44を持っており、ウェーバー・クレームによってアストロズによって得られました。スロット枠4-5で、不確実、そして中央に座るヒューストン、中央-低レベルのピッチング陣の選手層、アストロズが2013年に先発メンバーを絶えず動き回ると予想されます。ベダード投手のような苦闘しているベテランはイニングを片付けることができました。また、ブラッド・ピーコック、ダラス・コウチェル、アレックス・ホワイトおよびジョン・エリー投手のような若いピッチャーは、恐らくそのシーズン中に起用されるでしょう。

●  予想されるブルペン陣 :

* 右腕(RHP): ホセ・ヴェラ投手(クローザー)
* 左腕(LHP): ウェズレー・ライト
* 右腕(RHP): ヘクター・アンブリス
* 右腕(RHP): リナー・クルーズ
* 右腕(RHP): ジョシュ・フィールズ
* 左腕(LHP): シャヴィエル・セディーノ投手。

ヴェラ投手は、クローザーでなく、ヒューストンの柱になるように依頼されている。
フィールズ投手は大リーグ・ピッチャーだったことがない。しかし、アストロズは大きく前に一歩進むために彼を当てにしています。
それは要するにヒューストンのブルペン陣です。
ライト、アンブリスおよびセディーノ投手は昨年堅実で、それらがボールをヴェラ投手のベテランの手に委ねると予想されるでしょう。
しかしながら、ヒューストンのリリーフ投手は、切迫したAL【西地区】の動き、および流出での先発ローテーションの後部と共に、チームの25人の選手登録簿上の誰もの最もタフな状況に直面するかもしれません。

●  予想されるラインナップ:

1番.  (2B) :  ホセ・アルチューブ二塁手。
2番.  (SS) :  タイラー・グリーン遊撃手
3番.  (LF) :  クリス・カーター左翼手
4番.  (DH) :  カルロス・ピーナ選手
5番.  (1B) :  ブレット・ウォーレス一塁手
6番.  (RF) :  リック・アンキール右翼手
7番.  (3B) :  マット・ドミンゲス三塁手
8番.  (CF) :  ジャスティン・マクスウェル中堅手
9番.  (C) :  ジェーソン・カストロ捕手。

それはそうです、1つの選手、巨大な場合、しかし、大多数のラインナップが期待および年を取るベテラン(ピーナ選手)を超過することができ、アンキール選手が彼らのストロークを再発見することができる場合、ヒューストンは驚かないかもしれません、2013年の一部のために。アルチューブ選手は固定です。また、ウォーレス、グリーン、ドミンゲスおよびカストロ選手のようなほとんど知られていない選手は、MLB資料である一瞥を示しました。しかしながら、下降はすさまじい。アンキール選手がチームで活躍する保証はありません。
彼がしなければ、ヒューストンの外野陣は本当にガタガタになります。また、ピーナ選手が、打率:.200以上に達することができず、カーター選手が、彼が昨シーズンちょうど218打数で16本のホームランを打つことを可能にした力の上で成果をあげなければ、オフェンス陣は、速く急降下して、打者重点のAL【西地区】で最も弱いチームになるでしょう。

★  期待のトップ・ルーキー  :

* 控え ; (RHP)  コザート投手を起用させました、昨年クラスAAAおよびクラスAAでの防御率:3.30で、6勝-7敗でした。彼は、ヒューストンの初日選手登録簿のスポット枠を競争するでしょう。ジョナサン・シングルトン一塁手は薬物検査に失敗した後に2012年の最初の50ゲームで処分保留されます。しかしながら、彼は、恐らく7月までにヒューストンに参加するでしょう。また、強打する予想は打つことができます(21本のHR、79打点、.893のOPS、クラスAAでの昨シーズン)。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(RHP)、 ヘクター・アンブリス投手(捻挫した右の足首)はピッチング練習のドリルの間に一塁をカバーする間にけがをしました。彼は保護ブーツを着用している間にいくつかの練習を逃しました。しかし、彼は2月後半にブルペンでのセッションを投げていました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLBと大リーグ各球団の公式サイトの解説では、『 ミネソタ・ツインズ2013プレビュー。: 最高位のAL【中地区】・レフト編  』

  * 「 ミネソタ・ツインズ(攻撃力・守備力・機動力・組織力 」

  ※ 《 記事内容と会見の模様は、MLB関連の公式ビデオで、:  http://minnesota.twins.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_min_vid&c_id=min 》

〔ダニーデン、(FL)〈USA TODAY.com〉〕--、アメリカンリーグの【中地区】はレフトが手強い。

いくらかは経歴年を経験します。いくらかは長い間スターであるように用意を整えます。また、1つは証明されていない初めての先発メンバーです。

1番 - アレックス・ゴードン選手、カンザスシティー・ロイヤルズ。

ロイヤルズの前者2番、全面的なドラフト指名のピック枠は過去2年にわたって次のレベルに彼のゲームを持っていきました。

彼は、まだ外野に移動されたチームまで三塁手として苦闘していました。

彼は、打順のいかなる場所にも打つことができますが、奪取率への四球を改善する必要があります。

2番 - ジョシュ・ウィリングハム選手、ミネソタ・ツインズ。

ツインズは、ウィリングハム選手が以前と同じくらいよいことは予期することができなかったでしょう。

彼は経歴年を過ごしました。しかし、彼が経歴中に中へプレーしたように、それは最も打者に有利なホーム球場に入りました。

ツインズ、ベテランの外野手が年で彼の成功を継続することができることを望む、チームでの2人。

彼は非常によい力およびツインズ・オーダーの最中の四球を引き寄せる忍耐を持っています。

彼はよいグローブおよび正確な腕を持っていますが、よい全面的な支持者であるツールを欠きます。

彼は速度、範囲および腕の強度を欠きます。

3番 - マイケル・ブラントリー選手、クリーブランド・インディアンズ。

数週間前まで、彼がチームのセンターであると予想されました。

ブラントリー選手は、よいプレート忍耐および一貫した接触をする能力を所有します。

彼はパワー脅威でありませんが、相当なパワー可能性を持っています。

彼は地区争いのよりよいトップヒッターのうちの1人ですが、順で他の場所で恐らくそのシーズンを過ごすでしょう。

防衛的に、彼はすさまじい範囲および速度を持っていますが、腕の強度を欠きます。

4番 - ダヤン・ビシード選手、シカゴ・ホワイトソックス。

キューバの亡命者は、彼のバットを持った顕著な力を持っており、ゴードン選手のように、三塁から外野へ体位変換の後に改善しました。

彼のゲームは、力にすべて関係しています。

しかしながら、彼は、全面的なオフェンス陣のゲームを抑制するために選球眼を改善する必要があります。

彼は、外野をプレーする方法をまだ学習しており、誤りを犯すでしょう。

5番 - アンディー・ダーク選手、デトロイト・タイガース

タイガースは、彼が日常の先発メンバーでありえることを証明していない、才能のある選手にその左翼スポット枠を譲っています。

彼は、タイトルを主張するチームのためにそれをすることができることを証明する必要があります。

彼のチームは固定した破壊的な攻撃陣を持っていますが、1つのどんな方法においても優れていません。

彼はより一貫した接触をし、左腕投手に対して改善する必要があります。…以下省略…

( ジョーゼフ・グンター記者(AP) / -- 2013年3月05日0:00p.m.〈ET〉 )。

  ※  http://www.examiner.com/list/minnesota-twins-2013-preview-ranking-al-central-left-fielders
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント

トロント・ブルージェイズのチームレポート〔03月06日、2013〕 ; 第1稿 《訂正&加筆》

2013-03-06 16:47:56 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  【 [ クリアウォーター、〔FL〕、(球場)]、---〈資料写真 - '13年3月3日(日)〉: トロント・ブルージェイズのホセ・バウティスタ選手は、13対-5と勝利したフィラデルフィア戦で、フィラデルフィア・フィリーズのアーロン・クック投手から春季オープン戦の試合の3回にホームランを打って、チームの勢いについて行きます。】

  ※ 《 試合内容と会見の模様は、球団HPで、: http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_tor_vid&c_id=tor 》
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
●  PR : 『 友達と MLB.com を、あなたの好きな其々の方法で楽しんでください。 』

  * ニュースを精査してください、ビデオおよび更にもっとたくさんの情報が、あなたの友達が読んでおり、ライブで見ているものを上に基づかせました。

自分の活動を公表して(twitter、facebook、Google+)、十分な意見をコントロールし、保持してください!!

  ※ https://www.bloombergsports.com/frontoffice
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  『 時系列、MLB最新ニュース ; 2013 The Sports Network. 』

  ※ http://www.sportsnetwork.com/merge/tsnform.aspx?c=sportsnetwork&page=mlb/news/indexsn.aspx?sport=AA


★ 【 参考 】  『 MLB 時系列 - CBSSports News 』 

  ※ http://www.cbssports.com/mlb/wiremenu
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
PR : 『 2013 The Associated Press. 』    

  ●  刻々と移り変わる、世界情勢を『 AP通信社 』の公式サイトで、ご確認を…!!

  ※ http://hosted.ap.org/dynamic/fronts/SPORTS?SITE=AP&SECTION=HOME
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《 今季のメジャーの成績の鍵を握っているのは…各球団の新戦力とGM&監督!? 》

ブルージェイズの今季の戦力補強は、大リーグ随一。

昨年以上の投手陣と、攻撃陣で、過去最高の成績と活躍ができるか…、どうか。

チームワークの確立とベンチとブルペン陣の控えの意思疎通を図り、コーチとマネージャーがフロント・スタッフ&ファンの期待に応えるしかありません。 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 MLB の トロント・ブルージェイズのツイッター 公式サイト 」; https://twitter.com/BlueJays

   ※ 「   〃   フェイスブック 公式サイト 」; https://www.facebook.com/BlueJays

   ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+bluejays/posts

   ※ 「   〃   ブルージェイズ 公式ファンクラブ 」; http://toronto.bluejays.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=tor

   ※ 「   〃   モバイル・サイト 」; http://toronto.bluejays.mlb.com/mobile/?c_id=tor 《登録が必要》


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ● 「  地元紙のスポーツ欄 」

   * 「 トロント・スター紙 」:  -- 見出し…『 ブルージェイズの春季トレーニング: エミリオ・ボニファーチョとマイサー・イズツリス選手のどちらも二塁で信頼を引き起こしません。』 (2013年3月05日午後0:00ET/ブレンダン・ケネディー記者 )《 ダネディン(FL)-、ブルージェイズの内野陣の唯一の不確かなスポットです。したがって、チーム内の競争で、ボニファーチョおよびイズツリス選手は、多くの信頼を引き起こしていません。ブルージェイズの先発二塁手、バックアップ・キャッチャーに外野のただ一つの定位置の役割、およびまだ予約済みでないブルペン陣の2、3のスポット枠が決まらずに、競っています。》

   ※  http://www.thestar.com/sports/bluejays.html

**********************************************************************************************
   * 「 トロント・サン紙 」、-- 見出し…『 川崎宗則選手に興味を持っているブルージェイズ。』 (2013年2月16日11:01pm./ダニエル・セコ記者 )《 〔、(州) 〕-- (ツイッターによる)のボブ・エリオット記者によれば、ブルージェイズは、(内野手)川崎宗則選手への署名に対する関心を示しました。クラブを作るのに有能ならば、川崎選手はショート(二塁)で選手層の深さを提供し、かつベンチから打点をはさむ代走の役目をするでしょう。川崎内野手(31歳)は、マリナーズとメジャーリーグ春季トレーニングへの招待とのマイナー・リーグ契約に調印した後に2012年に625Kドルを得ました。チームとの彼の最初の大リーグのシーズンで、川崎選手は、61ゲームでの打率:.192/.257/.202の打つラインを記録しました。元NPBの日本人スター選手は2012年シーズンの終わりにシアトルによって解雇されていました。》

   ※  http://www.mlbtraderumors.com/2013/02/blue-jays-interested-in-munenori-kawasaki.html

**********************************************************************************************
   * 「 ブレッチャー・レポート 」、-- 見出し…『 トロント・ブルージェイズのチーム健康診断書。』 (2013年3月4日()00:00am./ウィル・キャロル記者 )《 〔ポートシャーロット、(FL) 〕-- 2012年のランク: 失われたDL入り選手の欠場日数とドル、30球団のチームで25番めに最上です。最も大きな負傷: ブルージェイズのホセ・バウティスタ選手、価値を失われた740万ドル。》

   ※  http://bleacherreport.com/articles/1538523-toronto-blue-jays-team-health-report-2013-injury-risk-for-every-starter


--------------------------------------------------------------------------------
   ● 「  MLB関連のスポーツ欄 」

   * 「 Yahoo! スポーツ 」、-- 見出し…『 MLBのブルージェイズ最新情報(注目点)。』-[2013年3月03日午後0:00 ET / ・記者(AP) )《 ポートシャーロット(FL)--、: 右腕ジョシュ・ジョンソン投手は、よいスタートを切ります。春季トレーニングの彼の最初の先発登板では、前のマーリンは、球速93mphで座った速球を持ったレッドソックスに対する無得点の2イニングを投げました。

「私はそれを最初のものと考えましょう」とジョンソン投手が言いました。
「腕は、単にすべてに投げることおよび私たちが行っているつもりの長いトスと共に、ここからより強くなるでしょう。うまくいけば、それはちょうど徐行し続けるでしょう。」

彼は、彼の新しいチームとの彼の最初のスタートには熱心過ぎる傾向を克服しなければなりませんでした。

指名打者の常勤の職を得る彼の機会を支援するために、DHアダム・リンド選手は、春季トレーニングによいスタートを切りました。

彼は2月26日にツインズ戦に対して3ラン・ホームランを打ちました。

「彼はよいスタートを切ります; 彼は、この春努力しています。
「彼のための大きな年である」とジョン・ギボンズ監督は言いました。
「よい方、彼はそうです、裕福、私たちはそうであるつもりです。」

シーズンオフ肩の手術から回復する右腕ケーシー・ヤンセン投手は、マウンドからの代わりに外野の水平な地上で投げることを行っています。

最終回は、投球の位置をまた心配せず、バッターと対戦して、腕の強度を構築しようとしています。

彼はマウンドを取り除くことにより春季トレーニングを始めました。しかし、ピッチング・コーチ、ピート・ウォーカー氏は、腕を緩くすることについてではなく力学に彼があまりにも多くの重点を置いており強かった、と考えました。

左腕 J.A.ハップ投手は、難しい立場にあります。

彼は強化された先発ローテーションでの6番手の先発メンバーです。また、初日登録簿を作る最良の機会は中継ぎ投手としてあります。

彼は、左腕ブレット・セシル投手とその役割を競争しています。

(1B)ラーズ・アンダーソン一塁手は、ホワイトソックスからウェーバーから要求されました。

彼に40人の選手登録簿上の場所を空けるために、肘の手術から回復する右腕カイル・ドレベック投手は、60日間の故障者リストに移動されました。

アンダーソン選手(25歳)(この人は2006年にレッドソックスのドラフト指名:第18ラウンド・ピック枠だった)は、7月以来ずっと5つの組織とあります。

レッドソックスはダイアモンドバックスからホワイトソックスと彼をトレードしました。また、彼はホワイトソックス、そしてブルージェイズまで弾みました。

*  数に注意して: マイナーも含め、36人のピッチャーの定員を含むブルージェイズの大リーグ春季キャンプに招待された69選手。》 

   ※  http://sports.yahoo.com/news/rays-cobb-dominant-second-spring-205142910--mlb.html;_ylt=AipzQjxhG7ZF4hoNZRKbva.FCLcF


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  『 トロント・ブルージェイズ : 3 を上へ、そして3、を下って。 』

●  『 球団内部の最新情報 』


《 「トロント・ブルージェイズ」2013年シーズン予想してください。〔マイアミ・ヘラルド紙/(Sports Network)〕

ボルティモア·オリオールズとトロント·ブルージェイズが、「グレープフルーツリーグ」の試合で6月6日タイにプレーして、スティーブ·ピアース選手は、2本のホームランを打ち、3打点と活躍しました。

ルイス・エクポジト選手は、ツーランショットとコナー·ジャクソン選手はオリオールズのためにホームランを加え含む2安打に終わった。先発スティーブ・ジョンソン投手は2安打2失点と2回に、2つを三振を奪いました。

アンディ·ラロシュとライアンランゲルハンス選手は、それぞれホームランを打つとアンソニー・ゴゼ選手は二度記録しながらメルキー・カブレラ選手は、ブルージェイズのための本塁打の競演で支援した。

トロントの先発J.A.ハップ投手は、3イニングを介して6安打2失点。リリーバーのエスミル・ロジャース投手は、1イニングで、4安打4失点の猛攻を受けた。

今日、ブルージェイズは、ホームで春季オープン戦でボルティモア・オリオールズと対決します。ここに、ラインナップがあります。

1番; 先発:A・ゴゼ中堅手 /交代:R・ランガーハンズ (CF)。
2番: E・ボニファシオ二塁手 / J・ニグリッチ (2B)。
3番: M・カブレラ左翼手 / R・シュイプ (LF)。
4番: J・バウティスタ右翼手 / E・バレス (RF)。
5番: L・ヒメネス一塁手 / C・ディッカーソン (1B)。
6番: J・ソール選手 / S・オシンコ (DH)。
7番: H・ラロッカ三塁手 / L・ザワズキー (3B)。
8番: T・ブランコ捕手 / T・ニケアス (C)。
9番; X ・マッコイ遊撃手 / L・フォード (SS)。
先発投手: J・ハップ (P)。

中継ぎ: D・オリバー / S・ディラバー、 / E・ロジャース、 / L・リンコン、 / J・ジェフレス、 / N・ワグナー、 / C・ベック。  

試合時間は、3時間12 分

ゲームは、1:05PM ET, March 5, 2013。 オート・イクスチェンジ球場, ダンネディン, (FL)。

※ http://scores.espn.go.com/mlb/boxscore?gameId=330305114 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ◆  『 投手陣とその他、戦力分析 』

★  「 大リーグ30球団のパワーランキング【第9位】 : 3ランク上へ、そして3ランク下って。」


 〔〈2013年2月20日〉(ジョー・ホワイト記者)〕、-- 1年前に、トロント・ブルージェイズ・ファンはその楽観論で今後シーズンを見ました。

抜けること、1つの、2011年の.500シーズン、期待は、その若い才能および戻る大スターと、ブルージェイズ球団が改善し続けるであろうということでした。

それらはしませんでした。

代わりに、トロントは、勝率:.500の下の8ゲームを終了し、レッドソックスが1965年以来彼らの最悪のレコードを管理したので、単にAL【東地区】の中の最下位の終了を回避しました。

がっかりさせるシーズンにもかかわらず、アレックス・アンソポウロスGMはシーズンの終わりで見回し、テーブルの中間への彼のチップをすべて押すために、時間が来たと決定しました。

誰が彼を非難することができますか。

ヤンキースは、昨年の地区争いを勝ち取ったがそれらが年で持つより脆弱に見える、とオリオールズが2012年に述べられた彼らのワイルドカードで過剰達成者のように思いました。また、レッドソックスは、モードを再建する際にあるように見えます。

シーズンオフは、ブルージェイズ・ファンにとって今年だったほど刺激的ではありませんでした。

11月に、トロントは、ホセ・レイエス選手、ジョシュ・ジョンソン、マーク・バーリー投手およびエミリオ・ボニファーチョ選手を得るためにマーリンズとの大きなトレードをうまくやりとげました。

それらは、昨年のオールスター戦でMVP賞の活躍-薬物使用(PED)の騒動のメルキー・カブレラ選手、およびNLサイ・ヤング勝利者R.A.ディッキー投手のための取引交渉への署名により、その実行に続きました。

トロントの予想プールは長い時間で最初がなかったならば排水されました。ブルージェイズは、AL【東地区】の中に一番で終了するに対する正当な試みをしています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲  高評価 : 「 3ランク を上へ。」


   * 2013年の最良のシナリオの場合。


ブルージェイズは1993年にワールド・シリーズ・チャンピオンで以来プレイオフに戻っていません。

チームがその素晴らしいシーズン以来20年を祝うとともに、ファンは最後にジェイズがポストシーズンに戻るのを見るようになってもよい。

ワールド・シリーズ進出は、確かにシーズンオフ獲得物および非常に改善されたローテーションを与えられて、可能に見えます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎ 最も重要なブルージェイズの選手。

 * トロント・ブルージェイズ球団の命運をにぎる、ホセ・バウティスタ選手


ホセ・バウティスタ選手は、2012年に疑いなくエドウィン・エンカーナシオン選手の経歴年のさえチームおよびブルージェイズの最も大きなオフェンス陣の脅威の中心です。

バウティスタ選手が40本のホームランへの手首の怪我および彼の帰りを備えた昨シーズンの半分を恋しく思ったとそれに付け加えてください、100のRBI形式が批判的であるが保証されません。

初期の表示は、バウティスタ選手の手首が治されるということです。また、彼は十分な強さで揺れます。

それは、ホセ・レイエス選手、および次に(恐らくローリー、カブレラあるいはボニファーチョ選手)打つどんな人の後ろに打つ彼のバットをぜひとも必要とするブルージェイズにとってよいニュースです。

R.A.ディッキー投手は、明らかにジェイズの先発ローテーションへの大きな追加で、そのシーズンに入るエースと考えられます。

しかしながら、ジョシュ・ジョンソン投手は今年のチームの最終の成功にとってより重要かもしれません。

ジョンソン投手はちょうど29歳です。また、それは大リーグ野球であまりずっと前に(彼が考慮された)トップのピッチャーのうちの1人ではありませんでした。

傷に短くされた2011年シーズンおよび映えない2012年にはジョンソン投手が彼の優秀なレベルのステータスを回復するか永続する負傷に関係になるだろうか、単に、将来中心のレベルの先発メンバーになるだろうかどうかと思うファンがあります。

彼が前2011年のマジックのうちのいくらかを回復することができれば、ジョンソン投手はこのピッチング・スタッフを支え、プレイオフ期間のエースになるでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  潜在的な能力ある、期待の選手。 


昨シーズン166打数を持ったが、まだわずか22歳で、コルビー・ラスムス選手、あるいはメルキー・カブレラ選手が苦闘すれば、あるいはホセ・バウティスタ選手が負傷を受ければ、召集の短いリストの上にいるだろうので、アンソニー・ゴゼ選手はもはや予想と考えられることができません。

ゴゼ選手は快足ランナーで、防衛的に強い。

彼はマイナーリーグ中の選球眼と戦ったが作りました、大またに歩き、進行に継続するべきである。

先頭打者があまり出塁の機会を得ないかもしれないように、ジェイズは今年の問題点は深い。しかし、彼が行えば、これは彼が名を揚げ始める年かもしれません。

********************************************************************************
◆ 30球団中の順位とMLBチームのプレビュー :「 2013年のMLBチームの分析。」


アーロン・ループ投手は、春季トレーニングから出て来るジェイズ・ブルペン陣でスポットを勝ち取るべき左腕投手です。

ループ投手は昨シーズン33ゲームで投げて、2.64のERAおよび0.91のWHIPを記入しました。したがって、彼は、彼が大リーグ・レベルにそれをすることができることを証明しました。

彼は1つのノックアウト投球をしていません。しかし、平均以上のスライダー、安定したコントロールおよび欺く変化球は、彼に左腕投手に対する信頼できるオプションを作り、2013年にジェイズ・ブルペン陣で彼に大黒柱を作るべきです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▼  「 悪い評価 3ランク を下って 」

  * 最悪のシナリオの場合。

 
 高い期待で、しばしば来る、失望。

今シーズン・ジェイズに刺激的で予測可能な・ドラフト指名のピック枠を作るものは、さらに2012年のフロリダ・マーリンズおよび2011年のボストン・レッドソックスに不気味に似ているように感じます。

トロントにはそれらが速いスタートを切らない場合それらを速くそのシーズンの最も大きな失望にすることができる最も大きなシーズンオフがありました。

AL【東地区】の中のチームにとって、3位の順番で終了およびポストシーズンの進出の間の差は多くの場合1つあるいは2つの勝利です。

プレイオフどころかワールド・シリーズが今年のチームのための最善のシナリオである場合、AL【東地区】の中の3位の順番終了は恐らく現実的な最下位で、確かにジェイズ・ファンを失望させるでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  重要なキー・プレイヤー。

  * リッキー・ロメロ選手。


昨シーズンのトロント・ブルージェイズのブルペン陣の努力は大部分は過小操業する先発ローテーションのために酷使される結果でした。

チームの残りはこのシーズンオフかなり大きなオーバーホールを見ましたが、ブルペン陣は主として顔なじみから成るでしょう。

ケーシー・ヤンセン、セルジオ・サントス、ブラッド・リンカーン、ダレン・オリヴァーおよびJA ハップ投手は、残りのスポットを一周することができる他のオプションのかなり深いリストで顕著な役割を再び持つでしょう。

それにもかかわらず、このリスト上でセクシーな名前はありません、また、一貫しているものとして、これらの選手のうちの1人あるいは2人が出現しない場合、あるいは、支配的なリリーフ投手さえ、ジョン・ギボンズ投手が見つけようと努力する場合に、いくつかの勝利が後のイニングの損害へ変わることを予期します、彼の、ピッチングの試みに。

********************************************************************************
 ◎  誰が下への2012年から立ち直る必要があるか

ブレット・ローリー選手は、がっかりさせる2012年シーズンの2011年の脱走キャンペーンに従いました。

いらいらして、危険負担、自信過剰の三塁手は彼がいつよく打つか気をつけて楽しい。また、チームは勝っています。

ローリー選手は速く選手になるでしょう、皆、彼が2013年に遅い出だしならば嫌うべき愛。

リッキー・ロメロ投手は、ブルージェイズに異論がないエースとして2012年を入力し、5番手の人としてローテーションに2013年を入力するでしょう。

それは、ディッキー、ジョンソンおよびバーリー投手の獲得物と非常に関係します。しかし、ロメロ投手の2012年の防御率:5.77(ERA)、1.67のWHIPおよび-1.7のWARが、問題を支援しませんでした。

有望に、ロメロ投手は、彼の肩に圧力の多くを取り除く先発ローテーションでニューフェースから利益を得て、今シーズン、形式に返ることができます。

私は、コルビー・ラスムス選手がここで適合するかどうか分かりさえしない、考慮、彼の、2012ダウンして、下への2011年に続いたが、ラスムス選手が2013年、エミリオ・ボニファーチョ、アンソニー・ゴゼ、あるいはラジャイ・デイビス選手に手堅いスタートを切らない場合、言うためにそれに十分である、彼の代理をするのに幸福であるなんていうものではないでしょう。

● 「 Toronto Blue Jays: 3 Up and 3 Down 」

  ※  http://isportsweb.com/2013/02/20/toronto-blue-jays-3-up-and-3-down-3/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ◆  選手登録簿報告書  ◆


●  先発ローテーション: 

1番手. 右腕(RHP):  R.A.ディッキー投手。
|
2番手. 右腕(RHP):  ブランドン・モロー。
|
3番手. 左腕(LHP):  マーク・バーリー。
|
4番手. 右腕(RHP):  ジョシュ・ジョンソン。
|
5番手. 左腕(LHP):  リッキー・ロメロ投手。

この整列は、力投型がディッキー投手のナックルボールに従うことを可能にし、左腕投手を分割するでしょう。

ロメロ投手が昨シーズン1番の先発メンバーだった後に第5であるという事実は、だけでなく彼の貧弱な2012年、だがピッチング・スタッフ陣の改良の影です。

このグループで、1つのピッチャー上に圧力はありません。

左腕J.A.ハップ投手は有望な6番目の先発メンバーです。それは、マイナーリーグ(彼は出発することができた)中の制限を意味するかもしれません。

先発メンバーを加えて彼を増やすためにマイナーリーグに同様に右腕ブラッド・リンカーン投手を派遣することができるかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるブルペン陣 :


* 右腕(RHP): ケーシー・ヤンセン投手(クローザー)。
|
* 左腕(LHP): ダレン・オリヴァー。
|
* 右腕(RHP): セルジオ・サントス。
|
* 左腕(LHP): ブレット・セシル。
|
* 右腕(RHP): スティーヴ・ディラバー。
|
* 右腕(RHP): ブラッド・リンカーン。
|
* 右腕(RHP): エスミール・ロジャーズ投手。
|
強い先発ローテーションで、ブルージェイズは、それらが昨年時々使用した途方もない中継ぎ13人のスタッフに行く必要はありません。

ヤンセン投手は5月にそれを引き継いだ後にクローザーの役割を得ました。また、小さな肩の手術は問題であるべきではありません。

サントス投手は、肩問題を備えた昨シーズンのうちのほとんどを恋しく思った後にゆっくり連れていかれるでしょう。

オリヴァー投手は、引退計画を延期しました。

競技があるでしょう。また、左腕アーロン・ループ、J.A.ハップおよびリンカーン投手のうちの2人は、マイナーリーグ中のそのシーズンを開くことができました。

リンカーン投手は先発メンバーにバックアップを供給するために春季トレーニング中に伸ばされるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるラインナップ:

1番.  (SS) :  ホセ・レイエス遊撃手。

2番.  (LF) :  メルキー・カブレラ左翼手。

3番.  (RF) :  ホセ・バウティスタ右翼手。

4番.  (1B) :  エドウィン・エンカーナシオン一塁手。

5番.  (3B) :  ブレット・ローリー三塁手。

6番.  (DH) :  アダム・リンド選手。

7番.  (C) :   J.P.アレンシビア捕手。

8番.  (CF) :  コルビー・ラスムス中堅手。

9番.  (2B) :   マイサー・イズツリス二塁手。

レイエス選手が年ぶりに初めてブルージェイズに正当なトップヒッターを与えて、最初の4つの打順は、セットされたように見えます。

ジョン・ギボンズ監督は、ローリー選手が5番目の打順の場所での出場機会に相当すると思います。

残りは、チーム内の競争、欺く行為に少しになります。

左腕のピッチングを打つリンド選手の打撃能力は、彼がDHの打順の一部になるかどうか判断するでしょう。

エンカーナシオン選手は、一塁手としての地位を確立しました。

イズツリスは、ボニフィシオ選手と二塁を共有するかもしれません。この人はさらに外野で出場のアクションを見ることができました。

********************************************************************************
★  期待のトップ・ルーキー:

* 控え ; (3B): ライアン・ゴインズ選手(24歳)は残されて打つ正当なショートです。

彼の大リーグ機会は二塁にあるかもしれません。

彼は、クラスAA「ニューハンプシャー」(7本のホームラン、61打点、15の盗塁および.745.の1つのOPSで彼は打率:.289に達した)で2012年にそこに23ゲームをしました。

左腕(LHP)ショーン・ノリン投手(23歳)は、2012年に昇格を前に予想されました、メジャーに行くこと、シングルA「ダニーデン」とクラスAA「ニューハンプシャー」の間の20ゲーム(18のスタート)での防御率:2.04(ERA)を備えた10勝-0敗.

彼は、恐らく「ニューハンプシャー」で、-ブルージェイズの中のそのシーズンを開くでしょう、そこから選手に電話をかけるのをためらっていません。

********************************************************************************
■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

右腕(RHP)、 ケーシー・ヤンセン投手(2012年11月の右肩の手術)は、春季トレーニングでそれをゆっくりとっています。

「ケーシー投手はわずかに後ろにいます。しかし、心配するものは何もありません」とジョン・ギボンズ監督は言いました。

「私たちはそれをちょうど遅くとるつもりです。

彼は、今、ゲームのまわりで一時いました、また、彼が即座の開幕初日(それは私たちが心配するすべてである)である限り。

私たちは用心深いでしょう。」

大腿四頭筋腱炎からの彼の回復を支援するために、左腕(LHP)リッキー・ロメロ投手(2012年10月の関節鏡検査法の左の肘の手術)は両方の膝の上に多血小板血漿注入を受け取りました。

彼は、春季トレーニングの中で注意深く見られるでしょう。

(RF)ホセ・バウティスタ右翼手(2012年9月の左手首の手術)は、春季トレーニングの中で彼のスイング上のよい感触を初期にしていました。

右腕(RHP)カイル・ドレベック投手(2012年6月のトミー・ジョン症の手術)は、そのシーズンで遅いまで準備ができているとは予想されません。

RHPドルー・ハチソン投手(2012年8月のトミー・ジョン症の手術)は、そのシーズンで遅いまで戻るとは予想されません。

そのシーズンで遅いまで、左腕(LHP)ルイ・ペレス投手(2012年7月のトミー・ジョン症の手術)は恐らく利用可能になりません。

右腕(RHP)ダスティン・マガウアン投手(2012年8月の右肩の手術)は、春季トレーニングの中で初期に挽かれた平面から投げた後に彼の肩に痛みを持っていました。

彼は規定された余分の物休息でした。

(1B)デビッド・クーパー一塁手(痛い背中の損傷)は2月後半に医療専門家に会っていました。

彼はチームとの春季トレーニングにいませんでした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLB関連の球団別の最新情報のサイト解説では…『 ブルージェイズのブルペン陣 : フリー・エージェント選手を補充することができました。』

  * 移籍してきたラテン系の打者が鍵を握ること。

〔 フェニックス、[AZ]〈・紙/グレッグ・ジョン記者〉(MLB.com)〕、-- トロント・ブルージェイズ外野手メルキー・カブレラ選手、去った、それらがダニーデン、フロリダで大リーグ野球の春季トレーニング中に打撃練習を見るとともに、チームメイト、エドウィン・エンカーナシオン、打順の中心およびホセ・バウティスタ選手と連携する。

( NATHAN DENETTE/THE CANADIAN PRESS ) ---、 春季トレーニングでブルージェイズ・クラブハウスのドアを毎朝通り抜けることは、メジャー野球の多様性の課題かもしれません。

それは、単にブルージェイズのラテンアメリカからの登録簿上のホセバウティスタ、エドウィン・エンカーナシオン選手、他を既に含んでいたグループへのホセ・レイエス、メルキー・カブレラ、マイサー・イズツリス、およびエミリオ・ボニファーチョ選手の追加ではありません。

他の多くのラテンアメリカの選手がここにいます、ノンロスター招待された人としてのキャンプの他のもののうちのほとんど。

しかし、このラテン語の風味は、世界的なアマチュアのフリー・エージェント契約賞与の中で各クラブを1年当たり290万ドルのキャップに制限する団体交渉協約中の改訂された費やす規則のために変更へ行きますか。

カナダとプエルトリコは6月にエントリー・ドラフト指名に含まれています。したがって、それらは、今、1年間有効だった、署名するキャップによって影響を受けません。

システムに15人のカナダ人および5人のプエルトリコの生まれながらの選手がいます。

過去3年にわたって、ジェイ一家は、カリブ海の国々、地方スカウト、マルコ・パディーの下のおよび今のイスマエル・クルーズの選手への署名において非常に活動的でした。

ブルージェイズの2013年のメディア・ガイドによれば、下記は、アメリカ、カナダおよびプエルトリコの外の異なる国々の選手の数です。: 

ドミニカ共和国(49);
ベネズエラ(31);
メキシコ(3);
キューバ(3);
パナマ(2);
コロンビア(1);
ニカラグア(1)およびアルバ(1)。

ブルージェイズのトップ20の期待の選手の見通しの中で、「ベースボール・アメリカ誌」によれば、予想(メキシコのピッチャー、ロバート・オスナ投手)にランクして、3番を含むラテンアメリカのトップで5人にあります。

しかし、現行制度の下では、ブルージェイズは、17歳のメキシコ人に署名しないかもしれません。

「私たちは彼が好きだった、しかし私たちはそのシーズンに入らなかった、これが言うこと、1人の選手である、私たちが持つ必要があること、これは最良の選手である」ブルージェイズのアレックス・アンソロポウロスGMは言いました。

「私たちは評価グループのようにあまりよくありませんでした。(AGM)「誰か他の人以上に彼が好きだったので、トニー・ラカバ選手は世界の信用すべてに相当します。しかし、私たちが他の何人かの選手で負けたので、オスナ選手は遅く署名されました。私たちは彼が好きでした、私たちはいくらかの金銭を残しました、彼は有望取引でした、したがって、彼に署名しに行きましょう。私たちは、1.3(100万)ドルで彼が恐らく好きではありませんでした。しかし、私は、私たちは彼が過去の彼の姿であることは期待しなかったと思います。彼は私たちのリスト上のトップの候補選手ではありませんでした。したがって、運の要素がそこにあります。また、今、彼は私たちが考えたよりそれほどはるかによくなりました。」

利点のうちのいくらかは、積極的に地域からの若い選手に署名し、オスナ選手の場合でのように、いくらかが発展することを望んだクラブのために削除されました。

アンソロポウロスGMは、球場および等しくなっているお金を水平にしたまま、彼がどこへ行きたいか決定する選手に関してそれがなることを説明しました。

それは球団組織の人気コンテストです。
ジェイズは足が、まだその戸口の中に強い。

しかしながら、290万ドルを賢明に費やし、多くの場合(幸運なというより)正確でなければなりません。

「それは旧システムが私たちの利益にあった場所です」とアンソロポウロスGMが言いました。

「さて、私たちはオスナ選手のように選手に特別勘定しなければならなかったでしょう。私たちはそれをしませんでした。

(私たちはそうしなければならなかったでしょう)彼がナイスガイであると言う、彼はガイです、また私たちが評価権を得ることを確かめます。

それはそれに関する困難な部分です。」

一方、ジェイズの構成はラテン語の打つことに振動しています。また、構成員の方がそれにはよい。

【 カナダのブルージェイズ 】

ジェイズは、球団構成で15人のカナダ出身の選手を持っています。

ここに、データがあります、誰で、それらはそうです、また、それらが次のものからである場合

- ジャスティン・アトキンソン選手 [19歳、控え(INF)、「サリー球団」、BC所有]
- ザカリア・ブリュルト選手 [24歳、右腕(RHP)、「アムヘルベルグ」、所属ON]
- エリック・ブラウン投手(24)、右腕(RHP)、「サンダーベイ」、所属ON
- マイケル、大胆に、(22歳)、「ポートムーディー」、BC
- シェーン・ドーソン投手、19歳、RHP、
- ドレートン・ヴァリー、AB
- ネーサン・ディソウザ外野手、18歳、(OF)、「ミルトン」、所属ON
- マルコス・クネヒト選手(22歳)、トロント
- ブレット・ローリー三塁手(23歳)、(3B)、「ラングレー」、BC
- アダム・ローエン、(28歳)、「バンクーバー」、BC
- トリスタン・マグヌスン投手(27歳)、右腕(RHP)、「バンクーバー」、BC
- マイク・ニケアス捕手、(30歳)、(C)、「バンクーバー」、BC
- ドルトン・ポンペイウス外野手(20歳)、(OF)、「ミシソーガ」、ON
- ニコラス・パーディ投手(23歳)、(RHP)、「グラフトン」、ON
- トマス・ロブソン投手、(19歳)、(RHP)、「ネルソン」、BC所属
- ショーン・バレリオット選手、23、(INF)、「グエルフ」、所属ON

(2013年3月05日午後3:25 ET)。…以下省略…。

● 「 The Bullpen: Free agent cap could hit Blue Jays’ Latin recruiting 」

  ※  http://thestar.blogs.com/baseball/2013/03/the-bullpen-free-agent-cap-could-hit-blue-jays-latin-recruiting.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------|
コメント

MLB関連の全米の公式HPの本日の噂話〔3月05日、2013〕; 第2稿 《訂正&加筆》

2013-03-05 14:39:56 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  【 [ タンパ〔FL〕、(・球場)]、--- 2013年2月13日(水); - 資料写真は〈'13年0月0日曜日〉 :  … ニューヨーク・ヤンキースの日本人の黒田博樹投手(#18)〈左端〉は、マリアーノ・リベラ、フィル・ヒューズおよびアンディー・ペティット投手から、メジャー野球の春季トレーニングの練習中に笑って、リラックスしています。】
**********************************************************************************************
《 2013年.春季オープン戦の成績 -- (過去3シーズン); 黒田博樹投手: チーム名.[NYY]./、G.(1試合)./、勝利.(1敗)./、防御率:5.40./、1回2/3./、3被安打./、4失点./、1自責点./、被本塁打./、1与四死球./、2奪取三振./、AVG.(敬遠の四球)./、SO.(三振)./、SB.(盗塁)./、CS.(盗塁死)./、AVG.(打率:.333)./、WHIP.(出塁率)[2.40]./、GO/AO.(ゴロ・フライ比率)[4.00] 》
**********************************************************************************************  
  ※ 《 試合内容と会見の模様は、球団HPで、: http://newyork.yankees.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_nyy_vid&c_id=nyy 》
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※ 「  MLB.com の ニューヨーク・ヤンキースのツイッター 公式サイト 」; https://twitter.com/Yankees

  ※ 「   〃   の ヤンキースのフェイスブック  」; https://www.facebook.com/Yankees 

  ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+yankees?prsrc=1#+yankees/posts?prsrc=1

  ※ 「   〃   ヤンキース 公式ファンクラブ 」; http://newyork.yankees.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=nyy

    * 黒田博樹投手の全成績: http://newyork.yankees.mlb.com/team/player.jsp?player_id=493133#gameType='S'§ionType=career&statType=2&season=2013&level='ALL'

  ※ 「   〃     〃   公式モバイル・サイト 」; http://newyork.yankees.mlb.com/mobile/?c_id=nyy 《 登録が必要 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「 地元紙のMLB関連のスポーツ欄 」 ; 

 ※  http://global.christianpost.com/news/ichiro-in-crash-yankees-outfielder-involved-in-accident-not-injured-91141/  見出しは、『 自動車事故に巻き込まれたイチロー選手 : アクシデント(負傷しない)に関与するヤンキース外野手。』[ブリトニー R.・ビラルバ記者/ニューヨーク・ポスト紙]《 〈タンパ、(FL)〉--、報告書によれば、ヤンキースの鈴木一朗外野手は、無傷でしたが、土曜日に自動車事故に関係していました。彼のランドローバーが、デール・マブリー:ハイウェー上で彼の前の自動車にぶつかった時、イチロー選手はヤンキースとデトロイト・タイガース戦の試合前でした。申し立てによると、イチロー選手は、左に曲がることを試みる女性のドライバーによって遮断された後に彼の前の自動車に当たりました。イチロー選手は日曜日にジョージM.スタインブレナー・フィールド球場で練習に参加し、その日の試合後に内科医の診察を受ける予定でした。「私は、彼が火曜日にプレーすることができるだろうという仮定の下にいます」と、ジョー・ジラルディー監督がMLB広報によって言いました。》

