FavorAdd

2004/10よりNewZealandにてワーホリ中。日々の出来事をupdate。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

~④ダニーデン(Dunedin/MoerakiBoulders)編~12/29,30

2005-02-26 08:01:08 | 南島一周旅行inNZ
12/29の朝もマウント・クックへ行けない
失望感に苛まれつつ
次の都市、Dunedin(ダニーデン)へ。
ダニーデンへ向かう途中でMoerakiBoulders
(モエラキ・ボルダーズ)というところへ
立ち寄り、海岸を散策。
大きな丸い岩がボコボコ並んでて、たくさんの観光客が来てた。
砂浜の上に転々と丸い石があって、まるでオブジェを
誰かが置いたような感じで不思議な光景だった。



その後、ダニーデンへ。
なかなか大きな街でダニーデン駅や大聖堂など
歴史ある建物がとても良かった。
そこで泊ったYHAも建物自体が古い感じ(古い洋館)がして
良かったような、建物の中が古臭い匂いが気になったような。
ちょうど泊った部屋にベランダがついてたこともあり、
そこに座って優雅に?ワインを飲みました。

そして、この街は坂が多い!しかもめっちゃ急!!
残念ながら見なかったけど、郊外にはギネスに認定されたか
ギネス級に傾斜のキツイ坂が存在するらしい。
坂のわき道には階段もついてたり、
車で登れるか試したりするチャレンジャーがいるらしい。
あとは有名なチョコレート・メーカーのCadbury(キャドバリー)の
工場があって、ちょっと見学したかったなぁ。
このチョコはソニプラなどの輸入系のお店にも売ってるチョコです。
基本的には紫のパッケージで板チョコ風。
DairyMilkなどいろいろなフレーバーがあります。

お天気が悪くて残念だったし、真冬並みに寒い日だったなぁ。
コメント

2/23 初めてのコーヒー・マシーンの巻。

2005-02-24 07:26:37 | Diary in NZ
今日は自分のバイトが終わってから、Yasukoのバイト先のカフェへ。
初めて神様(カフェのオーナー。※参照2/21Diary)とご対面。
白髪頭にヒゲをたくわえて、良いお父さんって雰囲気

ちょうどお店の閉店時間で片づけをしながら、
コーヒー・マシーンの使い方を教わった。
コーヒーを入れるまでは何とかなりそうだけど、
(オーナーもそこは簡単なところと言ってた)
その後、そこからラテにするのか、モカなのか、カプチーノなのか。
そこが問題ですね。
ミルクを泡立ててつつ温めて、作るコーヒーによって
ミルクの量や泡の入れ方などが違ってくるらしい。
英語で聞いてメモを取るのはとても難しいですな。
なにはともあれとりあえず、初めてラテを作りました。
もちろんそれは自分用です。
その後、Yasuko用にカプチーノを作った。
カフェでの仕事は難しそうだけど、今日はちょっと楽しかった
コメント (4)

~③マウント・クック(Mt.Cook)編~12/27,28

2005-02-23 07:12:21 | 南島一周旅行inNZ
かの有名なマウント・クックがついに登場です!
(でも注意して!この写真はマウント・クックじゃないから!)
NZの南島には何ヶ所か氷河を見れるところがあるけど、
(ガイドブックによると)南半球最大?のタスマン氷河
があるのがここ、マウント・クックだそうです。
どうせ氷河を見るなら大きいのがいいじゃない?
マウント・クックの近くのYHAは満員で予約が
取れなかったため、今回はマウント・クックから
約一時間ほどのところにある町Twizel(トワイゼル)に。

12/27にテカポから移動する途中で変な音がすると思ってた。。。
そして、12/28の朝いざマウント・クックに向うぞっ!と思って
車を見てみると完璧にタイヤがパンクしてるじゃないですかっ!?!?
がびびびぃぃーーーーーん
と・とりあえずガソリンスタンドへ。うん...
最初はスペア・タイヤに変えてもらおうとしたけど、
ガススタのお兄ちゃん曰く、このタイヤは特殊でガススタでは
取り外す事が出来ないとかって言われた。げっ!
それからガススタの店長らしき人が来て、
近くに整備工場があるからそこに持ってった方がいいとのこと。
小さな町だから大きな町まで行って、タイヤ交換してもらわないと
いけないかと思ってたから、ひとまずホッとする。
(この時、Yasukoも私も結構凹んでたけど
お互い表面には出さないようにしてた。。。なんでだろ?笑)

整備工場に持っていき、ゼペット(私たちが勝手につけた名前)に
タイヤを見てもらう事になった。
どうやら釘が刺さってたらしく、それがパンクの原因。
タイヤの交換なんてなったら一体いくらするんだろ!?
それって保険はきくのかな!?とドキドキしてゼペットを見守る。。。
そしたら、さすがゼペット!!タイヤを交換せずに
パンクしたタイヤ自体の穴をふさいで修理してくれた。
なので修理代として$30.00(約2,200)で済んだのでした。
修理をしてもらってる間に氷河ツアーを申し込んだ会社に
電話をして10時からのツアーじゃなくて14時のツアーに
変更してもらえるようにお願いしたりした。