 ※  http://newyork.yankees.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130303&content_id=42219168&vkey=news_nyy&c_id=nyy  見出しは、『 イチロー選手、自動車事故に巻き込まれるが、無傷。』[ブライアン・ホック記者/MLB.com]《 〈タンパ、(FL)〉--、鈴木一朗外野手は、彼のスポーツ乗用車が土曜の午後に3台の自動車事故に巻き込まれたが、負傷を回避したために、「非常に感謝する」と言いました。事故が、ジョージM.スタインブレナー・フィールドから約3マイル手前で、起こりました。》 
**********************************************************************************************
    * 《ESPNの分析》;http://espn.go.com/mlb/player/_/id/4570/ichiro-suzuki  見出しは「 ESPNファンタジー:大リーグ予測。」[・記者/・紙]《〈、(AL)〉--、MLBの老舗ブランドのヤンキースは、鈴木一朗外野手のような選手に頼らざるを得ない危険な状態です...また、イチロー選手は二年間もヤンキースの一員です。昨年の7月の獲得に続く、67ゲームで、彼の打率:.322を記録しました。そして、寛大な契約で1300万ドルの取り引きをし、球団所有者は必ずしも、この先例に従うものではありませんでした。多くの見方でイチロー選手を球団が必要としたからです。; 彼は、大リーグで成績を残して、メジャーリーグの打者のトップの評価をされています。また、理由の多くは、打順でトップと三番打者のオーダーのラインナップ・ステータスです。彼はよく2013年に再びそれをするかもしれません。さて、ヤンキースタジアムは、二桁のホームランが必要なパワーヒッターを望んでいますが、彼の力でわずかに押し上げました、そしてイチロー選手の39歳での1ステップ遅い加入でも、まだ30個もの盗塁をすることができること、ロッティセリ・リーグ値がここにあります。彼は、打率ではなく出塁率を高めるリーグで恐ろしく過大評価されます。また、彼は、私たちが経歴でめったに以前に見ていない打率/盗塁の下降を予測しています。》


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  大リーグの本日の気になる噂と話題;  MLB関連の記事の拾い読み  3月05日、2013

★ 全米の大リーグ関連の本日の最新記事の抜粋と項目を下記に列挙いたします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 『 MLB - Baseball ( Truth & Rumors )の気になる最新ニュース  』

★ 『 ライアン球団社長を解雇する準備ができているレンジャーズ!? 』

    《 〔 、(州)/ランディー・ギャロウェイ記者〕、-- 先発カイル・ロース投手がローティーションへ入ることができることを日曜報告書は示唆しましたが、入団はレンジャーズの世界の中でより大きなヘッドラインを作るかもしれません。アーリントンで力の変更です。また、すべてのこの中の損失者? ノーラン・ライアン氏。 レンジャーズの球団所有者は、今、多数のファンを備えたローカルのPR災害の端にいます。ボブ・シンプソン氏が状況が特にチームからのライアン氏の可能な退場に関して展開したように、上記のものがすべてである日曜を上に否定した以外は、それが意外に早く起こる場合、発言権を部品外注する退場が来ます。恐らく春季トレーニングの終了までに類似です。これまでのところ、しかしながら、ライアン氏は、球団を去ることを、彼が計画していることを確認していません。彼は日曜日に通話を返していませんでした。》 …以下省略…

-「 スター・テレグラム紙 」-  (2013年03月3日午前00:00 ET)

  ※  http://www.star-telegram.com/2013/03/03/4657206/nolan-ryan-could-leave-rangers.html

**********************************************************************************************
★  『 セントルイスの別の医学のミステリー…。 』

    《 〔 、(州)/バーニー・ミクラスツ記者〕--、この日、58歳のオジー・スミス氏さえ相当なオプションのように見えます。カーディナルスはショートの混乱です。2013年のレギュラー・シーズン第一戦の前に行く一か月で、重大な位置は、ラファエル・ファーカル選手の被害を受けた右肘中の靭帯よりもっともつれます。ラフェル・ファーカル選手のことは、苦痛と苦痛をとどまるために、あることがシャット・ダウンしたということです。本当? そしてどのように、できる、ファーカル選手、彼はプレーする準備ができていなかった場合シャット・ダウンされる? これはすべて非常に混乱させます。...クリス・カーペンター投手の肘は素晴らしかった。ランス・バークマン選手の膝は素晴らしかった。ジョン・ジェイ投手の肩は素晴らしかった。マット・ホリデー選手の背中は素晴らしかった。...カーディナルスは、これが靭帯に関係していないとあなたに伝えるでしょう。それは靭帯の近くの骨棘です。何でも。ファーカル選手は、プレーすることができません。また、これは滑稽です。》 …以下省略…

-「 セントルイス・ポストディスパッチ紙 」- (2013年03月04日午前08:13 ET)

  ※  http://www.stltoday.com/sports/columns/bernie-miklasz/bernie-miklasz-another-medical-mystery-for-cards/article_3081d97e-4513-55bf-ac30-a9c2de9cbd4a.html 

**********************************************************************************************
★  『 オルティス選手のための赤旗。 』

    《 フォートマイヤーズ〔ピーター・アブラハム記者、(FL)〕--、デビッド・オルティス選手が、開幕初日には利用可能かどうかと思っているかもしれない人はいますが、マネージャー、ジョン・ファレル監督はそこにまだいません。レッドソックスは、まだ彼らの指名打者は準備ができるだろうと思います。しかし、ソックスは、春季トレーニング中の10ゲームをしました。また、オルティス選手はまだ競技場に乗りませんでした。彼は日曜日に走塁ドリル練習を経験する予定だったがしませんでした、正しいアキレス腱中の不快のために。検査試案は月曜日に再び試みです。「それらは、痛みのちょうど少量およびそれらがそれから支持したと思った打点へ彼が行った時に決定しました」とファレル監督が言いました。レッドソックスが理想的にゲームに入る前にオルティス選手がベースを連続2日実行することを望むだろうとファレル監督は言いました。》 …以下省略…

-「 ボストン・グローブ紙 」- (2013年03月04日午前08:12 ET)

  ※  http://www.boston.com/sports/baseball/redsox/extras/extra_bases/2013/03/a_red_flag_for_1.html

**********************************************************************************************
★  『 マドソン投手はこの春、プレーしないかもしれません!? 』

    《 〔 、(州)〕--、ライアン・マドソン投手は楽観的なままです。しかし、カレンダーは彼の側にありません。エンジェルスのリリーフ投手は、彼がトミー・ジョン手術からの更生施設の角を曲がり始めていると日曜日に言いました。しかし、彼が記述した残りのステップは、エンジェルスがアリゾナを去る前に、彼がすべてで投げるべき時間を残さないかもしれません。マドソン投手は、来週の初めにマウンド上にいるのを彼が望んでいると言いました。2月1日の後退以来マウンド上にいないので、4度目のブルペン・セッション投球だけの後、彼はゲームで投げる前に、8つのブルペン・セッションを必要とするだろうと推測しました。8つのブルペン・セッションが、後退なしで、約3週間かかるでしょう。エンジェルスは初日までちょうど4週間を過ごします。》 …以下省略…

-「 オレンジ・カウンティー・レジスター紙 」- (2013年03月04日午前08:10 ET)

  ※  http://www.ocregister.com/sports/angels-498084-ducks-frieri.html

**********************************************************************************************
★  『 メッツに満足していない苛立たせられたサンタナ投手。』

    《 〔 、(州)〕--、テリー・コリンズ監督の状況の公の評価を必要とせずに、見物人は、それについて説明しようとするのを支援しました。ある日サンディー・オールダーソン氏によって初めに示唆された予定表の10日前に彼が投げたブルペン・セッションが行ったように、ジョアン・サンタナ投手の日曜の朝の短いレスポンスは彼のムードに関する強いヒントを提供しました。また、サンタナが書類を読むことをどのように手探りで捜したかについての何らかの長引く疑いがあった場合、彼のマネージャーは明確にしました。「彼はそうです[かちかち音を立てた]から。」[コリンズ監督]は言いました。「彼には、ある権利が十分あります。」なぜサンタナ投手の混乱は起きたのか。また、なぜ彼は投げるプログラムを加速しましたか。それは土曜の午後に始まりました。このときオールダーソン氏は、サンタナ投手が、彼が春期トレーニングに報告した時形を投げる際にいないと言いました。...[ブルペン・セッションに続く]、サンタナ投手は、質問に答えることを断わったが、それらが「春季トレーニング」を綴ることができた場合、マスメディアのメンバーに尋ねました。》 …以下省略…

-「 ニューヨーク・デイリー・ニュース紙 」-  (2013年03月25日午前08:15 .04 ET午前07:10 ET)

  ※  http://www.nydailynews.com/sports/baseball/mets/irked-johan-pitches-fit-mets-article-1.1278569

**********************************************************************************************
★  『 なぜ、ナショナルリーグはすぐにDHを採用しなければならないかもしれませんか。』

    《 ハードボール誌〔ジョエル・シャルマン氏、(AP)〕--、今年は、指名打者の40周年記念を迎えます。しかし、祝賀を開催してください。異なる規則の下でプレーする2つのリーグを持っていることが今ほど問題ではなかったので。それはそのような程度にあります、ベテランのゼネラルマネジャーが言ったそれ、「リーグが1セット未満の規則をプレーすることを強いられるまで、それは単に時間の問題です、そして、それに面しましょう、DHは去っていません、その結果誰でも使用するものになるだろう。」主な問題にここでわずかにしてください。:
1.
より多くのチームがこれまでより大金を費やすことができます。しかし、NLクラブは、フィールダー・プリンス選手(9年、タイガースとの2億1400万ドル)のような巨大な取り引き交渉の種類に符号位置選手(特に角選手)にとって不利にあります。また、アルバート・プホールズ選手(10年、エンジェルスとの2億4000万ドル)はリーグを切り替えるために行いました。それらがもはや有能にフィールドをプレーすることができなくても、NLチームは、ある値を保持するためにそのような選手のための柔軟なDHの上陸スポットを持っていません。
2.
したがって、オールスターの休みの前に2個のクラスタに15~18試合のリーグ間出場試合を持っている代わりに、リーグ間ゲームは1番目からそのシーズンの最後の日まで点在するでしょう。したがって、ALクラブはそれぞれ、ちょうど2度ではなく異なる間隔で外国の(ヒット・エンド・ラン、ベース)ものをするそのピッチャーを準備する方法を決定しなければならないでしょう、すべての年。》 …以下省略…

-「 ニューヨーク・ポスト紙 」-  (2013年03月03日午前09:19 ET)

  ※  http://www.nypost.com/p/sports/more_sports/schedule_issues_dictate_nl_should_pQ9djb1giv92ZQ9kFL9keM

**********************************************************************************************
★  『 フロリダ・キャンプで最も印象的な若い打者? 』

  *  レッドソックスのセンターは、確信と楽観論をもって極めて重要なシーズンに近づきます。

    《 〔 、(ゴードン・イーデス記者/(AP)〕--、レッドソックス・センター、ジャッキー・ブラッドリーJr.選手は、フロリダで最も印象的な若い打者でした。彼が仕事への方法を押せば、それはベン・チェリントンGMがジャコービィ・エルズベリー選手を配置することを可能にするでしょう。この人は確実に今シーズンの後にフリー・エージェントとして去るように見えます。》 …以下省略…

-「 ESPN・ボストン 」-  (2013年03月04日午前08:19 ET)

  ※ http://espn.go.com/boston/mlb/story/_/id/9015727/red-sox-center-fielder-jacoby-ellsbury-holds-future-hands

**********************************************************************************************
★  『 メッツは、形外ジョアン・サンタナ投手と妨げました。 』

    《 〔 ポートセント・ルーシー、(FL)〈アンディー・マルティーノ記者〉〕--、メッツは、登板予定(シーズンオフ不活発の結果)で投げることから、先月、春季トレーニングにジョアン・サンタナ投手が報告したことが「自明です」と信じます。土曜日に尋ねられた、まさにその質問(サンタナ投手を行った、形を投げることからポートセントルーシーに着く)ゼネラルマネジャー、サンディー・オールダーソンGMは、デイリーニュース紙に伝えた、「それは言うのに公平である、私たちがキャンプで見たものに基づいた。」それはショッキングなステートメントではありません。; サンタナ投手が投げていなければ、彼が形を投げる際にどうしてもいることができないことになります。しかし、それは、本質的な選手が元なかったチームのフラストレーションおよび驚きを強調します、グレープフルーツ・リーグ・シーズンの初めに投げる準備ができている、また初日には疑わしい。》 …以下省略…

-「 ニューヨーク・デイリー・ニュース紙 」-  (2013年03月03日午前10:28 ET)

  ※  http://www.nydailynews.com/sports/baseball/mets/mets-frustrated-out-of-shape-santana-article-1.1277872

**********************************************************************************************
★  『 ジム・トーミ選手は再統一することができました、ツインズと。』

    《 〔 、(州)〈フィル・ロジャース記者〕--、将来の殿堂入りした人ジム・トーミ選手は、ツインズと再結合に向かって進むことができました。彼らは彼が過去5シーズン、プレイオフに支援した4つのチームのうちの1つです。42歳で、彼はプレーし続ける必要がありませんが、そのゲームが好きで、インディアンズが、彼がプレーした2つを失ったので、ワールド・シリーズに戻るために燃えます。》 …以下省略…

-「 シカゴ・トリビューン紙 」-  (2013年03月03日午前09:02 ET)

  ※  http://www.chicagotribune.com/sports/baseball/whitesox/ct-spt-0303-whispers-rogers-baseball--20130303,0,2197909.story

**********************************************************************************************
★  『 マイク・ハーグローブ氏は再び指揮管理したい。 』

    《 〔 グッドイヤー、(AZ)〈ダニー・クロブラー記者〕--、マイク・ハーグローブ氏は、誰かの緩んだ監督歴で、前のプレーヤーおよびマネージャーとしての彼の役割に満足しているようにしておきます。彼をただ引退したマネージャーと呼ばないでください。「うまくいけば、私は別の発射を得よう」、ハーグローブ氏は土曜日に言いました(春季トレーニングの中でインディアンズを援助する2週間制限への2、3日)。ハーグローブ氏は63歳です。それは5人の現在の大リーグ・マネージャーより若く彼をします。しかし、彼がシーズン半ば 2007年にマリナーズを去ってから、5・1/2年がたちました。また、ハーグローブ氏は再び指揮管理しさえしたくないと思うのは簡単です。ブルージェイズがジョン・ギボンズ氏を戻すことに決める前に、ハーグローブ氏がブルージェイズの仕事のためにこの前の冬をインタビューしたことを忘れるのは簡単です。「私はそれに興奮しました」とハーグローブ氏が言いました。今のところ、ハーグローブ氏は、監督としてインディアンズ、選手としての7年の間の彼のチームおよびさらに9年間に興奮します。彼は、この春チームのまわりの完全に異なる感じを感じたと言いました。また、彼はそれを新しいテリー・フランコーナ監督によるものとします。》 …以下省略…

-「 CBS スポーツ 」-  (2013年03月03日午前08:45 ET)

  ※ http://www.cbssports.com/mlb/blog/danny-knobler/21798810/hargrove-relaxed-not-retired-would-like-to-manage-again

**********************************************************************************************
★  『 ホセ・バルベルデ投手を返すこと? 』

    《 〔 、(州)〕--、タイガース監督ジム・リーランドは、彼がホセバルベルデ投手がサインされずに衝撃を受けたと最近言いました。投手のスポット枠を見つけることができないにもかかわらず、彼は目先中のタイガースに戻ることができましたか!? 》 …以下省略…

-「 モーター・シティー・ベンガルズ誌 」-  (2013年03月02日午後02:56 ET)

  ※  http://motorcitybengals.com/2013/03/02/could-jose-valverde-return/

**********************************************************************************************
★  『 ジョン・ダニエル氏の新スタッフに先発カイル・ロース投手をレンジャーズに連れて来るでしょうか!?』

    《 〔 、(州)〕--、所有権の獲得がカイル・ロース投手までずっと滴ることができる金曜日に動きを作ったレンジャーズ。球団所有者はジョン・ダニエル氏のタイトルの強化により2日間の会を終えました。彼は今季の大リーグ野球オペレーション/ゼネラルマネジャーの球団社長です。その球団所有権は、ダニエル氏の職務記述表への大統領が伝えていると付け加えました。その動きはダニエル氏の成長、および彼が組み立てた顕著なリーダーシップ・グループを認識します。これは今年のクラブのために何を意味しますか。多量。ダニエル氏は、給料支払簿中の衝突で解決することを所有権が支援することができる登録簿問題を持っています。カイル・ロース投手(右腕)はレンジャーズのローテーションおよびブルペン陣を改善するでしょう。それがとるのは金銭だけです。また、所有権がダニエル氏にそれが見えるのと同じくらい高度に考える場合、これは、彼がその好意でもうけて、かつより大きな給料支払簿を要求するのによい時間です。》 …以下省略…

-「 ダラス・モーニング・ニュース紙 」-  (2013年03月02日午後12:21午前09:45 ET)

  ※  http://www.dallasnews.com/sports/texas-rangers/headlines/20130301-fraley-rangers-adding-president-to-gm-jon-daniels-title-could-increase-chances-of-team-signing-kyle-lohse.ece

**********************************************************************************************
★  『 スコット・カズミア投手はインディアンズに復帰を印象づけています。』

    《 〔 グッドイヤー、(AZ)〈〕--、最近では2年前、絶対にスコットカズミア投手に付けられたどの支払いもありませんでした。その防御率(ERA)は、エンジェルスのマイナー・リーグ・システムで「ソルトレーク」のために投げる間に17.02に上昇しました。エンジェルスは移籍市場はいうまでもなく、彼を投げることができませんでした、彼。それらは彼の契約上で1450万ドルを残したまま、カズミア投手を解雇リリースして、損失だけを削減することができました。カズミア投手は、傷を荒らすことにより彼の速球なしでは登板できませんでした。彼はゆっくり速度と感触を失いました、のために、かなり、他のものすべて、バッターを得ることをまだ試みている間。彼の変化球を投げることができませんでした。誰も、彼がどのようにそれを失ったか確実には言うことができません。同様に、彼が置き違えたものを見つけたことを示唆することは時期尚早です。彼の2イニングは、ホワイトソックス金曜日に対してボールがカズミア投手の手からどれくらい容易に出て来るかについて、彼がいつ話すかに関して、どんなフランコーナ監督が荒れ狂うかの例でした。彼は1つのセットポジション中の列の中で3人を三振にとり、2つのゴロ・アウトで出場を仕上げました。スカウトは球速90-92マイルで彼を計測しました。それは容易な92です。フランコーナ監督、この人はカズミア投手を呼ぶ「面白い、実際、面白い。」左腕投手の二度ののカクタス・リーグでの成績の後に彼の見解を変更する理由が分かりませんでした。なぜ特に左バッターに打たれ、彼が最良の状態で投げていた時その日を降板することを気にかけないのか分かりました。》 …以下省略…

-「 クリーブランド・プレーン・ディーラー紙 」-  (2013年03月02日午前10:35 ET)

  ※ http://www.cleveland.com/budshaw/index.ssf/2013/03/cleveland_indians_scott_kazmir.html

**********************************************************************************************
★  『 ミッキー・マントル氏の伝記は、ブロードウェーへ来ます。』

    《 〔 、(州)〕--、1969年3月1日に、ミッキー・マントルは、野球からの彼の引退を発表しました。今日ちょうど44年後に、ダニーおよびデービッド・マントル氏は、ニューヨークにそれらの父親のリターンを発表することを誇りにしています。今回プレーする代わりに、異議を唱える、の中で、ブロンクス、彼はブロードウェー上にいるでしょう。ダニーおよびデービッド・マントル氏は、その人を連れて来るために受賞作家/プロデューサーとデービッド・リーフ氏(「夜ジェームズ・ブラウンはボストンをセーブした」、「米国対ジョン・レノン」そして「美しい空想家」:SMILEのブライアン・ウィルソン&物語)を組にしました、彼らは、ステージに「お父さん」を呼ぶことを誇りにしています。搭乗中のリーフで、それらのブロードウェー計画が発展するとともに、グループは次に潜在的なクリエイティブ・チーム・メンバーに会うでしょう。》 …以下省略…

-「 Broadwayworld.com 」-  (2013年03月02日午前08:46)

  ※  http://broadwayworld.com/article/BWW-Exclusive-Mickey-Mantle-Bound-for-Broadway-in-New-Show-20130301

**********************************************************************************************
★  『 アルバート・プホールズ選手 : 私はシーズン開幕戦の準備ができるでしょう。』

    《 〔 、(AP)〕--、彼が右の膝の上に手術から回復するとともに、アルバート・プホールズ選手の春季トレーニング・ルーチンはあまり2・1/2週以上を変更していません。彼は踏み車の上で彼とジョギングで打たれたゴロを守備して、打撃練習をしています。彼はベースを実行しておらず、オープン戦でプレーすることから少なくとも2週間遠ざかって現われます。しかし、プホール(33)は、彼がシンシナティでの4月1日のシーズン開幕戦の準備ができるだろうと金曜日に言いました。彼がどれだけのスプリング・ゲームを必要とするか尋ねられて、プホールズ選手は「1つ。とも言いませんでした。私の体がよい手触りがする限り、私は行く準備ができています。」彼は真剣でした。「私は大リーグで8,000打数を持っています」とプホールズ選手が言いました。「私は、多量を持っていると思います。」プホールズ選手のコメントのことを伝えられた時、マイク・ソーシア監督はほくそえみました。「彼は恐らく少しからかい半分です。しかし、彼は、何人かの選手が必要とする60打数まで40~50打席を必要としないでしょう」とソーシア監督が言いました。「彼は、ロックされようとするためにある速度を見る必要があります、そしての中で、また彼のバランスを得る...。しかし、彼が3月の中頃によってプレーしている限り、彼は準備ができるだろうという疑問はありません。」。》 …以下省略…

-「 ロサンジェルスタイムズ紙 」-  (2013年03年02日午前09:11 ET)

  ※  http://www.latimes.com/sports/baseball/mlb/angels/la-sp-0302-angels-20130302,0,7695218.story

**********************************************************************************************
★  『 シカゴの有名人はカブスに7回セットポジションを歌います。』

    《 〔 グッドイヤー(AZ)/ バド・ショー記者〕--、シカゴは、伝統にすべて関係しています。また、シカゴ・カブスに関連したものすべてより根強い伝統はほとんどありません。しかし、カブスがもはや7回セットポジションを歌うことは有名人に依頼しないので、ボールクラブはそれが長年の伝統にあるシカゴの誇りを戻すことができることを望んで論争の的になっているように移動しています。得る前に、さて、転覆する、カブスは、7回セットポジションを歌うのを、それらが有名人に禁止させていないことを明らかにしました、それらはそれをするためにちょうどシカゴからでなければなりません。したがって、これがビンス・ボーンを意味し、世界のゲーリー・シニーズが今までどおり野球の国歌を大声で歌うことができる一方、私たちは別のクラシック・オジー・オズボーンの瞬間を得ないでしょう。カブスのゲーム・プログラミングで、ジムオボイコビッチ監督は、過去数年が7回セットポジションが少しコントロールできなくなるのを見たと言いました、誰の点から、クラブは、歌うことを可能にしています。彼は、シカゴの有名人への焦点が伝統を返すとAP通信社に伝えました、に、それは正直なシカゴOBです。》 …以下省略…

-「 ファン・サイド(Fansided) 」- (2013年03月01日午後06:56 ET)

  ※ http://fansided.com/2013/03/01/chicago-cubs-no-longer-inviting-celebrities-to-sing-seventh-inning-stretch/

* 【ESPNの分析-藤川球児投手】; http://espn.go.com/mlb/player/_/id/32583/kyuji-fujikawa 《◎ニュース : 藤川投手は紅白戦での1イニングを投げて、金曜日にカブ・デビューをしました。「私は、彼がそれの方がよかったとあなたに伝えるだろうと確信します」とデール・セビューム監督が言いました。(2月23日土曜日)

◎スピン : 藤川投手、誰が4人のうちの1人の打者を歩かせたかは乱打します、彼は対しました、今年クローザー、カルロス・マルモル投手をセット・アップにするべきである、しかし、マルモル投手が彼の通常の荒い登板を通り抜ける時、彼は恐らくセーブのために並んで1位でしょう。

◎ESPNファンタジー : 現職のクローザー、カルロス・マルモル投手のために抑えとして日本からサーブする為に引き入れられて、藤川投手は、マルモル投手がしない多くの技術を示します。コントロールは恐らく最も重要なものです。: 藤川投手は、マルモル投手(彼の7年の大リーグ経歴中の)が1つの四死球数の当たり、9および1.94 K当たり11.73 Kを平均している一方、平均16セーブとなっている間、1年当たり平均34セーブとなって、日本で彼の6年の経歴中に1つの四球当たり、平均12.42の奪取率および5.43 Kとなりました。チームは春季トレーニングの始めで集中しています、そのシーズンを始めるためにマルモル投手の出場を持つことだった、しかし、マルモル投手の過去の空想の所有者は、迅速に彼の荒いスポット(特にカブスがよりクローザーの役割から彼を従って降格した時)をあなたに思い出させるでしょう。これらはより大きな混合リーグの中の手錠考察を保証するピッチャーです。また、藤川投手より多くの魅力的な時を得たセーブ候補はいません。危険がある場合、それは、彼が米国のゲームに適合する時間を必要とするかもしれないということです。したがって、あなたがセーブの見通しを待っている間、彼は投手成績(ERA/WHIP)においてあまり有用ではないかもしれません。》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《 今季のメジャーの成績の鍵を握っているのは…各球団の新戦力と新GM&監督!? 》


  * 2013年3月17-19日、「 ワールド・ベースボール・クラシック(チャンピオンシップ・ラウンド)」、[決勝戦 - サンフランシスコ(カリフォルニア)(AT&Tの球場公園)]

  * 2013年3月31日、「 開幕日の前夜 : アストロズ、対レンジャーズ〔TBD〕」(午後8:10 ET)、ESPN。[現行の選手登録簿は25人枠まで整えました]

* 2013年04月01日(月)、 「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの開幕 」

   + AL : レッドソックス(投手、00勝-00敗)、午後1:05(ET)のヤンキース(投手、00勝-00敗)〔TBD〕。

   + NL : パイレーツ(投手、00勝-00敗)、午後1:35(ET)のカブス(投手、00勝-00敗)〔TBD〕。

  * 2013年04月02日(火)、 「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの開幕・第二戦 」

   + AL : インディアンズ(投手、00勝-00敗)、午後7:07(ET)のブルージェイズ(投手、00勝-00敗)〔TBD〕。

   + AL : レンジャーズ(投手、00勝-00敗)、のアストロズ(投手、00勝-00敗)。

  * 6月6-8日、「 1年目の選手・ドラフト会議」

  * 7月12-16日、「 大リーグ・ベースボール・オールスター・ファンフェスタ。(ジャビッツ・センター)」

  * 7月14日、「 SiriusXM・オールスター戦およびタコベル・オールスター伝説対有名人ソフトボール・ゲームを特色とするCitiフィールドでのタコベル・オールスター前哨戦(日曜)」

  * 7月15日、「 ホームラン・ダービーを特色とするCitiフィールドのオールスターの練習日」

  * 2013年7月16日、「 Citiフィールドの84回目のMLBオールスターゲーム」

  * 2013年9月29日、「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの終了 」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 「公式戦の序盤の動向」と各球団の注目点 ; 若手&ベテラン選手の契約交渉の見方


   ◆ 『  最新MLBニュースのファインダー  』


 ▲  「 情報の出所 : レンジャーズは、リック・ポーセロ投手に注目します。」


〔 〈州〉、(・ 記者 / ESPNダラス) 〕--、《 ローテーションのための5番先発メンバーを決定しようとまだするテキサス・レンジャーズは、月曜日にデトロイト・タイガース右腕リック・ポーセロ投手に関して質問した、と情報筋がESPN NewYork.comのアダム・ルービンに伝えました。 …以下省略… 》

  ※ http://espn.go.com/dallas/mlb/story/_/id/9016621/texas-rangers-inquire-detroit-tigers-rick-porcello-source-says


 ▲  「 ブリュワーズ(ハラング投手に注目するオリオールズ)。」


〔 〈州〉、(ベン・ニコルソン=スミス記者 / MLB噂) 〕--、《 ブリュワーズとオリオールズのスカウトは、アーロン・ハラング投手が今日、マイナー・リーグ・ゲームで投げるのを見ました、MLB.comの報告書のケン・ガーニック氏。…以下省略… 》

  ※ http://www.mlbtraderumors.com/2013/03/brewers-orioles-eyeing-harang.html


 ▲  「 バーネット投手は、パイレーツの敗戦に2失点で歩かせます。」


〔 ブレーデントン〈FL〉、(・記者 / AP通信社)〕---、《 - 彼の投球数の計算として彼のコントロールと戦って、月曜日にフィラデルフィア・フィリーズに対して単に1回1/3イニングを可能にされたA.J.バーネット投手は、51球の投球数に這い上がりました。…以下省略… 》

  ※ http://www.nytimes.com/aponline/2013/03/04/sports/baseball/ap-bbo-phillies-pirates.html?pagewanted=all&_r=0


 ▲  「 ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは、軍隊の金色のナイトとスカイダイビング・スタント中に折れた脚および混乱した足首の負傷を受けます。」


〔 ホームスティッド・空軍基地, 〈FL〉 (ジョン・ハーパー記者 / ニューヨーク・ディリーニュース紙)〕---、《 「私は、足首中のポップを聞きました。」- キャッシュマンGMは、獲得の後に飛行機からの彼の2番目の跳躍と言いました。ヤンキースGMは、彼が右の足首の手術を必要とするだろうということをデイリーニュース紙に確認しました。 …以下省略… 》
 
  ※ http://www.nydailynews.com/sports/baseball/yankees/cashman-sky-diving-article-1.1278790


 ▲  「 オリオールズ、ブリュワーズのスカウトを見ることを備えたハラング投手のピッチング。」

〔 グレンデール〈AZ〉、(ケン・ガーニック記者 / MLB.com )〕---、《 ドジャーズのピッチングの余剰で、ベテランの右腕投手は有望なトレード部分として出現します。ブリュワーズのスカウトおよびオリオールズを見ることで、ドジャーズ先発メンバー・アーロン・ハラング投手は、月曜日にマイナー・リーグ・ゲームでマイナーリーグで無得点の3イニングを投げつけました。2013年の保証された契約を持った8人のドジャーズの先発投手のうちの1人として、ハラング投手は、彼が行った固定メンバーで'12シーズンにもかかわらず、今年、仕事のために戦う位置にそれにもかかわらずあります、防御率:3.61(ERA)および179回2/3イニングを備えた10勝-10敗。…以下省略… 》

  ※ http://losangeles.dodgers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130304&content_id=42252656¬ebook_id=42252674&vkey=notebook_la&c_id=la


 ▲  「 マイク・ピアッツァ氏は、メッツの栄誉の殿堂で「ロング・ショット」を運に任せてやってみます? 」

〔 ポートセント・ルーシー〈FL〉、(デービッド・レノン記者 / ニューズディー紙)〕---、《 ジョン・バックが伝統フィールドで土曜のゲームの後にユニフォームから、および運動着へ変わった時、彼は胸を横切って31番を備えた青いTシャツを着ました。円紋章は、ピンストライプの背景で、メッツにマイク・ピアッツァ氏の背番号を退かせてもらうために運動の一部としてファンに運営された企業によって設計されました。…以下省略… 》

  ※ http://mobile.newsday.com/inf/infomo?site=newsday&view=mets_item&feed:a=newsday_5min&feed:c=mets&feed:i=1.4744940&nopaging=1


 ▲  「 キューバ代表チームは、ほとんど空席の球場で12対-0で中国代表に勝ちます。」

〔 福岡〈日本〉、(ベン・バドラー記者 / ベースボール・アメリカ誌)〕---、《 国際的な「ワールド・ベースボール・クラシック」大会は、ほとんど空のスタジアム、それには図書館のエネルギーがあった、キューバは中国を打ちのめした、12-0、ワールド・ベースボール・クラシックの第一ラウンドのうちの2-0まで改善する7回表の後のマーシールールの起動。ゲームの公式入場者数は3,123人でリストアップされました。(2013年3月4日午前7:52)。…以下省略… 》

  ※ http://www.baseballamerica.com/blog/prospects/2013/03/cuba-beats-china-12-0-in-nearly-empty-stadium/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLB関連の球団別の最新情報のサイト解説では…『 ビデオ・インタビュー; シカゴ・カブスのデール・セビューム監督が語る、カブスの先発陣の選手層。」

〔 〈州〉、(・記者 / シカゴ・トリビューン紙)〕---、減少する先発投手陣の選手層を推察する、および他の春季キャンプの上のシカゴ・カブスのデール・セビューム監督。 …以下省略…

(2013年3月04日午後12:55 CST)。

 ●  「 Video: Sveum on starting pitching depth 」

  ※  http://www.chicagotribune.com/sports/baseball/cubs/chi-video-sveum-20130304,0,6044335.story

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 さらに詳しいMLB情報は、お勧めのブック・マークの大リーグの各公式サイトを、ご参照して戴く様に、何卒、ご容赦ください。

今年のオープン戦が熱戦続きで、今季の公式戦に繋がる、ファンの期待を裏切らない正々堂々の内容の濃い試合とメジャーリーガーの素晴らしいプレーに期待して…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント

ボルティモア・オリオールズのチームレポート〔03月04日、2013〕 ; 第3稿 《訂正&加筆》

2013-03-04 06:59:51 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  【 [ ポートシャーロット、〔FL〕、(球場)]、---〈資料写真 - '13年3月03日(土)〉: オリオールズの左腕 和田毅投手は、今週の彼の3度目のブルペン・セッションに30球の投球数をしました。和田毅投手は先の5月、トミー・ジョン症の手術から回復しています。】

  ※ 《 試合内容と会見の模様は、球団HPで、: http://baltimore.orioles.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_bal_vid&c_id=bal 》

 * 和田毅投手への応援(グッズの作製依頼)メッセージを…!!

    ※ 「オリオールズ球団へのお問い合わせ」 http://baltimore.orioles.mlb.com/mlb/help/contact_us.jsp

    ※ 「オフィシャルブログ」 http://ameblo.jp/tsuyoshi-wada/
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
●  PR : 『 友達と MLB.com を、あなたの好きな其々の方法で楽しんでください。 』

  * ニュースを精査してください、ビデオおよび更にもっとたくさんの情報が、あなたの友達が読んでおり、ライブで見ているものを上に基づかせました。

自分の活動を公表して(twitter、facebook、Google+)、十分な意見をコントロールし、保持してください!!

  ※ https://www.bloombergsports.com/frontoffice
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  『 時系列、MLB最新ニュース ; 2013 The Sports Network. 』

  ※ http://www.sportsnetwork.com/merge/tsnform.aspx?c=sportsnetwork&page=mlb/news/indexsn.aspx?sport=AA


★ 【 参考 】  『 MLB 時系列 - CBSSports News 』 

  ※ http://www.cbssports.com/mlb/wiremenu
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
PR : 『 2013 The Associated Press. 』    

  ●  刻々と移り変わる、世界情勢を『 AP通信社 』の公式サイトで、ご確認を…!!

  ※ http://hosted.ap.org/dynamic/fronts/SPORTS?SITE=AP&SECTION=HOME
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《 今季のメジャーの成績の鍵を握っているのは…各球団の新戦力とGM&監督!? 》

オリオールズの先発陣は、ジェーソン・ハメル、チェン・ウェイン、ミゲール・ゴンサレス、クリス・ティルマン投手。

昨年以上の投手陣と、攻撃陣の活躍ができるか…、どうか。1点差での逃げ切りと延長戦での勝利には目を見張るものがありました。

選手補強もベンチとブルペン陣の控えも思うようにいかず、現有戦力で底上げを図るしかありません。 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 MLB の ボルティモア・オリオールズのツイッター 公式サイト 」; https://twitter.com/Orioles

   ※ 「   〃   フェイスブック 公式サイト 」; https://www.facebook.com/Orioles

   ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+orioles/posts

   ※ 「   〃   オリオールズ 公式ファンクラブ 」; http://baltimore.orioles.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=bal

   ※ 「   〃   モバイル・サイト 」; http://baltimore.orioles.mlb.com/mobile/?c_id=bal 《登録が必要》


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ● 「  地元紙のスポーツ欄 」

   * 「 ボルティモア・サン紙 」:  -- 見出し…『 オリオールズ・インサイダー: チェン・ウェイン(陳偉殷)投手は、今季オープン戦・初デビューでよく投げます。』 (2013年3月02日午後3:31EST/ピーター・シュマック記者 )《 左腕:チェン投手は、オープン戦に入るために一週間待ちました。しかし、彼はさびているように見えませんでした。
彼は、土曜日にシャーロット運動公園にタンパベイ・レイズに対する無得点の2イニングを投げつけました。
「私は実際に興奮します」とチェン投手が通訳、ティム・リン氏によって言いました。
「私は本当に気分がよい。それは私にとっては長すぎました。」
チェン投手は23球の投球数をしました、3回を始めるために左腕投手ブライアンマツス投手に取って代わる。》

   ※  http://www.baltimoresun.com/sports/orioles/blog/bal-weiyin-chen-pitches-well-in-spring-debut-20130302,0,5268922.story


   * 「 キャロル・カントリー・タイムズ紙 」、-- 見出し…『 オリオールズのチェン投手は、オープン戦・デビューをします。』 (2013年3月3日(日)12:00am./リッチ・ダブロフ記者 )《 〔ポートシャーロット、(FL) 〕-- ボルティモア・オリオールズは2013年にチェン・ウェイン(陳偉殷)投手からの一大事を望んでいます。
昨年、チェン投手はチームの唯一の二桁の勝利者でした。また、米国で彼の最初のシーズンに注意深く彼の仕事量をモニターした後、オリオールズはまだ用心深い。
2012年には、できる時、バック・ショウォルター監督は彼に余分の物日を離れて与えました。また、それは成果をあげました。》

   ※  http://www.carrollcountytimes.com/sports/orioles/


--------------------------------------------------------------------------------
   ● 「  MLB関連のスポーツ欄 」

   * 「 Yahoo! スポーツ 」、-- 見出し…『 第2のスプリング・スタートにおいて支配的なレイズのカッブ選手。』-[2013年3月03日午後0:00 ET / ・記者(AP) )《 ポートシャーロット(FL)--、MLBの最新情報(注意点) : 土曜のゲームはそうでした、最後、レイズのワールド・ベースボール・クラシックのためのそれぞれのチームに向かう前のベン・ゾブリースト選手(アメリカ代表)およびホセ・モリーナ捕手(プエルトリコ代表)のための春季トレーニングの日。

...、ロドリゲス選手は、土曜日に中堅手(CF)の守備でスタートしました(2010年以来のその位置での彼の最初の外観)。

ロドリゲス選手は、2012年に2度左翼をプレーしました。しかし、マドン監督は、ロドリゲス選手が今シーズン外野においてより多くに見えるだろうと言います。

...、オリオールズ左腕(LHP) 和田毅投手はその週の彼の3度目のブルペン・セッションに30球の投球数をしました。和田投手は昨年の5月、トミー・ジョン症の手術から回復しています。

...、右腕(RHP)スティーヴ・ジョンソン投手は、火曜日にダニーデンのトロント戦に対して彼の最初の先発スタートを切るでしょう。

アメリカンリーグのサイ・ヤング賞受賞者(LHP)デービッド・プライス投手は、日曜日にポートシャーロットのミネソタ戦に対して登板するでしょう。土曜のレイズとオリオールズ戦の間のゲームは4試合のオープン戦の1番目です。

...、MLB選手組合の重役:マイケル・ウェイナー氏は、土曜日に彼の毎年の春季トレーニング旅行の中でレイズ選手に会いました。ウェイナー氏は、コミッショナーのレイズ・スタジアム状況のそのスタンス上のオフィス事務局で、MLBPAが合い、組合もレイズの出席に失望するとメディアに伝えました、誰があったか、1つの、2012年においてMLB最悪。

...、レイズはマイナー・リーグ・キャンプへ右腕(RHP)マット・ネバレス投手、右腕(RHP)ジム・パッチ、左腕(LHP)ジミー・パッターソンおよびニール・シェンク投手を再び委託しました。

ボルティモアは6勝-2敗で春季トレーニングでアメリカンリーグ【東地区】をリードしています。 レイズは、6勝-3敗です。》 

   ※  http://sports.yahoo.com/news/rays-cobb-dominant-second-spring-205142910--mlb.html;_ylt=AipzQjxhG7ZF4hoNZRKbva.FCLcF


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  『 ボルティモア・オリオールズ : 3 を上へ、そして3、を下って。 』


●  『 球団内部の最新情報 』

《 「ボルティモア・オリオールズ」2013年シーズン予想してください。(ブレッチャー・レポート誌/アレックス・スナイダー記者)

2012年には、ボルティモア・オリオールズが巨大な飛躍をしました、2011年の69勝-93敗のレコードから逆にされた93勝-69敗(2012年)まで行くこと、キャンペーン。

それらはワイルドカードのスポット枠を勝ち取り、2012年のワイルドカード・ゲームでテキサス・レンジャーズに勝ち、それらがプレイオフから結局打たれる前に、ALDSの中の5ゲームでニューヨーク・ヤンキースに挑戦しました。

ほとんど正確なチームが2013年のマラソンの長期戦のために返すべきシーズン・セットの最終の2か月の間強い打点をしたのと同じであるまま、オリオールズとそれらのファンは前に行くそれらのチームで自信満々です。

若い選手は陰謀と興奮を提供します。その一方でベテランは、昨シーズン、それらの個々のゲーム上で改善する間に、チームがしていた闊歩を維持することを期待しています。

今シーズンは、オリオールズのための刺激的なものであるべきです。

M・マチャド、およびR・フラハティー選手は各々長打を打ちました。

今日、オリオールズは彼らの最初のホーム春季トレーニング・ゲームでタンパベイ・レイズと対決します。ここに、ラインナップがあります。

1番; 先発:A・カジーラ二塁手 /交代:N・ロメロ (2B)。
2番: S・ピアース右翼手 / J・プライディー (RF)。
3番: R・フラハティー遊撃手 / Y・ナバーロ (SS)。
4番: M・マチャド三塁手 / D・バレンシア (3B)。
5番: L・ホーイ中堅手 / C・ディッカーソン (CF)。
6番: J・ギル捕手 / L・エクスポジト (C)。
7番: T・ロビンソン選手 (DH)。
8番: T・イシカワ一塁手 / T・カンツラー (1B)。
9番; X ・アベリー左翼手 / L・フォード (LF)。
先発投手: W・チェン (P)。

中継ぎ: B・マツス / T・ハンター、 / T・パットン、 / D・マッカチャン。  

代打:C・ジャクソン選手(DH)

ゲームは、1:05 PM ET, March 2, 2013。 シャーロッテ・スポーツパーク, ポート・シャーロッテ, (FL)。

※ http://bleacherreport.com/articles/1533081-complete-baltimore-orioles-2013-season-preview 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ◆  『 投手陣とその他、戦力分析 』

★  「 大リーグ30球団のパワーランキング【第19位】 : 3ランク上へ、そして3ランク下って。」


 〔〈2013年2月20日〉(ジョー・ホワイト記者)〕、-- ボルティモア・オリオールズは、AL【東地区】に梯子を打ち上げて、まれなプレイオフ姿を見せて、2012年に彼らのチーム上昇の流行に抵抗しました。

それらの93勝-69敗の球団レコードはそうでした、常勝だけでなく、驚くべき、しかし、それは、連続する最近の順位争いの場所の記録を破りました、2008年にさかのぼり終えます。

実際、それらは、1997年以来勝利のシーズンとしてあまり合計していませんでした。

したがって、それらが野球界に衝撃を与えたと言うことは確かに公平です。

このクラブを管理するためにバック・ショウォルター監督を引き入れることは、大きな動きであると判明しました。

アダム・ジョーンズ選手(フランチャイズの顔)はその年の初めに大口の契約延長で署名されました。また、遠方に、それらは行きました。

オリオールズは、+7に単に1年前に差異にならせました。それは彼らがまさにクラッチの攻撃野球のチームだったと言う精巧な方法です。

ジム・ジョンソン投手は、ブルペン陣およびゲームに遅く勝つOの一貫して見つかった方法の後尾の抑えで支配しました。

それらは非常によかった、ゲームで遅い、その年のそれらの最初の2つの延長戦に負けた後、それらは16連勝をしました、そのシーズンを終了するまで負けなし。

先取点をあげ-逃げ切るゲームでのそれらのレコード?  驚異的な25勝-8敗.

それをすべて合計する、また、2つのものを考え出します。: 
1) 劇的に魔法のシーズンおよび2)続くべき、とても困難な勝負行為。

ESPNの野球評論家ジム・ボウデン氏は、最近3番目として大リーグ野球で最悪のOのシーズンオフを評価していました。

調停交渉(アービトレーション)関連の給料支払簿増加、2000万ドルのまわりの右まで合計された、ダン・デゥケッティーGMが移籍市場で多くの交渉後に行くことは可能にしませんでした。

選手登録簿に降りることができるニューフェースは、ジェアー・ジュリジェンス投手、アレックス・カジーラおよびダニー・バレンシア選手を含みます。

そうすると、どの契約方法で2013年のシーズン入りに行くつもりですか。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲  高評価 : 「 3ランク を上へ。」


   * 2013年の最良のシナリオの場合。


オリオールズは、誰が彼らの入り口2012にいるか注意しませんでした、それらはプレイオフをするでしょう。

プレー・イン・ゲームでレンジャーズに勝った後に、それらは、ヤンキースによってALDSの第5試合の中で最後に影響を与えられました。

'13年では、AL【東地区】の争いのパーティーは非常に改善されたブルージェイズおよび常に危険なレイズによって侵入されるでしょう。

いつ、4人のチーム公爵、それ、このグループが好きである、期待される、それは時々ちょうど1つをとります、定義する、山のトップで終えるために実行されました。

バードランドを転覆する(しかしながら)ことの危険を冒して、私は、まったくオリオールズがこの地区争いを勝ち取るのを見ません。

私はそれらの先発ローテーションの信望者ではありません。その一方で(特に)ディラン・バンディ投手はまだ自分をマイナー・リーグ選手と呼んでいます。

私にとって、それらの最善のシナリオはプレイオフのワイルドカード・ラウンドへなんとかしてこっそりと進出し動くことです。また、それさえ高い話のように見えます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎ 最も重要なオリオールズの選手。

 * ボルティモア・オリオールズ球団の命運をにぎる、アダム・ジョーンズ選手


アダム・ジョーンズ選手は、オリオールズのオフェンス陣の1人の真実の大スターです。

彼は平均中のボルティモアのトップ3に終了しました、二塁打を打つ、三塁打になる、ホームランを打つ、打つ、打点、RBIおよび盗塁数。

すべてのチームは、クラッチ・バッターの中で、および昨夏の暑中中にそれらがもたれることができるタフガイを必要とします。

オリオールズは、最近のシーズンオフそれらのフランチャイズ選手としてジョーンズを類別しました。また、彼は途中の32本のホームランをぴしゃりと叩いて、最高の経歴年で伝えました。

ジョーンズ選手は、毎年彼のゲームを改善して、ほとんど毎日、過去3シーズン間球場にいます。

オリオールズは、それらのオフェンス陣のボディーガード(ローテーションでのいくつかの予期された問題を相殺するために大きなシーズンを持つ必要があるグループ)であるために彼を必要とするでしょう。

私は、このチームが2012年にジム・ジョンソン投手なしではどこへ行って来ていただろうかと思います。

彼は最終回の仕事を得て、1シーズンの間に彼の54登板の機会のうちの51個のセーブをして、それで絶対に抑えていました。

ショウォルター監督が2012年にそれらの接戦をすべて取り外したために、彼は、ジョンソン投手からの支配的な年を必要としました。また、彼はそれを得ました。

しかし、彼は再びそれを得ることができますか。

最終回にはそれらの経歴の長いセットポジションには非常に一貫しているままでない奇妙な方法があります。

ジョンソン投手は今光り輝く連続2シーズンを提出しており、固体のために当てにされるべきです。

しかし8あるいは9(多くの空振りを得ない投手としての彼の評判を与えられた途方もない考えでない)、ならびにその後このチームまでの気球が、ほとんど確かに逃す3つのセーブ失敗が言う、プレイオフ。

その先発ローテーションは最も大きな疑問符です。しかし、ジョンソン投手は簡単に投手陣の全面的な成功の鍵です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  潜在的な能力ある、期待の選手。 


多くの目が20歳の3番目の塁手マニー・マシャド選手上にあるでしょう。

彼は、これほど多くの才能と分泌するので、若い時のA-Rodと比較されるタイプの期待の選手です。

それは公平ではありません。しかし、マシャド選手はとても特別です。

しかしあなたを行った、彼が達した820のマイナー・リーグ打数で、単なる打率:.263があなたを行ったことを知っている、大リーグの中の51ゲームの彼の出塁率%が昨年、打率:.294だったことを知っている、彼にちょうどまだ今年のマイク・ツロート選手と競争に油を注がないでおきましょう。

ダニー・バレンシア選手は万一に備えての保険証書として引き入れられました。しかし、20歳で、マシャド選手のスター昇格は確かに上昇中です。

大きな1つのプラスは、マシャド選手がよりうまくバットにあてる打者(三振をしない、アウトにとられないファウルにする)で、技術があるということです。

彼のベースをこっそり動かす技術がしたかもしれなかったように、彼の力は開花し続けるでしょう。

三塁のマシャド選手の平年度はOのファンにスタットラインを与えるかもしれません、このようなもの: .265の平均、20本のホームランおよび12の盗塁。

シーズン半ばまで、21歳にならない若手選手のために、私は、彼が誇大広告の価値があると言いましょう。

********************************************************************************
◆ 30球団中の順位とMLBチームのプレビュー :「 2013年のMLBチームの分析。」


彼の年齢に25シーズン入って、クリス・ティルマン投手がまだそれほど若いと信じるのはほとんど難しい。

ルーキーとしての12のスタートでは、ティルマンの防御率:(ERA)は5.40でした。

彼は、11のスタートをカバーする2010年の5.87の努力でそれに従いました。次に、彼が13のスタートを切った時、5.52は2011年にマークします。

2012年には、曳航での速球速度のリターンで、彼が、ちょうど15のスタートで2.93まで防御率:(ERA)および1.05までWHIPを低下させました。

2011年と同じくらい遅いので、ティルマン投手の球速の速度は、89.3マイルの平均まで途中ずっと浸りました。

昨年、彼は、92.2の平均までそれを後ろにクランクで動かしました。

これは彼が材料を壊すことから速度にはるかに広いギャップを作成し、彼が次のステップをとることを可能にしました。

また、今、熱は前者できるないミス予想で刻み目を上へ回されるでしょう。

彼はボルティモアに規定のメジャー野球の32試合の先発スタートを与えるために頼られるでしょう、行うようには依頼されていないもの。

彼がどれくらいよく上げるかは行くでしょう、どれくらい相当か決めることに向けた長い道のり、5人の先発ローテーションは結局なります。

見る別名はトップの予想ディラン・バンディです。

バンディで、それが、機会ごろにすべてあります。また、計画された5人の先発ローテーションのように現在見えるもので、私の隆肉は、私たちが6月の前でボルティモアでバンディを見るということです。

介入し、誰でも思うことを行えば、彼は行ってもよい。次に、それは、無失点のオリオールズ投手陣の頑張りのシーズンで、全データを変更することができました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▼  「 悪い評価 3ランク を下って 」

  * 最悪のシナリオの場合。

 
 それは、1点差で逃げ切るゲームでの16勝-2敗、延長回でのレコードおよび25-8の成績を作り出す多くの運およびより多くの常勝志向mojoをとります。

私は、それが反復可能であると思う私以外の人は誰でもタンパとトロントのローテーションがショウォルター監督の能力のよりはるかに有能なことを知っていることを知りません。

物事がマウンド上で貧弱に行き、ジョンソン投手が、9回のさらに若干の伸びおよびマシャド選手が出る場合、成績が落ちないし、また、クリス・デイビスおよびネート・マクルース選手のようなナイスガイは、標準以下のメジャー野球選手のようにプレーすることにその後戻ります、オリオールズは、勝率:.500に途中ずっと後ろに螺旋状に下降することができました、記録する、また、4分の1どころか5番目の順位の場所はAL【東地区】の中で終了します。

私は、それらは任意の手段によって最後に終了しないと思います。しかし、それは考えられます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  重要なキー・プレイヤー。

  * マニー・マシャド選手。


オリオールズ・先発ローテーションが強いシーズンを過ごすことができないことを示すために、私はこの部分の全面的な調子のために意味しません、しかし、私はそれを売られません、それはありそうです。

というのも、このグループ中の実績は、オールスター・レベルに正確にありません。

左腕チェン(陳偉殷)投手は、大リーグの中の彼の最初のシーズンによい仕事をしました。しかし、彼はエースではありません。

ジェーソン・ハメル投手は、実際の開拓プロジェクトでしたが、負傷により全く多くの時間を逃し、衝突の上に非常に波瀾に富んだ過去を過ごします。

ミゲール・ゴンサレス選手は年上のルーキーのように堅実でした。しかし、彼は32試合の先発スタートに関してそれを繰り返すことができますか。

彼のマイナー・リーグ履歴書は示唆します、ない。

ザカリア・ブリットン選手は、彼が先発ローテーションのスポット枠に相当することを示唆するために何もしていません。

ブライアン・マツス投手は、今(かつ先発メンバーの功罪のうちのいくつかを必ずカバーする、すさまじい万能のペンの一部)、経歴リリーフ投手らしくふるまいます。

私、この先発ローテーションが見ることができる最良の外観およびそれに、すぐに起こらないかもしれない、彼が自分を正しくすることができれば、チェン投手、ハメル、ティルマン、バンディおよび恐らくジュリジェンス投手の5人です。

思い出してください、ジュリジェンス投手は、オールスターゲーム成績、防御率:2.96(ERA)および1.22のWHIPから取り除かれて、単に1シーズンです。

全面的な先発ローテーション布陣は十分によいでしょうか。

********************************************************************************
 ◎  誰が下への2012年から立ち直る必要があるか。

もし過去3年の無傷のチームがあれば、ブライアン・ロバーツ選手は恐らくキャプテンになるでしょう。

気取り屋はすべての負傷を外見は想像的にしておきました。

腰の手術は、結局彼(再びまだ動揺した)および左のオリオールズのファンから2012年を試合欠場に裂き取りました。

35歳では、誰も、2009年以来ちょうど115ゲームをしたのでこの男が何を残したか実際に知りません。

しかし、ファンが指し続けるのはその'09年のシーズンです。
.283の平均、16本のホームラン、56本の二塁打および30個の盗塁。

その選手のいずれかの類似がまだロバーツ選手の体に存在する場合、だろう、それ、それ自体を発表してください。

健康で、まだ有能な場合、ロバーツ選手はもう一度、オリオールズのラインナップの一番上の真実のトラブルメーカーでありえます。

彼は良い状態中のキャンプに入ります。それはよいスタートです。
春季トレーニングにおける彼の体調の進歩を注意深く見てください。
彼が戻れば、このオフェンス陣は即座に別のギヤーを入れるでしょう。

ザカリア・ブリットン投手は、彼の2シーズン続けて、よく投げていません、大リーグ・レベルに制限する、しかし、彼にはまだ才能と上側がいます。

25歳がよいスプリング・キャンプへの彼の成功の道を見つけるかもしれないし、その年の初めに先発ローテーションの後尾を安定させるのを支援することができたならば、それは、デゥケッティーGMとショウォルター監督が強化アクションへバンディ選手を起用することを可能にするでしょう。

ブリットン投手が苦闘し、他の実行可能なオプションが出現しなければ、ファンはバンディ投手が昇格の呼び出しを得るためにメジャーで投球し始めるでしょう。

ブリットン投手のためのキーは彼の命令および投球速度変化になるでしょう。

ストライクゾーンを連打する彼の能力は、実際に2012年に揺れて、大リーグ・クラブのメンバーとして彼の与四球数に結びつきました。

さらに、彼は、彼の92MPHの速球と彼の82MPHのスライダーおよび彼の86MPHのチェンジアップの間のより大きな変化球の切れと配球の作成から利益を得るかもしれるかもしれません。

ピッチングの安定感は、昨年彼を回避しました。

彼がそれを解くか、このチームの将来の重要なメンバーでないということがどのようなものかに関して考え始める時です。

● 「 Baltimore Orioles: 3 Up and 3 Down 」

  ※  http://isportsweb.com/2013/02/20/baltimore-orioles-3-up-and-3-down-2/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ◆  選手登録簿報告書  ◆


●  先発ローテーション: 

1番手. 右腕(RHP):  ジェーソン・ハメル投手。
|
2番手. 左腕(LHP):  チェン(陳偉殷)。
|
3番手. 右腕(RHP):  ミゲル・ゴンサレス。
|
4番手. 右腕(RHP):  クリス・ティルマン。
|
5番手. 左腕(LHP):  ザカリア・ブリットン投手。

最初の2つのスロット枠は、不意の獲得物を除いて、事実上固定ロックされます。

他のものがあります、スポット枠の競争、昨年の開幕初日の先発スターターを含んでいること、右腕ジェーク・アリエッタ、前のスターター、右腕スティーヴ・ジョンソンおよびトミー・ハンター、また左腕ブライアン・マツス投手。

右腕ジェアー・ジュリジェンス投手は、マイナー・リーグ契約に調印しました。また、彼は、5番手の先発メンバーの役割のための混戦ミックスにまたいます。
|
(ブリットン投手が先発-してもよい)最後のシーズン-右腕スティーヴ・ジョンソン投手、および左腕ザカリアからの重要な2人の寄与者が、クラスAAA「ノーフォーク」で、その年を開くことを強いられるかもしれません。

その間に、右腕ディラン・バンディおよびケビン・グーズマン投手、両方のトップ見通しにはそれらの肩越しに振り返るトップレベルの先発メンバーがありえました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるブルペン陣 :


* 右腕(RHP): ジム・ジョンソン投手(クローザー)。

* 右腕(RHP): ペドロ・ストラップ。

* 右腕(RHP): ダレン・オデイ。

* 右腕(RHP): ルイ・アヤラ。

* 左腕(LHP): ブライアン・マツス。

* 左腕(LHP): トロイ・パットン。

* 右腕(RHP): トミー・ハンター投手。

ブルペン陣は、クラブの2012年の最も大きな強さでした。
しかし、毎年のリリーフ陣は一貫しないグループです。

ジョンソン投手は、昨年より接近している好調さでした。また、ストラップ投手が彼のシーズン半ばの形式を再発見することができれば、彼は8回を動かすでしょう。

オデイ投手は、特にポストシーズンに、際立って非常に貴重でした。

スティーヴ・ジョンソンおよびアリエッタ投手は、さらに中継ぎ投手として中へ代理として働くことができました。

ブルペン陣の左腕は、より多くの柔軟性を提示します。また、多くの候補がいます。

支配下の5人は、左腕 T.J.マクファーランド投手およびシーズンオフ・ピックアップ、左腕マイク・ベルフィオアー投手を選びます。また、左腕ダニエル・シュレース投手は、ピッチング・スタッフを割るために正当なホームランをしています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるラインナップ:

1番.  (LF) :  ネート・マクルース左翼手。

2番.  (SS) :   J.J.ハーディ遊撃手。

3番.  (RF) :  ニック・マーカキス右翼手。

4番.  (CF) :  アダム・ジョーンズ中堅手。

5番.  (C) :  マット・ウィーター捕手。

6番.  (1B) :  クリス・デイビス一塁手。

7番.  (DH) :  ウィルソン・ベティミット選手。

8番.  (3B) :  マニー・マシャド三塁手。

9番.  (2B) :  ライアン・フラハティー二塁手。

ラインナップは2人の選手の健康を中心に回ります。: レフトのノラン・レイモルド外野手および二塁手ブライアン・ロバーツ選手。

両方は先頭の打順を打つことができました。また、両方は潜在的に外野に延長されたセットポジション向けでありえます。

もしクラブがスプリングどれの中のバットを得ることができなければ、ベンチおよび指名打者位置は同じのうちの1かもしれません、クラブのピッチング陣の選手層の深さは、示すように見えます、タップ上にあります。

全体として、誰もない、バットは他のものの上に目立ちます。

ウィータースとマシャド選手は、ジョーンズ選手が昨年見たものに似ている改良に直面しそうになりえます。

********************************************************************************
★  期待のトップ・ルーキー:

* 控え ; (3B): マニー・マシャド三塁手、(.262、51ゲームでの7本のホームラン)はいくつかのアカウントによるルーキーではありませんかもしれません。しかし、彼はトップレベルの先発メンバーとして最初の春季トレーニングにいます。

* 右腕(RHP): ディラン・バンディおよびケビン・グーズマン選手は、オリオールズのシステムで主役を演ずるピッチャーです。また、両方は2013年にボルティモアで姿を見せるべきです。

見るもう一人の選手は、控え ; (INF)ジョナサン・シュープ選手(打率:.245、14本のHR(マイナーリーグのクラスAAの56打点))です。彼がそれを守備陣の防衛的に扱うことができれば、この人は2013年の終わりに二塁で中へ計算に入れるかもしれません。

********************************************************************************
■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

左腕(LHP)、 有望なランディー・ウルフ投手(2012年10月のトミー・ジョン症の手術)はそのシーズンを逃すでしょう。

左腕(LHP)、 和田毅投手(2012年5月の残された肘の手術)は、春季トレーニングの中でマウンドの半分から初期に投げていました。

彼は5月のリターンを目指して進んでいます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ◆  「 ボルティモア・オリオールズは、どのように和田毅投手を起用するでしょうか? 」

〔 〈州〉、(アレグサンダー・ハングランド記者 / USAトゥデー・スポーツ紙[デリック・E.ヒングル])〕---、4日前に。2013年のボルティモア・オリオールズの潜在的な投手陣に加える時間かもしれません。

オリオールズが、ジェアー・ジュリジェンス投手を最後に公式にした後、誰がほかにどうして最後にリストになることができましたのですか。

別名を、和田毅投手という名の高度に売り込まれた南足、それは誰です。

和田毅投手は、2011年12月14日にやや適度の2年の取り引きに署名されました、で、絶対に、大リーグ・ベースボールの0のピッチング経験。

私たちは、2013年2月の終了に到着しました。また、和田はまだまだ大リーグで投球をしませんでした。

そうすると、なぜ彼は、2013年にボルティモア投手陣のための潜在的な投手と考えられなければならないのですか。

2つの理由がこの質問に答えるべきです。: 彼は大きな材料を持った左腕投手です。また、より重要なことには、オリオールズは、それらのチームの一部であるために彼に払いました。

和田毅投手は、日本および彼が、彼の遅い解放点による彼の投球中の遅い移動を持った左腕投手が、陰謀術策をめぐらして、彼になるということであるという事実で控えめに言っても非常に成功した打点をしていました。

なぜ彼は、2013年にノーフォーク潮投手陣のための潜在的な投手と考えられなければならないのですか。

2つの理由が同様にこれを世話するでしょう。: 彼は昨シーズン、タイドでただ一つの外観において殻を取り除いていました。また、彼はトミー・ジョン症の手術から回復しています。

彼の年齢(32歳)は、必ずしも彼に利点をまた与えません。

外科手術とそれが成功と考えられたので、和田毅投手は昨日彼の最初のブルペンで投げました。

伝えられるところによれば、狡猾な左腕投手は成功した回復を持っており、5月後半か6月前半に投げる準備ができることができました。

すべてが計画に行けば、ボルティモアはどのように彼を起用するでしょうか。

彼は、先発メンバーとしてのほとんどの経歴を費やしました、しかし、オリオールズは、5回-7イニングのスタッフ陣を補強したいと思わないかもしれません、データ的に、すぐ…。

考慮する別のものは、先発ローテーションでスポット枠に向かって既に競争するピッチャーの過多です。

最も重要な要因のうちの1つ、それは和田毅投手にとって良い前兆である、メジャーリーグの打者およびコーチが彼についてのスカウトする情報をほとんど持っていないという事実です。

この状況が和田毅投手とオリオールズのためにどのように活躍できるか確かめることは面白いに違いありません。

 ●  「 How Will the Baltimore Orioles Use Tsuyoshi Wada? 」
  
  ※  http://www.rantsports.com/mlb/2013/02/27/how-will-the-orioles-use-tsuyoshi-wada/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント

MLB関連の記事の拾い読み; 第1稿 《訂正&加筆》  3月03日、2013

2013-03-03 13:56:06 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  【 [ グッドイヤー〔AZ〕、(・グッドイヤー球場)]、--- 2013年02月19日(火): - 資料写真ファイル〈'13年月日()〉:、… ロサンゼルス・ドジャーズのレフト、カール・クローフォード選手は、肘の故障でシャット・ダウンしました。外科手術の治療で残された肘周辺の神経の焦燥を経験しており、開幕初日までに準備ができず、少なくとも1週間は投げるか打つことが出来ません。

  + 《 試合内容と会見の模様は、球団HPで、: http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_la_vid&c_id=la

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 MLB の ロサンゼルス・ドジャーズのツイッター 公式サイト 」; https://twitter.com/Dodgers

     * 「   〃   マット・ケンプの公式サイト  」; https://twitter.com/therealmattkemp

     * 「   〃   クレイトン・カーショー選手  〃  」; https://twitter.com/ClaytonKersh22

   ※ 「   〃   フェイスブック 公式サイト 」; https://www.facebook.com/Dodgers

   ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+Dodgers?prsrc=1#+Dodgers/posts?prsrc=1

   ※ 「   〃   ドジャーズ 公式ファンクラブ 」; http://losangeles.dodgers.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=la

   ※ 「   〃      〃   公式 モバイル・サイト 」 ; http://losangeles.dodgers.mlb.com/mobile/?c_id=la 《 登録が必要 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「  地元紙のスポーツ欄 」; http://www.latimes.com/sports/baseball/mlb/dodgers/ 《 見出しは、『 ドジャーズのカール・クローフォード選手は、開幕初日までに準備ができていないかもしれません。』…、〔フェニックス、(FL)〕--、ドン・マッティングリー監督は、彼のトミー・ジョン肘の手術に続く神経焦燥のために一週間クローフォードが閉鎖されており、それが初日までに利用可能で、彼のものに挑戦したとフェニックスのリポーターに伝えました。〈 スティーヴ・ディリベック記者(AP) / ロサンゼルス・タイムズ紙〉》

      * ; http://www.truebluela.com/2013/3/1/4054828/spring-training-2013-matt-kemp-zach-lee-dodgers-padres 《 見出しは、『 ドジャーズの春期トレーニング2013年 : マット・ケンプ選手の初登場(パドレス戦での7対-5の敗北中のザカリア・リー・ボーク)。』…、〔フェニックス、(FL)〕--、左肩の上のシーズンオフ手術から回復するセンターは、金曜日に指名打者で、彼の2打数無安打になりました。ケンプ選手はフレディー・ガルシアに対する1回に三塁にゴロを打ち、3回でガルシアに対して見て三振しました。〈 エリック・スティーヴン記者(2013年3月1日、3:50pm) / SB Nation 〉》

   ※ 「 対戦相手の地元紙 」; http://www.utsandiego.com/news/sports/padres-mlb/ 《 見出しは、『 レッズ。』…〔フェニックス、(FL)〕--、ジェーソン・マーカキス投手は木曜の午後、新しいピッチで新しい年を始めました。全く新しいピッチではなく井戸。しかし、有望に、追加武器。ベテランの右腕投手はカンザスシティー・ロイヤルズに対する無得点の2イニングを投げる間にツールとして彼のチェンジアップを使用しました。〈 ジョン・フェイ記者 / UT・サンディエゴ〉》

      * ; http://www.gaslampball.com/2013/3/1/4042942/spring-training-game-thread-03-01-padres-dodgers 《 見出しは、『 春期トレーニング・ゲーム・スレッド : 〔2013年3月1日、11:05a〕、パドレス、対ドジャーズ戦…「フレディー・ガルシアおよびケーシー・ケリーは、荒い出場から立ち直ろうとするでしょう。』…、〔グッドイヤー、(AZ)〕--、ガルシア投手はスタートを切り、マリナーズに対する最初のオープン戦の中に持ったよりよい出場をしていようとするでしょう。彼は、1回2/3イニングに7本のヒット上の3失点を許しました。〈 ・jodes0405記者 / SB Nation 〉》


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    ▼ 『 2013年のチームの選手登録・プレビュー: ロサンジェルス・ドジャース。』

    《 ハンリー・ラミレス選手は非常によい守備能力を持つショートではありませんでした。最も高度なディフェンスのメトリクス解析データは、当時で平均以下でした。それにもかかわらず、ドジャーズは、今シーズン・ラミレス選手を彼らの日常のショートにしようと決心しています -- 彼がディフェンス陣を改善する場合…!? 春季トレーニングが開始するとともに、ドジャーズのドン・マッティングリー監督は、「ハンリーはこれをすることができる」と言いました。昨季の終了ごろ、ドジャーズは、ラミレス選手が冬季シーズン中のショートをプレーすることを望みました。ラミレス選手はウィンター・ゲームを始めました。しかし、小さな肩の損傷は、カリブ海のシリーズ中に彼を冬季中の1ゲームおよび1ゲーム以外のすべてのための指名打者義務に制限しました。ラミレス選手は、57ゲーム昨年、身をかわす人への彼のシーズン半ばのトレードの後にショートで彼の65ゲームをしました。彼は、ディフェンスがそのセットポジションにおいてあまりよくなかったが、一方では、その年にショートにオープン戦出場に困難な推移の結果ショートから三塁にそれについて説明したことを認めます。それはチームの戦力の異なる展望です。復帰タイミングは大事になります。今季のドジャースのゲームの肝心なところでの出場するタイミング...。

★ 予想されるラインナップ。
1. マーク・エリス二塁手、(2B)。
2. カール・クローフォード左翼手、(LF)。
3. エイドリアン・ゴンサレス一塁手、(1B)。
4. マット・ケンプ中堅手、(CF)。
5. アンドレ・イーザー右翼手、(RF)。
6. ハンリー・ラミレッツ遊撃手、(SS)。
7. ルイ・クルーズ三塁手、(3B)。
8. A.J.エリス捕手、(C)。

★ 予想される先発ローテーション。
1. (左腕):クレイトン・カーショー投手。
2. (右腕):ザック・グレンキー。
3. (右腕):チャド・ブリングズリー。
4. (左腕):ヒュー・ジン・リュー(韓国);期待の新加入。
5. (右腕):ジョシュ・ベケット投手。

★ 予想されるブルペン陣。
クローザー: 右腕:ブランドン・リーグ投手。
セットアップ: 右腕:ケンリー・ヤンセン投手、(右腕:ロナルド・ベリサリオ、左腕:J.P.ハウエル、右腕:ジェービー・グェルラ、左腕:テッド・リリーあるいはクリス・カプアーノ)。[左腕:パコ・ロドリゲス投手。左腕:スコット・エルバート投手;期待の新加入]

★ 医療監視:(復帰予想&治療経過)。
カール・クローフォード左翼手(2012年8月のトミー・ジョン症の左の肘の手術)は、12月後半に投げるプログラムを始めました。マット・ケンプ中堅手(2012年10月の残された肩の手術)は、1月前半に練習中のバットを振り始めました。右腕チャド・ブリングズリー投手(右肘中の内側側副靭帯の部分的な裂け目)は、11月に投げるプログラムを始めました。左腕テッド・リリー投手(2012年9月の残された肩の手術)は11月に投げるプログラムを始めました。右腕ケンリー・ヤンセン投手(2012年10月の心臓外科)は、不整脈をアドレスするために外科的処置をしていました。左腕スコット・エルバート投手(2012年9月および2013年1月の関節鏡検査法の左の肘の手術)は、3月まで投げ始めないでしょう。》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  『 井戸端の野球談議 』  ; MLB関連の公式サイトの記事の拾い読み  3月03日、2013

● 『 「 The New York Times 」紙 のホームページの最新ニュース  』

    ▼ 『 ベースボール上で: それが必要とするところで、グローバルなイベントは成功します、普及とPR活動に。』

    《 、〈日本〉〔タイラー・ケプナー記者〕 -- 、日本代表チームはワールド・ベースボール・クラシック、2006年および2009年で両方の選手権試合に勝ちました。第3回トーナメントは土曜日に始まります。多くの選手が、ワールド・ベースボール・クラシック(大リーグに進んだ数人の外国人選手を特色とした競技)に関する混合参加する意思を送っています。》

    ※ 【参考】; http://www.nytimes.com/2013/03/02/sports/baseball/world-baseball-classic-is-still-finding-its-footing.html?ref=baseball&_r=0


    ▼ 『 ヤンキースのために新しいもの: わずかのビクトリー(小さなパニック) 』

    《 タンパ、〈FL〉〔デビッド・ウェルデン記者〕 -- 、特にオープン戦のスケジュールからわずか1週間へ春季トレーニング・ゲームの結果ほど無意味なものは何もないかもしれません。また、今年、および10月に起こることのこの時に勝利と敗北の間に証明された相関性はありません。したがって、ヤンキース・ファンはパニックに必要としません。少なくともまだ…。 》

    ※ 【参考】; http://www.nytimes.com/2013/03/02/sports/baseball/for-yankees-even-in-spring-little-panic-with-few-wins-is-something-new.html?ref=baseball


    ▼ 『 メッツの元の渉外係の回想録は、騒動および時々の誤植を備えたソーシャルメディアを包含します。』

    《 ポートセント・ルーシー、〈FL〉〔アンドリュー・キー記者〕 -- 、ジェイ・ホロウィッツ氏のツイッターは、[ https://twitter.com/Jay_HorwitzPR ]、メッツの秘話に関する再発する冗談です。もし回想録を書くことにかつて決めれば、ジェイ・ホロウィッツ氏が分かる物語について考えます。ホロウィッツ(67歳)は1980年以来メッツの渉外係で、30年間以上、彼は、メッツ・プレーヤーおよびスタッフの世代の間忠実な保護者、それらの舞台裏の狂気の目撃者です。ホロウィッツ氏はリリースしてはなりません、ちょうど1か月以上前に、1つを、すべて語っていました。》

    ※ 【参考】; http://www.nytimes.com/2013/03/02/sports/baseball/mets-publicist-jay-horwitz-embraces-twitter.html?ref=baseball


    ▼ 『 ベースボール上で: マイアミ、最後のスラッガーの立場で。』

    《 ジュピター、〈FL〉〔タイナー・ケプナー記者〕 -- 、それらのスターの多くのトレードのためにシーズンオフ中のマーリンズで外にむち打った後に、ジアンカルロ・スタントン選手は将来へ彼の焦点を移しました。スタントン選手は、どのように彼のホームランを評価するでしょうか。》

    ※ 【参考】; http://www.nytimes.com/2013/03/01/sports/baseball/giancarlo-stanton-is-last-slugger-standing-for-marlins.html?ref=baseball


    ▼ 『 メッツの打撃の職人は、今のところ最初に米国代表入りをしています。』

    《 ポートセント・ルーシー、〈FL〉〔アンドリュー・ケィ記者〕 -- 、三塁手デービッド・ライトは、ワールド・ベースボール・クラシックのためのアメリカの登録簿上のただ一人のメッツの選手になるでしょう。》

    ※ 【参考】;  http://www.nytimes.com/2013/03/01/sports/baseball/mets-david-wright-looking-forward-to-world-baseball-classic.html?ref=baseball&_r=0
   

    ▼ 『 キャッシュマンGMは、ヤンキースがカノー選手への重要な提案を申し出たと言います。』

    《 タンパ、〈FL〉〔デビッド・ウェルデン記者〕 -- 、ヤンキースは、それらの前の選手のいくつかのものがより多くのお金用にどこか他のところに率いることを認めました。しかし、スター二塁手を安全にしようとすることは別の問題です。金銭制約の彼らの近代に、ヤンキースは、選手に2年以上の契約を提示し、前の選手がより多くのお金用に他のチームに参加することを可能にしたことを拒絶しました。》

    ※ 【参考】;  http://www.nytimes.com/2013/03/01/sports/baseball/yankees-have-made-offer-to-robinson-cano-general-manager-brian-cashman-says.html?ref=baseball


    ▼ 『 禁止された薬物の使用に対するより厳しいペナルティーの選手組合チーフとの会談。』

    《 タンパ、〈FL〉〔デビッド・ウェルデン記者〕 -- 、何人かのMLBプレーヤーは、運動能力向上薬を使用する人々に対するよりタフな罰を要求しています。マイケル・ウェイナー氏(組合役員ディレクター)はその考えを水曜日に言いました。》

    ※ 【参考】;  http://www.nytimes.com/2013/02/28/sports/baseball/some-players-suggest-stiffer-penalties-for-banned-drug-use.html?ref=baseball


    ▼ 『 ベースボール上で: メッツは、プランと見通しで、結果を待ちます 』

    《 ポートセント・ルーシー、〈FL〉〔タイラー・ケプナー記者(AP)〕 -- 、ザック・ホィーラー投手(トップの期待されるピッチャー予想)が強堅を経験した後に彼の春季トレーニング・先発スタートから外されると共に、不運は春季トレーニングへメッツに続きました。》

    ※ 【参考】; http://www.nytimes.com/2013/02/28/sports/baseball/misfortune-follows-mets-as-zack-wheeler-is-scratched-from-spring-training-start.html?ref=baseball


    ▼ 『 その他のMLB情報 』

    《 ナポリ選手は、レッドソックスでのデビュー戦で、対パイレーツでRBIシングル安打を持っています。| ハーパー選手(ナショナルズ、対ブレーブス戦での6対-5の勝利中のヘーワードの本塁打)。| エンジェルスとしてのリュー投手からハミルトンの本塁打はドジャーズに勝ちます。| クリス・セール投手は、ホワイトソックスのためのよい今季初の登板をしています。| オープン戦デビュー、ジャイアンツ勝利において鋭い、右腕パーカー投手。》

    ※ 【参考】; http://www.nytimes.com/pages/sports/baseball/index.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 『 MLB 時系列 - 「 CBSSports News 」のホームページの最新記事  』

    ▼ 『 カール・クローフォード選手は、リハビリの後退を喫します; 微妙な開幕初日。』


    《 〔、〈州〉(マット・スナイダー氏)〕 --、 ドジャーズ・レフト、カール・クローフォード選手は、彼の左の肘の上のシーズンオフ・トミー・ジョン症の手術から生じる神経の痛みにより一週間、静養されている、とドン・マッティングリー監督が金曜日(LAtimes.com)にリポーターに伝えました。》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21791822/carl-crawford-suffers-setback-opening-day-in-question


    ▼ 『 ネルソン・クルーズ選手は、胸の痛みで次の用心のテストを取り除きました。』


    《 〔、〈州〉(マット・スナイダー氏)〕 --、クルーズ選手は胸の治療をしています。しかし、それは重大に思えません。レンジャーズのライト、ネルソン・クルーズ右翼手は金曜日に胸の問題で病院に送られました、しかし、診察結果は、それがほとんどないことを示します》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21791848/nelson-cruz-sent-to-hospital-for-precautionary-tests-on-chest-soreness


    ▼ 『 連邦判事は賛成論、NCAA、法律を賭けるNJへの取り引き後退を支持します。』

    《 〔ニューアーク、〈NJ〉(・記者/CBSSports.com)〕 --、連邦判事は、法的で不法である数十億ドルの産業になった1個のものをつかむことにより、その苦闘しているカジノ産業を復活させるニュージャージーの試みに、打撃を与えて、4つの州以外のすべてで賭けるスポーツを禁止する21年来の法律を支持しました。木曜夜遅く公表された判決は、4つの主な専門家スポーツ・リーグおよびNCAAによって昨年起こされた訴訟の中でニュージャージーのために第2の敗北でした。。》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/general/story/21790997/federal-judge-backs-pros-ncaa-deals-setback-to-nj-betting-law


    ▼ 『 クリス・ペレス、痛い肩で外に3-4週、WBCを恋しく思うでしょう。』

    《 〔、〈州〉(マット・スナイダー氏)〕 --、春季トレーニング報道 | インディアナ・プレビュー | キャンプ報告書| 今季の予想分析。インディアンズのクリス・ペレス投手は4週間予定されていることへの3試合・登板予定をしないでしょう、痛い右の肩で…。(クリーブランド・プレーン・ディーラー紙のポール・ホィーネス氏の報告書)》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21791944/chris-perez-out-3-4-weeks-with-sore-shoulder-will-miss-wbc


    ▼ 『 サンタナ投手が準備ができていなければ、開幕初日のためにニーゼ投手に傾くメッツ。』

    《 〔、〈州〉(マイク・アクサ氏)〕 --、腕の強度を構築するとともに、メッツ左腕ジョアン・サンタナ投手は彼の投げるプログラムで進歩し続けます。しかし、テリー・コリンズ監督は、彼はそのシーズンのスタートのために時間内に準備ができないだろうとそれが可能な金曜日のリポーターに伝えました。。》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21792289/mets-leaning-towards-niese-for-opening-day-if-santana-isnt-ready


    ▼ 『 マッカン選手は、肩の手術以来最初で打撃練習をします。』

    《 〔、〈州〉(マイク・アクサ氏)〕 --、マッカン選手は、その肩の手術に続く、今シーズンのスタートを逃すでしょう。(USATSI)。》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21792906/mccann-takes-batting-practice-for-first-time-since-shoulder-surgery


    ▼ 『 ダスティン・ベーカー監督(レッド・キャンプにおいて先のマーク)と再び結合しました。』

    《 〔、〈州〉(マット・スナイダー氏)〕 --、マーク・プライアー選手はマイナー・リーグ選手としてレッズ・キャンプにいます。
彼はトップレベルのレッズとのノンロスター招待された人さえではありません。。》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21791875/reunited-with-dusty-baker-mark-prior-in-reds-camp


    ▼ 『 キング・フェリックス投手は、カーショーが彼のレコード契約を破るだろうと予言します。』

    《 〔ピオリア、〈AZ〉(ジョン・ハイマン氏)〕 --、マリナーズ右腕フェリックス・ヘルナンデス投手は、彼の1億7500万ドル(7年間の取り引き契約)に署名した後に投げる主戦です。しかし、彼は、投手部門のトップがすぐに他の有力候補者のうちの1人によって覆われれば、それが彼を悩まさないだろうと言いました。》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/jon-heyman/21791628/king-felix-predicts-the-pitcher-who-will-break-his-record-175million-contract


    ▼ 『 ブルージェイズは、2013年の中でより少数の内野変更を使用してもよい。』

    《 〔、〈州〉(マイク・アクサ氏)〕、--、 それはジョー・マドン監督およびレイズによって普及しましたが、ブルージェイズは近年ディフェンスの変更はといえば野球の最も積極的なチームでした。それらは、打者の傾向(三塁手ブレット・ローリー選手、しばしば浅い右翼で駐車されて、傷つける)に基づいた内野を規則的に再整理し、潜在的なヒットがアウトへ変わるのを見るでしょう。それはすべて元三塁コーチ・ブライアン・バターフィールド氏によって指導調整されました。》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21792562/blue-jays-may-use-fewer-infield-shifts-in-2013


    ▼ 『 報告書: マイナー・リーグ取り引きを求めるブラディミール・ゲレーロ選手。』

    《 〔、〈州〉(クリス・チビィック氏)〕、--、 外野手ブラディミール・ゲレーロ選手は、「FoxSports.com」の野球知識人:ローゼンタール氏によれば、カムバックを試みており、マイナー・リーグ取り引きを捜しています。ゲレーロ選手(38歳)は、昨シーズンブルージェイズとのマイナー・リーグ取り引きに署名しました。しかし、彼は単に彼のリリースを求める前に12のマイナー・リーグ試合でプレーしました。》