パンクも直っていざ、マウント・クック!へ。
と思って一時間かけて言ったのにツアーは悪天候のため中止
すでにツアー代金は支払ってあったから、仕方なく
翌日の10時のツアーに申し込んだ。
が!しかし!!翌朝電話でツアー決行の有無を確かめると
やはり今朝も悪天候のためツアー中止に。。。
一体何のために二日間もトワイゼルに滞在したんだろ

※この写真は氷河を見れなかったくやしさから?撮った
マウント・クックYHAからの風景です。
12月(真夏)なのにこんなに雪が残ってるし、
この風景の迫力がすごかった!
コメント

~②テカポ(Tekapo)編~12/26

2005-02-22 13:51:57 | 南島一周旅行inNZ
クライストチャーチから2~3時間の所にあるテカポへ。
ここはテカポ湖という湖があり、そこでは日本語ガイド付の
星空観測ツアーへ申し込んだ。
NZへ来て早2ヶ月以上経つというのに、
未だに南十字星を見たことなく、というよりそもそも
どうやって南十字星を見つけるかもわからず。
ニセ南十字星の方が大きいからそれに騙されるかも知れず。
なのでこの際、ハッキリしようじゃない!って感じです(笑)

お昼過ぎにテカポ湖へ到着。
もう本当に信じられないくらい真っ青な湖。
周りの山から浮いて見えて、そこだけ絵の具を入れたような色。
こんなにキレイな湖は見たことない!
かなりお勧めポイント!!
テカポ自体は本当に小さな町でのんびりするには最適。
さてさてゆっくり湖を散策した後は日暮れまで待つのみ。
日暮れといってもこの時期、日が長いのが欠点。
10時を過ぎたところでやっと夕闇です。
そんなわけでツアーは10時半から。
この日はちょうど満月でおかしなくらい明るい月が昇ってきた。
本当にやたら明るい月だと思ってたら、日本は大気中のチリのせいで
NZで見る月よりも暗く見えるとのこと。
太陽も同じでチリなどがあるせいで(おかげで?)日本の夕日は
NZよりも赤く(濁って?)キレイに見えるんだそうです。
それだけ日本の空気が汚れてるってことだから微妙。
それから日本語で色々な星座の歴史や名前の由来を聞き、
南十字星の見分けかたとニセ十字星の位置などを聞いた。
最後に大きな望遠鏡で土星などを見た。
夜中ってこともありかなり寒かったけど、お勧めツアーです。

日本語ガイド付ってことで日本人の観光客が多かったけど、
望遠鏡を見るのに並んでたらやたら横は入りするおばちゃん
とかおじいちゃんがいて参った。
ちょっと!並んでるんですけど!!
そのおばちゃんには2回も横は入りされてビックリした。
本当にどこの国に行ってもおばちゃんのパワーってスゴイ
コメント

2/21 He is a God!?!?の巻。

2005-02-22 13:37:54 | Diary in NZ
今日私は神様を知ったかもしれないかもしれない!?
Yasukoのバイト先のカフェのオーナー。
最初、Yauskoが新聞で求人をみかけ応募したけど、
ダメだったんだけどうちのカフェで経験を積ませてあげる!
とのことでお店が忙しくない夕方2時間、
コーヒー・マシーンの使い方など教わりに。
こちらでは経験がモノを言うから相当ラッキーな話。
もちろん正規に雇われてるわけではないから、
お給料は出なくて当然!と思いきや普通の時給よりは
安いけど手渡しでちょっとしたお小遣いをもらってるらしい。
本来は忙しくない時間だからオーナーだけで
済むらしいけど、経験をつけさせてあげたいってことで
かれこれ2週間位カフェでバイト中。
これだけ聞いただけでもかなり良い人。

そんな近頃、Yasukoがバイト中にオーナーと話してて、
「私の友達もカフェでバイトしたがってるけど、
今はケバブ屋さんで働いてるんだ。」と話したところ
「それならバイト終わってからうちのカフェに来て
Yasukoがコーヒー・マシーンの使い方教えてあげたら?」
とのこと!えーーーー!?有り得なくない!?!?!?
だって全然知らない私にも経験を積ませて、
カフェでの仕事がゲット出来るようにしてくれるなんて!
もちろんカフェ自体は17時には閉まってしまうから、
お客さんを相手にすることは出来ないけど、
コーヒー・マシーンの使い方とか覚えれば経験になるから、
自分の履歴書に書けるし、カフェでの仕事に応募するのに有利。
なんて信じられない破格な申し出。
もちろん、当然!その申し出を受けますわよっっ。
うーん、彼は神様かもしれないと思う。
コメント