    ※ 【参考】; http://www.cbssports.com/mlb/blog/mlb-rumors/21791450/report-vladimir-guerrero-seeking-minor-league-deal

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 『  Yahoo! Sportsのホームページの最新ニュース  』

    ★ 『 510,000ドルのエンゼルスによって更新されたツロート選手の契約。』

    《 〔テンピ、〈AZ〉(AP/・記者)〕-- ロサンジェルス・エンジェルスは、外野手の代理人からの腹を立てた応答を刺激して、510,000ドルの年マイク・マスのALルーキーの契約を更新しました。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/trouts-contract-renewed-angels-510-205257062--mlb.html

    ★ 『 バド・セリグMLBコミッショナーは、よりタフな薬物使用のペナルティーを要求しています。』

    《 〔スコッツデール、〈AZ〉(AP/ボブ・バウム記者)〕-- 大リーグのバド・セリグMLBコミッショナーは、スポーツの薬物協定を破る大リーガーに対するよりタフなペナルティーを要求しました、結合が進んで考慮する動き、しかし2013年シーズンのためにではない。土曜日にアリゾナ・ダイモンドバックスの春季トレーニング野球場で記者会見で話して、セリグMLBコミッショナーは、昨年のオールスターゲームMVP賞:メルキー・カブレラ選手が、今閉じたフロリダで老化防止クリニックから禁止物を受け取ったという主張のための肯定的な薬物検査が彼により堅いペナルティーをできるだけ速く求めさせるのを支援したと言いました。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/bud-selig-calls-tougher-drug-214856744--mlb.html

    ★ 『 オールダーソンGM : サンタナ投手、「より少ないそれほどありそうでない」開幕戦のために。』

    《 〔 ポートセント・ルーシー、〈FL〉(AP通信社 / ジョン・サンタッチ記者)〕-- ニューヨーク・メッツのゼネラルマネジャー、サンディー・オールダーソンGMは、4月1日にチームのサンディエゴ戦に対する第一戦の「ますます恐らく」準備ができるように、ジョアン・サンタナ投手がいなくなっていると言います。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/alderson-santana-less-less-likely-235451499--mlb.html

    ★ 『 ギャラード投手の股負傷は、WBCのための登板を制限することができました。』

    《 〔フェニックス、〈州〉(AP/・記者)〕-- ワールド・ベースボール・クラシックに彼の選手の非常に多くを向かわせることに関して、ブリュワーズ監督ロン・ローエンニック監督が持っているという最も大きな懸念のうちの1つは、負傷の可能性です。傷を生産する、それらのうちの1つがいずれにしても参加しないようにできました。。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/gallardos-groin-could-limit-availability-184753939--mlb.html

    ★ 『 リンスカム投手は、水疱によりスタートから欠場しました。』

    《 〔スコッツディール、〈AZ〉(AP / ・記者)〕-- サンフランシスコ・ジャイアンツ・ピッチャー、ティム・リンスカム投手は、彼の右の中指に水疱のためにシカゴ・カブス戦に対する先発スタートからこすられました。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/lincecum-scratched-start-due-blister-191843746--mlb.html

    ★ 『 クロー投手は、ロイヤルズ(20%のカット)との128万ドルの取り引きに同意します。』

    《 〔サプライズ、〈AZ〉(AP/・記者)〕-- アーロン・クロー投手(カンザスシティー・ロイヤルズのための2011年のオールスター戦出場)は、128万ドル(最大の20パーセントのカットを表わす、1年の契約)に同意しました。クロー投手(この人はトピーカのウォシュバーンの田舎のハイスクールへ行った)は2009年のアマチュアのドラフト指名の12番目の全面的な候補選手ピック枠でした。彼は同意した、300万ドルまでその9月、3年の契約、それは、2012年の110万ドルの150万ドルの契約賞与および大リーグ給料を含んでいました。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/crow-agrees-1-28m-deal-200951422--mlb.html

    ★ 『 タイガースを助けるキャブレラ・ホームランは海賊4-1に勝ちます。』

    《 〔レークランド、〈FL〉(AP/・記者)〕-- ミゲール・キャブレラ選手は、オープン戦の彼の3本目のホームランを打ちました。また、ドルー・スマイリー投手は、ピッツバーグ・パイレーツに対する4対-1の勝利中のデトロイト・タイガースの分離したチームのために土曜日に完全な3イニングを投げました。オースティン・ジャクソン選手は、デトロイトの3本のヒットのうちの1つを持っており、2度得点しました。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/cabrera-homers-help-tigers-beat-211141889--mlb.html

    ★ 『 二度目のオープン戦・スタートにおいて支配的なレイズのカッブ投手。』

    《 〔ポートシャーロット、〈FL〉(AP / ・記者)〕-- カッブ投手は圧倒的な3回を投げるために荒い投球から回復しました。また、タンパベイ・レイズは土曜日に4対-1でボルティモア・オリオールズに勝ちます。カッブ投手(この人は月曜日にボストンに対して2イニング投球しようと努力した)は単に1本のヒットを許し、36球の投球数で5人を三振にとりました。。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/rays-cobb-dominant-second-spring-205142910--mlb.html

    ★ 『 日本はワールド・ベースボール・クラシックで5対-3でブラジルを破ります。』

    《 〔フェアフィールド、〈コネチカット州〉(AP/・記者)〕-- 土曜日に勝つため、ホスト日本(前大会2つのWBCのトーナメントで優勝)は8回に逆転しました。日本は、3対-2を引きずった後に8回に3回得点しました。二塁からの内川選手をホームに帰すために、井端選手はRBIシングル安打でゲームを同点としました。フィルダースチョイス上の三塁から得点した時、日本は優位をとりました。松田選手のRBIシングル安打は、それを5対-3にするために長野選手をホームインさせました。リリーフの摂津投手は勝利を得ました。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/japan-rallies-beat-brazil-184123820--mlb.html

    ★ 『 オランダは、WBCの恵まれた韓国の5対-0に勝ちます。

    《 〔台北〈台湾〉(AP)〕-- 土曜日のベースボール・クラシックで、アンドリュー・ジョーンズ選手は2本のヒットおよびマークウェル選手を還しました。また、ユンテェーマ選手はオランダを助けるために4本のヒットに抑え7イニング投球し、韓国を5対-0と完封した。》

    ※ 【参考】; http://sports.yahoo.com/news/netherlands-beats-favored-south-korea-164106139--mlb.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 『 「 USA TODAY 」のホームページの最新ニュース  』

    ▲ 『 契約に関するエンジェルスと混乱したツロート選手の代理人。』

    《 〔 、〈州〉(USAトゥデー誌 / デヴィッド・レオン・ムーア記者)〕--、マイク・ツロート選手は、ロサンジェルス・エンジェルスと2年目の大スターとして大リーグ、初年度トロフィーの2012年のアメリカンリーグ・新人王および外見は無限の将来の期待をすべて持っています。。》

    ※ 【参考】; http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/angels/2013/03/02/mike-trout-angels-2013-contract-agent-upset/1959053/

    ▲ 『 セリグMLBコミッショナー :「私はより強い罰を信じます」。』

    《 〔 スコッツデール、〈AZ〉(USAトゥデー / ボブ・ナイチンゲール記者)〕--、選手および組合チーフ、マイケル・ウェイナー氏による最近のコメントに励まされたコミッショナー・バド・セリグMLBコミッショナーは、大リーグ・ベースボールの運動能力向上薬に対するペナルティーを強靭にする時間であると土曜日に言いました。セリグは、どれくらい厳しいか暴露しないでしょう、彼はペナルティーを望むが、それを澄ませました、彼は今シーズン変更をインプリメントしたい。》

    ※ 【参考】; http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2013/03/02/bud-selig-mlb-drug-penalties/1959337/

    ▲ 『 MLBスターは、ワールド・ベースボール・クラシックの国々に向かって適します。』

    《 〔 スコッツデール、〈AZ〉(USAトゥデー / ・記者)〕--、ミゲール・キャブレラ選手およびR.A.ディッキー投手、およびワールド・ベースボール・クラシックの中の多数のオールスター選手は、打つべきチームを知っています。: WBCに二度の勝利者の日本に挑戦します。》

    ※ 【参考】; http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2013/03/01/japan-hopes-to-defend-their-title-in-the-third-edition-of-the-wbc/1956807/

    ▲ 『 インディアンズのクローザー:クリス・ペレス投手は肩に故障を持っています。』

    《 〔 グドイヤー、〈AZ〉(USAトゥデー / ・記者)〕--、インディアンズのオールスター戦出場のクリス・ペレス投手は、寝違えた肩のために1か月間の出番を失っているかもしれませんでした。ペレス投手(この人は昨シーズン39試合のゲームを欠場した)は10日に対して来週のために投げないでしょう。》

    ※ 【参考】; http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/indians/2013/03/01/indians-closer-chris-perez-has-shoulder-strain/1957291/

    ▲ 『 ジョシュ・ハミルトン選手は、リュウ投手(激しいザック・グレンキー投手からヒット)からホームランを打ちます。』

    《 〔 テンピ、〈AZ〉(USAトゥデー / ・記者)〕--、両方のロサンジェルス・チームの選手登録表は金曜日にスポットライトにありました。ジョシュ・ハミルトン選手は、エンジェルスの中の最初のホームランを打ちました、ドジャーズのヒュン・ジン・リュー投手(韓国の新人)を打ちます。別の分離したチームのゲームで、リュー投手の新しいチームメイト(ザック・グレンキー投手)は、サンディエゴ・パドレス戦に対する困難の多い投球をしていました。》

    ※ 【参考】; http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2013/03/01/josh-hamilton-hyun-jin-ryu-zack-grienke-los-angeles-dodgers-anaheim-angels/1958127/

    ▲ 『 WBC 2013: オランダは恵まれた韓国を5対-0と打ち破ります。』

    《 〔 台北、〈台湾〉[USAトゥデー / ・記者(AP)]〕--、Andruwジョーンズは2本のヒットおよびマーケル選手を得ました。また、ユンテェーマ選手はオランダを助けるために4本のヒットで7イニングを抑えました、世界で韓国の5対-0を転覆した、土曜日にバーナディナ選手は、ベースボール・クラッシックで、2打点をあげました。》

    ※ 【参考】; http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2013/03/02/world-baseball-classic-2013-netherlands-south-korea/1958599/

    ▲ 『 ヤンキースと レッドソックス、もはやないだろう、AL【東地区】での先頭争い。』

    《 〔 タンパ、〈FL〉(USAトゥデー / ・記者)〕--、1966年からでした。さらにニューヨーク・ヤンキースとボストン・レッドソックスがアメリカンリーグにおいて最後に終了した年でした。9度、2つのチーム間のワールド・シリーズ選手権、その後、これはにチームがAL【東地区】での中で起こる年になるでしょうか。》

    ※ 【参考】; http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2013/03/01/yankees-red-sox-no-longer-front-runners-in-the-american-league-east/1954935/

    ▲ 『 レンジャーズのネルソン・クルーズ選手は、胸の不快の後に休みました。』

    《 〔 サプライズ、〈AZ〉〕--、USAトゥデー誌・スポーツ担当の記者は、オープン戦を報告します。

◎  『 テキサス・レンジャーズ7点、対アリゾナ・ダイアモンドバックス1点 』

 + M・ハリソン投手(1勝:3回3被安打無失点)、マイリー投手(1敗:2回3被安打3失点3自責点)

  * アリゾナ・リパブリック・ガーネット紙 : http://www.azcentral.com/sports/diamondbacks/

 + チーム医者が彼の胸の中の筋肉の緊張を分析した後、テキサス・レンジャーズのライト、ネルソン・クルーズ選手はより重大な問題を取り除かれました。ザッド・レヴァイン部次長は、ほかに何でも除外するために病院にクルーズ選手が送られたと金曜日に言いました。レンジャーズは、いくつかのテストが否定で、クルーズがストレステストの後に解放されていた、とその後声明で言いました。彼は土曜日に野球活動を再開することができます。クルーズは、ワールド・ベースボール・クラシックのためにドミニカ共和国に加わるために日曜日に去る準備ができていました。彼は、5打点を持ったレンジャーズをリードします、この春季トレーニング、彼は単なる.214.を打っていますが32歳のクルーズ選手は24本のホームランおよび90打点で.260に達して、昨シーズンこれまでで最高の159ゲームをしました。》

    ※ 【参考】; http://springtraininginformation.com/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 『 「  Bleacher Report 」のホームページの最新ニュース  』

    ▲ 『 春季トレーニングで10の最もホットなMLB見通しを並べること。』

    《 〔 、〈州〉(Bleacher Report / マイク・ローゼンバウム記者)〕--、3月前半のワールド・ベースボール・クラシックのスタートにより、今年の春季トレーニング展示スケジュールは参加者がみなゲーム準備ができていることを保証するために一週間までに加速されました。その結果、スプリングに後であるまで、無数の大リーグ選手(主としてWBCの登録簿上のではないもの)は、ゲームを取っておかれています。》

    ※ 【参考】; http://bleacherreport.com/articles/1548766-prospect-power-rankings-10-hottest-prospects-at-spring-training


    ▲ 『 MLB最小に関する20,000ドルのエンゼルスによって更新されたマイク・ツロート選手との契約。』

    《 〔 、〈州〉(Bleacher Report / マット・フィッツジェラルド記者)〕--、ロサンジェルス・エンジェルスはあまり与えませんでした、1つの、経済報酬あるいはどれでも提供する、年マイク・ツロート選手の2012年のアメリカンリーグ・ルーキー職務保証に長期的。オールスター・センターは、今後何年も8桁の年収を保証するように見える一シーズンを過ごしました。しかし、エンジェルスは金曜日にMLB最小に関して20,000ドル510,000-正当な$で彼の契約を更新しました。》

    ※ 【参考】; http://bleacherreport.com/articles/1551010-mike-trouts-contract-renewed-for-20000-over-major-league-minimum


    ▲ 『 バド・セリグMLBコミッショナーは、MLBのドラッグ・ペナルティーがより厳密であるべきであると信じます。』

    《 〔 、〈州〉(USAトゥデー / イーサン・グラント記者)〕--、バド・セリグMLBコミッショナーは、ペナルティーの違反者がさらに猛烈であってほしい。それはUSAトゥデーのボブ・ナイチンゲール氏から最新です。この人は野球の委員はMLBのPED政策の違反者のために既に「3つのストライクおよびあなたが外にある」プログラムであるものを堅くし始める準備ができていると報告します。》

    ※ 【参考】; http://bleacherreport.com/articles/1551098-bud-selig-believes-mlbs-drug-penalties-should-be-more-strict


    ▲ 『 ロサンゼルス・ドジャーズは、オープンな選考試験にイラクで脚を失った退役軍人を招待します。』

    《 〔 、〈州〉(Bleacher Report / GABE・サルジバル記者)〕--、私は、熱心にMLB春季トレーニングからのビデオおよびイメージをあなたたち、野球ファンのうちのほとんどが探索したと考えます。しかしながら、金曜日にロサンゼルス・ドジャーズによってツイッターに投稿されたものよりよいイメージはほとんどありません(何、あなた、遭遇した)。》

    ※ 【参考】; http://bleacherreport.com/articles/1549688-dodgers-invite-miltary-veteran-who-lost-leg-in-iraq-to-open-tryout


    ▲ 『 伝えられるところによれば、ニューヨーク・ヤンキースは、ロビンソン・カノー選手への「重要な提案」を申し出ます。』

    《 〔 、〈州〉(Bleacher Report / ダグ・ラッシュ記者)〕--、伝えられるところによれば、ニューヨーク・ヤンキースはスター二塁手ロビンソン・カノー選手を契約延長するのに会談中です。MLB.comのブライアン・ホック氏によれば、木曜日に、爆撃機は、Canoへの「重要な提案」を申し出ました。》

    ※ 【参考】; http://bleacherreport.com/articles/1548510-new-york-yankees-bombers-have-made-significant-offer-to-robinson-cano


    ▲ 『 ワールド・ベースボール・クラシック2013: 最初の結果、更生タイヤおよび分析。』

    《 〔 、〈州〉(Bleacher Report / ピート・シャウアー記者)〕--、最近のトーナメント以来4年経ったと信じるのは難しい。しかし、ワールド・ベースボール・クラシックは2013年に戻ります。リーグ戦第一ラウンド・プール予選の最初は金曜夜遅く[東部標準時間]、見る人用にスタートし、土曜日に米国で見る人なら誰のためにでも2つの早朝ゲームで包みました。》

    ※ 【参考】; http://bleacherreport.com/articles/1550332-world-baseball-classic-2013-day-1-results-recap-and-analysis


    ▲ 『 ザビエル・バスケス選手は、膝の故障によりカムバックの試みを終了します。』

    《 〔 、〈州〉(Bleacher Report / ・記者)〕--、[HARDBALLTALK.COM]から…、スタートする前に、ザビエル・バスケス選手のカムバック(それはワールド・ベースボール・クラシックにプエルトリコのためのピッチングを含めるだろう)は終わりました。》

    ※ 【参考】; http://bleacherreport.com/articles/1546660-javier-vazquez-ends-comeback-attempt-due-to-knee-injury

    ▲ 『 シンシナティ・レッズとのマーク・プライアー選手とのサイン・フリー・エージェント契約。』

    《 〔 、〈州〉(Bleacher Report / アンドリュー・マーティン記者)〕--、誰でも、彼がシンシナティ・レッズとのフリー・エージェント契約に調印して、彼のものにできるカムバック物語および右投手マーク・プライアーの希望が好きです。プライアー選手はマイナー・リーグ取り引きへのレッズによって署名され、通行の後によい年(アリゾナ)にチームの春季キャンプへ出頭しました、彼の、シンシナティ・エンクワイラー紙のジョン・フェイ氏による報告書による金曜日に物理的。署名はMLB.comのマーク・シェルドン氏によって確認されました。》

    ※ 【参考】; http://bleacherreport.com/articles/1550035-mark-prior-signs-free-agent-contract-with-cincinnati-reds

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLB関連の球団別の最新情報のサイト解説では…『 岩隈久志投手は、マウンドでより確信しているように感じます。』

  * 岩隈投手は、2年目のシーズンに入ると共に、はるかに強く、より自信を持っているように見えます。

〔 フェニックス、[AZ]〈・紙/グレッグ・ジョン記者〉(MLB.com)〕、-- それはわずか1イニングおよび15の投球でした。しかし、マリナーズ右腕岩隈久志投手は、2番目シーズンに出発するとともに彼がはるかに強く、より確信しているように感じていると言いました。

岩隈久志投手(31歳)は、昨季は後半に中継ぎメンバーとして出現する前にブルペンでその年を始めることをしに、日本からのフリー・エージェントとして署名した後に春季トレーニングの中で昨年初めに負傷と中継ぎから苦闘しました。

しかし、彼は今年、シアトルの最初からの先発ローテーションへ鉛筆で書かれ、火曜の6対-5の勝利の中で3つのゴロ上でブリュワーズのラインナップのトップを下へ順番にセットした後に回転するようになることが熱望しています。

「それは大きく感じました」と岩隈投手が青木宣親選手、リッキー・ウィークスおよびライアン・ブラウン選手をアウトにした後に通訳のアントニー・スズキ氏によって言いました。

「私が地面でボールを保存することが好きであるので、それは私に多くの確信を与えます、そしてない、を上へ、空気中の中で。

有利なカウントでいた時、私は2つの継ぎ目および分離した指を利用したかった。また、私はそれをすることができました。したがって、それはよかった。」

6-フィート-3つ、210ポンドの岩隈投手は、この春もっと早く準備ができているためにシーズンオフ上に彼が熱心に働いたと言いました。

「私は私が昨年だった場合よりずっと強く感じます。また、私は強さに非常に満足しています」と彼が言いました。

「私は、過去に持つよりずっと早く出発しました。私の腕(だけでなく)だが私は私の中核トレーニングに作用しています。また、それは非常に助けになりました。

「特に速球を投げている場合、私は違いを感じます。その投球はストライクゾーンにおいて低い。また、私は、それが以前よりずっと鋭いと思います。」

エリック・ウェッジ監督は、彼が右腕投手から見たものが好きでした。

「彼はボールをよく投げています、すべてのキャンプで。」固定する、と言いました。

「彼は強い。ボールは手からジャンプしています。また、彼は投球のすべてでよいアクションをしています。」

岩隈久志投手のための最も大きな違い、今、彼はメジャーリーグ中の別シーズンの間戻ります?

「何が起こるか知らない最初の年」と、岩隈久志投手は言いました。

「ルーチンがどのように見えるか知りません。ライトからの左を知らない、今年に対立するものとして、何を期待するべきであるか、またゲームのいつ準備ができるべきか知っている場合、その結果、それを非常に作る、より容易。」。

(2013年2月26日午後7:11 ET)。…以下省略…。

● 「 Iwakuma feels more confident on mound 」

  ※  http://seattle.mariners.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130226&content_id=42018052¬ebook_id=42027672&vkey=notebook_sea&c_id=sea

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント

ボストン・レッドソックスのチームレポート〔03月02日、2013〕 ; 第2稿 《訂正&加筆》

2013-03-02 00:05:48 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  【 [ フォートマイヤーズ〔FL〕、(球場)]、---〈資料写真 - 2013年2月15日(金)〉: ボストン・レッドソックスのピッチャー、田沢純一、および上原浩治投手(左側)は、両方とも日本人選手で、春季トレーニングのメジャー野球での練習中に笑いを共有します。】

  ※ 《 試合内容と会見の模様は、球団HPで、: http://boston.redsox.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_bos_vid&c_id=bos 》
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
●  PR : 『 友達と MLB.com を、あなたの好きな其々の方法で楽しんでください。 』

  * ニュースを精査してください、ビデオおよび更にもっとたくさんの情報が、あなたの友達が読んでおり、ライブで見ているものを上に基づかせました。

自分の活動を公表して(twitter、facebook、Google+)、十分な意見をコントロールし、保持してください!!

  ※ https://www.bloombergsports.com/frontoffice
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  『 時系列、MLB最新ニュース ; 2013 The Sports Network. 』

  ※ http://www.sportsnetwork.com/merge/tsnform.aspx?c=sportsnetwork&page=mlb/news/indexsn.aspx?sport=AA


★ 【 参考 】  『 MLB 時系列 - CBSSports News 』 

  ※ http://www.cbssports.com/mlb/wiremenu
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
PR : 『 2013 The Associated Press. 』    

  ●  刻々と移り変わる、世界情勢を『 AP通信社 』の公式サイトで、ご確認を…!!

  ※ http://hosted.ap.org/dynamic/fronts/SPORTS?SITE=AP&SECTION=HOME
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《 今季のメジャーの成績の鍵を握っているのは…各球団の新戦力とGM&監督!? 》

レッドソックスの昨年の不振とチーム内の亀裂が解決しているかが、ファン離れと相まって、一寸気になります。

レスター投手の一本柱となり、先発陣のバックホルツ&デンプシーとラッキー投手は投げて見なければ、分からない状態…、抑えのハンラハン&ベイリー投手の健康状態もどうか…!?

その他の選手補強もベンチとブルペン陣の控えで支払い給料額の減少で、選手層の薄さが心配です。 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 MLB の ボストン・レッドソックスのツイッター 公式サイト 」; https://twitter.com/RedSox

   ※ 「   〃   フェイスブック 公式サイト 」; https://www.facebook.com/RedSox

   ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+redsox/posts

   ※ 「   〃   レッドソックス 公式ファンクラブ 」; http://boston.redsox.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=bos

   ※ 「   〃   モバイル・サイト 」; http://texas.rangers.mlb.com/mobile/?c_id=tex 《登録が必要》


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ● 「  地元紙のスポーツ欄 」

   * 「 ボストン・グローブ紙 」: http://www.go-redsox.com/ -- 見出し…『 レッドソックスの補強状況。』 (2013年2月01日/ダイゴ・フジワラ記者 )《 ボストンの地元紙、ボストン・グローブ紙のインフォ・グラフィックス部で情報デザイナーとして働くレッドソックスファンの藤原大湖氏が地元ニュースを読み、観て、聞きながら感じたことを随時執筆している応援日記ブログ。》

   ※  http://www.boston.com/sports/baseball/redsox/


   * 「 ボストン・ヘラルド紙 」、-- 見出し…『 ウィル・ミドルブルックス選手、およびレッドソックス再興のために回避された危機。』 (2013年3月01日金曜日/マイケル・シルバーマン記者 )《 〔ブラデントン、(FL) 〕-- しかし、負傷は三塁守備の論争を引き起こします。X線検査は必要ではありませんでした、ミドルブルックス選手は打撃練習をしました。また、ジョン・ファレル監督は、彼をラインナップの中に戻すことをさらに考慮してもよいと言いました。》

   ※  http://bostonherald.com/sports/red_sox_mlb


--------------------------------------------------------------------------------
   ● 「  MLB関連のスポーツ欄 」

   * 「 FOX スポーツ 」、-- 見出し…『 レッドソックスのための戦略の中で変わってください。』-[2013年2月28日午後4:32 ET / ジョン・ポール・モロシ氏 )《 ブラデントン(FL)--、レッドソックスの春季キャンプからのジョン・ポール・モロシ氏の報告書。ミドルブルック三塁手は昨シーズン、ボストン・レッドソックスのために打率:.288に達するでしょうか。現在の監督がいなかったならば、彼は、打率:.300.を打つことができました。知っての通り、ジョン・ファレル新監督は昨年、トロント・ブルージェイズにいました。》 

   ※  http://msn.foxsports.com/mlb/story/boston-red-sox-john-farrell-brian-butterfield-revamp-defensive-strategy-shift-022713


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  『 ボストン・レッドソックス: : 3 を上へ、そして3、を下って。 』


●  『 球団内部の最新情報 』

《 「 ジャッキー・ブラッドリーJr.選手は、レッドソックス(ビデオ)と開幕初日の選手登録簿のスポット枠を要求します 」。〔サプライズ、(AZ)〕-、2013年2月28日(木)11:21PMのNESNビデオによって。

▲  「 ボストン・レッドソックス16点(14安打)、対ピッツバーグ・パイレーツ6点(9安打) 」

マイナー・リーグの中の目立った2012年の活躍後、ジャッキー・ブラッドリーJr.選手は今、レッドソックスに効果を与えています」-- 大リーグ担当・スタッフ。

最近の昨年にブラッドリー選手は、まだ、ちょうど22本塁打を、1レベルアップのマイナーリーグ「シングルA」の『ポートランド・シー・ドッグ』で活躍して、2014年にボストンのメジャー上に昇格するように用意を整えたように見えた。

しかしながら、外野手が今、ソックスでの地位を求めて徹底的に競っているので、それらの予測はブラッドリーの早春努力で調節される必要があるかもしれません」、開幕初日の選手登録簿に掲載される可能性。

ブラッドリー選手の種々の能力に関してもう少し学習するのに上記のビデオをチェックしてください。

1番:・ブラッドリー中堅手 (CF)。
2番:・ホルツ二塁手 (2B)。
3番:・ラバンウェイ選手 (DH)。
4番:・スィーニー右翼手 (RF)。
5番:・サットン三塁手 (3B)。
6番:・ロス捕手 (C)。
7番:・オーバーベイ一塁手 (1B)。
8番:・リナレス左翼手 (LF)。
9番:クリス・イグレシアス遊撃手 (SS)。

【 先発投手 】: ジョン・ラッキー投手 (P)。2回、3被安打、3失点、3自責点、1四球、1奪取三振、1被本塁打。
【 中継ぎ 】:カーペンター、ヘルナンデス、ドイル、ダービン投手。

※ http://nesn.com/boston-red-sox-video/ 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ◆  『 投手陣とその他、戦力分析 』

★  「 大リーグ30球団のパワーランキング【第14位】 : 3ランク上へ、そして3ランク下って。」


 〔〈2013年2月20日〉(ボストン・グローブ紙/デイビス記者)〕、-- 近年で最悪のシーズンのうちの1つを持続させた後に、ボストン・レッドソックスはシーズンオフ中に仕事に行きました。

不運にも、そのすべての労働は多くの識別可能な改良に結びつくとは限りませんでした。

控えめに言っても混乱させる冬でした。また、チームは、持つように見えます、重要なその戦略とその哲学の両方の点から後方へのステップをとります。

数十年間の間、レッドソックスは、かなり淡褐色の全面的な履歴書を強調する少数の目立っているシーズンの等外馬でした。

しかし、GMテオ・エプスタイン氏が2002年に町へ来た時、球団構成がよい方のために基本の変更を行ったように思われました。

マネー・ボール・スタイル・アプローチで、ソックスは内部から構築することへのほとんどのそれらの焦点を置く間に賢く手頃な獲得をしました。

ダスティン・ペドロイア選手のようなホーム成長した才能、ケビン・ユーキリス選手、ジョナサン・パペルボン投手、ジャコービィ・エルズベリー、およびクレイ・ブーフホルツ投手は、デビッド・オルティス、ケビン・ミラー、デイブ・ロバーツ選手およびカート・シリング投手のような賢明な略奪によって増大されました。

ダスティン・ペドロイア、ジャコービィ・エルズベリー、およびデビッド・オルティス選手は、もう一度2013年のチームの核心を形成するでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲  高評価 : 「 3ランク を上へ。」


   * 2013年の最良のシナリオの場合。


上記方法で、2004年と2007年にタイトルを勝ち取るのを支援しました、しかし、成功がそのようにまた成長したとともに、チームの(またファンの)期待を損ないました。

移籍選手の動向(入団or退団)は、より大きく、より注目される事になりました。

松坂大輔投手。
ヴィクター・マルチネス選手。
ジェーソン・ベイ。
エイドリアン・ベルトレ。
ジョン・ラッキー投手。
エイドリアン・ゴンサレス選手。
カール・クローフォード選手。

知覚されたものはトップの層の名前を持ち込む必要があります、フランチャイズの常識を切っていました。
その、知能構造の内部から、大スターを署名する魅惑に没頭しました。

結局、ペドロイア、ユーキリス、エルズベリー選手、ジョン・レスター、パペルボン投手…allは、非常によく確実にそこで出てきました、ファーム制度のパイプラインの終わりでありませんでした。

それはそうでした、1つの、チームがより多くのゲーム・チェンジャーを持ち込んだとともに当然と考えられて与えられました。

しかし、途中で、何かが起こりました。
チームの姿勢は変わりました。
大気は変わりました。

2004年と2007年からの汚れ、喧騒はなくなりました。
これ以上マイク・ローウェルあるいは早足ニクソンはありません。

ティム・ウェークフィールドおよびジェーソン・バリテック氏は有効性から年を取りました。
また、クラブは、かろうじて認識されて、扇型に広がる選手への支払い総額の縮小するものに似合いました。

ボストンは、ヤンキースのように、高価な買い物をすることを支持してそれに1ペアのワールド・シリーズのを得させたアプローチをほとんど放棄しました。また、動きは裏目に出始めました。

ジョン・ラッキー投手は、両方ともフィールドの内外で、予測可能な災害でした。

松坂投手は、法外で無謀な移籍契約金の正当化にさらにはるかにもっと接近しませんでした、彼の実際の契約。

カール・クローフォード選手は絶えずけがをしました。

巨大な消費は、深さを得ることにあまり金融の動ける余地を残しませんでした。また、スターが倒れた時、置換オプションは醜かった。

傷は、房の中のチームに起こりました。また、若い選手は、単に準備ができていなかったメジャーリーグに連れて行かれました。

実際、それらは準備ができていないかもしれません。; ボストンは、10年前からのそのマイナー・リーグの勝利を複写するようには見えませんでした。

事態が解くように、パニックの動きは起こりました。
リリーフ投手ダニエル・バード投手は、ローテーションへ左右に動かされました。

安定して人気のあるテリー・フランコーナ元監督は、儀式ばらずに中傷され中へ追放されました、1つの「相互の」分割します。

また、最後に、テオ氏は彼自身沈む船を回避し、シカゴに向かって辞任しました。

ボストンは今その同一性を回復しようと努力するクラブです。
2013年における冷酷な見込みを持ったクラブ。

ジョシュ・ベケット投手、ゴンサレスおよびクローフォード選手が【西地区】へ送られたとともに、93敗の致命的なロス、2012年のシーズンは焼け残り品特売に結びつきました。

ケビン・ユーキリス選手は、本質的に取り引きされました、無給。給料リリーフではないさえ。

安定しているが映えないコーディ・ロスおよびマイク・アビレスは、フリーエージェント制とブルージェイズにそれぞれ発せられて去りました。

交換に、トロントはフェンウェイ球場に、元ピッチング・コーチおよび現在の監督ジョン・ファレル氏がホームに帰らせました、しかし、どんな種類の状況が彼ですか、歩むこと、レッドソックスの再興へ?

この冬は一連の疑わしい決定、過度の給料および一時しのぎ手段でした。

ウィンター・シーズンの契約交渉の結果?

時間だけが伝えるでしょう。しかし、2013年版が昨年のレッドソックスの成績の回復が、ほかよりどのように裕福だろうか確かめるのは難しい。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲  高評価 : 「 3ランク を上へ。」


   * 2013年の最良のシナリオの場合。


そのシーズンの中への現実的な標題であることはファンにとって重要です。
レッドソックスは恐らく地区優勝、どころかワイルドカード・スポット枠を競争しません。

演習のそれ自身のシリーズによって、トロントは、A.L.【東地区】を捕らえる初期の本命としての地位を確立しました。

【東地区】の混戦、また、それは我慢強いジェイズ・ファンの耳に快いに違いありません。

タンパは来ます、嵐の中で、再び積み重ねられた。; レイズは、先発投手陣の層の厚さで、デビッド・プライスおよびマット・ムーア投手によってリードされた強力なローテーションを自慢するだけでなく、それらはこの冬、カンザスシティーからトップの予想ビル・マイヤーズ投手を得ます。

ボルティモア・オリオールズは、プレイオフ進出から新鮮で、今年、線上のすれすれにあるに違いありません。

ヤンキースは、ベテランが多く古く、スタミナ不足で虚弱です。しかし、彼らの威光とプライドは、まだヤンキースです。

10回のうちの9つ、事実だけがレッドソックスを過ぎてそれらを得るのに十分でした。

********************************************************************************
◆ 30球団中の順位とMLBチームのプレビュー :「 2013年のMLBチームの分析。」


市場のチーム力の勢力図およびチーム構成上の組立てを与えられて、第3位以上にボストンがシーズン終了することを想像するのは難しい。

それさえ主なセットポジションになるでしょう。

別の最下位の結末は恐らくより現実的です。しかし、物事がうまくいき、ジョン・ラッキー投手のような選手が、形式(それは前のレッドソックスの形式ではなくエンジェルスの形式です)に戻ることができる場合、クラブはボルティモアとニューヨークで掛かっている試みをしています。

そこに着くために、ソックスは、そのスターからの強いキャンペーンを必要とするでしょう。; エルズベリー選手、レスター投手、ペドロイア選手、ブーフホルツ投手およびオルティス選手は、今年、チームの成績の重要な浮沈を握るアンカーになるでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎ 最も重要なレッドソックスの選手。

 * ボストン・レッドソックス球団の命運をにぎる、ダスティン・ペドロイア選手


デプス・チャートへの迅速な注視は、チームのリーダーが2013年に入れて重い荷物を運ばなければならないことを明らかにします。

そのリーダーシップはベテランのダスティン・ペドロイア選手で始まります。

それは順位にとって難しい、エルズベリーとオルティスのような選手のそれに対する彼の重要、各々が異なる役割を果たすので。

しかし、ペドロイア選手は両方ともフィールドの内外で、チームのための触媒です。

オーダーのトップの3番めに打って、彼は、もう一度得点圏へエルズベリー選手を移動させる多くの機会(私たちは望みます)をさらに得る間にパワーヒッターのためにテーブルをセットするのを支援するでしょう。

ペドロイア選手は、さらにニューフェースでいっぱいの内野のベテランのリーダーシップとして役立ちます。

ミドルブルックス選手は、三塁手の新進のスターでありえます、しかし、健康関係および経験不足は、彼がほとんど確実ではないことを意味します。

スティーヴン・ドルー選手は乗り組ませるでしょう、短い、また、彼が拘束した真新しい追加分が持っているとともに、調整期間。

一塁手マイク・ナポリ選手(その急に止まって進まない腰は彼が設置していたオリジナルの多年取り引きをはねつけた)のための同上。

今、インセンティブ積む1年の契約で、ナポリ選手は、印象づけるべき多くの動機づけをしています。

ジャロッド・サルタラマシア捕手は、まだホームプレートの後ろに座ります。しかし、一度だけのレギュラー-予想は明らかにスターではなく控えの役割選手です。

内野は、まだペドロイア選手を中心に回ります。; 彼は1つのどんな技術の点からもエリートではありませんかもしれません。

しかし、彼が持っているとともに、それをすべて置いた選手はほとんどありません。
ボストンは、もう一度上るために彼を必要とするでしょう。

ピッチング側で、最も重要な腕は恐らくクレイ・ブーフホルツ投手です。

なぜ彼?

スタッフのエースとして、ジョン・レスター投手は単に偉大でなければなりません。

他のオプションはありません。

レスター投手は、2012年およびその4.82のERAが傾向のスタートというよりむしろ異常だったことを証明する必要があります。

彼がふらつけば、チームはどこにもとにかく行きません。

ブーフホルツ投手は、第2の先発メンバーの重大な役割を果たします。また、彼の後ろに、先発ローテーションは単なる疑問符です。

フェリックス・デゥブロント投手は、彼の開発の次のステップをとるでしょうか。

それとも、彼はいますか、運命づけた、中央の4点台の防御率タイプのままであるために、ジョン・ラッキー投手は、トミー・ジョン症の手術からの彼の帰り次第どうしても有効になりえますか。

それとも、その怪物契約はもう1年間クラブに出没し続けるでしょうか。

ライアン・デンプスター投手(この人は5月に36歳になる)は、野球の最もタフな区分の中で競争することを望むことができますか。

(ヒント:それを当てにしません。)

また、万が一それらのピッチャーのうちの1人が傷で倒れたら(野球神は禁止するように)、どうしますか。

ブーフホルツ投手は、28歳です。

彼はもはや上側を備えた予想ではありません。 これは今ちょうどちょうどここで彼の最盛期です。

彼の経歴にいくつかの顕著な高いポイントがありますが、彼は全体として一貫しませんでした。

2013年のレッドソックスはそれの余裕がありません。

信頼できるナンバーツーなしでは、先発ローテーションは重大な局面に困ることができました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  潜在的な能力ある、期待の選手。

  * ここの明白な選択はウィル・ミドルブルックス選手です。

 
ユーキリス選手の三塁の法定推定相続人として、でしょう、ミドルブルックス選手はボストンの次のオフェンス陣のスターになることができました。

第2のチャレンジは、負傷によって切り上げられたよいルーキー・キャンペーンから離れます。

75ゲーム(286の打席数)で、ミドルブルックス選手は.325の出塁率および印象的な.509の長打率を蓄積しました。

彼の15本のホームランおよび54打点が彼の生産を暗示します。また、三塁手の彼のディフェンスは固定です。

30/100は.800年代中頃にOPSで調味します、手の届くところと終刊号に適切であるということある、事態が正しい方法を壊す場合、実際に、はるかによいかもしれません。

わずか24歳で、ミドルブルックス選手はレッドソックスの次世代の中央の飾り物です。

ミドルブルックス選手の後、交代選手を見つけることは困難です。

登録簿は、そこに証明されたベテラン、ジョニー・ゴメス選手のようなベテラン職人、およびちょうどいない若者のミックスでまだ満たされます。

多くのファンがどれほどホセ・イグレシアス選手がプレートでのある優れた能力を開発することを望んでも、それは起こっていません。

しかしながら、ファレル監督の手腕と、このトピックに関する見解を聞くことは面白かった。

新しい指揮官は2013年にナックルボーラーのスティーヴン・ライト投手を潜在的な控えとして指名しました。

依存&脱走は強すぎる用語ですか。

恐らく。

しかし、ファレル監督の取り分を無視し、ティム・ウェークフィールド氏がこの数年にわたって果たした役割を与えられるのは難しい。

信頼できるナックルボール投手は、チームのために偉大なことを特に長く際立ってすることができます。

また、言及されるように、ボストン・先発ローテーションはまあ不安定で揺れます。

ライト投手は、彼がよいオプションと考えられた前に行うために多くの仕事を残します、しかし、場合、昨年の数、ポータケット(20のIP、3.15のERA/1.20 WHIP/3.20、K:BB)およびポートランド(2つの制限-121.2のIP、2.44のERA/1.27 WHIP/1.61、K:BB)である、任意の表示である、彼は大きく前に一歩進むところのことができました。

ナックルボール投手が後で経歴の中でしばしば発展することを覚えておいてください。したがって、28歳で、ライト投手は見られる必要があります。

また、ファレル監督は、よいピッチング理論に関して1つか2つのことを知っています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▼  「 悪い評価 3ランク を下って 」

  * 最悪のシナリオの場合。

 
これをほとんど言葉に表す必要はありません。しかし、ボストンは、今年、地下室で残る非常によい機会を得ています。

2012年は69勝-93敗で終了しました。; .426の勝率は不運にもよく知られている数でありえます、来る、9月の終了。

このチームは、それに先立つ多くのハードルを持っています。また、実際、よくなる前に、事態はより悪くなることができました。

レッドソックスがトレード・デッドラインの近くに乱闘している場合は、エルズベリー選手が町を離れて送られたのを見て、驚かないでください。

代理人:スコット・ボロース氏・クライアントで、才能のあるセンターは彼の契約の最終年にいます。

傷の歴史にもかかわらず、エルズベリー選手はゲームの最も動的な選手のうちの1人で、全く引っ張りを命じることができました。

ブロックバスターが起こらなくても、チームは、老化するDHデビッド・オルティス選手(37歳)、ライアン・デンプスター投手(5月のうちの36歳)およびジョン・ラッキー投手(34歳)によってリードされて、30歳代のバックアップ選手の多数の契約と取り引き交渉する必要があるでしょう。

重大な負傷を知らない人はない、レッドソックスは、主要な損害を補うために選手層の深さを欠きます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  重要なキー・プレイヤー。

  * マイク・ナポリ&エルズベリー選手。


健康。

外野。ローテーション。ブルペン。クラブハウスの選手層。

最近の実行およびありうる結果の両方に基づいて、2013年に多くの重要なエリアがあります。

オフェンス陣は、過去数シーズンの各々に、および時代と弱点の決め手の役割を果たした、害の大きい負傷者を回避する必要があります、両方の顕著な要因(それは巧妙になりえた)。

マイク・ナポリ選手の腰は既に大きなニュースです。また、彼はまだフェンウェイで競技を開始していません。

エルズベリー選手は、過去3年のうちの2つを浪費しました。

ライアン・カリシュ選手は、彼の肩問題を振るようには見えません。また、開発の彼のウィンドウは閉じています。

クレイ・ブーフホルツ、ジョン・レスター投手、ボストン・レッドソックスのブルペン陣…。

ボストンが2013年(ボストン・グローブ紙/デイビス記者)に競争する祈願をしている場合、ジョン・レスター(右腕)およびクレイ・ブーフホルツ投手はリバウンドする必要があります。

負傷、わき腹痛に、最も大きな心配は先発ローテーションでなければなりません。

正面へ、ボストンにはA.L.【東地区】での成功の履歴のない普通のベテラン職人があります、混戦の中の冷酷な履歴に上書きすることを期待するトミー・ジョン症の患者、1人は、25歳で、この人はMLB即座のオプションおよび1組のレッドソックスの備品として出現するかもしれないし、出現しないかもしれない、底知れない2012年の負債を抜けること
それらが昨年だったより、レスターとブーフホルツ投手は防御率的に少なくとも十分に実行されたよい方である必要があります。

デゥブロント投手は巨大な飛躍をする必要があります。また、ジョン・ラッキー投手は必要とします、よく、過去のジョン・ラッキー投手ではありません。

デンプスター投手は愚かな署名でした。; N.L.【中地区】の中のピッチング、激戦のA.L.【東地区】に投げることのようなすべてで何でありません。

彼が防御率:.450の下の何でも記録することができれば、それが勝利と考えられるべきですが、彼はリーグ平均腕より調子がよいだろうと思わないでください。

悪い決定は同様にブルペン陣を悩まします。

チームは彼の醜いボストン・デビューの後にマーク・メランコン投手を投げ捨てました、ヨエル・ハンラハン投手を上へ迎え入れて…クローザーを10回交換するために急につかむこと、コスト面。

あなたがN.L.【中地区】からのそれらの比較可能な履歴書を見る場合、2つはスタットこと的にすべてあまり異なりません。

ハンラハン投手の加入は、ダブルストッパー的な役割で、アンドリュー・ベイリー投手に突き当てます。それは前の最終回をあまり幸福にすることができません。

少なくともダニエル・バード投手は、彼が属するところに戻ります、そしてその「ブルペン陣は近年より多くの質と、オプションを持っています。

オフェンス陣の側で、ボストンは傾くシェーン・ビクトリーノ選手を考慮しています。この人はまだ相当な速度およびよいグローブを持っていますが、プレートであまり加えなくてもよい。

ジョニー・ゴメス選手はレフトです、そしてその、よりそれ、よい方に関して言いませんでした。

スティーヴン・ドルー選手は、さらにショート(どのように、疲れていた、聞くファンはそれですか)の別の一時的解決です。

塩気のある、将来のライアン・ラバンウェイ選手(私たち、希望)のキャッチャーのためのスポットを暖めています。

最終結果、今年のレギュラー陣と不能者のラインナップは青ざめているかもしれません。

* 誰が下への2012年から立ち直る必要があるか

レッドソックスは、彼の古い自己に返事するためにジョン・レスター投手を必要とします。

あまりにも多くの走塁者によって失点されて、昨年の数は特徴的でなく恐ろしかった。
彼の1.38のWHIPは、彼の通常の統計上に遠くにありました。

良いニュースは、彼の四球割合が前年とかなり一致していたということです。

悪いニュースは、彼が通常より思いきり打たれ、彼の三振割合が本質的に落ちるのを見たということです。

レスター投手はパワー腕を回復し、ボストンが予期するエースである必要があります。

ベケット投手とクローフォード選手が今去ったので、レッドソックス・ファンはそれらがリバウンドするかどうかに関心があることをやめることができます。

代わりに、焦点はジョン・ラッキー投手に変わります。

アナハイムから来て以来、および誰かが常に必要としていれば、8500万ドルの人は主な期待外れでした、1つの、はね返り後ろに説得力のある、非難キャンペーン、それは彼です。

不運にも、これは特にありそうに見えません。防御率:1.30を超過する4とWHIPの中のERAははるかに可能性が高い。

最後に、ジャコービィ・エルズベリー選手がいます。

多発損傷で、事実上2010年のすべてを恋しく思った後に、エルは2011年に活躍しました。

彼はMVP賞の次点者で、.964のOPSを記入し、39盗塁し、32本のホームランを記録しました。

要するに、彼は可能性から実際のスーパースターダムまで跳躍をしました。

しかし、2012年はより多くの負傷および主なカムバックの繰り返しをしました。

私たちは2013年でどのエルズベリー選手を見るでしょうか。

契約年に、彼は上手にプレーし、競技場でとどまる必要があります。

それは上位打線のためによいものを意味するかもしれません。

他方では、よい方、彼はプレーします、切迫したフリーエージェント制に蓄積するより多くの貿易額、したがって、それは少し両刃の剣です。

********************************************************************************

概して、レッドソックスは、今年その荒い試みを持つでしょう。

しかし、ファンは、ベン・チェリントンGMがよりよい球団に結びつく長期的なビジョンを持つことを望まなければなりません。

最近の決定は、それがそうではないかもしれないことを示唆します。しかし、恐らく、私たちはみなちょうど忍耐強い必要があります。

成功を祈ってください、--「レッドソックス・ネーション」。

● 「 Boston Redsox : 3 Up and 3 Down 」

  ( マット・ストローブル記者によって。2013年2月20日。)

  ※  http://network.yardbarker.com/mlb/article_external/boston_red_sox_3_up_and_3_down/12955135

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ◆  選手登録簿報告書  ◆


●  先発ローテーション: 

1番手. 左腕(LHP):  ジョン・レスター投手。
|
2番手. 右腕(RHP):  クレイ・ブーフホルツ。
|
3番手. 右腕(RHP):  ライアン・デンプシー。
|
4番手. 左腕(LHP):  フェリックス・デゥブロント。
|
5番手. 右腕(RHP):  ジョン・ラッキー投手。
|
このシーズンがレスターとブーフホルツ投手に依存するだろうということを示唆することはほとんど誇張ではありません。

能力が一流のことを両方は示しましたが、どちらも1年前にそれらの能力に揺れませんでした。

もし昨シーズンが単に異常ならば、レッドソックスは立ち直るでしょう。

しかし、レスターとブーフホルツ投手がもっと同じを提示すれば、ファンは目をカバーしたいと思うでしょう。

デンプスター投手は、昨シーズン、防御率:5.19を記録した先発ローテーションへの孤独の追加でした。また、彼は7月にテキサスへトレードされた後にALへよく適合しませんでした。

しかし、レッドソックスは彼の耐久性に引き付けられました。

さらに、ラッキー投手が昨シーズン、トミー・ジョン症から回復する間に肘の手術を逃した後にベテランの存在をもたらしている一方、彼らは、デゥブロント投手が彼の2年目のフルシーズンに改善することを予期しています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるブルペン陣 :


* 右腕(RHP): ヨエル・ハンラハン投手(クローザー)。

* 右腕(RHP): アンドリュー・ベイリー。

* 右腕(RHP): 上原浩治。

* 右腕(RHP): 田沢純一。

* 左腕(LHP): クレイグ・ブレスロー。

* 左腕(LHP): アンドリュー・ミラー。

* 右腕(RHP): ダニエル・バード。

* 左腕(LHP): フランクリン・モラレス

* 右腕(RHP): アルフレード・アセベス投手。

疑いなく、ブルペン陣は、恐らく7人のスポット枠になるものを求めて競う、9人の証明されたリリーフ投手と共に、チームの最も深く、最も才能のある位置です。

ハンラハン投手の追加はセット・アップ・マンへの役割をベイリー投手に強要しました。

しかし、さらに、レッドソックスが別の必要を満たすためにベイリー投手を移動させることができれば、それは潜在的なトレードに結びつくかもしれません。

上原投手は、彼が一貫して7回または8回のイニングを扱うことができることを示しました。

田沢投手は、昨年の9月、大部分は無意味なゲームでよく投げて、レッドソックスに別の終盤のイニングを任される腕を与えてもよい。

一度、アセベス(バード投手)は、悲惨なシーズンの後に立ち直ろうと努力しています。

ミラー、ブレスローおよびモラレス投手はレッドソックスに3つの証明された左腕投手を与えます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるラインナップ:

1番.  (CF) :  ジャコービィ・エルズベリー中堅手

2番.  (RF) :  シェーン・ビクトリーノ右翼手

3番.  (2B) :  ダスティン・ペドロイア二塁手

4番.  (DH) :  デービッド・オルティス選手

5番.  (1B) :  マイク・ナポリ一塁手

6番.  (3B) :  ウィル・ミドルブルックス三塁手

7番.  (LF) :   ジョニー・ゴメス左翼手

8番.  (C) :   ジャラッド・サルタラマシア捕手

9番.  (SS) :  スティーヴン・ドルー遊撃手

新しいマネジャーのジョン・ファレル監督は、オーダーの一番上のエルズベリー選手を好み、ビクトリーノ選手がサウスポーに対して次に打つかもしれないことを示しました。

それは、ペドロイア選手が少なくとも左腕投手に対して3番のスポット枠のために札をつけられることを意味するかもしれません。

それらが健康に続ける場合、オルティスとナポリ選手はオーダーの最中の左腕投手右腕投手パンチを提供するかもしれません。

その一方でミドルブルックス選手は、成功したルーキー・シーズンに構築することを期待しています。

ゴメス選手は、左腕投手に対してプレーするでしょう。

しかし、レッドソックスは彼と時間を分割するために左腕投手を打つ外野手をまだ捜しています。

昨シーズン25本のホームランをかっとばした後に、サルタラマシア捕手は攻撃力を下位打線にもたらすに違いありません。

********************************************************************************
★  期待のトップ・ルーキー:

 控え ; ( OF): ジャッキー・ブラッドリーJr.外野手は、マイナーリーグ、恐らくトリプルAの「ポータケット」で、そのシーズンを開く予定です。

しかし、彼は、昨シーズン.430の出塁率を記入して、22歳のための著しい選球眼を示しました。

レッドソックスが外野のどんな重傷も受ければ、彼の予定表は昨シーズンのミドルブルック選手と異なり加速されないかもしれません。

ロサンゼルス・ドジャーズとこの前の夏のメガディールの中で得られて、(RHP) : ルビー・ディ・ラ・ローザ選手は、先発ローテーションに選手層の深さを供給するためにトミー・ジョン症の肘の手術および図の後に回復されます。

********************************************************************************
■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(RHP)、 ジョン・ラッキー投手(2011年11月のトミー・ジョン手術)がそのシーズンのスタートの準備ができると予想されます。

(3B)、 ミドルブルックス三塁手(故障した右手首)は、制限のない打撃練習をしており、そのシーズンのスタートの準備ができると予想されます。

春季トレーニングの中でそれをゆっくり初期トレーニングをしてもよいが…

(DH)、 デービッド・オルティス(緊張した正しいアキレウス)は初日の準備ができるつもりです。

(1B)、 マイク・ナポリ一塁手(腰の中の虚血壊死)は無症候性で、開幕初日の準備ができるつもりです。

( 2013年2月20日. / マット・ストローブル記者 )。

● 「 Boston Red Sox: 3 Up and 3 Down 」

  ※  http://network.yardbarker.com/mlb/article_external/boston_red_sox_3_up_and_3_down/12955135

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ◆  「 上原浩治投手のレーダー監視の経歴の下で。」

〔 〈州〉、(ウィリアム・タスカー記者 / 紙)〕---、この歌われない取り引きの一つは、シーズンから、ボストン・レッドソックスが425万ドルの1年の取り引きへの上原浩治にいつ署名したかでした。

彼はMLBトレード噂の上の35番目のトップのフリー・エージェントと以前に評価されました、実際に進行中得られたシーズンから。

しかし、まだ、署名はレーダー監視の下で行きました。

また、上原投手の全経歴がレーダーの下にあったので、それは単にふさわしい。

上原浩治投手は2009年にメジャーリーグに来て、98試合のロス、オリオールズ・チームで彼の最初のシーズンに12ゲームを投げました。

ゲームに入らず、負傷により多くの時間失敗しましたが、上原投手はそのシーズン、先発メンバーとしてかなりよく投げました。

2010年の始め以来の彼の外観はすべてリリーフ登板でした。
上原投手のゲームで2つの基本的な欠点があります。

1番目、彼の、彼が健康に続けるのに苦労したように、負傷による欠場のバグ。

彼が肩や肘のlat負荷を備えたそのシーズンの多くを恋しく思ったとともに、それは2012年に継続しました。

しかし、彼は、健康な場合、かなり壮観でした。

2010年以来、上原はいくつかのカテゴリーでリリーフ投手の成績をすべてリードしました。

ストライクを投げる彼の天性の能力は彼を別にするものです。

9イニング当たり彼の1.06の四死球数、2010年以来簡単にすべてのリリーフ投手の間で最低です。

彼は第1の投球ストライクを投げる際にすべてのリリーフ投手の間で第3位です。

リリーフ投手から望む最後のことは、試合中の後半にゲームへ入り、ボールを投げて人々を歩かせるを始めることです。

上原投手はめったに乱れずに、それをしません。
彼は、単に145の投球回数中の17人のバッターを歩かせました!

バッターをほとんど歩かせていない間、上原投手は非常に健全な歩みでバッターを三振にとります。

彼の11.36の三振パーセンテージは、2010年以来リリーフ投手中で最も高く14です。

彼の四球割合への三振割合およびあなたがかなり特別のものを持っていると付け加えてください。

実際、リリーフ投手として比率を歩かせる彼の三振は簡単に10.76~1です、メジャー野球での最上。

それはかなりきつい履歴書です。

しかし、より多くの物があります。

さらに、彼はヒットの放棄で少なく、単に2009年に彼の12のスタートを含む経歴の中で9イニング当たり7.1のヒットを許しました。

低い四球と低いヒットは、WHIPが2010のスタート以来大リーグ・リリーフ投手の至る所でリードする、大きなWHIPおよび彼の0.77を意味します。

そして彼の.179の平均、に対して、その時間で7番目に最低です。

ストライクを投げることは1つのことです。有効なストライクを投げることは別のものです。

2010のスタート以来、それは彼の89のMPH速球があなたを圧倒するようではありません。

しかしスプリット・フィンガーと4シーム・ファーストボールを組み合わせる彼のコンビネーション、非常に有効でした。

彼はその時間の半分に関して各々を投げて、したがって、どれが来るか実際に知りません。また、それはあなたの目視レベルを推測させておきます。

彼が2010年に取り除き始めたので評価されて、彼のスプリット・フィンガーは2番目に高かった。

また、その投球のために、ブルペンから投げ始めたので、上原は最も高いOスイングをすべてのリリーフ投手中に評価させます。

Oスイング手段、バッターは、何回ストライクゾーンから投球を狙ってスイングしますか。

上原投手の割合は驚異的な41.4パーセントです。

それは、上原投手が54.9パーセントで合計のスイング・パーセンテージでリリーフ投手をすべてリードすることを可能にする追求にバッターを得るこの能力です。

また、彼の空振り割合が15.7パーセントの割合のリリーフ投手中に4番めに最良であるので、それは大きなコンビネーションです。

私は、上原浩治投手の欠点のうちの1つが健康に保つ無力であると以前に言いました。

他方は彼が極端なフライ・ピッチャーであるという事実から来ます。
フライ比率への彼のゴロは非常に低い0.64です。
バッターは彼の投球を何度も襲いません。

しかし、それらは、行う場合、空気中のボールを打ちます。

それは、彼の他の1つの欠点(9イニング当たり1.1の彼のホームラン割合)に結びつきました。

上原浩治投手は、ピッチングで1シーズン当たり567万ドルの平均評価を持っています。

レッドソックスが大きな割引に2013年に彼に4.25ドルを払わせていない間、それらは貨幣価値額を得るべきです。

上原投手は、バッターを彼の投球を狙ってスイングさせるユニークなコンビネーションを持っています、また誰も歩かせないこと、

彼が健康でいることができれば、レッドソックスは彼らのブルペンから非常に安定するピッチャーを出すでしょう。

上原投手の経歴は、レーダー監視の下で飛びました。

恐らく、それは、彼がクローザー(彼は経歴の中で14ゲームを省きました)ではなかったからです。

恐らく、それは彼の経歴が停止をしており、傷で始まるからです。

また、恐らく、それは、ペナント・レースの真中のレンジャーズに行き、初めて全国的に見られた時、彼がビットを努力したからです。

もしそれがするかもしれないように、それがあれば、上原浩治投手は猛烈なリリーフ投手でした。 …以下省略…

(2013年2月21日木曜日午前7:49.ME)。

 ●  「 The under the radar career of Koji Uehara 」

  ※   http://network.yardbarker.com/mlb/article_external/the_under_the_radar_career_of_koji_uehara/12961156

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLB関連の球団別の最新情報のサイト解説では…『 経済誌:フォーブズ; 大リーグ球団の価値(ランク)。』

  * ボストン・レッドソックスの2013年のチーム価値。

〔 フォートマイヤーズ、[FL]〈・紙/メレディシュ・マシ記者〉()〕、-- 

*  チーム・価値 --、1,000 Mドル。

*  大リーグのチーム価値は2012年3月に計算しました。 ( フォーブズ誌・リスト )。

*  第三位  :  MLBチーム評価。

*  球団の所有者  : ジョンヘンリー(トマス・ヴェルナー)。

◆  『  プロフィール  』。

レッドソックスは、ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク、前のシーズンと比較して33%の増加上の7.9を平均して、2011年の4番めに最良のテレビ視聴率を記録しました。

高い格付けは、分配者からの広告収入および送信料金の両方によって、チームがNESNのその80%の所有権を利用することをより簡単にします。

レッドソックスは、さらにメジャー野球の54ドルの平均価格を備えた2番目に高価なチケットを持っています。

(2012年3月00日午後00:00 ET)。…以下省略…。

● 「 Boston Red Sox Team Value $1,000 M 」

  ※  http://www.forbes.com/teams/boston-red-sox/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント

MLB関連の全米の公式HPの本日のトップ記事〔03月01日、2013〕 ; 第1稿 《訂正&加筆》

2013-03-01 06:56:06 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  【 [ フォートマイヤーズ〔FL〕、(・球場)]、---〈資料写真(APフォト/デビッド・ゴールドマン氏) - 2013年2月20日(水)〉: … 、「ボストン・レッドソックスのデビッド・オルティス選手がキャンプから、数日の間、一身上の個人的な都合で去る」-、春季トレーニングの練習中にジョン・ファレル監督と話す間に笑う。】

  ※ 《 試合内容と会見の模様は、球団HPで、: http://boston.redsox.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_bos_vid&c_id=bos 》
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  PR : 『 友達と MLB.com を、あなたの好きな其々の方法で楽しんでください。 』

  * ニュースを精査してください、ビデオおよび更にもっとたくさんの情報が、あなたの友達が読んでおり、ライブで見ているものを上に基づかせました。

自分の活動を公表して(twitter、facebook、Google+)、十分な意見をコントロールし、保持してください!!


  ※ https://www.bloombergsports.com/frontoffice
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  『 時系列、MLB最新ニュース ; 2013 The Sports Network. 』

  ※ http://www.sportsnetwork.com/merge/tsnform.aspx?c=sportsnetwork&page=mlb/news/indexsn.aspx?sport=AA


★ 【 参考 】  『 MLB 時系列 - CBSSports News 』 

  ※ http://www.cbssports.com/mlb/wiremenu
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
PR : 『 2013 The Associated Press. 』    

  ●  刻々と移り変わる、世界情勢を『 AP通信社 』の公式サイトで、ご確認を…!!


  ※ http://hosted.ap.org/dynamic/fronts/SPORTS?SITE=AP&SECTION=HOME
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《 今季のメジャーの成績の鍵を握っているのは…各球団の新戦力と新GM&監督!? 》


  * 2013年3月17-19日、「 ワールド・ベースボール・クラシック(チャンピオンシップ・ラウンド)」、[決勝戦 - サンフランシスコ(カリフォルニア)(AT&Tの球場公園)]

  * 2013年3月31日、「 開幕日の前夜 : アストロズ、対レンジャーズ〔TBD〕」(午後8:10 ET)、ESPN。[現行の選手登録簿は25人枠まで整えました]

* 2013年04月01日(月)、 「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの開幕 」

  * 2013年04月02日(火)、 「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの開幕・第二戦 」

   + AL : レンジャーズ(投手、00勝-00敗)、のアストロズ(投手、00勝-00敗)。

  * 6月6-8日、「 1年目の選手・ドラフト会議」

  * 7月12-16日、「 大リーグ・ベースボール・オールスター・ファンフェスタ。(ジャビッツ・センター)」

  * 7月14日、「 SiriusXM・オールスター戦およびタコベル・オールスター伝説対有名人ソフトボール・ゲームを特色とするCitiフィールドでのタコベル・オールスター前哨戦(日曜)」

  * 7月15日、「 ホームラン・ダービーを特色とするCitiフィールドのオールスターの練習日」

  * 2013年7月16日、「 Citiフィールドの84回目のMLBオールスターゲーム」

  * 2013年9月29日、「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの終了 」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎ MLB.com公式ホームページの本日(2013年2月28日木曜日)の最新記事

      * 『 金曜日に出場するつもりのケンプ選手。; クロフォード選手の腕の故障。』


   《 グレンデール〈AZ〉〔MLB.com(ケン・ガーニック記者)〕 --、マット・ケンプ選手は、彼が金曜日に最初の春季トレーニング・ゲームをするつもりであると言いました。しかし、カール・クローフォード選手は、彼の左の前腕の強い痛みを再発し、小さな後退を喫しました。
クラブが試みる、2人のリハビリ治療しているドジャーズの外野手は木曜日に異なる経過を報告しました、開幕初日のために準備ができていると…。》

  ※ 【参考】;  http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130228&content_id=42091440&vkey=news_mlb&c_id=mlb


      * 『 開幕初日を勤めるアスレティックスのブレット・アンダーソン投手。』


   《 フェニックス〈AZ〉〔MLB.com(ジェーン・リー記者)〕 --、負傷に短くされた2012年のシーズン(マリナーズ戦に対するサウスポー)への強い終了の後に。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130228&content_id=42091318&vkey=news_mlb&c_id=mlb


      * 『 ジャスティス氏の寄稿: ジェフ・ルノーGMは、次のように期待します。: 球団の再建計画を確信しているアストロズ。』


   《 〈AZ〉〔MLB.com(リチャード・ジャスティス氏)〕 --、現代の解析論を利用するヒューストン、そしてそのチームを事実上ゼロから再建するのにより多く。》

  ※ 【参考】;  http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130228&content_id=42084410&vkey=news_mlb&c_id=mlb


      * 『 最後に生き残る黒人(ニグロ)リーグの審判は、タフな道を思い起こします。』


   《 〈州〉〔MLB.com(ジャスティス・B.ヒル記者)〕 --、白人と黒人の混成リーグでは、長い経歴を持つために多くを克服しましたが、メジャーリーグの中の仕事につきませんでした。》

  ※ 【参考】;  http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42039792&vkey=news_mlb&c_id=mlb


    * 『 カノー選手は、ブロンクスの中の停滞を予知しません。』


   《 〔 タンパ〈FL〉(ブライアン・ホック記者)〕 --、それらのラインナップで行くヤンキースの球団オフィスとの一般協定がありました、より少ないホームラン数で、得点しないだろう、として、今シーズンしばしば。ロビンソン・カノー選手の心では、しかしながら、期待は1ビットも変更していません。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42049276&vkey=news_mlb&c_id=mlb


    * 『 ミドルブルックス選手は、右手首中の痛みで退場します。』


   《 〔 サラソタ〈FL〉(アダム・ベリー記者)〕 --、、レッドソックスのミドルブルックス三塁手は、1回に彼の右手首中の痛みで欠場し、水曜日の夜のオリオールズ戦に対するグレープフルーツ・リーグのゲームを交代選手に託し、木曜日に診察を受けて再評価されるでしょう。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42074136&vkey=news_mlb&c_id=mlb


    * 『 期待のハルツェン、ウォーカー、将来の見通しを提供します。』


   《 〔 グッドイヤー〈AZ〉(グレッグ・ジョン記者)〕 --、若い凄腕は、仕事の4イニングに6個の三振のために結合することにより印象づけます。ダニー・ハルツェンおよびタイジァン・ウォーカー選手は、水曜日にマリナーズのために将来の一瞥を提供しました。また、活躍は印象的でした。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42056158&vkey=news_mlb&c_id=mlb


    * 『 競争率の高いAL【東地区】は、戦力刷新に向けて用意します。』


   《 〔 タンパ〈FL〉(マシュー・リーチ記者)〕 --、数年間の予言の後、5つのチームはすべて、第1位の場所に対する合法の試みをしています。同一のために標準を定めた地区争いは最近事実上、予測不可能です。ちょうど10年前は、アメリカンリーグ【東地区】レースは、プロスポーツで最も予測簡単な競技でした。》

  ※ 【参考】;http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42070742&vkey=news_mlb&c_id=mlb 


    * 『 '13年のメジャーを横切った流行の守備位置の変化。』


   《 スコッツディール〈AZ〉〔MLB.com(アンドリュー・サイモン記者)〕 --、この春に珍しいスイッチを作るプレーヤーの間の移動、チョー、カーペンター選手、オーイングス選手。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130228&content_id=42083656&vkey=news_mlb&c_id=mlb


    * 『 今日、対ロッキーズ戦で投げ始めるチャップマン投手。』


   《 スコッツディール〈AZ〉〔MLB.com(タイラー・エメリック記者)〕 --、レッズ左腕投手Aroldisチャップマンはソルト・レイク球場のロッキーズに対して出場して、木曜日に春季トレーニング・デビューをするでしょう。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42078144¬ebook_id=42078146&vkey=notebook_cin&c_id=cin


      * 『 より細く、引き締まった体は爆発性に注目しました。』


   《 ピオリナ〈AZ〉〔MLB.com(オーエン・パーキンス記者)〕 --、とりわけ、カクタス・リーグは、クラブの現況を見る機会を提供しています、誰がクラブを結局支援することができるかに関するいくつかの面白い可能性で…、ロッキーズでは、2013年のキャンプでカルロス・ゴンサレス外野手に会うことがびっくりして見直しています。》

  ※ 【参考】;  http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42052520&vkey=news_mlb&c_id=mlb


      * 『 ジャスティス氏の寄稿: 完全なオーバーホールはブルージェイズに適合するでしょう、ちょうど素晴らしい。』


   《 ダンディデン〈FL〉〔MLB.com(リチャ-ド・ジャスティス氏)〕 --、トロント・ブルージェイズはメジャー野球のモデル組織でした。また、それはもののうちの1つです、それはこの2013年シーズンをさらに面白くします。。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42059952&vkey=news_mlb&c_id=mlb


    * 『 ブルーム氏の寄稿: クラシックの中でプレーすることに引っ掛けて裂かれたボット。』


   《 〔 フォートマイヤーズ〈AZFL〉(バリー・M.ブルーム氏)〕 --、その時期は減少しています、1人の重要なボット選手が、まだ出場を決定していない少数、レッズの一塁手ジョーイ・ボット選手、彼は、来たるワールド・ベースボール・クラシック(それは今週末、日本と台湾で始まり、次の木曜日、アリゾナとプエルトリコで継続する)でチーム・カナダとプレーするでしょうか。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42078142&vkey=news_mlb&c_id=mlb

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  MLB.com公式ホームページの最新プレス・リリース


    * 『 彼らの国家を表わすために選ばれた世界各地からの16ヶ国のファン。』

   + 2013年のワールド・ベースボール・クラシック大会の16カ国の野球ファンの為のキャンペーン。

   《 〔 セントルイス〈州〉( ・記者)、2013/2/27/[午前11:03 ET]〕 --、16ヶ国のMLBファンが、ニューヨークシティーへ旅行し、かつ2013年のワールド・ベースボール・クラシック中にMLBファン洞穴の中で彼らの国/領域を表わすために選ばれました。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42042846&vkey=pr_mlb&c_id=mlb


    * 『 フリー・エージェントのマイナー・リーグ選手、ハンバーガー氏への出場停止の処分が発表されました。』

   + ハンバーガー選手への処分は、別のメジャーリーグの球団組織と彼が契約することで直ちに有効になります。

   《 MLBネットワーク〔 〈州〉(・記者)、2013/2/25/[午後4:25 ET]〕 --、ベースボールのコミッショナーのオフィスは、乱用の薬のためのマイナー・リーグ麻薬・覚醒剤防止対策および治療計画の2番目の妨害の後にフリー・エージェント・マイナー・リーグ右投手マーク・ハンバーガーが支払いのない50ゲームの出場停止を受け取ったと今日発表しました。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130225&content_id=41982088&vkey=pr_mlb&c_id=mlb 


    * 『 2013年のスタッフ変更の審判をすることは発表しました 』

   + バレット、カルブレース氏を、グランド整備員の監督官という仕事; カラパッザ、ゴンサレス氏を、賃貸されたポーター。

   《 〔 〈州〉(・記者)、2013/2/25/(午後午後3:50 ET)〕 --、大リーグ・ベースボールは、今日、2013年のレギュラー・シーズンの間メジャーリーグへの変更を審判をするスタッフと発表しました。
変更は3つの新しいグランド整備員監督官および3人の新しい常勤のメジャーリーグ・アンパイアを含んでいます。

3人の新しい地上整備員監督官は、ベテランのメジャーリーグ・アンパイア・ジム・ジョイス氏(25年目)、テッド・バレット氏(16年目)およびフィールディン・カルブレース氏(16年目)です。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130225&content_id=41980142&vkey=pr_mlb&c_id=mlb 
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  MLB.com公式ホームページの各球団別の最新ニュース

    * 『 ブーティー投手、まだ技術的に、マーリンズの財産。』


   《 スコットディール〈AL〉〔MLB.com(スティーブ・ギルバート記者)〕 --、ジョシュ・ブーティー投手が、火曜日に紅白戦で投げるために準備しておいていたとして、チャールズ・ナジ氏が、FOXsports.comから報告書に関して彼に伝えたピッチング・コーチをD-バックスへの移籍は契約的には、まだマーリンズの管理下でした。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42064728¬ebook_id=42064738&vkey=notebook_ari&c_id=ari


    * 『 リンゴルスビー氏の寄稿 : 決して疑問視していない、マッカーシー投手の成功したリターンをします。』


   《 スコッツディール〈AZ〉〔MLB.com(トレーシー・リンゴルスビー氏)〕 --、アマンダ・マッカーシーは、彼女の夫ブランドンが神経質でないことを知っていました。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42073722&vkey=news_mlb&c_id=mlb


      * 『 バスケス投手は、クラシックに出場しないでしょう。』


   《 〔MLB.com(ザック・メイセル記者)〕 --、ベテランのジャビエール・バスケス投手は、報告書によれば、ワールド・ベースボール・クラシックで彼の生まれたプエルトリコのために投げないでしょう。》

  ※ 【参考】;  http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42045726&vkey=news_mlb&c_id=mlb

      * 『 きつい膝腱で出た後の日に対してカストロの日。』


   《 メサ〈AZ〉〔MLB.com(キャリー・マスカット記者)〕 --、スターリン・カストロは水曜日に3打数を望みました。しかし、カブスのショートはほとんど彼の最後の打席を後悔しました。カストロは緊張のために4回に彼の3番めの打席の後に彼の左の膝腱痛でゲームを出なければなりませんでした。彼は木曜のラインナップにリストされましたが、最も恐らくプレーしないでしょう。》

  ※ 【参考】;  http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42051090¬ebook_id=42066744&vkey=notebook_chc&c_id=chc


      * 『 メッツはホームプレート衝突からディアノド選手を出場禁止にします。』


   《 ポートセント・ルーシー〈FL〉〔MLB.com(アンソニー・ディコモ記者)〕 --、ジャイアンツのバスター・ポジー捕手が2年前に本塁のプレーで多数の大損害を受けて以来、ホームプレートでの衝突は大リーグ全体にわたる議論のポイントになりました。》

  ※ 【参考】;  http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42040982¬ebook_id=42048484&vkey=notebook_nym&c_id=nym


    * 『 緊張した瞬間は、三塁で選手層の不足を明らかにします。』


   《 サラソタ〈FL〉〔 (アダム・ベリー記者)〕 --、ミドルブルックス三塁手は、水曜日の夜のゲームの1回に起こったことが怖かったことを認めました。昨シーズン遅く砕いた右手首を再度負傷したと心配させた、厄介なスイングでした。それは、大怪我であるようには見えません。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42081486&vkey=news_mlb&c_id=mlb


    * 『 ギボンズ氏は、賛歌の後に正しいプレーをします。』


   《 ダンネディン〈FL〉〔MLB.com(グレゴール・クリスホルム記者)〕 --、ジョン・ギボンズ氏は、水曜の午後にフロリダ・オート球場での国歌斉唱中に一連のエラーがあった時、不運な状況をプラスに変えるために最善を尽くしました。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42077258&vkey=news_mlb&c_id=mlb


      * 『 マイアミでは、ワールド・ベースボール・クラシックが熱くなると予想してください。』


   《 フェニックス〈AZ〉〔MLB.com(バリー・M.ブルーム記者)〕 --、WBC予選が適切に整列すれば、3つのラテンアメリカのチームおよび米国が、マイアミの3月12-16日(このときワールド・ベースボール・クラシックは第2ラウンドのために召集する)からのマーリンズ・パークに集まるでしょう。。》

  ※ 【参考】;  http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42063116&vkey=news_mlb&c_id=mlb


    * 『 大きなDHの討論、2013年に最前部で後ろに。』


   《 〔 ヒューストン〈FL〉(ジョン・シュゲール記者)〕 --、アストロズのボ・ポーター監督は、チームの開幕初日の先発のDH計画、エリック・べダード投手の強い春季トレーニングおよび彼の計画について議論します。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130226&content_id=42033026&vkey=news_mlb&c_id=mlb 


    * 『 バークマン選手は、第1回のカクタス・リーグ出場の準備ができています。』


   《 〔 グランディール〈AZ〉(TR・サリバン記者)〕 --、ランス・バークマンはレンジャーズが木曜日に驚いてインディアンズを招待するオープン戦で初めてラインナップにいるでしょう。バークマン選手は、まだ緊張した右のふくらはぎ筋肉痛のためにカクタス・リーグ試合でプレーしていません。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42044930¬ebook_id=42056202&vkey=notebook_tex&c_id=tex 


    * 『 ソーントン投手は、BPテストに合格します。』


   《 〔 グレンデール〈AZ〉(スコット・マーキン記者)〕 --、マット・ソーントン投手は水曜のライブの打撃練習セッションに2セットの20球の投球を公式にしました、彼の後ろに三頭筋痛みを置くこと、から、キャンプで初期に。ソーントン投手は土曜日にブルペンを投げて、3月5日にチーム・アメリカ代表に対してホームで、彼の最初のカクタス・リーグ・登板へ近づくでしょう。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42049410¬ebook_id=42062562&vkey=notebook_cws&c_id=cws 


    * 『 ユーキリス選手の傾斜筋の負傷で用心深いヤンキース。』


   《 〔 タンパ〈FL〉(ブライアン・ホック記者)〕 --、ケビンユーキリス選手は、彼が左の腰の上のクランプと呼んだものを備えた2日を逃した後にヤンキースのスプリング・ラインナップに木曜日に戻るのを彼が望むと言いました。傾斜していて、傷が去ったとともに、ヤンキースは公式にユーキリス選手の傷を公表しました。ユーキリス選手は、その状態であると言いました「完全に、すべて、正しい」また問題なしで水曜日にノックバットを再開した。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42049430¬ebook_id=42049554&vkey=notebook_nyy&c_id=nyy

[ 【関連記事】 ; http://www.nydailynews.com/sports/baseball/yankees/youkilis-testy-baseball-cheats-article-1.1275496  見出しは、『 ヤンキースのケビン・ユーキリス三塁手は、それが「正気でない」MLB選手であると考えます、運動能力向上薬の使用でまだ試みて逃げる…。』 《 〔ニューヨーク・ディリーニュース紙/マーク・フェイザンド記者:コラムニスト〕 --、33歳は、彼のチームメイトのうちの数人がマニー・ラミレスからデービッド・オルティスまでPED論争に巻き込まれたのを見ました、そして今、アレックス・ロドリゲス選手。ユーキリス選手は、それらのより多くの選手がそれらの誤りを認めることを望むが、彼がスキャンダルに巻き込まれる選手への憤慨を弁護しないことを要求します。》]


    * 『 ティルマン投手は第1回のスプリング・先発スタートの結果に関して気分がよい。』


   《 〔 サラソタ〈AZ〉(ブリタニー・ジロッリ&マチュー・リーチ記者)〕 --、 火曜の雨天中止の後に彼の最初のスプリング・スタートを切るクリス・ティルマンは、水曜の5-3の勝利中のレッドソックスに対する無得点の1回2/3イニングをトスしました。8人のバッターのうちの6人を抑え、試合を終了するためにダニエル・ナバ選手への2アウトのフリーパスを含む、四球を出しました。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42051622¬ebook_id=42081168&vkey=notebook_bal&c_id=bal 


    * 『 ハラング投手は、ドジャーズの行き詰まりの中で、スタートすることに注目しました。』


   《 〔 メサ〈AZ〉(AJ ・カサべり記者)〕 --、アーロン・ハラング投手はロサンゼルス・ドジャーズの先発投手です。また、誰かが太い右腕投手にそうでなければ伝えるまで、それはまさに彼が今春の間準備しているものです。》

  ※ 【参考】; http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130227&content_id=42065270&vkey=news_mlb&c_id=mlb

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  ESPNホームページの最新ニュース

    * アンドルス選手は、新しい入れ墨による炎症の痛みにより欠場しました。

   ※ 【参考】;  http://espn.go.com/dallas/mlb/story/_/id/8999142/elvis-andrus-texas-rangers-scratched-due-soreness-tattoo

    * ヤンキースのリベラ投手は、第1回の実戦のゲームで投げます。

   ※ 【参考】; http://espn.go.com/new-york/mlb/story/_/id/8999410/mariano-rivera-new-york-yankees-throws-simulated-game
 
    * ピッチャー強襲のゴロ以来、最初に登板することにおけるマッカーシー投手の4K。

   ※ 【参考】;  http://espn.go.com/mlb/spring2013/story/_/id/8996609/brandon-mccarthy-arizona-diamondbacks-throws-2-innings-return-mound

    * ボストンのミドルブルックス三塁手の手首はOKです。| ビデオ。| エディー氏。

   ※ 【参考】;  http://espn.go.com/boston/mlb/story/_/id/8998367/will-middlebrooks-boston-red-sox-says-wrist-checked-ok

    * マーリンズを終えた役割、ティノ・マルティネス選手の為の立場。

   ※ 【参考】;  http://espn.go.com/mlb/spring2013/story/_/id/8998159/2013-spring-training-role-miami-marlins-reversal-tino-martinez

    *  右肩の斜紋筋の負傷をしてスタートを逃すメッツのホィーラー選手。

   ※ 【参考】;  http://espn.go.com/new-york/mlb/story/_/id/8995125/new-york-mets-zack-wheeler-miss-start-oblique-strain

    * 噂: インサイダー; 「フィリーズの潜在的なデッドライン:クリフ・リー投手」。

   ※ 【参考】;  http://insider.espn.go.com/blog/mlb/rumors/post?id=1722

    * ジラルディー監督、談 : シーズンのスタートには不確実なヒューズ投手(後ろに)。

   ※ 【参考】;  http://espn.go.com/new-york/mlb/story/_/id/8996367/phil-hughes-new-york-yankees-iffy-opening-season-back-injury

    * 報告書: ブリュワーズのミッシング・リンクは最後に見つけました。| ビデオ。

《 (AP通信社)--、〔ジュピター〈FL〉〕 --  。》

   ※ 【参考】;  http://espn.go.com/mlb/story/_/id/8995605/milwaukee-brewers-missing-italian-sausage-costume-found

    * ピーナッツ、クラッカージャック: インディアンズは価格を安くします。

   ※ 【参考】;  http://espn.go.com/mlb/story/_/id/8998042/cleveland-indians-lower-concession-prices-2013

    * メッツのフェリシアーノ投手の状態は、「すべて、よい。」投げることを再開することができます。

   ※ 【参考】; http://espn.go.com/new-york/mlb/story/_/id/8997280/pedro-feliciano-new-york-mets-cleared-resume-baseball-activities
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  FOXホームページの最新ニュース

    * 「アトラクションのウワースト、グイードを、安全に返されたレース用ソーセージ衣装の着ぐるみ。」

   ※ 【参考】; http://www.foxsportswisconsin.com/02/27/13/Police-on-the-lookout-for-Guido-costume/msn_landing.html?blockID=870833&feedID=5059 

    * 喜びのしゃれ : ツインズのマウアー捕手を期待すること...2人の赤ん坊!。

《 クリアウォーター(フロリダ州)(AP)--、誕生。》

   ※ 【参考】; http://www.foxsportsnorth.com/02/27/13/Twins-Mauer-wife-expecting-twins/msn_landing.html?blockID=871117&feedID=5930

    * 論争をよけないピアッツァは、スカリー氏の批判によって立っています。

   ※ 【参考】; http://www.foxsportswest.com/02/27/13/Piazza-hasnt-backed-off-Scully-comments/msn_landing.html?blockID=871253&feedID=7972 

    * MLBプレーヤー選手組合のトップは、ヤンキースが支出をカットするかどうか疑います。(AP)

   ※ 【参考】; http://msn.foxsports.com/mlb/story/players-union-head-skeptical-michael-weiner-new-york-yankees-will-cut-spending-022713 

    * ビッグ・パーピは明かされていない問題のために数日の間レッドソックスを去ります。(AP)

   ※ 【参考】; http://msn.foxsports.com/mlb/story/david-ortiz-leaves-red-sox-returns-to-dominican-republic-for-a-few-days-for-personal-matter-022713


    * 代わりに4Kを率いるためにライナーによって入院したピッチャー。

   ※ 【参考】; http://www.foxsportsarizona.com/02/27/13/D-backs-McCarthy-calm-in-return-to-mound/landing_dbacks.html?blockID=870967&feedID=3607 

    * 歌手は、2カ国のための国歌を台無しにします。

   ※ 【参考】; http://network.yardbarker.com/all_sports/article_external/singer_messes_up_national_anthem_for_two_countires/13011181

    * ヤンキースのピッチャー、ペティット投手の息子はノーヒット・ノーランをします。

   ※ 【参考】; http://www.foxsportssouthwest.com/02/27/13/Andy-Pettittes-son-throws-no-hitter-/msn_landing.html?blockID=870887&feedID=3742 

    * 台湾の野球チームとのマニー・ラミレス選手のサイン。

   ※ 【参考】; http://network.yardbarker.com/mlb/article_external/manny_ramirez_signs_with_taiwanese_baseball_team/12998068?linksrc=home_x_rg_head_12998068 

    * パイレーツのPNC球場への終身出入り禁止(裁判所の採決で指を保護した後、フィールドから締め出された父娘)?。

   ※ 【参考】; http://msn.foxsports.com/mlb/story/pittsburgh-pirates-fans-banned-fined-28000-security-guard-lost-finger-skirmish-022713
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------       
●  SIホームページの最新ニュス

    * 行方不明のブリュワーズのアトラクションのレーシング・ソーセージは見つかりました。

   ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/mlb/news/20130228/milwaukee-brewers-sausage-missing.ap/?sct=uk_t2_a3

    * 報告書: ザビエル・バスケス投手は復帰の試みを終了します。

   ※ 【参考】; http://tracking.si.com/2013/02/27/javier-vazquez-ends-comeback-retirement-mlb/?sct=uk_t2_a4 

    * レッドソックスのミドルブルックス三塁手は、ゲームを外しておきます。

   ※ 【参考】; http://www.mlbdailydish.com/2013/2/27/4037858/will-middlebrooks-injury-red-sox-3b-exits-with-wrist-injury?sct=uk_t2_a5 

    * 個人的問題のためのレッドソックスから休暇の許可上のオルティーズ選手。

   ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/mlb/news/20130227/david-ortiz-red-sox-on-leave.ap/?sct=uk_t2_a6 

    * 彼のレッドソックスの保有上のヴァレンタイン氏: 私はよい仕事をしました。

   ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/mlb/news/20130226/bobby-valentine-sacred-heart-red-sox.ap/?sct=uk_t2_a7 

    * マスターソン投手は、インディアンズのために開幕初日の登板を得ます。

   ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/mlb/news/20130226/justin-masterson-indians-opening-day.ap/?sct=uk_t2_a8 

    * グレンキー投手、談 : 私は金銭のために身をかわす人と契約しました。

   ※ 【参考】; http://tracking.si.com/2013/02/27/dodgers-greinke-signed-with-team-money/?sct=uk_t2_a9 

    * カブスのウィリス投手は肩を傷つけます; 7つの投球の後の故障。

   ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/mlb/news/20130225/dontrelle-willis-hurt.ap/?sct=uk_t2_a10 

    * エンジェルスのウェルズ外野手は、2014年シーズンの後に引退することを計画します。

   ※ 【参考】; http://tracking.si.com/2013/02/25/angels-wells-plans-to-retire-after-2014-season/?sct=uk_t2_a11 

    * 開幕初日の先発メンバーを指名されたケネディ投手。

   ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/mlb/news/20130225/ian-kennedy-diamondbacks-opening-day-starter.ap/?sct=uk_t2_a12

    * マーリンズの球団所有者 : チームの分解は必要でした。

   ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/mlb/news/20130225/loria-marlins.ap/?sct=uk_t2_a13 

    * ウェイナー氏: 薬物使用のペナルティーを増加させることに関する会談。

      ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/mlb/news/20130225/michael-weiner-mlbpa-drug-penalties.ap/?sct=uk_t2_a14

    * アメリカ代表は、ついにWBCタイトル・ゲームに達しようとします。

《 〔スコッツデール、〈アリゾナ州〉(AP)〕-- ライアン・ボーゲルソン選手には彼が行く少し走る冗談があります、ワールド・チャンピオンでサンフランシスコでのチームメイト、パブロ・サンドバル選手を賞賛した、3本のホームラン・ゲームから、ベースボール・クラッシックの出場を狙う、昨秋ワールド・シリーズの第一戦で彼が記録したものが好きです。

サンドバル選手は、プレーすることを計画しています、一旦彼がベネズエラのユニフォームを着ればよい

「彼は私のチームメイトです。私は戦いたくありません」とサンドバル選手が微笑んで言いました。

両方は、チームを打つことを知っています。: WBC勝利者日本を裏切ります。

ジョー・トーレ監督は、アメリカ代表を指揮管理するダッグアウトのトップ・ステップに戻っています。彼らはまだこの多いにポピュラーな国際的イベントの選手権試合にさらに達していません。

チームUSA(アメリカ合衆国)は、このトーナメントで2大会のかんばしくない成績を補う多くの動機づけをしています。

アメリカ代表は2009年に第2ラウンドから出ず、その後、3年後に日本に準決勝で負けました。

さて、それらは、サンフランシスコのAT&Tの球場公園で準決勝と決勝に進出する計画を作っています。》

      ※ 【参考】; http://sportsillustrated.cnn.com/2013/baseball/mlb/wires/02/28/2010.ap.bbi.world.baseball.classic.3rd.ld.writethru.1512/index.html

    * スポーツ・イラストレイテッド誌との Twitter : 「すべての公式戦の結果」 | 各球団の最新情報

      ※ 【参考】; https://twitter.com/SInow/si-mlb?sct=mlb_t2_a19&sct=uk_t2_a16

    * より多くの最新の MLB ニュース は、 『 Rotowire.com 』で…。 【参考】; http://www.rotowire.com/baseball/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLB関連の球団別の最新情報のサイト解説では…、 ビジネス :『 ワールド・ベースボール・クラシック応援番組 : 「MLBファンCave」はグローバルになります…。』

  * あなたはワールド・ベースボール・クラシックにもう興味を持っていますか。

〔 、[州]〈フォーブズ誌 / トム・ヴァン・ライパー記者〉()〕、-- 答えは恐らくあなたの年齢に依存します。

40ヶ国以上の従来のファンにとって、春季トレーニングと一目は、そのシーズンまで前方に3月にちょうど素晴らしく働きます。

それは、大リーグ・ベースボールで恐らく興味&関心があります。それはあなたの後にとにかくありません。

野球がこの日曜日WBCの3度目の開催を始めるとともに、それはそれほど豊富でなかった利用するツールによって人口分析のその目標若さを追いかけています?

4年前のその最後のトーナメント中に。

水曜日に、MLB組織スタッフは16人のヤングアダルトを紹介しました?
各競争相手国からの一人?

ニューヨークの2年来のその「ファン・ケーブ」番組プログラムで。

計画は2つの現実テレビ主要産物を混合することです?
スポーツおよび「生存者」?

番組の中で競技者をゲームを見るためにPRすることによって。

また、ちょうどレギュラー・シーズン参加者が行うように、ローカルのゲーム時間が午後に、ゴールデンアワーに、あるいは3AMに落ちても、それらはすべての投球を見るでしょう。

結局、彼らの国がダブル・エリミネーション・トーナメントから離脱するとともに、それらは一人ずつ除去されるでしょう。

決勝4チームまで永続する人々は準決勝と決勝戦のためにサンフランシスコへ飛行機で運ばれるでしょう。

志望者がビデオまたはエッセイで答えたグローバルなコンテストに応答した何百人の応募者のプールから選ばれました。

ポイント : 「ファン・ケーブ」番組およびソーシャルメディアを利用する広告?

18日を通じて、それらは競技を見て、ツイッターに投稿しており、ブログで、興味をかき立てるでしょう。

「番組のプログラムは、ソーシャルメディア用の満足しているエンジンです」とティム・ブロスナン(MLBのビジネスのための代表取締役VP)が言いました、次のことを注目すること、その場所(また、それは人か、構成ではなく単に場所です)は、ソーシャルメディア上の150万人の大リーグファンと応援者に自慢します。

MLB、車輪の付いたミス・アメリカさえ、マロリー・ハーガン嬢の成績は、アメリカでブランド・アメリカ、旅行をプロモートするために2010年に形成された官民の実体、および観光旅行に手を差し延べるMLBの結果でした。

2009年には、WBCが、2006年の就任の打点より少しよいゲーム当たり平均200万人近くの見る人となりました。

出席はさらに、トロントでロジャーズ・センターに40,000以上を引き付けた米国-カナダ試合によって強調されて起きました。

当時、ソーシャルメディアははるかに少数のユーザを持っていました。また、ファン・ケーブはまだ生まれていませんでした。

当然、希望は、ジョー・トーレによって管理され、デビッド・ライト選手、ライアン・ブラウン、ジョー・マウアー捕手およびマーク・テスクエアラ選手のような人を特色とするチーム・アメリカ代表が、深い打点をするであろうということです。

最も困難な競技(チャンピオン日本代表のチーム力の防衛は今年、任意の大リーガーが欠けています)を提供する、プエルトリコ、ドミニカ共和国およびベネズエラの図表参考。

WBCは主な世界スポーツイベントとしてそれを作るかもしれないし、今後作らないかもしれません。

しかし、それが行えば、見つけることができるすべての若い見る人を追い求める、創造的な方法の功績を認められることができるでしょう。

(2013年2月27日午後1:32)。…以下省略…。

  ※ http://www.forbes.com/fdc/welcome_mjx.shtml 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 さらに詳しいMLB情報は、お勧めのブック・マークの大リーグの各公式サイトを、ご参照して戴く様に、何卒、ご容赦ください。

今年のオープン戦が熱戦続きで、今季の公式戦に繋がる、ファンの期待を裏切らない正々堂々の内容の濃い試合とメジャーリーガーの素晴らしいプレーに期待して…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント

2013MLB・春季オープン戦(Yu投手の初登板)『 レンジャーズ 、対 ホワイトソックス戦 』

2013-02-28 06:34:34 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  【 [ サプライズ〔AZ〕、(・球場)]、---〈資料写真 - '13年2月27日〔APフォト/チャーリー・リーデル氏〕〉:  - シカゴ・ホワイトソックス戦に対する、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ・有投手(#11)は、彼の成功した昨年のルーキー・シーズン以上のコンディションから、さらに上へランクアップするように準備を整えたように見えます。】
**********************************************************************************************
   《 *  試合内容と会見の模様は、球団HPで 、;  

  ※  http://texas.rangers.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_tex_vid&c_id=tex

  * 「  〃   ダルビッシュ・有投手の公式サイト 」; 

  ※   http://ameblo.jp/darvish-yu-blog/ 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 MLB の テキサス・レンジャーズのツイッター 公式サイト 」; https://twitter.com/Rangers

   ※ 「   〃   フェイスブック 公式サイト 」; https://www.facebook.com/Rangers

   ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+Rangers/posts

   ※ 「   〃   レンジャーズ 公式ファンクラブ 」; http://texas.rangers.mlb.com/fan_forum/social_media/index.jsp?c_id=tex

   ※ 「   〃   モバイル・サイト 」; http://texas.rangers.mlb.com/mobile/?c_id=tex 《登録が必要》


--------------------------------------------------------------------------------
   ● 「  地元紙のスポーツ欄 」

   * 「 ダラス・モーニング紙 」、-- 見出し…『 霊感を与えないホワイトソックス・キャストはテキサスを待ちます。』 (2013年2月26日/8:56/ゲリー・フレイリー記者 )《 春季トレーニングはワールド・ベースボール・クラシックに便宜を図るために今年延長されます。

そのために、チームは、オープン戦のスケジュールの初期段階中のそれらの投球数の制限により、それらの先発のピッチャーを保護しています。

何も、シカゴ・ホワイトソックスは、それ以上の説明をしません」火曜日と水曜日にテキサス・レンジャーズ戦に対するゲームの投球計画ですること

ホワイトソックスは14人のピッチャーをゲームで登板する予定だったします。

それらのピッチャーのうちの5人はメジャーでのゲームに現われたことがありません。

他の9つのうち、招待の右腕のリリーフ、ダニエル・トロンコソ投手は最多の大リーグ経験を持っています。

トロンコソ投手(30歳)が、大リーグで197回1/3の通算経歴・イニングに投球しました。》

   ※  http://rangersblog.dallasnews.com/2013/02/uninspiring-white-sox-cast-awaits-texas-rangers.html/

**********************************************************************************************
   * 「 スター・テレグラム紙 」、-- 見出し…『 ホワイトソックスは、対戦相手のレンジャーズを歩かせます。』 (2013年2月26日火曜日/ジェフ・ウィルソン記者 )《 〔サプライズ、(AZ) 〕-- 事態が彼にとってそれらが火曜日に得たよりあまり悪くなることができないので、よりよい日々はコーディ・バッケル投手にとって相手方です。

バッケル投手(レンジャーズのトップの投げる見通しのうちの1つ)は、イニングの3分の1だけの5人のバッター、および意外なスタジアムで14対-8の勝利に登板するために3回と4回のイニングに11得点されたシカゴ・ホワイトソックスを歩かせました。

過去の2つの結果は恐らく開幕初日の選手登録簿を作らないピッチャーによって決定されましたが、敗戦は0-4-1までレンジャーズのカクタス・リーグ・レコードを落としました。

それはバッケル投手を含んでいます。この人はヒットを許さないにもかかわらず6失点を許しました。

リリーフ投手としてクラブを作ろうとして柔和なエバン、わずか2アウトしか得ない間に5打点に次のイニングを与えました。

バッケル投手(20歳)は彼の最初のトップレベルのキャンプにいて、彼の最初のスプリング姿を見せていました。

ロン・ワシントン監督は、大きな期待がバッケル投手に影響したかもしれないと言いました。

「彼はボールをまったく制球することができませんでした」とワシントン監督が言いました。

「私はそれがアドレナリンに起因すると考えます。多くの理由がありました。
しかし、彼は、償う機会を得るつもりです。」

ダルビッシュ・有投手はゲームを始めて完全な2イニング働きました。

また、マイク・オルト選手は、オープン戦の彼の最初のホームランを打ちました。

センターへの2ランホームランは、5回の5得点の一部でした、それは12対-5までレンジャーズの赤字をカットします。

センターのレオニス・マーティン中堅手は、RBIを加えるでしょう.545(11打数6安打)まで彼のオープン戦打率を上げる8回の三塁打。

リューリー・ガルシア選手(ユーティリティー候補)は、2打点を挙げました。

また、期待のトップ予想:ジュリクソン・プロファー選手は、このオープン戦でチームの最多の5回、塁を与えるために2度歩きました。》

   ※  http://www.star-telegram.com/2013/02/26/4646126/white-sox-walk-past-rangers.html


--------------------------------------------------------------------------------
   ● 「  MLB関連のスポーツ欄 」

   * 「 シカゴ・トリビューン紙 」、-- 見出し…『 ホワイトソックスのジラスピー選手は、テキサス戦での14対-8の勝利に貢献します。』 (2013年2月26日午後5:46 CST / マーク・ゴンザレス記者 )《 SURPRISE(アリゾナ)--A.J.ピアジンスキー捕手は活躍しました、1つの、ホームプレートに4イニングの長い攻撃で、また、それは、彼のシカゴ・ホワイトソックス・チームメイトより彼のテキサス・ピッチャーでもっと行わなければなりませんでした。

テキサスのリリーフ:コーディー・バッケル投手は、6失点を上げた3回に5人を歩かせました。

また、ソックスがテキサス戦での14対-8の勝利に貢献するとともに、ホワイトソックスは4回表に5打点を加えました。

最近獲得したコナー・ジラスピー選手は、バッケル投手から3回に左翼線際に2ランのシングル安打を打ち、4回においてエバン投手から右翼線際に2点タイムリー3塁打をはぎ取りました。

ソックスは13本のヒットを集めました。

アンディー・ウィルキンズ選手(この人は4回にピンチ・ランナーとしてアダム・ダン選手の交代選手)は、2本のヒットを集めて、2打点をあげました。

ネストール・モリーナ投手は、1本のヒット・ボールを2イニング投げました。

ホワイトソックスのために8年をプレーした後に彼の前のチームに対するピアジンスキー捕手は、レンジャーズのメンバーとしてそれらに対する彼の第1試合でのシングル安打で2打数1安打でした。》 

   ※  http://www.chicagotribune.com/sports/baseball/whitesox/chi-chicago-white-sox-texas-exhibition-20130226,0,2513061.story

**********************************************************************************************
   * 「 シカゴ CBSローカル. 」、-- 見出し…『 レンジャーズのダルビッシュ投手によるホワイトソックス戦での強い先発スタート。』-[2013年2月26日5:51 PM/・記者(AP)]《 サプライズ、アリゾナ州(STATS LLC and Associated Press) - ダルビッシュ・有投手は、シカゴがテキサス・レンジャーズ戦での14対-8の勝利の中で次の2イニングで11打点を得点する前に、彼が火曜日に最初の春季オープン戦・先発スタートで対戦した6人のホワイトソックス・バッターをすべてアウトにする間に2人を三振にとりました。

ダルビッシュ投手(昨シーズン、大リーグ・ルーキーとして16ゲームに勝った日本人投手のエース)は、球速90マイル台の中頃に彼の速球を投げました。

「彼の速度は上がっていました。彼の材料の方がまったくよかった」と新しいレンジャーズ・キャッチャーのA.J.ピアジンスキー捕手(この人はダルビッシュ投手を捕球する間に彼の前のチームに対戦した)が言いました。

「彼はボールを実際によく投げました。また、それは見るために非常に有望でした。

私たちはブルペンで話し彼は何を遂行したかったかについてゲームの前に話しました。また、彼は、望み、必要としたものすべてを遂行しました。」

ピアジンスキー捕手(この人はテキサスとの1年の取り引きに署名する前にシカゴで彼の過去8シーズンを過ごした)は、先週の紅白戦の間に、およびブルペン・セッションに26歳のダルビッシュ投手を用いて以前は仕事をしました。

ネストール・モリーナおよびブライアン・オモグロソン投手、最初の2つのホワイトソックス・ピッチャー、両方には2シャットアウト・イニングがありました。

シカゴは20歳のコーディ・バッケル投手から3回に6打点を得点しました。

右腕投手、レンジャーズの球団組織のトップのマイナー・リーグ・ピッチャー、昨年、7人に対戦して5打者を歩かせた、乱調で、彼は窮しました。

マイナー・リーグ契約上のレンジャーズ・キャンプにおいてエバン投手、5打点および5本のヒットを許した、また4回にわずか2アウトしか得られませんでした。》

   ※  http://chicago.cbslocal.com/2013/02/26/white-sox-foil-strong-start-by-rangers-darvish/

**********************************************************************************************
   * 「 ブランデントン・ヘラルド紙 」、-- 見出し…『 レンジャーズとホワイトソックス戦で、14対-8の敗戦中のダルビッシュ投手の強い先発スタート。』-[2013年2月26日/スティーヴン・ホーキンズ記者(AP)]《 サプライズ(AZ)-ダルビッシュ・有投手は退く間に2人を三振にとりました、6人のホワイトソックス打者はみな貧打します、シカゴがテキサスレンジャーズのダルビッシュ投手(昨シーズン、大リーグ・ルーキーとして16ゲームに勝った日本人投手のエース)の上の14対-8の勝利の中で次の2イニングで11打点を得点する前に、彼は火曜日に最初のスプリング・キャンプの先発スタートで対しました、球速90マイル中盤の鋭い速球を投げました。》

   ※  http://www.bradenton.com/2013/02/26/4410845/darvish-strong-start-in-rangers.html


--------------------------------------------------------------------------------
『 ダルビッシュ投手は、カクタス・リーグ・デビューにおいて無傷です。』

  *  ダルビッシュ投手は、対ホワイト・ホワイトソックス戦では鋭い(00:01:43)。ロン・ワシントン監督およびA.J.ピアジンスキー捕手は、彼の最新の春季キャンプのオープン戦・先発スタートで、二年目の投球内容にどんな球種を投げたか議論する。

〔 サプライズ、(AZ) [2013/2/26〈午後6:50 ET〉、T.R.・サリヴァン記者 / MLB.com] 〕、-- ダルビッシュ・有投手は、2人を三振にとって、ゲームを始めるために連続6人の打者をアウトにしました。

また、マイク・オルト選手は、火曜日にホワイトソックスにレンジャーズの14対-8の敗戦中の2ラン・ホームランを備えたスプリング・キャンプの彼の最初のヒットを打ちました。

「私は、私の速球は今日本当によかったと思います。しかし、それは単に春期トレーニングの始まりです」とダルビッシュ投手が言いました。

「私は、打者はまだ準備ができていると思いません。」

しかしながら、ホワイトソックスがリリーフ:コーディ・バッケル投手、エバン、ジョシュ・リンドブロム投手から3イニングに12打点を得点したので、レンジャーズ・ブルペンはダルビッシュ投手ほどよく投球しませんでした。

三塁手のコナー・ギラスピー選手は、2本のヒットおよび4打点を持ったホワイトソックスをリードしました。また、ホワイトソックスの攻撃で、サイダース選手らは3回にベッケル投手によって5個の四死球を利用しました。

キャッチャー・ヘクター・ヒメネス選手には、さらに2本のヒットが出ていました。

ホワイトソックス先発メンバー・ネストール・モリーナおよびリリーフ投手ブライアン・オモグロッソ投手は両方とも無得点の2イニングを投げました。

▲  次を上へ:

それらが午後2:05(CT)にホワイトソックスをプレーする時、ネルソン・クルーズ選手はレンジャーズのためのラインナップにおいて戻るでしょう、グレンデールでの水曜日に。

クルーズ選手は、火曜日に一日を取り外した後にホームランを備えた7打数1安打です。

彼は、ワールド・ベースボール・クラシックでドミニカ共和国に加わるために日曜日にレンジャーズを去るでしょう。

アレックス・オギャンドー投手は、レンジャーズのために先発スタートします。また、ロビー・ロス投手は続くでしょう。 …以下省略…。

 ●  「 Darvish is flawless in Cactus League debut 」

  ※ http://texas.rangers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130226&content_id=42012260&vkey=news_tex&c_id=tex

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  『 2013、MLB・オープン戦(カクタスリーグ)「レンジャーズ、対ホワイトソックス」』

  *  2013年、2月26日 午後3:05 ET.

  * TEXAS( Rangers:00勝00敗) 08点 ,CHICAGO( White Sox:00勝00敗) 14点

《 ・球場〔サプライズ(AZ)〕、試合時間:3時間26分、気象状況;00deg F(華氏温度)、風速:00メータ(→)、観客:03,434人

--------------------------------------------------------------------------------
【 試合経過 】 

          1 2 3 4 5 6 7 8 9  R H E
CHW (04-00)  0 0 6 5 1 0 0 1 1  14 13 1
TEX  (00-02)  0 0 0 0 5 0 1 1 1  08 10 1
    

■ 『 ホワイトソックス 14点(2勝0敗、アウェイ:2勝0敗), 対レンジャーズ 8点(0勝4敗、ホーム:0勝2敗) 』

◎ 〔SURPRISE、アリゾナ州〕 -- ダルビッシュ・有投手は、テキサス・レンジャーズと彼の2度目のスプリング・キャンプに気楽により多く過ごせた。また、彼はまだ熱心にブルペンで投げています。

日本人投手のエース(この人は昨シーズン、大リーグ・ルーキーとして16ゲームに勝った)は、彼が最初のスプリング・スタートで対した6人のホワイトソックスをすべてアウトにする間に2人を三振にとりました。

その後、シカゴは火曜日に14対-8の勝利へ行く途中で次の2イニングで11打点を得点しました。

「彼の球速は上がっていました。彼の投球内容は、まったくよかった」と新しいレンジャーズのキャッチャーのA.J.ピアジンスキー捕手(この人はダルビッシュ投手を捕球する間に彼の前のチームに対していた)が言いました。

「彼はボールを実際によく投げました。また、それは見るために非常に有望でした。

私たちはブルペンで話し彼は何を遂行したかったかについてゲームの前に話しました。また、彼は、望み、必要としたものすべてを遂行しました。」

ピアジンスキー捕手(この人はテキサスとの1年の取り引きに署名する前にシカゴで彼の過去8シーズンを過ごした)は、先週の紅白戦の間に、およびブルペン・セッションに26歳のダルビッシュ投手を用いて以前は仕事をしました。

レンジャーズが保証された5600万ドル(6年の契約)を含むダルビッシュ投手を得るために1億700万ドル以上を充てた後、ピッチャーのすべての動きは昨春時系的に記録され吟味されました。

多くの人々はまだ見ています、しかしこのキャンプの同じ程度までではない。

「昨年と比較して、私は、私の安心感は実際に高いと思います」とダルビッシュ投手が通訳を通して言いました。

「暮らしと、私のチームメイトと話して、私は今年それに非常に満足しているように感じます。」

ロン・ワシントン監督はこれについて記述しました、として、1つの、ダルビッシュ投手のために「スプリング・キャンプの管理を緩める」こと。

「彼は、もっとちょうど良い調整状況の一部であるということです」とワシントン監督が言いました。

「彼は、昨年立っていたのと同じ量に目立ちません。それはよいものです。
それは、チームメイトの残りで彼が中へ混じっていることを意味します。
その尊敬では、それは助けになるべきです。」

対戦したネストール・モリーナおよびブライアン・オモグロッソ投手、最初の2人のホワイトソックスのピッチャー、両方には2回のシャットアウト・イニングがありました。

オモグロッソ投手は、シカゴのブルペン陣の可能なスポット枠のための線上にあります。

シカゴは20歳のコーディー・バッケル投手から3回に6打点を得点しました。

右腕投手、レンジャーズの球団組織の期待のトップのマイナー・リーグのピッチャー、昨年、7打者のうちの5人を歩かせ、乱調で、彼は打たれました。

マイナー・リーグ契約上のレンジャーズ・キャンプにおいてエバン投手、5失点および5本のヒットを許した、また4回にわずか2アウトしか得られませんでした。

ライナーが三塁手マイク・オルトのグローブから跳ね飛んだ時、バッケル投手もエラーによって傷つけられました。この人はその後2ラン・ホームランを打ちました。

ゲームを始めるために2個のボールを投げた後に、ダルビッシュ投手は、オルト選手へのファウルの安っぽいサーフボードの上のトップヒッター、デュエイン・ワイズ選手を得る前に2つのストライクを投げました。

その後、ゴードン・ベッカム選手は三振しました。

「彼は良い球種を見ました。彼は、抑えるためのよい材料を得られます、投げて、打つのに困難な、それを見ました。」と、ベッカム選手は言いました。

「私に2、3および私を三振にとったスライダー速球を投げた。」

ダルビッシュ投手は、2人のバッターの3個のボールに行きました。

フルカウントにおいては、アダム・ダン選手と、セツ・ローマン選手の3-0投球(ダルビッシュ投手が投球した28の投球の最後)でフライでアウトになった前に、2回を始めるためにストライクと呼ばれるチェックされたスイングを外に思いつきました--球速90マイル台の中頃を打つ彼の速球で。

29歳で、今年のレギュラー・シーズンは昨シーズンの好調さでスタートします、ダルビッシュ投手はオールスター戦を目指して行きました、防御率:3.90(ERA)および191回1/3イニングの221個の奪取三振数を備えた16勝-9敗.

彼は、最新の8試合の先発登板で、防御率:2.35、67個の三振数および15個の四死球数で5勝-1敗で、彼がこの春季キャンプで肉体的に精神的に気分がよくなると言いました。

「私が走っている場合、私の体は光を実際に感じています。また、投げている場合、私は調子を私が昨年の同じだった場合より、よく思います」とダルビッシュ投手が言いました。

「全体として、私は非常に気分がよい。」

▲  【 この試合の注意点 】

... ジョシュ・フィーグリー選手は、8回にホワイトソックスのためにホームランを打ちました。

... シカゴは、オルト選手で最初のスプリング・ホームランを含む3本のヒットおよび1つのエラーで5回に5回得点されたテキサスの前に12対-0のリードを持っていました。

... 2つのチームは、水曜日にグレンデールで、再びプレーします。

... レンジャーズの右腕コルビー・ルイス投手(この人は肘の手術から回復する間にそのシーズンの先発スタートを逃すだろう)は、月曜日に正常なマウンド未満で高いマウンドだが1試合を投げた後に、気分がよかったと言いました。

彼は、長いトス練習で、水曜を投げる金曜の計画と共に、および通常のマウンドからは、まだ用心深い。

 ●  「 White Sox 14, Rangers 8 」

  ※  http://scores.espn.go.com/mlb/recap?gameId=330226113

--------------------------------------------------------------------------------
■  先発メンバー  ;  【 打撃成績 】、  【 投手成績 】


【 テキサス・レンジャーズ 】・・・ 37打数、08得点、10安打、08打点、0四死球、0三振、08残塁


打者名     守備位置    打数   得点   安打  打点  四球  三振   打率

I・キンスラー     2B      0      0     0    0     0    0   .000
E・アンドラス     SS      0      0     0    0     0    0   .000
D・マーフィー     LF      0      0     0    0     0    0   .000
A・ピアジンスキー  C      0      0     0    0     0    0   .000
M・ベーカー       DH     0      0     0    0     0    0   .000
M・モアランド    1B      0     0     0   0    0    0  .000
N・カニングハム   RF      0      0     0    0    0     0   .000
M・オルト       3B       0      0     0    0    0     0   .000
L・マーティン     CF       0      0     0    0    0     0   .000

本塁打 ; [TEX] : ・(本塁打、第号;打点)、・(本塁打、第号;打点)、・(本塁打、シリーズ第号;打点)
三塁打 ;・(本)、・(本) 
二塁打 ;・バトラー(打点、本目)、・カニングハム(打点、本)、・(打点、個目)、・(打点、本)
打点 ;・選手(打点)、・選手(打点)、・選手(打点)、選手(打点)、・選手(打点)。
  
【 テキサス・レンジャーズの投手陣 ;勝利投手:投手(0勝0敗)、投手(セーブ)】

投手名     登板回数   被安打  失点  自責点  四球  三振  本塁打 投球数ーストライク 防御率

ダルビッシュ投手  2.0     0     0      0     0     2    0      000-00    0.00

C・ベッケル    0.0     0     0     0    0    0    0       00-00    15.00

N・コッツ      0.0     0     0     0    0    0     0       00-00   2.40

E・ミーク      0.0     0     0     0    0    0     0      00-00    4.20

J・リンドブロム   0.0     0     0     0    0    0     0      00-00    3.00

C・バーンズ     0.0     0     0     0    0    0     0      00-00    1.50

J・ブリングハム   0.0     0     0     0    0    0     0      00-00    0.00

Y・オルテガ     0.0     0     0     0    0    0     0      00-00    0.00

R・フェイラベンド  0.0     0     0     0    0    0     0      00-00    2.70

【 シカゴ・ホワイトソックス 】・・・ 40打数、14得点、13安打、14打点、0四球、0三振、08残塁


打者名     守備位置  打数  得点  安打  打点  四球  三振  打率

D・ワイズ       LF     0     0     0     0     0    0   .311
G・ベックハム     2B     0     0     0     0    0     0  .247
S・ガートレル     RF    0     0     0     0    0    0    .190
A・ダン        1B     0     0     0     0    0    0    .222
C・ジラスピー     3B    0    0     0     0     0    0    .284
S・ローマン     DH     0     0     0     0    0    0    .310
H・ヒメネス      C     0     0     0    0     0    0    .313
T・ サラディーノ   SS     0     0     0     0    0    0    .224
T・トンプソン     CF     5     0     0     0    0    0    .228

本塁打 ; [CHW] : ・フィグリー(本塁打、第1号;1打点)、・(本塁打、第号;打点)、・(本塁打、第・号;打点)、・(本塁打、第号;打点、打点)
三塁打 ;・ジラスピー(本、投手)、・(本;打点)
二塁打 ;・(本目;投手)、・(本目;投手)、・(本目;投手)
打点 ;・(今季打点目)、・(打点)、・(打点)、・(打点)、・(打点)
盗塁 ; ・トンプソン

【 シカゴ・ホワイトソックスの投手陣;敗戦投手:投手(0勝0敗) 】

投手名   登板回数  被安打 失点 自責点 四球 三振 本塁打 投球数ーストライク 防御率

N・モリーナ   0.0     0     0    0    0    0     0     00-00     0.50

E・オモグロッソ 0.0    0    0    0    0    0    0    00-00   1.67

R・ロドリゲス  0.0    0    0    0    0    0    0    00-00    4.50

C・スチュワート 0.0    0    0    0    0    0    0    00-00    0.27

F・モスコス   0.0    0    0    0    0    0    0    00-00    1.50


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ テキサス・レンジャーズ・ブログ、『 余裕を与えないホワイトソックス打線は、テキサスを待ち受けます。』

 *  春季トレーニングは、「ワールド・ベースボール・クラシック」に便宜を図るために今年延長されます。

[ サプライズ(アリゾナ州)、ゲリー・フレイリー記者/dallasnews.com ;〈2013/2/26午後8:56 ET〉]。

-- そのために、チームは、オープン戦のスケジュールの初期段階中のそれらの登球数の制限により、それらの前線のピッチャー陣を保護しています。

何も、シカゴ・ホワイトソックス以上のそれを説明しません」火曜日と水曜日にテキサス・レンジャーズに対するゲームの計画を投げること

ホワイトソックスは14のピッチャーをゲームで働く予定だったします。

それらのピッチャーのうちの5つは大リーグ・ゲームに現われたことがありません。

他の9つのうち、招待の右腕リリーフ:ダニエル・トロンコソ投手は、最多の大リーグ経験を持っています。

トロンコソ投手(30歳)が197回1/3、経歴大リーグ・イニングに登板していました。

  ※ http://rangersblog.dallasnews.com/2013/02/uninspiring-white-sox-cast-awaits-texas-rangers.html/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 『 ダルビッシュ・有投手は、スプリング・デビューで印象づけます。』


[ サプライズ(アリゾナ州)、ロン・マテイコ記者/ESPNDallas.com ;〈2013/2月26日午後6:20PM CT〉]。

-- ダルビッシュ投手が2012年にテキサス・レンジャーズと彼の最初のシーズンに入った時、彼は日本で投げる間に既に印象的な実績を残していました。

しかし、その成功がメジャーリーグで通用する場合、それは未知でした。

彼は、フランチャイズ史の先発投手によって最高のルーキー・シーズンを記録した後にどんな疑問も除去しました。

彼が2年目のMLBシーズンに入るとともに、期待は高い、彼はできるだけではなく、マッチして、しかし恐らく彼の16試合の勝利数、防御率:3.90および前年度の221個の三振数をさらに改善します。

完全な2イニングを投げて、レンジャーズのホワイトソックス戦での14対-8の敗北の中で彼のカクタス・リーグ・デビューで火曜日に2人を三振にとった後に、彼は、それらの考えを押さえるために何もしませんでした。

ダルビッシュ投手の印象的な投球内容の大リーグ・登板上の1つの汚点は彼の高い四球数の合計でした。

昨シーズン、右腕投手は、191.1イニングに非常に89個のフリーパスをみておきました、投手陣スタッフの最大。

彼は火曜日にバッターを歩かせませんでした。しかし、彼が持ったとしても、レンジャーズのロン・ワシントン監督はそれらが多くの球威と球速の配球の問題より彼の投球スタイルの副産物であると言いました。

「これほど多くの移動および流しをしているので、彼は人々を歩かせるでしょう」とワシントン監督が言いました。

「彼のために働くその移動をしており、奴がそれで揺れる場合、彼は最良の状態にいます。

「彼は、誰かを歩かせれば、そのまわりで投げます。彼はそれについて関心を持っていず、次に、誰か他の人を歩かせるつもりでありません。」

ワシントン監督は、さらにダルビッシュ投手が、この春もっと調整を緩められると言いました。

部分的に彼が2回目の春季トレーニングを通り抜けるので、それは予定されています。

別の理由は小さくなった日本人記者団です。

昨年、メディアの大きなグループは、絶えずすべての動きを文書化した彼の自国から彼に続きました。

それは2013年にそうではありません。

「精神的に、彼は異なる場所にいます。彼は、何を期待するべきか知っています。また、彼は今日外出し、楽しみ、仕事を終わらせました」とワシントン監督が言いました。

「この時の昨年が、彼は誰でも印象づけようとしていないと私が思うので、彼がボールをずっとよく命じているということであるより、私が今年もっとよく見るもの。

私は、彼のメニュー上のただ一つのことは今ちょうど別の大リーグ・シーズンの準備をしようとすることであると思います。」

ダルビッシュ投手がブルペン・セッションおよび紅白戦にこの前の火曜日印象的な実行をとり、アクションを実践するようにそれにしむけたので、結果は火曜日にマウンドで示しました。

「それは、紅白戦とは異なる感じ、異なる感じおよび異なる大気です」とダルビッシュ投手が通訳によって言いました。

「私は、私の速球は今日、本当によかったと思います。しかし、これは単に春季トレーニングの始まりです。したがって、私は、打者も100パーセントでいないと思います。」

  ※ http://espn.go.com/blog/dallas/texas-rangers/post/_/id/4896134/yu-darvish-impresses-in-spring-debut

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 『 試合に覚悟していたレンジャーズは、ホームでのプレーを追い出します。』


[ サプライズ(アリゾナ州)、T.R.サリヴァン/MLB.com ;〈2013/2月26日午後7:25 ET〉]。

-- ダルビッシュ投手は、春季トレーニング、および彼らが各々どのように、2013年を春季キャンプを予期するかを調整することに関して、ロン・ワシントン監督との会談の中で改善するように見えます。

〔サプライズ、(AZ)〕 -- レンジャーズはそれらのスプリング・キャンプの1つの試合をプレーしてそれを作りました。

ダルビッシュ投手は火曜日にレンジャーズのために先発スタートし、彼の最初のカクタス・リーグ・ゲームで連続6人の打者を抑えました。

アレックス・オギャンドー投手(この人はホワイトソックス戦に対して水曜日の午後2:05(CT)にスタートするだろう)およびデレク・ホランド投手(この人は木曜日に「ワールド・ベースボール・クラシック」のために去る前に彼の最終出場でインディアンズ戦に対して投げる)は彼に続くでしょう。

ランディー・ウェルズ投手(5番目の先発メンバー・スポット枠を競争する数人のピッチャーのうちの1人)は、金曜日に先発する予定です。

誰も、カイル・ロース投手がいつ投げる予定か知りません。

ロース投手は、フリー・エージェントのままです。また、レンジャーズが彼に署名しようとしているというサインはありません。

しかし、彼は2012年にカーディナルスの16ゲームの勝利者でした。また、クラブ職員は、彼らがスプリング進行として彼の状況から目を離さないと言いました。

今ちょうど、たとえロース投手の言い値が落ちているかもしれないし、クラブが、主な追加分を作るために財務的弾力性を持っても、レンジャーズは進んで何でもに作用しません。

ゼネラルマネジャー・ジョン・ダニエルGMは、「何も変わっていません」と火曜日にロース投手の方へレンジャーズの立場の中で言いました。

それらはこの時点で含まれておらず、彼の代理人、スコット・ボロース氏との会談交渉に従事していません。

レンジャーズの抵抗の1つの理由は、もしロース投手に署名すれば、それらが2013年の1年目のドラフト中の第一ラウンド選択を没収するであろうということです。

特にそれらがトミー・ジョン症の肘改造手術からの彼の回復でコルビー・ルイス投手から良いニュースを得ているので、レンジャーズは進んでそれをしません。

レンジャーズは、彼が5月に先発ローテーションにいつか戻るかもしれないという見込みがかなりあると信じます。

登板しているダルビッシュ投手は、この春レンジャーズの先発メンバーによる最も印象的な投球内容でした。

球速96mphで計測された速球に依存して、ダルビッシュ投手は、2人に対した6人のバッターを三振にとりました。

彼は28球の投球数をしました、ストライクは16個.

「昨年と比較して、私の安心感は非常に高い」と、ダルビッシュ投手が言いました。

「物理的に、私は調子をよりよく思います。それでも、まだ完全ではありません。しかし、全体として、私はかなり気分がよい。」

出場は、ダルビッシュ投手が彼の2年目のメジャーリーグ・キャンプにおいてより快適であると言い、固体のルーキー・シーズンだったもので改善することに大きな役割を果たすことができたキャンプの普及している理論を強化しました。

「彼はたった今事態の一部でした」と監督ロン・ワシントンが言いました。

「彼のための非常に緩むスプリングだった。彼は、昨年と同じくらいに目立ちません。また、それはよいものです。

彼は、チームメイトと中へもっと混じります。また、それは助けになるべきです。

この時の昨年が、彼がボールをよりよく命じているということであるより、私がこの春もっとよく見るもの。それは彼が人々を等しく印象づける必要はないからです。」

レンジャーズはダルビッシュ投手、マット・ハリソンおよびホランド投手から万全で快適なスプリング・キャンプを期待しています。

さらに、金曜日にロイヤルズ戦に対して1回1/3イニングに2本のヒットおよび2つの四死球上の3失点を許して、彼は最初のカクタス・リーグ外観で苦闘しましたが、彼らはオギャンドー投手が先発ローテーションの後ろに移動することを予期しています。

レンジャーズは、オギャンドー投手が彼のカーブを鋭くし、かつ彼を許可する必要なチェンジアップを開発するのを見ることを熱望します、先発メンバーとしてより有効になります。

しかし、レンジャーズの球団職員は、初期のスプリングのリターンが引き続き揺れても、先発ローテーションに移動されているオギャンドー投手に彼らが委ねられると強調します。

最初の先発登板による最も印象的な5番手の先発メンバー候補はマーティン・ペレスおよびロビー・ロス投手でした。

両方は無得点の2イニングを投げました。また、ワシントン監督は、彼が、ロス投手がルーキー・リリーフ投手だった昨シーズンの前半に行った方法を投げるのを見ていると言いました。

ロス投手は、オールスター戦の休み前に防御率:0.95が、後半に5.60を持っていました。

「彼の攻撃性は戻ります。彼は後半にそれを失いました」とワシントン監督が言いました。

「彼の[カットボールの速球]の彼の球威は戻ります。彼は後半にそれを失いました。

彼はチェンジアップをもっと使用しています。また、彼はスライダーを使用し始めています。

先発メンバーであるとなろうとしているので、彼はより多くの配球に頼らなければなりません。

彼は先発メンバーになりたい。また、彼は、そのスポット枠を勝ち取るためにできるものすべてをしています。」

彼が右の肩の後ろの筋肉痛に対処している間、カイル・マクレラン投手の5番手の先発メンバー候補の企ては保留状態です。また、ジャスティン・グリム投手は荒い春季スタートを切ります。

しかし、レンジャーズはウェルズ投手に満足しました。

前のカブスの先発メンバーは、ボールを下げておく方法および変更する球速を知っている「投球術の知っている」と評されます。
レンジャーズは、単にそれらが先発ローテーションのために持っているものの初期の印象を形成しています。

一か月が、まだ最終評価がなされる前にプレーするために残された春季トレーニングおよび33ゲームの中に残されています。

しかし、このポイントでは、レンジャーズは、それらが5番目の先発メンバー上でどちらの方向へ行っても、今シーズンそれらのための強さでありうる先発ローテーションを組み立てるために、キャンプの中にそれらが十分に持っていると信じます。

レンジャーズは心ルイスの中でちょうど続かなければなりません、5月に戻ってもよい、しかし彼が以前そうだったほど有効でない、

ルーキーの幼い子供は、彼らがマイナーリーグ中のより多くの時間を必要とし、ロス投手がブルペンにもっと必要である、

また、オギャンドー投手が先発ローテーションにシームレスの推移を作らないかもしれないことを結局、示してもよい。

これらは来月の間考慮するもので、なぜレンジャーズが、ロース投手が価値があるかどうか熟考するかです、金融資産投資および潜在的に価値のあるドラフト指名枠の返上、ドラフト・ピックの戦略の負けの両方を検討。

レンジャーズはさらに彼らの第一ラウンドの指名の重要性を知っています、ドラフト会議、過去10年から取る、ピッチャー、トマス・ダイヤモンド、エリック・ハーリー、ケーシー・キッカー、マイケル・メインおよびマット・パークを含んでいました。

どれも現在、チームの構成要員にはありません。

レンジャーズは、失われたドラフトを生き残りました、以前に取ります。

ロース投手が無署名のままである限り、完全にはセットされないローテーションを持ったどんなクラブもまだ少なくとも状況を追跡モニターしなければなりません。

  ※ http://texas.rangers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130226&content_id=42012362&vkey=news_tex&c_id=tex

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ MLB試写 :『 2013年のテキサス・レンジャーズに期待 』


[ サプライズ(アリゾナ州)、ジェリック・グリフィン記者/RantSports.com ;〈2013/2月26日午後00:00 ET〉]。

-- 2012年のMLBシーズンは、テキサス・レンジャーズが所有していることになっていました。チームは最新の3度目の魅力あるワールド・シリーズ進出のために、すべてを兼ね備えて持つように見えました。

しかしながら、それはありませんでした。

代わりに、テキサスはそのシーズンの最終日にアメリカンリーグ【西地区】の優勝の王冠を失い、次に、迅速なポストシーズンの退場のためのワイルドカード・ラウンドの中で失速しました。

今、出現しているフランチャイズのニューフェースと、レンジャーズは、2013年にワールド・シリーズで優勝するだけでなく新しいMLB王朝を始めることを期待しています。

テキサスはもはや頭痛のジョシュ・ハミルトンおよびマイケル・ヤング選手を持っていません。その結果、手段より若い選手は、今常勤の先発メンバーとしてそれら自身を証明する機会を得るでしょう。

デービッド・マーフィー、レオニス・マーティンおよびクレイグ・ジェントリーは外野のニューフェースではありません。しかし、一塁のミッチ・モアランド選手がするように、彼らは今非常にしばしばフィールド出場で、そのプレーを見るでしょう。

ジュリクソン・プロファー選手は、期待トップのMLB予想のルーキーです。また、彼はショートで新時代を始めるだろうか、支援を投げることとトレードされるでしょう。それは、ノーラン・ライアン氏、レンジャーズの社長(また栄誉の殿堂入りのピッチャー)によって特に最近のコメントを考慮して、最近、アーリントンで実際検討されているように見えます。

テキサスは、ダルビッシュう・有およびマット・ハリソン投手に2つのオールスター・ピッチャーを持っています、しかし、それらの先発ローテーションは、テキサスが計画されたワールド・シリーズの準備をするとともに、今年主な追加分を見るただ一つのエリアかもしれません、2010年と'11年に連続の敗退で必要な選手層、より足りないスタッフのことを追跡します。

  ※ http://www.rantsports.com/mlb/author/jericgriffin/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[ 付記; ゲーム日スレッド、 ( アンドリュー・サイモン記者/MLB.com)]: 見出しは、『 レンジャーは驚いてホワイトソックスと対決します--、春季トレーニング・試合日のスレッド。』、-- レンジャーズは行きました、2006年以来の春季トレーニング・ゲームのうちの101勝-107敗.

〔 サプライズ(AZ)〕、-- ダルビッシュ・有投手は、シカゴ・ホワイトソックス戦に対して、万全なスタートで、彼の二年目のシーズンを始めます。

行け、レンジャーズ!

【 参考文献; http://www.lonestarball.com/2013/2/26/4030630/rangers-take-on-white-sox-in-surprise-spring-training-game-day-thread 】

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 【 2月28日~3月02日の試合展開 & 予想 】 … 序盤戦は、チームワークの熟成を期待? 更なる総合力の結集と戦力補強が必要!

  ★  『 カクタス・リーグ 〕 ・・・ アリゾナ州

●(28日)    コロラド・ロッキーズ(点)    VS  サンディエゴ・パドレス(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    シカゴ・カブス(点)    VS  ロサンジェルス・ドジャース(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    ミルウォーキー・ブリュワーズ(点)    VS  カンサスシティー・ロイヤルズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    サンフランシスコ・ジャイアンツ(点)    VS  ロサンゼルス・エンゼルス(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    テキサス・レンジャーズ(点)    VS  シカゴ・ホワイトソックス(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    シアトル・マリナーズ(点)    VS  クリーブランド・インディアンズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    シンシナティ・レッズ(点)    VS  アリゾナ・ダイアモンドバックス(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    ・(点)    VS  ・(点)
             ・投手                    ・投手

  ★  『 グレープフルーツ・リーグ 〕 ・・・ フロリダ州

●(28日)    タンパベイ・レイズ(点)    VS  ピッツバーグ・パイレーツ(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    フィラディルフィア・フィリーズ(点)    VS  ミネソタ・ツインズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    ニューヨーク・ヤンキース(点)    VS  ボルティモア・オリオールズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    アトランタ・ブレーブス(点)    VS  デトロイト・タイガース(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    ヒューストン・アストロズ(点)    VS  トロント・ブルージェイズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(28日)    ボストン・レッドソックス(点)    VS  ボルティモア・オリオールズ(点)
             ・投手                    ・投手
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント

MLB情報の拾い物&駆り集め、最新記事『 Roundup 』 ・ 2/27 ; 第1稿 《訂正&加筆》

2013-02-27 06:12:27 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  【 [ メーサ〔AZ〕、( ・球場)]、--- 2013年2月24日(日) : - 資料写真ファイル〈'13年月日()〉:、… シカゴ・カブスのデビッド・デゼスース選手(#9)は、春季トレーニングのオープン戦、大リーグ野球の試合の2回に、カブスのスターリン・カストロ選手でカバーする、サンフランシスコ・ジャイアンツの田中賢介選手のダブルプレーを阻止します、一塁はセーフでした。 】

   ※ 《 試合内容と会見の模様は、MLB.com球団別の公式HPで、: http://sanfrancisco.giants.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_sf_vid&c_id=sf 》
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 MLB.com の サンフランシスコ・ジャイアンツ 公式サイト 」; https://twitter.com/SFGiants

    * 「  〃   ティム・リンスカム投手の公式サイト 」; https://twitter.com/TimLincecum

    * 「  〃   バスター・ポジー捕手の公式サイト 」; https://twitter.com/BusterPosey

    * 「  〃   田中賢介内野手の公式サイト 」; http://pakila.jp/kensuke-3/ 
**********************************************************************************************
   ※ 「   〃   フェイスブック 公式サイト 」; https://www.facebook.com/Giants 

   ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+Giants/posts

   ※ 「   〃   ジャイアンツ 公式ファンクラブ 」; http://sanfrancisco.giants.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=sf

   ※ 「   〃    〃    公式モバイル 」; http://sanfrancisco.giants.mlb.com/mobile/?c_id=sf《登録が必要》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 地元紙のスポーツ欄 」; http://www.sfgate.com/giants/ 《(見出しは、『 マディソン・バムガーナー投手は、予定を変更します。』:〔 サンフランシスコ・クロニクル紙/ヘンリー・シュルマン記者、[2013年2月25日(月曜)、午後11:27]〕、… スコッツデール(AZ);マディソン・バムガーナー投手(この人はホワイトソックスに対する9対-9タイ中の2回シャットアウト・イニングで月曜日にデビューした)は、彼の投球で昨年、負傷したほど、はるかに背中がねじれていません。彼はプレーで実現しませんでした、どのように、それをどのように表現するか、でした。「徐々に、それはますます課題が多くなりました」と彼が言いました。「私は、それを知る前に、野茂投手が行ったように(ヒデオ)、振り返っていました。」バムガーナー投手は、より短い投球が2つの利点を持つことを望みます。:彼の投球のより多くの一貫性およびプレートへのより少ない時間。彼がねじられて、より多くの相手が走りました。彼らは2011年によりももう14個の盗塁を試みられていました。また、成功率は52パーセントから73パーセントまで上昇しました。実際、バムガーナー投手は2012年のメジャーリーグ中の他の左腕投手より多くの盗塁成功(27個)を許可しました。キャッチャー・バスター・ポジー捕手は、ホワイトソックスに対する違いを見い出すことができました。この人はバムガーナー投手の2つのシングル安打および1つの四死球を与えた制球力をしていることを利用しました。…以下省略…》
**********************************************************************************************
   ※ ; http://www.sacbee.com/mlb/#navlink=navdrop 《(見出しは、『 ベルト選手は、チームが一塁に置くことにより、守備面の課題を回しました。』:〔 サンノゼ・マーキュリーニュース紙/アレックス・パブロビック記者、[2013年2月26日(火曜)、午後12:00]〕、… スコッツデール(AZ:・球場);ブランドン・ベルト選手は、定位置争いで彼がレースに敗れたことがないことを要求します。…以下省略…》
**********************************************************************************************
   ※ 「 対戦相手の地元紙 」; http://www.chicagotribune.com/sports/baseball/cubs/ 《(見出しは、『 カブスの復帰の試みでのウィリスのための別の後退。』:〔 シカゴ・トリビューン紙 /ポール・サリヴァン記者、[2013年2月26日(曜)、午後6:47]〕、… グレンデール(AZ); ベテランの左腕ドントレル・ウィリス投手はカブスを作る現実的な見込みのないマイナー・リーグ・キャンプにいます。》
**********************************************************************************************
   ※ ; http://www.suntimes.com/sports/baseball/cubs/index.html 《(見出しは、『 カブス・ピッチャー、マット・ガーザは今週捕らえることをプレーし始めることができました。』:〔シカゴ・サンタイムズ紙 /ゴードン・ウィッテンマイヤー記者、[2013年2月25日(曜)、午後6:05]〕、… グレンデール(AZ);カブスの右腕マット・ガーザ投手(肩の負傷を備えた1週間以上出場できなかった前者15ゲームの勝利者)は、今週捕らえることを再びプレーし始めることができました。…以下省略…》


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  『 注目選手の登録簿レポート 』

右腕(RHP): マット・カイン投手は、カブスの外野手(OF): アフォンソ・ソリアーノ選手のバットからライナーによって右の膝の上に2月24日に当たりました。
カイン投手は膝を凍らせて故障箇所を包み、治療しました。しかし、彼は次の先発スタートの準備ができるつもりでした。
カブスに対する孤独のイニングに、カイン投手は4つの敵失打による得点を許しました、ディオナー・ナバロ選手によるホームランによる3失点。
**********************************************************************************************
三塁手(3B): パブロ・サンドバル選手が重量問題を常にするだろうとジャイアンツは思います、しかし、彼は動き回り続けます、正当、彼が運ぶ余分の物の減量で素晴らしい
ワールド・シリーズMVP賞は、カクタス・リーグ第一戦の中で、ダブルでホームへ最近最初に走りました、レフト・フライの間に完全に。
サンドバル選手およびブルース・ボウチー監督の両方は状況(サンドバル選手の発言)を軽視しました。「私が三塁を踏みつけた時、ホームプレートは私から立ち去っていました。」
ボウチー監督は、「あなたの背の上でそのピアノを運ぶのは難しい。」と付け加えました。その後、彼は、三塁とホームの間の歩を止めて歌いました。」

ワールド・ベースボール・クラシックでチーム・アメリカのために第2試合を始める予定だった、右腕(RHP): ライアン・ボーゲルソン投手は、白く、青くて、赤いものを着る前に50または60まで彼の投球計算を動かしたい。
ジャイアンツとの最初のオープン戦では、彼は2イニング投げました。また、30球で2本のヒットおよび1つの四死球を許して投球しました。
「ある状況で、あなたが集中され集中すれば、それは物理的に準備ができていることの不足を恐らく克服するかもしれません。
「ちょうど重要なように、その精神の部分はそうです」と、ボーゲルソン投手が言いました。

捕手(C): ヘクター・サンチェス選手(バスター・ポジー捕手のバックアップ)は、温和にベネズエラで冬季リーグ戦で、試合中に生じた肩の損傷で病んでいます。
サンチェス捕手は、それが二塁への送球で起こったかもしれないと言いました。
ポジー捕手はジャイアンツのオープン戦の第一戦に3イニングを欠場していました。

三塁(3B): パブロ・サンドバル選手の後ろのデプス・チャート上で埋められた(3B): コナー・ギルアスピー三塁手は、マイナー・リーグの右腕(RHP): ジェフ・ソピティック投手(21)との交換のためにホワイトソックスから加入しました。この人は昨年、クラスAのシーズン中に投げていました。
ギルアスピー三塁手は、ジャイアンツおよびヒット.205.と3シーズンの役目を果たしました。
彼はオプションが不足していました。また、ジャイアンツは40人の登録簿のスポット枠をきれいにすることに興味を持っていました。
**********************************************************************************************
ほとんど多くの日本人リポーターが彼のすべての動きをモニターしているので、二塁手(2B): 田中賢介選手は春季キャンプ中の多くの注目を得ています。
田中内野手がクラブに所属する保証はありません、しかし、彼は、もししなければ、チーム構成メンバーとして残るだろうということを示しました、彼はクラスAAA「フレズノ」へ行くでしょう。
彼はマイナー・リーグ契約を持っており、ジャイアンツの控えメンバーの効用と、その仕事をすぼめています。

控え(INF): ヨアキン・アリアス選手は、別のユーティリティ・スロット枠を終えたように見えます。
より多くの万能に対する企てでは、田中選手は、さらにキャンプ生活をするために外野手のグローブを持って来ました。

**********************************************************************************************
★  『 ナンバーによって 』:

2013年シーズンの中への二塁手(2B): マルコ・スクタロ選手の公式戦の20ゲームの連続安打試合。記録は公式戦だけを数えます。

**********************************************************************************************
★  『 次のことに注目するために引用します 』:

「野球が非常に上手になされ、競争が非常に大きい場合、このような区分にあって、あなたがドジャーズに面する場合、それは常に興奮させています。
明らかに、ドジャーズは動きをこのシーズンオフにしました、に、よりよい、それらの機会、また、それは競争をより刺激的にするでしょう、したがって、私は再び外に出て、かつそれに対してバック上の名前青に対立するものとしてのチームL.A.身をかわす人を投げる機会を得るために明確に興奮します。」

- 右腕(RHP): ティム・リンスカム投手。(この人はドジャースタジアムで、そのシーズンの第3試合で彼の最初の先発スタートを切るだろう)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  『 MLB情報の拾い物&駆り集め、最新記事 』  ;  MLB関連記事の『 Roundup 』 2月27日、2012

◆ 『 MLBパワー・ランキング 2013 : ここで春季トレーニングが始まるとともに、チームはそれぞれの位置に立っています。』

  * 私たちは、大リーグ野球のレギュラー・シーズンに入るために、わずかな期待される予想ランキングを持っています。これはMLBが楽しくなるデータです: 序盤戦のスタートダッシュが正念場に。


 〔 2013年2月14日 〈州〉[ 紙 / アダム・ウェルズ記者 ]、(AP通信社)〕、-- プレーヤーが春季トレーニングのために、アリゾナあるいはフロリダへオープン戦に進み始めるとともに、この予想で30球団のチーム力をすべて取り巻く今シーズンを占いますが、今後の底上げは計り知れません。

そのうちのいくらかは非現実的かもしれません。しかし、あなたはある時点で楽観的である必要があります。

権謀術数のシーズンオフの後、チームは、ほとんどセットおよび次の6週を通じてそれを単に作りたいことです、それらが162ゲームのレギュラー・シーズンの厳しい戦いを始める前に無傷であれば…。

報告するピッチャーとキャッチャーに敬意を表して、ここに、チームがそれぞれ今ちょうどどこに立っているかの私たちのブレークダウンがあります。また、さらに、それは、各球団がどこに今シーズン順位が動くとともに、下記の30チームの戦力が現在ある順位を期待するかあなたに伝えるでしょう。

(2012年のチーム成績の記録は括弧内にあります。)

**********************************************************************************************
  1. ワシントン・ナショナルズ(98勝-64敗)

ナショナルズは、昨年、メジャー野球で最良のレギュラー・シーズン・チームでした。また、彼らは2013年においてよくなるために単に図に表わします。

ディナード・スパン選手の獲得は、センターの穴を支えます。さらに、必要あれば、彼は口火を切ることができます。

スパンに加えて、ナショナルズの先発ローテーションは、スティーヴン・ストラスバーグ投手がどれだけのイニングを投げたかの頭痛に対処する必要があるでしょう。

また、オフェンス陣は、よく整理されて(ブライス・ハーパー選手が年シーズンの彼のルーキーに前に続く別のステップをとって)、成長し続けるでしょう。

ラファエル・ソリアーノ投手のセーブ記録が減少しない限り、それが今ずっと深く見えるので、ブルペン陣は顕著に落ち着くに違いありません。

それらは、今ちょうどナショナルリーグ順位予想の中のマスコミ各紙の上位で、最良のチームにあります。

**********************************************************************************************
  2. シンシナティ・レッズ(97勝-65敗)

たとえ、レッズが残念なことに、中堅手(CF): シン・スー・チョー外野手を持たなくても、仕事へ外に行かない、そこにそのオフェンス陣は、ナショナルリーグの最上の中にまだあります。

彼が、それらがポストシーズンに欠いた支配的なシャット・ダウン先発メンバーをそれらに与えることができたので、ローテーションに今ちょうどアロルディス・チャップマン投手を移動させることは正しい判断です。

それが機能しない場合、彼はブルペン陣へ戻ることができます。

**********************************************************************************************
  3. テキサス・レンジャーズ(93勝-69敗)

ジョシュ・ハミルトン選手を失うためにレンジャーズ上でその人々たちのために下へ、ダルビッシュ投手がセットポジション(防御率:2.21、39個の三振、四死球の36個、許可された20本のヒット。9月2日および10月のイニング)を下って支配的だったことに単に注目します。

それが十分にはよくない場合、レンジャーズは新人(ジュリクソン・プロファー選手)、マーティン・ペレス選手とマイナーリーグの中で毎日プレーしている(マイク・オルト選手)および投手陣のバックアップをする準備ができている長打力のある三塁手、およびコーディ・バッケル選手でのトップ昇格の野手予想をしています。このチームは素晴らしくなります、と私は信頼します。

**********************************************************************************************
  4. タンパベイ・レイズ(90勝-72敗)

エバン・ロンゴリアおよびビル・マイヤーズ選手(彼が大リーグでそのシーズンのスタートを切ると仮定して)の成長の健康状態は、レイズが今シーズンどれくらい順位を高く上昇するか決めるでしょう。

しかしながら、カンザスシティーへのジェームズ・シールズ投手を交換した後さえ、これはまだメジャー野球のすべてで最も深い先発ローテーションの充実さです。

**********************************************************************************************
  5. セントルイス・カーディナルス(88-74)

5番でさらにそれらを置いて、カーディナルスと保守的なように、私は感じます。それらのラインナップの攻撃力、1~8番打者までは、メジャー野球で何にも劣らずよい。

アダム・ウェーンライト選手がトミー・ジョン手術から離れるセットポジションを下って偉大に見えたので、その先発ローテーションは、クリス・カーペンターおよびカイル・ロース投手なしでさえ、猛烈に脅威になります。

必要が発生する場合、ローテーションにカーディナルスがシェルビー・ミラー、および(または)トレヴァー・ローゼンタール投手を差し込むことができることはさらに助けになります。

**********************************************************************************************
  6. ロサンゼルス・ドジャーズ(86-76)

私たちがチャンピオンとして目標に、ドジャーズに補強の油を注ぐ前に、チームとの欠点がまだあることに注意しましょう。

ブランドン・リーグ選手は彼に一つのように支払われているという事実にもかかわらず、エリート・リリーフ投手ではありません。

ザック・グレンキー投手は、統計的なデータで最愛の人です。しかし、彼は、2009年以来3.48より下の防御率を持っていません。

誰がハンリー・ラミレス選手が何を行うかと知っていますか。エイドリアン・ゴンサレス選手の打力の下降は昨シーズンの移籍する原因です。

マット・ケンプ選手を健康にしておくことは、ラインナップの成功に不可欠です。

彼の資質材料がそれのかつての姿だったものの価値であるので、ジョシュ・ベケット投手は今ちょうど彼の名前上で大リーグで惰走しています。

私は、ドジャーズが使ったお金はすべてナショナルリーグでワシントンまたはシンシナティより上位に、それらを作らないと思います。

また、私は、それらはサンフランシスコより明白によいチーム状態とは思いません。

しかしながら、私は、それらにそれらがでありうるもののために少しの猶予を与えましょう。

**********************************************************************************************
  7. アトランタ・ブレーブス(94-68)

アトランタは、メジャー野球の中に任意のチームの最良のシーズンオフのうちの1つを持っていました。

B.J.およびジャスティン・アプトン選手を加えることにより、その全外野陣を再生した この人はそれらにゲームの中で遅く使用する別のパワー腕を与える。だけでなく、それは、どうにかジョーダン・ウォールデン選手へ明白に故障したトミー・ハンソン選手に置き換えました。

アトランタとワシントンの間のナショナルリーグ【東地区】のための戦いは、この夏見る最も刺激的なもののうちの1つであるべきです。

**********************************************************************************************
  8. サンフランシスコ・ジャイアンツ(94-68)

ジャイアンツは、事実上昨年ワールド・シリーズ勝利に寄与した、大きなフリー・エージェントのすべてに再署名することを選んで、このシーズンオフ安全なものをプレーしました。

たとえオフェンス陣がまだ正当なバスター・ポジー捕手およびパブロ・サンドバル選手にあまりに依存しても、投手陣はまだこのチームの強さの源です。

**********************************************************************************************
  9. トロント・ブルージェイズ(73-89)

マーケティング視点から、ブルージェイズは容易にシーズンオフを勝ち取りました。

そのすべてではありませんが、それらはファーム制度に構築した深さの多くをとり、それをR.A.ディッキー、ジョシュ・ジョンソン、マーク・バーリー投手およびホセ・レイエス選手のようなものに変えました。

ジョンソンおよびブランドン・モロー投手が健康でいることができないので、私はそれらの追加分と共にさえ、先発ローテーションについて関心を持っています、バーリー投手はそこにそのようなタイト・ロープを歩かせます、彼が内部に破裂このシーズンおよびリッキー・ロメロ選手のうちの1つは昨年混乱していました。

その関係のために、私はアメリカンリーグ【東地区】にわずかにレイズの後ろにそれらを入れます。

しかし、ディッキー投手が過去3年、メッツおよびジョンソンのうちの1人と彼が行ったことを行うか、モロー投手が健康にプレーし続けることができる場合、これはプレイオフ進出・チームです。

**********************************************************************************************
  10. オークランド・アスレチックス(94-68)

セントルイスとトロントで保守的でしたが、私はオークランドに関してここで気前よい。

多くのアスレチックスの成功がブランドン・モスおよびジョシュ・ドナルドソンのような選手に基づいて昨シーズン来ました。彼らはフルシーズンの間それを繰り返さないでしょう。

ヨエニス・セスペデス選手は、お金の価値で、オークランドが彼を与えた以上であると分かりました。

ジョシュ・レッジック選手は誰かが期待したより非常に多くの成績を提供しました。投手陣(それはルーキーをどっさり持っていた)はよくなり続けるべきです。

ジェラッド・パーカー選手はより多くの上昇を残します。ブレット・アンダーソン投手が健康でいることができれば、彼は先発ローテーションのトップの先発メンバーでありえます。

**********************************************************************************************
  11. デトロイト・タイガース(88-74)

アメリカンリーグ・セントラルがまだ悪いので、タイガースはポストシーズンへ惰走する問題を持つべきではありません。

ブルペン陣とディフェンス陣は引き続き問題でしょう。しかし、先発ローテーションの選手層は深い。

また、ラインナップはヴィクター・マルチネス選手のリターンを備えた押し上げを得るために図に表わします。

**********************************************************************************************
  12. ニューヨーク・ヤンキース(95-67)

私は、ヤンキースが何を行うべきであるか、分からないことを完全に認めます。

彼らは選手層の深さの年齢および控え不足のために、特に先発ローテーションで、そのような綱渡りを歩かなければなりません。

システムの一流選手がすべて少なくとも1年先のように、マイナーリーグは今シーズンあまり助けないでしょう。

CCサバシア投手は健康で、彼がそうである永続するサイ・ヤング賞の競争者のように投げなければなりません。

ロビンソン・カノー選手は、メジャー野球で最良の二塁手のままでなければなりません。

デレク・ジーター選手のオフェンス力は昨シーズンだったのと同じレベルにとどまらなければなりません。

ブレット・ガードナーおよびマリアーノ・リベラ投手は再びけがをすることができません。

これはヤンキースが長い時間の中を見たのと同じくらい脆弱な基盤です。

**********************************************************************************************
  13. ロサンジェルス・エンジェルス(89-73)

エンジェルスと、オフェンス陣のために来て、ジェレッド・ウィーバー投手の向こうのあるピッチングを見ることを望みます。

もし私がウィーバー投手を超えたそれらの先発ローテーションに対してどんな確信も抱けば、このチームはより高いでしょう。

しかし、私は、C.J.ウィルソン、トミー・ハンソンおよびジョー・ブラントン投手が何を向こうに行うであろうか知りません、イニングを食べ尽くします。

**********************************************************************************************
  14. ボストン・レッドソックス(69-93)

レッドソックスは昨年のそれらのチーム成績の記録が示すほとんど良くありません、正確に同時に選手がばらばらになること(悪い指揮管理し、負傷者など)は単にすべての嵐の中でした。

ジョン・レスターおよびクレイ・ブーフホルツ投手が立ち直ることができ、デービッド・オルティス、ダスティン・ペドロイア選手およびマイク・ナポリ捕手が、ラインナップの真中のポップを提供する限り、レッドソックスはワイルドカードのスポット枠を競争するべきです。

**********************************************************************************************
  15. アリゾナ・ダイモンドバックス(81-81)

ダイアモンドバックスが今ちょうど何を行っているか誰かが私に伝えることができる場合は、私を啓蒙してください。

その多くがそうであるように妨げることとして、これは、まだ.500に手を出すべきであるが、ドジャーズとジャイアンツと付き合い続けるためにあちこちで少数の休憩を必要とする健全なチームです。

2013年シーズンに入る大リーグ野球で最良のチームはどこですか。

ワシントン・ナショナルズ、シンシナティ・レッズ、トロント・ブルージェイズ、テキサス・レンジャーズ、セントルイス・カーディナルス、アトランタ・ブレーブスは、結果を見るためにファン投票の上位を提示しています。

**********************************************************************************************
  16. シカゴ・ホワイトソックス(85-77)

彼がその投球でどれくらいの時間持ちこたえることができるかは別の話ですが、クリス・セール投手は昨シーズン楽しい活躍で驚きでした。

ジェイク・ピービー投手は年で初めて健康でいました。

アレックス・リオスおよびアダム・ダン選手は、野球をする方法を思い出しました。

昨シーズンのそのすべてのよい運にもかかわらず、ホワイトソックスはまだこぶを乗り越えることができなかったし、プレイオフをすることができました。

それらは、2012年の成績を繰り返すか超過するためにそれらの選手を必要とするでしょう、そして彼らが別のプレイオフを走らせたい場合に、上る他の数人の選手のために。

**********************************************************************************************
  17. フィラデルフィア・フィリーズ(81-81)

フィリーズがそれらの先発ローテーションの一番上のロイ・ハラディー、クリフ・リーおよびコール・ハメル投手を持つので、それらはそれらにある多くの問題を覆うことができるでしょう。

しかしマイケル・ヤングおよびデルモン・ヤング選手を得ること、この人はできない、ナショナルリーグ(彼らもよい打者であるのではありません)の中のDHはそれらを著しくより悪いディフェンス力のチームに属しています。

フィリーズがレフトに右翼およびダーリン・ルフ選手にヤング選手の後に入れることを決定すれば、貧打のベン・リヴィア選手はその外野の位置にはいないでしょう。

**********************************************************************************************
  18. クリーブランド・インディアンズ(68-94)

誰がインディアンズがそのような大金を使ったことを知っていましたか。

1月に5600万ドルの移籍取り引きへ契約したニック・スイッシャー選手に署名した後に、チームは、マイケル・ボーン選手が4年の取り引きに彼に署名することにより野手の難問解決への最終部分になるだろうと決定しました。

しかしながら、インディアンズが結んだ最良の取引きは、アリゾナとシンシナティとの3つのチーム取り引きでのトレヴァー・バウアー選手を得ていました。

そのオフェンス陣の方がトップでのボーンおよびスイッシャー選手でよいでしょう。

そのディフェンス陣は、ボーン選手から巨大な押し上げを得るでしょう。

インディアンズの先発投手陣が、順調にスタートするピッチング・スタッフを見つけるまで、しかしながら、それらはアメリカンリーグで匹敵しない場合があります。

**********************************************************************************************
  19. ボルティモア・オリオールズ(93-69)

私は、特に私がよくそれらより進んでボストンを置くので、これが論争の的になっているだろうと想像します。

しかし、昨年、オリオールズの身にふりかかったことは野球史上最も幸運なシーズンのうちの1つのように見えます。

チームがポストシーズンを作り、アメリカンリーグ・チャンピオンシップ・シリーズの中でプレーすることから遠ざかって1つの勝利だったので、それは侮辱ではありません。

しかし、そのブルペン陣(それは多くの予備部品で構成された)はどこからともなく野球で最良のユニットのうちの1つになりました。

チームは行きました、レギュラー・シーズン中の1点差の試合のうちの29勝-9敗、また連続16試合の延長戦に勝ちました。

マニー・マシャドおよびディラン・バンディ選手(あるポイントで)のフルシーズンが、このチームをよりよくするので、支援は途中です。

しかし、このチームが、それらが昨年必要とした運の種類で勝率:.500以上を再び仕上げるのを見るのは難しい。

**********************************************************************************************
  20. ミルウォーキー・ブリュワーズ(83-79)

ブリュワーズが、ヨバンニ・ギャラード投手の後に任意の種類のピッチング・スタッフを始めることを見つけるまで、ナショナルリーグでシンシナティをつかむのにそれらが苦労するであろうことおよびセントルイスとの【中地区】での争い。

**********************************************************************************************
  21. ピッツバーグ・パイレーツ(79-83)

フランチャイズは、勝率:.500のレコードをちょうど逃したが、それらのファーム制度が大きな飛躍をしたので、それは成功したキャンペーンでした。

これほど多くの逆境だが反転に直面して忍耐強いのは難しい、それらの新人育成で、有望株が来ること…

私たちが結果を見る前に、もう1年かかるかもしれません。

**********************************************************************************************
  22. カンザスシティー・ロイヤルズ(72-90)

ロイヤルズは当惑するシーズンオフを控えめに言っても持っていました。

それらは、ジェームズ・シールドおよびウェード・デイビスとタンパベイへのビル・マイヤーズ選手(この人は先物ゲーム中にカンザスシティーで大スターだった)およびジェーク・オドリッツ選手を特にトレードしました。

無風の定位置争いの真空状態で、なぜロイヤルズがシールズとデイビス選手を望むか分かります。

昨年のそれらのピッチングはものすごかった。また、2013年において準備ができるオドリッツ選手以外のシステムによる補強はあまりありませんでした。

しかしながら、シールズとデイビス選手は、このチームを勝率:.500のチームにそれほどあまり近くしません。

それらは、持つためにエリック・ホズマー選手を必要とします、1つの、成績のはね返り後ろに巨大、四死球を時々引き寄せるために、シーズンおよび希望マイク・ムスターカス投手はプレートで新しい制球力のアプローチを学習することができます。

**********************************************************************************************
  23. シアトル・マリナーズ(75-87)

マリナーズは契約更改の交渉で、フェリックス・ヘルナンデス投手を最後に閉じ込めました!

今、彼を助けるあるオフェンス陣、および先発ローテーションの残りをちょうど見つけ出す場合があれば、それらは信じられないほどに困難なアメリカンリーグ西地区の中で競争する準備ができるでしょう。

**********************************************************************************************
  24. サンディエゴ・パドレス(76-86)

それらのホーム球場がそれらに利点(たとえ、2つのチームがその上でプレーしなければならなくても)を与えるので、パドレスの球団レコードは常に競技場での実際の才能よりよく見えるでしょう。

それらの登録簿はPetCoパーク球場のために構築されました。それはそれが1年前に見たほど深く見えませんが、育成システムに才能が載せられます。

同じようにそこに関係していない、まだ途中で多くのマイナーからの支援です。

**********************************************************************************************
  25. ニューヨーク・メッツ(74-88)

そのオフェンス陣(特に外野の皆)が完全な混乱になるので、そのシーズンおよびザック・ホイラー選手の加入のスタートを切るために、少なくともメッツにはローテーションの中にマット・ハーヴェイがいます。

しかしながら、デービッド・ライト選手は、ラインナップのまだ中心選手です。したがって、それはすべて悪くないでしょう。

**********************************************************************************************
  26. シカゴ・カブス(61-101)

テオ・エプスタイン球団社長およびジェッド・ホイヤーGMは、彼らの最初のシーズンにインパクト才能をファーム制度に加える猛烈な仕事をしました。

結果は今シーズン、カブスのための球場に、成績を示さないでしょう。しかし、チームを助けるための騎兵隊は必ず来ます。

**********************************************************************************************
  27. ミネソタ・ツインズ(66-96)

ツインズは、2013年にメジャー野球の目標で、最良の最も刺激的なファーム制度のうちの1つを構築しました。

インパクト才能はすべて少なくとも2年先です(それほど多くでない場合)、したがって、ミネソタは忍耐力に対して選手の向上を持つでしょう、少数、事態の前のより多くの悪いシーズンが回転します。

**********************************************************************************************
  28. コロラド・ロッキーズ(64-98)

ジム・トレーシー監督が辞職した時、少なくともロッキーズは1つの頭痛を取り除きました。それはあなたにこのチームを見させるのによいスローガンですか。

承認(トロイ・ツオロスキー選手)は戻るでしょう、カルロス・ゴンサレスおよび右のファウラー選手の回復は、まだ見る最も刺激的な選手のうちの2人です。それは悪くありませんですね。

**********************************************************************************************
  29. マイアミ・マーリンズ(69-93)

マーリンズが、それらが登録簿を備えたすべてを扱った方法用に得ているのと同じ量の高射砲、これ、シーズンオフそして当然、そのようにから、厳密に、MLB野球展望、それらが何を行ったかは意味をなします。

チームは、それが新しい野球場へ移動したとともに昨シーズン競争するためにお金を使おうとしました。

それは起こりませんでした、ファンはまだ現われませんでした、したがって、本部は、それが利益を得るのに必要だと思ったことを行いました。

さらに、それらは分配したすべての選手の代わりによい才能を得ました。

また、すべての中で最も素晴らしい贈り物はその人々たちです、まだジアンカルロ・スタントン選手が今のところ野球を出来ることに気をつけるようになります。

**********************************************************************************************
  30. ヒューストン・アストロズ(55-107)

それは、特にアメリカンリーグ【西地区】の中で、長い間、活躍はないでしょう。

しかし、ゼネラルマネジャー、ジェフ・ルノーGMおよび彼のスタッフがアストロズと過去12か月に行ったのは、絶対に正しい判断でした。

このフランチャイズは長い間、チームの設計図に書き直すことで恐ろしかった。ファーム制度は、一貫して競争するために十分な才能を生みませんでした。

ルノーGMは全てのものを改革しており、それらがゼロからスタートするだろうと言いました。

マイケル・ケイン選手が暗いナイトの中のクリスチャン・ベール氏に伝えるとともに、「よくなる前に、物事は常により悪くなるでしょう。」

それは今ちょうどアストロズの場合には真実です。しかし、少なくともフランチャイズは正しい方向に率いられます。

 ●  「 MLB Power Rankings 2013: Where Each Team Stands as Spring Training Begins 」

   ※ http://bleacherreport.com/articles/1527859-mlb-power-rankings-2013-where-each-team-stands-as-spring-training-begins

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLBと大リーグ各球団の公式サイトの解説では、『 MLB選手組合のチーフは、可能な増加する薬物使用の罰を言います  』

  * 「 禁止薬物の使用をした何人かの選手が確かにいます!! 」

  ※ 《 記事内容と会見の模様は、MLB関連の公式ビデオで、:  http://mlbplayers.mlb.com/pa/index.jsp 》

〔ダニーデン、(FL)〈USA TODAY.com〉〕--、MLB選手組合代表のマイケル・ウェイナー氏は、会談が野球の薬物検査プログラムを破ったペナルティーを増加させることに関してあったと月曜日に言いました。

「それを表現した何人かの選手が確かにいます」とウェイナー氏は言いました。

「私たちは、MLB委員の事務局との議論をしています。それが、選手が興味を持っているものであるので私たちが異なるペナルティーシステムを持っていると判明する場合、それは球団所有者が興味を持っているものです、それは2014向けでしょう。」

春季キャンプの毎年のツアーの一部としてトロント・ブルージェイズに会った後、ウェイナー氏はメディアに話しかけました。

「一方では、私たちは、チーム・スポーツの中で最もタフなペナルティーを持っています」と、ウェイナー氏が言いました。

「50ゲーム、初めてフットボールおよびホッケーおよびバスケットボールで見た以上にあります。ますます多くの選手が、清潔なゲームを持つ望みを明言しています。ますます多くの選手が、私たちが清潔なゲームを持っていることを確かめるためにテストする点では喜んで犠牲を受理することを明言しています。」

大リーグ・ベースボールおよび選手組合の両方によって薬プログラムへの変更を承認しなければなりません。

「私たちのジョイント薬物検査プログラムの強さのうちの1つは、交渉当事者がそれをさらに有効にすることができるプログラムおよび潜在的変化に関する進行中の対話をしているということです」とロブ・マンフレッド氏(野球の経済担当とリーグの事務局のための上級副社長)が、声明で言いました。

「私たちは、最近の開発に応答するために必要かもしれない変更に関するMLBPAとの議論を楽しみにします。」

増加した注意が変更を促進するのを支援した1つのエリアはヒト成長ホルモン剤のために検査テストする際にありました。

「選手はこの変更を承認しました。また、それは、HGHの使用のための検知の可能性を改善するために年中血液検査をする、重要な変更でした」とウェイナー氏が言いました。

「それは選手が非常に強くほぼ感じたものでした。この時点での選手は、システムを欺き、年中、HGH試験が重要なコンポーネントであると理解しようとしている選手をほとんど受け付けません。」

HGH試験は昨年始まりましたが、春季トレーニングに制限されていました。

さらに、ウェイナー氏は、申し立てによると、消滅したフロリダ老化防止クリニックからの運動能力向上薬を購入したとしてマイアミ・ニュータイムズ紙によって報告書の中で指名された選手で彼が話すだろうと言います。

「これらの物語に何でもがあってもなくても、それらはこの問題にうんざりしています(選手)」とウェイナー氏が言いました。

「したがって、多くの選手が恐らく、私たちが異なるペナルティーを必要とすると言うことは自然です。私たちは2013年の間にその議論を持つでしょう。」

彼が脳腫瘍のために休養していると8月に発表して以来、2009年の選手組合代表および今年のツアーが春季トレーニングの彼の1番目の仕事であるとともに、ウェイナー氏はドナルド・フェール氏のあとを継ぎました。

● 【この項目の注意点】:

元大リーグ外野手ホセ・クルーズJr.氏は、特別の助手として選手組合のサービス部で組織員に加わりました。

クルーズ氏(38歳)は、スペイン語を話す選手に補足教育および通信支援を与えるのを支援するでしょう。

ゴールド・グローブ賞の受賞者(8つのチームの経歴を持つ大リーグで12シーズン過ごしたクルーズ)。…以下省略…

( ・記者(AP) / -- 2013年2月25日7:42p.m.〈EST〉 )。

  ※ http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2013/02/25/baseball-union-head-michael-weiner-says-increasing-drug-penalties-possible/1947171/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 【 2月27~3月02日の試合展開 & 予想 】 … 序盤戦は、チームワークの熟成を期待? 更なる総合力の結集と戦力補強が必要!

  ★  『 グレープフルーツ・リーグ 〕 ・・・ フロリダ州


●(27日)    ボルティモア・オリオールズ(点)    VS  ピッツバーグ・パイレーツ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    デトロイト・タイガース(点)    VS  ヒューストン・アストロズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    ヒューストン・アストロズ(点)    VS  タンパベイ・レイズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    ミネソタ・ツインズ(点)    VS  トロント・ブルージェイズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    ニューヨーク・ヤンキース(点)    VS  フィラディルフィア・フィリーズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    ニューヨーク・メッツ(点)    VS  マイアミ・マーリンズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    ワシントン・ナショナルズ(点)    VS  ビエナ・ビスタ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    セントルイス・カーディナルス(点)    VS  ボストン・レッドソックス(点)
             ・投手                    ・投手


  ★  『 カクタス・リーグ 〕 ・・・ アリゾナ州


●(27日)    アリゾナ・ダイアモンドバックス(点)    VS  ロサンゼルス・エンゼルス(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    シカゴ・ホワイトソックス(点)    VS  テキサス・レンジャーズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    シンシナティ・レッズ(点)    VS  サンディエゴ・パドレス(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    コロラド・ロッキーズ(点)    VS  シカゴ・カブス(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    カンサスシティー・ロイヤルズ(点)    VS  クリーブランド・インディアンズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    シアトル・マリナーズ(点)    VS  ミルウォーキー・ブリュワーズ(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    サンフランシスコ・ジャイアンツ(点)    VS  ロサンゼルス・ドジャース(点)
             ・投手                    ・投手

●(27日)    オークランド・アスレティックス(点)    VS  アリゾナ・ダイアモンドバックス(点)
             ・投手                    ・投手
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント

MLB関連の全米の公式HPの本日の噂話〔2月26日、2013〕; 第2稿 《訂正&加筆》

2013-02-26 06:47:08 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  【 [ フェニックス〔州〕、(・球場)]、--- 2013年2月19日(火); - 資料写真は〈'13年0月0日曜日〉 :  … ミルウォーキー・ブリュワーズの青木宣親外野手(#7)は、春季トレーニングでメジャー野球の練習中にグローブのないボールを引っ掛けようとします。】
**********************************************************************************************
《 2013年.春季オープン戦の成績 -- (過去3シーズン); 青木宣親選手: チーム名.[MIL]./、G.(2試合)./、AB.(5打席)./、R.(1得点)./、H.(2安打)./、TB.(3塁打数)./、2B.(1二塁打)./、3B.(三塁打)./、HR.(本塁打)./、RBI.(打点)./、BB.(1四死球)./、IBB.(敬遠の四球)./、SO.(三振)./、SB.(盗塁)./、CS.(盗塁死)./、AVG.(打率:.400)./、OBP.(出塁率)[.500]./、SLG.(長打率)[.600]./、OPS.(出塁率と長打率の和)[1.100]./、GO/AO.(ゴロ・フライ比率)[0.50] 》
**********************************************************************************************  
  ※ 《 試合内容と会見の模様は、球団HPで、: http://milwaukee.brewers.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_mil_vid&c_id=mil 》
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※ 「  MLB.com の ミルウォーキー・ブリュワーズのツイッター 公式サイト 」; https://twitter.com/Brewers

  ※ 「   〃   の ブリュワーズのフェイスブック  」; https://www.facebook.com/Brewers 

  ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+brewers/posts

  ※ 「   〃   ブリュワーズ 公式ファンクラブ 」; http://milwaukee.brewers.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=mil

    * 青木宣親選手の全成績: http://milwaukee.brewers.mlb.com/team/player.jsp?player_id=493114#gameType=%27R%27

  ※ 「   〃     〃   公式モバイル・サイト 」; http://milwaukee.brewers.mlb.com/mobile/?c_id=mil 《 登録が必要 》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※ 「 地元紙のスポーツ欄 」;http://www.jsonline.com/blogs/sports/192579441.html  見出しは、『 ブリュワーズが、パイレーツを一掃した後、プレイオフ進出の争いは拍車をかけました。』[ジェーソン・ガルビン記者/ジャーナル・センチネル紙]《 〈ミルウォーキー、(WI)〉--、アリゾナ州立大学のピーナッツおよびクラッカージャック2013年のスポーツ・ジャーナリズム専攻の学生は、ミルウォーキー・ブリュワーズと春季トレーニングのファン観戦のために野球場へ私たちを連れ出します。》 
**********************************************************************************************
    * 《ESPNの分析》;http://espn.go.com/mlb/player/_/id/32053/norichika-aoki/  見出しは「 ESPNファンタジー大リーグ予測。」[・記者/・紙]《〈ミルウォーキー、(WI)〉--、良い解釈 : ライアン・ブラウン選手の保留が逆にされなかった場合、障壁としてもたらされて、青木外野手はアプローチとスタイルの同胞イチロー選手へのなぞらえを呼び起こして、マット・ガメル選手のシーズンを終了するACL傷(一塁への変わるコーリー・ハート選手)を利用しました。
青木外野手は、右翼の仕事を勝ち取り、かつ口火を切る本命として、2013年を入力します。
その場合、安全なプレーはある全面的な後戻り(彼はまだ走るが)を予期することですが、青木選手はレギュラー争いでの実行可能な目標になるでしょう。
あなたが完全に力を犠牲にせずに遅い速度を得ることが好きならば、規則的にプレーすれば、青木選手は条件を満たすかもしれません。》


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  大リーグの本日の気になる噂と話題;  MLB関連の記事の拾い読み  2月26日、2012

★ 全米の大リーグ関連の本日の最新記事の抜粋と項目を下記に列挙いたします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 『 MLB - Baseball ( Truth & Rumors )の気になる最新ニュース  』

★ 『 マーリンズ球団の所有者ジェフリー・ローリア氏は事実をでっちあげたことでメディアを非難しています。 』

    《 〔 マイアミ、(FL)〕、-- マイアミ・マーリンズ球団:所有者ジェフ・ローリア氏によれば、MLBリポーターは、少数を超える事実をでっちあげました。

そして日曜日に、72年来の事情通の貸家、サンシャイン・ステート、最多の可能な公道のうちの1つで知っています。

「私たちを攻撃した人々は自分の事実ではなく自分の見解を得る権利を与えられます」とローリア氏が、マイアミ・ヘラルド紙、パーム・ビーチ・ポストおよび南フロリダ・サンセンティネル紙によって公表された全ページ広告の中で書きました。

「昨季の野球が私たちのベストでなかった 実際に、それは私たちの最悪の事態のうちの1つでした。のが秘密ではない」と、ローリア氏は始めました。

「大部分、ひどい成績と悪臭で追い出された球場と何かでの私たちのパフォーマンスを行う必要があった。」

ローリア氏、誰、2003年にワールド・シリーズをマイアミへ持って来るのを支援する、次にマーリンズがトロント・ブルージェイズで作った、12人の選手メガディールを解体し、放出したこと、この過去のシーズンオフ、彼が主張した動きは彼の本拠州内のものによって誤り、と伝えられました。》 …以下省略…

-「 トロント・サン紙 」-  (午前09:39 02.25 ET)

  ※ http://www.torontosun.com/2013/02/24/miami-marlins-owner-jeff-loria-goes-on-a-rant

**********************************************************************************************
★  『 レッドソックス・スプリング・デビューのために週末を注視するマイク・ナポリ捕手…。 』

    《 〔 、(州)〕、マイク・ナポリ捕手が仕事をすれば、彼は今シーズンの実行のためにあまり必要を持たないでしょう。

「それに遠くにヒットしてくださる」とナポリ捕手は、昨日冗談に言いました。

「また、ジョギングすることができる」

ゲームの最も偉大な強打者さえが球場公園(ナポリ捕手)で時々ボールを保存することが、今年確かに走らなければならないとともに見て、昨日どれが新しいレッドソックスの一塁手が望む有望な最初一歩を踏み出したかは、来週でゲーム・アクションにいつか結びつきます。

レッドソックスがセントルイス・カーディナルスに対するジュピターでのゲーム中でフロリダ中でプレーして、ナポリ捕手はベースを実行するためにジェットブルー・パークに後に残りました、

リハビリ治療で疾走して、彼が彼の面倒くさい右の腰の中で健康を維持する間に事態をゆっくり理解し続けるとともに、二塁と比べ少しも一層でない、元キャッチャーの一塁手のための次のステップは1塁から3塁まで疾走することでしょう。

そこから、彼は、週末までにゲームをすることを望みます。》 …以下省略…

-「 ボストン・ヘラルド紙 」- (2013年02月25日午前09:26 ET)

  ※  http://bostonherald.com/sports/red_sox_mlb/boston_red_sox/2013/02/napoli_turns_corner_by_running_bases 

**********************************************************************************************
★  『 彼がヤンキースと問題なく取り引き交渉する事に不確実なアフォンソ・ソリアーノ選手。 』

    《 〔 、(州)〕、アフォンソ・ソリアーノ選手は、日曜日にグレープフルーツ・リーグ・ゲームで死球を受けた後に、ヤンキース外野手カーティス・グランダーソン選手が砕かれた右の前腕を受けると彼が聞いた時、何が来るか知っていました。

もしヤンキースがトレードに関するカブを呼べば、カブ外野手は彼の無トレード期間の放棄に興味を持っているでしょうか。

「私は、私がここで快適に感じており、私がこのチームを信じるので、それらがその方法を見ないことを望みます」と彼が言いました。

「私たちは今年よりよい機会を得ています。」

彼が、彼の契約に残された残る3600万ドルの大部分を食べるそれらの意欲に関して、構成とカブがまもなく出たことの中で近づいて来たので、ヤンキースがソリアーノ選手を捜すだろうかどうかは、頭に思い浮かんだ質問です。

「私は、ノーと言うことが好きではない」、ソリアーノ選手は言いました。

「それは、大リーグで私のためにドアを開けたチームです。しかし、私が言ったように、それはずっと前にありました...

それが今日起こりました。したがって、私は、彼らが呼びたいかどうか(カブ)知りません。

しかし、それらが私を要求するなら、私はそれに関して考えなければなりません。

私は37歳です。したがって、私はそれに関して1位、私とチームによいことおよび家族をまた思わなければなりません。」。》 …以下省略…

-「 シカゴ・トリビューン紙 」- (2013年2月25日午前08:00 ET)

  ※ http://www.chicagotribune.com/sports/baseball/cubs/ct-spt-0225-bits-cubs-spring-training-chicago--20130225,0,6577074.story

**********************************************************************************************
★  『 カーティス・グランダーソン選手を交換する移籍市場のヤンキース!? 』

    《 〔 、(州)〕、それで、カーティスGrandersonは、10週、J.A.ハップ投手の速球によって砕かれた彼の右の前腕、およびヤンキースのスプリングの間去ります、それが朝食にあったより夕食時によってさらに面白くなります。

トレード?

ヴァーノン・ウェルズ選手は意味をなす選手です。また、エンジェルスは、恐らくほとんどのコストを吸収するでしょう。しかし、これはシーズンを終了する傷(単なるスプリング・キャンプを完了する人)ではありません。

エドアード・ヌニェス選手?

それは見える、よい、彼をさせるどれもとしての時間は、ラインナップ中の彼のエネルギーおよび彼のバットをよりしばしば得る外野手として沈むか泳がせる、しかしどちらもないブライアン・キャッシュマンGM、および、ジョー・ジラルディー監督は見える、それに対するそれらの考えを変えがちでした。

「あなたは、それをテストするまでどれくらい深いか知りません」とジラルディー監督が言いました。

「私たちは今ちょうどそれをテストするつもりです。」。》 …以下省略…

-「 ニューヨーク・ポスト紙 」- (2013年2月25日午前07:42 ET)

  ※ http://www.nypost.com/p/sports/yankees/bombers_world_blitzed_when_curtis_crIM6FzeClx4lE7xS4SLUL

**********************************************************************************************
★  『 イアン・キンスラー選手は、標準以下の2012年の後に新しいアプローチを約束します。』

    《 〔 、(州)〕、なるほど、2012年は使用されるメトリックにかかわらずキンスラー選手(自分の経歴基準に基づいた)のための標準以下の年でした。

彼は経歴低い出塁率を恐らく持っていました、最もシングル重要、トップヒッターのために統計。

彼は19のホームランを打ち、21のベース(トップヒッターだがキンスラー選手の2度の 30盗塁-30本塁打のシーズンと大違いのための両方の相当な数)を盗みました。

彼の四球数は落ちました。また、彼の三振は行きました、を上へ(かなり)。
いくつかの問題がありました。

「私は、変更したかった多くの異なるものを持っていました」とキンスラー選手が言いました。

「しかし、しばらくの間逃げて、事態を捜した後に、何が現実的か、何がないか理解します。私は、ゲームに関する8つあるいは9つのものを変更したかった。

実際には、加えることができる2つあるいは3つの変更が恐らくあります。」

「物理的に劇的に私のスイングを変更することは起こることではありませんでした。私はそれを少し平らにしてもよいですか。

はい。

また、私はそれに作用し続けることができます。
しかし、大きな変更は精神でなければなりません。

恐らく、その95パーセントは精神です。

私はよりよいアプローチを持っていなければなりません。」

何がそれを意味させますか。

それは、30歳では、キンスラー選手がとうとう自分を学習したかもしれないことを意味します。

彼は、誰かです。
彼はほとんどの選手を越えるものを押し上げるでしょう。
彼は、時々嫌悪中のバットを弾くでしょう。

彼はいくつかの規則的なルーチン・ゴロ上の一塁にジョギングしてもよい。

キンスラー選手は、2013年と何を交換したかったかに関するこのやや単純な説明に彼が結局来たと言いました : 彼は「質打数」を持ちたい。

「私は他の人すべてに何も証明する必要はありません。しかし、今年、私は私にそれを証明しなければなりません」とキンスラー選手が言いました。

「今年、私は、毎日準備されるためにできる最上を使用することを確かめなければなりません。」。》 …以下省略…

-「 ダラス・モーニング・ニュース紙 」-  (2013年2月25日午前07:10 ET)

  ※ http://www.dallasnews.com/sports/texas-rangers/headlines/20130224-grant-after-subpar-season-rangers-ian-kinsler-vows-new-approach-in-2013.ece

**********************************************************************************************
★  『 マーリンズのプレーヤー : オジー・ギーエン監督は単に金銭に関心がありました。』

    《 〔 、(AP)〕、1つは、挽くべき斧を持たないプレーヤーがいった2012年のマーリンズを尊重しました、作られた(ヒース・ベル投手の不調に加えて)チームがオジー・ギリーン監督に代わっていた1つの改良、マイク・レドモンド氏、ので「オジーはまったくかまいませんでした。

彼が関心があったのは彼のお金だけでした。

また、彼はゲーム状況、どちらかが上手ではありませんでした。」。》 …以下省略…

-「 マイアミ・ヘラルド紙 」-  (2013年02月24日午前08:11 ET)

  ※ http://miamiherald.typepad.com/sports-buzz/2013/02/donofrio-responds-to-critics-tries-to-fix-defense-fins-heat-marlins-chatter.html

**********************************************************************************************
★  『 苦境上の...パイレーツ球団本部? 』

    《 〔 、(AP)〕、クリント・ハードル監督の最近の契約延長は、それがパイレーツが21番めの連続するように失うことをしていれば、だまされやすい人でありうるフランク・コナリー球団社長、およびGMニール・ハンティングトン氏が調整するチームであるというサインと見なされています。

ハードル監督は、2014年まで委託され、彼の無慈悲な前向きな姿勢を球団所有者ボブ・ナッチング氏に押してつけました。》 …以下省略…

-「 シカゴ・トリビューン紙 」-  (2013年02月24日午前08:19 ET)

  ※ http://www.chicagotribune.com/sports/ct-spt-0224-whispers-rogers-baseball--20130223,0,7156080.story

**********************************************************************************************
★  『 年齢42歳で、インディアンズに印象づけるジェイソン・ジアンビ選手。 』

    《 〔 、(州)〕、ジェイソン・ジアンビは打撃練習において印象的でした。

インディアンズは、メンター若い選手へのクラブハウスおよび能力の彼の存在が好きです。

それらは42年来のパート・タイムのDHを維持することを重大に一考しています。

もちろん、彼は、94mphの速球上で今までどおり打ち返することができることを示さなければなりません。

ほとんどの年上のナイス・ガイは変化球を打つことができますが、薬物中毒性幻覚剤と戦うことができます。》 …以下省略…

-「 クリーブランド・プレーン・ディーラー紙 」-  (2013年02月24日午前10:28 ET)

  ※ http://www.cleveland.com/tribe/

**********************************************************************************************
★  『 報告書 : ロッキーズのジェフ・ニーマン投手、他のものについてレイズに尋ねています。』

    《 〔 、(州)〕、ESPNの野球評論化:バスター・オルニー氏は、ツイッターによって次のことを報告しました、

ロッキーズ、レイズの右腕ジェフ・ニーマン投手の有効性および他にいくつかを調査しました。

オルニー氏 :

「ロッキーズ、ピッチングを始めることを探索すること、ジェフ・ニーマン投手、他に関するレイズでチェックインしました。

高度な会談はない、の時点で、まだ…。」。》 …以下省略…

-「 ESPNのスポーツ 」-  (2013年02月24日午前09:02 ET)

  ※ https://twitter.com/Buster_ESPN/status/305343123385622528

**********************************************************************************************
★  『 レディー・ガガは、腰の手術の前にアレックス・ロドリゲス選手に頼ります。 』

    《 〔 、(州)〕、負傷したポップスター、レディー・ガガは、ヤンキー・アレックス・ロドリゲス選手(この人は同じ医療処置から回復している)からの安心で腰の手術に今週入りました、6ページは排他的に学習しました。

ガガは、彼女がやむを得ず世界旅行の残りを取り消した、くだらない腰を修理するために水曜日に手術を受けました。伝えられるところによれば、それは返済に3000万ドル以内に帰着するでしょう。

私たちは、ニューヨークのスペシャルの外科用病院で、ガガおよびA-Rodが同じトップの外科医(ブライアン・ケリー博士)を共有し今週、彼のマンハッタン・オフィスに同時に着いて斑点があったことを知りました。

「ガガが外科手術の準備をしている間、アレックス選手はケリー博士のフォローアップのための会社に出ていました」と歌手に近い情報筋が言いました。

「誰でも特にクイック・リカバリをするすさまじい圧力の下の演奏者かスポーツ選手として、この種の外科手術より進んで神経質で、最高の業務で戻ることは自然です。

ガガは心配していました。しかし、アレックスは彼女にしばらくの間話しかけて、彼女を安心させることができました。」。》 …以下省略…

-「 ニューヨークポスト紙 」-  (2013年02月23日午前09:22 ET)

  ※ http://www.nypost.com/p/pagesix/rod_gaga_joined_at_hips_goVHSvozbwTfT4okYgJxVP

**********************************************************************************************
★  『 ジャスティン・バーランダー投手は、最初の2億ドルのピッチャーになりたい 』

    《 〔 、(州)〕、最初の2億ドルの腕になるレースでは、ジャスティン・バーランダー投手はそれに次のものを取り除かせました。: する他のものすべてによく似て、彼は勝ちたい。

「「もちろん」」と彼は金曜の朝にヤフー・スポーツに伝えました。
「私は、最多の利益を出すためにこのゲームをしません。

しかし、それがそうだったように私が感じるものを補われるのに快適なように、私は感じます。: 最上のうちの1つ、そうでなければ、最上、過去数年。
経歴では、トップのうちの1人だったように、私は感じます。

しかし、過去2年、私は自分、私および1握りの他の投手をまあ分離しました。
「私がいるところに、それはものではありません、のように、「ヘイ、私は最も高給のプレーヤーになりたい。」それが主要目標である場合。

それは、先天的に私の競争力に付属します。
それは単に私です。
それは、なぜ私がゲームをするかではありません。

するものすべてで競争率が高いので、私は私のその側のためにゲームが上手です。」

彼は次のことに注意するために確かめましたが、バーランダー投手は「フリーエージェント制は実際に涼しい」と言いました。: 「私は、あなたが得るべきフリー・エージェントでなければならないとは思いません「2億ドル。」彼の優先権がデトロイト・タイガース(30歳はその人と彼の全経歴を費やした)ととどまることであるという徴候。

「私は、フリーエージェント制は実際に涼しく大きな経験になるだろう、と思います」と、バーランダー投手が言いました。

「私はあなたに公平なためにそれを経験したい。

しかし、デトロイトがやって来て、「ヘイ、ここに、断ることができない提示があります」と言う場合、私はそれを拒絶するつもりでありません。」。》 …以下省略…

-「 Yahoo! スポーツ 」-  (2013年02月23日午前08:36 ET)

  ※ http://sports.yahoo.com/news/justin-verlander-wants-to-become-mlb-s-first--200-million-pitcher--preferably-in-detroit-182859701.html

**********************************************************************************************
★  『 前立腺癌と戦うスティーヴ・ガーヴィー氏。』

    《 〔 、(州)〕、前のドジャーズの一塁手、偉大なスティーヴ・ガーヴィー氏、10回のオールスター戦出場および1974年のナショナルリーグMVPは、前立腺癌と戦っています。

ガーヴィー氏は、彼の癌が先月分析された後、彼の前立腺が10月にUCLAのメディカルセンターで切除され、彼が、前立腺癌意識に相当な量の時間を当てることを今望む、と言いました。

ガーヴィー氏(64歳)は、彼がオークションのために上げているいくつかの個人の野球アイテム(彼のMVPのトロフィーを含む)について記述するプレス・リリースの中で発表を行ないました。

彼は、売り上げの70%が前立腺癌意識の方へ行くだろうと言いました。

「私は神によってかなりよいカーブを投げられました」とガーヴィー氏がタイムズ紙のディラン・ヘルナンデス氏に伝えました。

「私は、男性、およびそれらを愛している女性のための前立腺意識のために働くように促されていると思いました。」。》 …以下省略…

-「 ロサンジェルス・タイムズ紙 」-  (2013年02月23日午前09:45 ET)

  ※ http://www.latimes.com/sports/dodgersnow/la-sp-dn-garvey-prostate-cancer-20130222,0,1930469.story

**********************************************************************************************
★  『 イラク戦争獣医はシカゴ・カブスの黒内障を得ます。』

    《 〔 、(州)〕、私たちが人間として想像することができる最悪のもののうちの1つは手足を失うことか、あるいは私たちの目を突いています。

在郷軍人は帰宅します、1つの見当たらない腕、脚、指および目などの後の1、しかし、それらは、結局私たちの自由のために犠牲を最大限に利用します。

1人のイラク在郷軍人は上に行きました、そしてを越えて、それが人工眼球に好きな野球チームのロゴを含むことができるか彼が医者に尋ねた時、悪い状況を最大限に利用することに来た時。

側に、あるいは目の後ろにあるようには、ベテランはロゴに頼みませんでした -- 彼は、偽の虹彩を好きな野球チーム、シカゴ・カブスのためのロゴに取り替えてくれるように医者に依頼しました。

ファンがそれらのファンを引き立てる極端で奇妙な手段に行ったのはこれが初めてではありません。

2012年には、虹彩を交換するチーフス・ロゴのついた黒内障を得た時、カンザスシティー・チーフス・ファンは同様のことをしました。

何人かの選手は顔を描きます、他のガイは持っています、指だがこのベテランを泡立たせる、それらすべてに恥ずかしい思いをさせる、として、単に行わない、彼、彼の履歴書の上に彼の祖国に対する貢献を持っている、彼の好きなチームは、ロゴをとても文字通りに大切にしています。》 …以下省略…

-「 ファンサイト 」-  (2013年02月22日午後04:32 ET)

  ※ http://fansided.com/2013/02/22/iraq-war-vet-has-fake-chicago-cubs-eye-photo/

**********************************************************************************************
★  『 ジョナサン・パペルボン投手 : フィリーズはリーダーシップを欠きます。』

    《 〔 、(州)〕、ロイ・ハラディー投手は、彼が始めるすべてのゲームを終了したい。

彼のカウンターパート(ジョナサン・パペルボン投手)は、できるだけ多くのフィリーズ・ゲームを閉じようと努力します。

両方は彼らの特定の技術において優れている頑強なピッチャーです。また、すぐにそれらのスタンスを常に変更することもそうである。

両方とも次のものについての合意にそれらがそうである1つのものがあります。: フィリーズは、それらがどのように直ちに2013年度に近づくか変更しなければなりません。

ハラディー投手(この人はどの活発なピッチャー(66)より多くの完全試合をしていますが、まだワールド・シリーズの中で投げていません)は、より多くの緊急で遊ぶチームを得ようと必死です。

クリアウォーターでクラブの時間のかなり前に適所にあるリーダーシップの重要性にとがっているパペルボン投手(ワールド・シリーズ輪の所有者)は終了します。

彼らは、それらの2つの様相なしでは、ナショナルリーグ【東地区】のトップへ返ることにフィリーズは成功しないことに合意します。

「私は、私たちは巨大さができると思います」と、パペルボン投手が水曜日にモーニングコールに伝えました。

「私は、私たちは世界選手権ができると思います。私、実際に、本当にそれを信じます。

しかし、私たちのための最も大きなキーは、私たちが私たちの身元を見つけなければならなくなるであろうということです。また、私たちは私たちの身元を速く見つけなければならなくなるでしょう。」

そして、あるリーダーシップ問題を見つけてください。
しばらくの間、パペルボン投手を苛立たせているのは何かです。

「私は、ここにいたのでリーダーシップを見ていません」と彼は言いました。》 …以下省略…

-「 アレンタウン・モーニングコール紙 」-  (2013年02月22日午前08:37 ET)

  ※ http://articles.mcall.com/2013-02-20/sports/mc-phillies-spring-training-leadership-0220-20130220_1_phillies-leadership-issue-pitchers?utm_medium=referral&utm_source=t.co

**********************************************************************************************
★  『 アレックス・ロドリゲス選手 : 私はヤンキースの一員のままでありたい。』

    《 〔 、(AP)〕、アレックス・ロドリゲス選手は、彼を運動能力向上薬に再びリンクして、報告書が浮上したので昨日最初のコメント中のヤンキースの一部のままでありたかったと言いました。

「私は2つのリハビリテーションのセッションを行なっています、全ての、日、競技場で戻り、私のヤンキース・チームメイトと再び一緒になることために。」と、ロドリゲス選手はスポークスマンによって言いました。

「私は、私たちは大きなチームを持っており、私がその一部になりたい、と思います。」

ロドリゲス選手(37歳)が彼の左の腰の中の裂かれた唇状物を治療する1月16日の手術の後に、シーズン半ばまで外にあると予想されます。

マイアミ・ニュース・タイムズ紙は、今月の初めにロドリゲス選手がPEDを購入したと主張するマイアミ老化防止クリニック生物発生説からのドキュメントの覆いを取りました。》 …以下省略…

-「 ニューヨーク・ポスト紙 」-  (2013年02年22日午前06:26 ET)

  ※ http://www.nypost.com/p/sports/yankees/rod_still_want_to_return_fWreT9LAHSv3Xz1XU86KjO

**********************************************************************************************
★  『 松坂大輔投手のクリーブランド・インディアンズとのカムバックのよく使用された腕鍵。』

    《 〔 グッドイヤー(AZ)/ バド・ショー記者〕--、松坂大輔投手の投球はまだ同じに見えます。

評価が彼のワインドアップの一番上の冷凍の休止に落ちたように慎重です。

彼がインディアンズとのマイナー・リーグ契約上の経歴を再燃させることを試みるとともに松坂投手の問題はそうです、故障だけでなく、彼は32歳です、また恐ろしい2012年シーズンだがそれを経験すること、彼は、はるかに古いピッチャーの球威&球速を持っています。

彼の伝説の若さに、松坂投手は、148の投球数でシャットアウトに続く17イニングのゲームで一度250球の投球数をする日本の標準によってさえ豊富でした。

翌日、彼は別の際立っている勝利をあげました。
日本人は、投げることにより、ピッチャーが腕を強くすると信じます。

驚いたことではないが、松坂投手は、2012年にボストンのために彼の2011年のトミー・ジョン症の手術、あるいは1勝-7敗の成績レコード用の高いボリュームおよび防御率:8.28を非難しません。

しかし、彼は、今の投球計算を新しい親友と考えることを認めるでしょう。

「私は、経歴の中で投げた量を備えた後悔を持っていません」と右腕投手が、シンシナティ上の3対-0勝利の中で無得点の2イニングを投げた後に日曜日に言いました。

「それが、私が期待まで行なう必要のあったものであると思ったので、私はその多くを投げました。」

2007年(レッドソックスは彼のサービスに5100万ドルの掲載費を払い、次に、彼に5200万ドルの契約を与えました)のボストンとのより伝説的な取り引きに署名して以来、彼は、200イニング以上を一度だけ投げました。

また、それは204でした、大リーグ・ベースボール中の彼の最初の年。

彼は行きました'07年のうちの15-12、それらがゲーム3で彼を手荒く扱った後、インディアンズに対するゲーム7での勝利を得ること

そのときでさえ、彼は、単に11-2の勝利を決定するボストンの5イニングを投げました。

翌年、彼は行きました、18-3だが疲れていた肩を備えた故障者リスト上の使い切った時間.

インディアンズのテリー・フランコーナ監督は、その年、最良の状態で松坂投手を見ました。

現在の投球内容と過去の実績、それは最も良くそれを例証した。 : 彼は3人以上のバッターを歩かせた16試合のスタートのうち11勝-1敗でした。

フランコーナ監督は、「ジャムからうごめくために他のピッチャーのように彼は能力を持っていなかった」と日曜日に言いました。

「それはロードしたベースになるでしょう、ない、外に。

私たちは端または私たちの座席に座るでしょう。また、彼はそうではありませんでした。

また、彼は誰のでもないビジネスのようにそれから出るでしょう。

私たちが彼(速度、移動、変化球、ギアを高速に切り替える)を最初に得た時、彼はすべてを持っていました。」

松阪は'08年のシーズン以来メジャーリーグの中に17-22です。

彼は、ポータケット、ポートランド、セーレムおよびフォートマイヤーズでリハビリ治療して時間を過ごしました。

ボストンで彼の最初の数年に球速96-97マイルで離れて頂部を覆った速球は、その数の南を著しく解決しました。

(日曜、ホームプレートの後ろに座って、スカウトする、球速88-89マイルで彼を計測した。)。

偶然の一致でではなく、彼の給料はさらに急速に減少しています。

インディアンズは、マイナー・リーグ取り引きの上でキャンプ生活をすることを彼に依頼しました。

40人の選手登録簿を作れば、彼は150万ドルを作るでしょう。それは保証ではありません。

フランコーナ監督の存在は、インディアンズに加わる際に松坂投手のための魅力をもっとその上増します、したがって、先発ローテーション中の「空き」サインより。

ペン(ウバルド・ヒメネス、ジャスティン・マスターソンおよびブレット・マイヤーズ投手)で書かれた名前さえ、関係なしではありません。

ザカリア・マクアリスター投手は4番の場所に好まれます。

松坂投手は、このチームを作るためにいくつかのかなり古い「ダイスケ」エコーを起こさなければならないでしょう。

彼はキャンプで最も確かな開拓プロジェクトでさえありません。

まわりの初期の外観に基づいて、左腕投手スコット・カズミア投手はその区別を所有します。

松坂投手は、「この時に、昨シーズン、私はまだリハビリ中だった」と日曜日に言いました。

「したがって、その点では、私は今ずっと気分がよくなっています。」

松坂投手は3人のアメリカのリポーターに通訳によって話しかけました。

20人の日本のメディア・メンバー(自国へ彼の最初の春季トレーニング・スタートに関する彼のコメントを送信する準備ができている)が控えていました。

彼の経歴中の下降は、彼に対する関心に影響していません。

松井秀喜氏は、アメリカのメジャー野球で最も大きな日本の名前としてイチロー、ダルビッシュ・有投手および松坂投手を残して引退しました。

「私は、家へ戻る興味]に対処することは難しいと分かったことがありません」と松坂投手が言いました。

「また、選手として、注意はそれがよいか悪いかどうかで分配しなければならないものです。」

2007年と2008年のボストンでは、松坂投手のブルペン・セッションはトップ記事を作りました。

日曜の試験登板は同じことをするかもしれません。

しかし、このキャンプの彼の努力が昨年の苦難と一致する場合、彼をあまりにも多くのより多くの機会を得るので、彼のファン・ベースを魅了することができないと想像するのは難しい。

「投球は驚異的でした」とインディアンズDH候補ジェイソン・ジアンビ選手が松坂投手について言いました。

「彼は頑丈な機器でした。彼は、1番の先発メンバー、疑問から望んたとは限らなかったものすべてでした。」

日曜日に、松坂投手はシンシナティを無得点に抑える7つのピッチャーのうちの1人でした。

涼しい吹きすさぶ午後、彼の最初の投球ヒット、ライアン・ハニガン選手に。

彼は2回の投球数はダブルプレー・ゴロを得て、単に1人の打者を歩かせて、無得点の2イニングに22球の経済的投球をしました。

それはスタート(早いスタート)でした。

しかし、彼の球速のマイル数を与えられずに、終了が近ければ、誰も驚かないでしょう。》 …以下省略…

-「 プレーン・ディーラー紙 」-

  ※ http://www.cleveland.com/sports/index.ssf/2013/02/daisuke_matsuzakas_well-used_a.html

【関連記事】; http://photos.cleveland.com/plain-dealer/2013/02/cleveland_indians_spring_train_288.html『見出しは、「クリーブランド・インディアンズの春季トレーニング風景、2013年2月13日」 -- 、クリーブランド・インディアンズの松坂大輔投手(右側)は2013年2月13日のグッドイヤー(アリゾナ州)の中の練習の間に初めてマウンドから投げた後にテリー・フランコーナ監督と話します。松坂投手はこのチームの開始位置にはつらくなります。(チャック・クロー記者/プレーン・ディーラー紙)』

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《 今季のメジャーの成績の鍵を握っているのは…各球団の新戦力と新GM&監督!? 》


  * 2013年3月17-19日、「 ワールド・ベースボール・クラシック(チャンピオンシップ・ラウンド)」、[決勝戦 - サンフランシスコ(カリフォルニア)(AT&Tの球場公園)]

  * 2013年3月31日、「 開幕日の前夜 : アストロズ、対レンジャーズ〔TBD〕」(午後8:10 ET)、ESPN。[現行の選手登録簿は25人枠まで整えました]

* 2013年04月01日(月)、 「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの開幕 」

   + AL : レッドソックス(投手、00勝-00敗)、午後1:05(ET)のヤンキース(投手、00勝-00敗)〔TBD〕。

   + NL : パイレーツ(投手、00勝-00敗)、午後1:35(ET)のカブス(投手、00勝-00敗)〔TBD〕。

  * 2013年04月02日(火)、 「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの開幕・第二戦 」

   + AL : インディアンズ(投手、00勝-00敗)、午後7:07(ET)のブルージェイズ(投手、00勝-00敗)〔TBD〕。

   + AL : レンジャーズ(投手、00勝-00敗)、のアストロズ(投手、00勝-00敗)。

  * 6月6-8日、「 1年目の選手・ドラフト会議」

  * 7月12-16日、「 大リーグ・ベースボール・オールスター・ファンフェスタ。(ジャビッツ・センター)」

  * 7月14日、「 SiriusXM・オールスター戦およびタコベル・オールスター伝説対有名人ソフトボール・ゲームを特色とするCitiフィールドでのタコベル・オールスター前哨戦(日曜)」

  * 7月15日、「 ホームラン・ダービーを特色とするCitiフィールドのオールスターの練習日」

  * 2013年7月16日、「 Citiフィールドの84回目のMLBオールスターゲーム」

  * 2013年9月29日、「 2013年のMLBレギュラー・シーズンの終了 」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
● 「公式戦の序盤の動向」と各球団の注目点 ; 若手&ベテラン選手の契約交渉の見方


   ◆ 『  最新MLBニュースのファインダー  』


 ▲  「 折れた腕は、ヤンキースのカーティス・グランダーソン選手に10週間のリハビリ期間を要しました。」


〔 タンパ〈FL〉、(スコット・ カシオラ記者 / ニューヨーク・タイムズ紙) 〕--、《 ヤンキースは、既に、それらのラインナップ中の力の1トンのない一シーズンに備えて緊張しようとしていました。次に、日曜日にトロント・ブルージェイズのJ.A.ハップ投手と対するために、カーティス・グランダーソン選手はバッターボックスへ入って行きました。 …以下省略… 》

  ※ http://www.nytimes.com/2013/02/25/sports/baseball/yankees-curtis-granderson-could-miss-10-weeks-with-broken-arm.html?pagewanted=all&_r=0


 ▲  「 追いつかない負債。| メッツは今年$$$$$とファンを失うつもりです。」


〔 〈2013年2月24日午後11:22〉、(ジョシュ・コスマン記者 / 紙) 〕--、《 メッツは、あまり今シーズンで遊ぶお金を持たないでしょう。…以下省略… 》

  ※ http://www.nypost.com/p/news/business/not_catching_up_iia4WFHzPjjAn0SUoxQBjL


 ▲  「 期待の右打者ソレール外野手に感動したカブス。」


〔 メサ〈AZ〉、(ケン・ローゼンダール氏 / FOXスポーツ)〕---、《 問題の選手(ジョージ・ソレール外野手)は、月曜日に21歳になります。…以下省略… 》

  ※ http://msn.foxsports.com/mlb/story/chicago-cubs-hope-future-is-bright-with-likes-of-jorge-soler-022513


 ▲  「 ちょうどまだ去ることに関して考えないソリアーノ選手。」


〔 メサ〈AZ〉 (ゴードン・ウィッテンマイヤー記者 / シカゴ・サンタイムズ紙)〕---、《 広く推測された日曜があったように、日曜日のニューヨーク・ヤンキースのカーティス・グランダーソン外野手の負傷で、カブスがヤンキースへのアフォンソ・ソリアーノ選手をトレードする可能性を開くと仮定しません。 …以下省略… 》
 
  ※ http://www.suntimes.com/sports/baseball/cubs/18455217-573/soriano-not-thinking-about-leaving-just-yet.html


 ▲  「 ピッツバーグの空前の記録以来の40,000日で、.500を打ちます。」

〔 〈州〉、(クリス・ジャッフェ記者 / ハードボール・タイムズ誌)〕---、《 40,000日前に、ピッツバーグ・パイレーツ・フランチャイズの歴史の画期的な日でした。1903年8月22日でした。また、その顔においては、その日ごろにあまりにも特別のものは何もありませんでした。それらが掃いたので、よい日でした、1つの、NLペナント・レースのそれらの優位を6ゲームに増加させる、同じ州ライバル、フィリーズに対するダブルヘッダーで。…以下省略… 》

  ※ http://www.hardballtimes.com/main/blog_article/40000-days-since-pittsburghs-all-time-record-hits-.500/


 ▲  「 シュネイダーガード投手は不安感を振り落とします、次のステップを始めます。」

〔 ポートセント・ルーシー〈FL〉、(アンソニー・ディカモ記者 / MLB.com)〕---、《 ディッキー投手との交換取り引き(最初のブルペンのセッションで明白に神経質なメッツの予想)で得られました。…以下省略… 》

  ※ http://www.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130224&content_id=41949570&c_id=nym


 ▲  「 GMサンディー・オールダーソンの後の混乱中のNYメッツの外野はこのシーズンオフ、ジャスティン・アプトンおよびマイケル・ボーン選手に負けます。」

〔 〈州〉、(・記者 / STATS LLC ・AP通信社)〕---、《 クラブ情報筋によれば、メッツは、アプトン選手のためのダイアモンドバックスに、それらのより若い投げる見通しのうちのいくつかに加えて、ダニエル・マーフィーどころかルーベン・テハダ選手をトレードする可能性について議論していました。…以下省略… 》

  ※ http://www.nydailynews.com/sports/baseball/mets/harper-mets-outfield-follies-joke-sandy-article-1.1272426

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLB関連の球団別の最新情報のサイト解説では…『 二年目のジンクスで急落を警戒している新人選手。」

〔 〈州〉、(ジョーイ・ノーワーク記者 / MLB.com)〕---、1年前に、この時に、メジャーの野球ファンは名前(ブライス・ハーパー、マイク・ツロート、ヨエニス・セスペデス選手、ダルビッシュ・有投手)を知っていました。

しかし、それらの選手がルーキー・シーズンにどのようにゲームに影響するであろうか知ることができませんでした。今日に前に速い。

私たちはみな1年賢明です。それらの選手は1年経験を積んでいます。また、ゲームはそれには裕福です。

ハーパー選手は、リーグのアリゾナの目立っているウェード・マイリー選手に関する年名誉のルーキーの途中の十代の選手のために先例がないマークをセットして、ナショナルリーグへ壊れました。

ツロート選手はアメリカンリーグ・ルーキーをリードしました、の中で、実際に、リーグMVP賞のためのすべてのオフェンスでのカテゴリー、挑戦的なミゲール・キャブレラ選手および彼の三冠王(トリプル・クラウン)、しかし、その年の合意のルーキーのために「解決する」ことは代わりに投票します。

セスペデス選手は、彼の腕および大きなバッティングを持った西海岸のファンを圧倒しました。

ダルビッシュ・有投手は7月の前に10ゲームに勝ち、16勝で終了しました。

マイリー投手も16ゲームに勝ち、器用な194回2/3イニングを登板しました。

トッド・フレーザー選手はシンシナティで三塁の力でした。また、青木宣親選手は、9月と10月に18打点で打率:.306を打って、惜しいプレイオフ敗退の涙の上のブリュワーズのユニフォームのシーズンを終えました。

さあ(したがって)、これらの期待される選手がルーキーとしてもはやプレーを開始しないのを見る準備をすること、…活躍に驚かないこと、それらは、期待される大活躍のアンコール、スター選手として何を私たち与えて、今シーズンの成績を持ちますか。 …以下省略…

(2013年2月25日午前11:00. ET)。

 ●  「 Freshman phenoms wary of sophomore slump 」

  ※ http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130224&content_id=41955246&vkey=news_mlb&c_id=mlb 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 さらに詳しいMLB情報は、お勧めのブック・マークの大リーグの各公式サイトを、ご参照して戴く様に、何卒、ご容赦ください。

今年のオープン戦が熱戦続きで、今季の公式戦に繋がる、ファンの期待を裏切らない正々堂々の内容の濃い試合とメジャーリーガーの素晴らしいプレーに期待して…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント