ディメンション・ウェンズデー

トレーディングカードゲーム「ディメンション・ゼロ」カードゲームの攻略ホームページです。水曜日深夜更新。リンクフリー

黒単【ハデス】アビスロードデッキ紹介~【ハデス】を使い倒そう!~

2011-01-05 | デッキ考察
 こんばんは! 毎週水曜日は「ディメンション・ウェンズデー」の更新です!
このホームページ「ディメンション・ウェンズデー」は㈱ブロッコリーから好評発売中のトレーディング・カードゲーム「ディメンション・ゼロ」の攻略ホームページです。

 あけましておめでとうございます! ディメンション・ウェンズデー管理人の千里夜行です。
 本年も毎週水曜がんばっていきますので、よろしくお願いします。


 さてさてさて。今回はアビスロードデッキを紹介したいと思います。このサイトでも何度か紹介してきたアビスロードデッキですが、今回V-2「栄光の鐘」で登場した【ハデス】(V-2)を使うことでかなり違うものになりました。

 ★千里夜行のアビスロードデッキ「ハデス・リロード」
(黒×40・・・ユニット×31、ストラテジー×9)

3*【幽魔ゴンバディー】(V-1)
3*【幽魔アフシャーン】(4-4)
2*【幽魔モハッラマート】(4-4)
3*【幽魔ヘシュティー】(V-1)
3*【ハデス】(V-2)[墓地効果]
3*【幽魔タスヴィーリー】(V-α、V-2)

3*【ケット・シー】(V-1)《禁呪1》
3*【黒雲軍団長ガープ】(4-1)
3*【微睡む人形スージー】(4-4)
3*【錯乱時計パニックヴォイス】(V-1)
2*【愛撫の魔煙フェザー】(1-2、V-2)

3*【人形遣いの休息】(4-4)
3*【肉屋の注文書】(1-1、V-2)
1*【破滅の刻印】(4-4)《禁呪2》
2*【暗黒の衝撃】(V-1)《禁呪1》

 ★蘇れ【ハデス】!
 先述の通り、今回まず注目したいのはV-2栄光の刻で登場した新戦力のアビスロード【ハデス】(V-2)です。

【ハデス】(V-2)
ユニット(アビスロード/フォーリナー) 黒3無3 クイック 色:黒
移動:黒1無2 パワー:6000 スマッシュ:2
効果:
●墓地効果(墓地で有効になる。)『このカードと同名のカード以外のあなたのユニットがあなたのカードの効果で破壊され墓地に置かれた時、あなたはこのカードを自分のユニットのない自軍エリアの対象のスクエアにフリーズして置いてよい。』


条件付きで墓地から蘇る能力自体は4-4「天魔降臨」で登場した【幽魔リーズ・マーヒー】(4-4、V-2)と同じなのですがパワー6000のスマッシュ2と、アタッカーとして充分なスペックを持っています。その【ハデス】が何度でも蘇ってくるとしたら? このデッキでは様々なカードで自分のユニットを破壊して【ハデス】を蘇生させますが、最も簡単な方法が【ケット・シー】(V-1)です。

【ケット・シー】
ユニット(ドール) 黒2 クイック 色:黒 禁呪:1
移動:黒1 パワー:2000 スマッシュ:1
効果:
●このカードがスクエア以外からスクエアに置かれた時、あなたはバトルスペースの対象の使用コスト2以下のユニットを1枚まで選び、破壊する。


 相手ユニットへの対抗手段として使われるユニットですが、この効果は自分自身を対象にとることができます。つまり、墓地に【ハデス】がいる状態で自軍エリアへ【ケット・シー】をプレイし、その効果で自分自身を破壊することで【ハデス】が墓地効果で蘇るのです。いわば【ハデス】をわずか黒2コストで呼びだしたようなもの。しかも墓地に【ハデス】が2体、あるいは3体いれば全て蘇えさせられます これは美味しい!

 しかもV-2では墓地利用の友であるストラテジー【肉屋の注文書】が再録されました!

【肉屋の注文書】(1-1、V-2)
ストラテジー 黒1無1 クイック 色:黒
効果:
●あなたは自分の山札を見てユニットを2枚まで選び、持ち主の墓地に置き、残りの山札をシャッフルする。


 今まで能動的な墓地肥しというと【黒雲軍団長ガープ】(4-1、自身がスクエアから墓地に置かれると山札からユニット1枚選び墓地に置く)かプラン更新に頼るまででしたが、この【肉屋の注文書】なら一気に2枚墓地に落とせます。
これにより、最速で3ターン目には【ハデス】を自軍エリアへ2体置くことも可能です。

そして、その【ハデス】が倒されても【錯乱時計パニックヴォイス】(V-1)で【ケット・シー】を墓地から回収して再度自身の効果で自殺することで墓地の【ハデス】は何度でも蘇り相手に襲いかかるのです! これぞ“ハデス・リローデッド”!


★このデッキの使い方の簡単な解説
 【肉屋の注文書】で墓地に【ハデス】や【微睡む人形スージー】といったユニットを置き、手札かできればプランからユニットを展開。相手の動きに併せて進軍と墓地利用を行います。
基本的な動きは次の通り。
1.【肉屋の注文書】で【ハデス】か【微睡む人形スージー】を墓地に落とす。
2.【黒雲軍団長ガープ】や【幽魔コンバティー】、状況が許せば手札やプランで出た【微睡む人形スージー】などを展開する。
3.相手のデッキ、動きに併せて【幽魔アフシャーン】(手札破壊)【幽魔モラッハマート】(ユニット破壊)【幽魔ヘシュティー】(山札サーチ)といったアビスロードで自分のユニットを破壊、効果を使うと共に墓地の【ハデス】を場に出す。
4.【人形遣いの休息】で墓地の【微睡む人形スージー】を場に出して相手ユニットを除去。
5.【ケット・シー】が自殺して墓地の【ハデス】を場に出す。
6. 2~5で展開したユニットで進軍、相手を攻める。


 上記の動きのうち、1の【肉屋の注文書】で墓地を肥やすのは先にやっておきたいですが、それ以外の2~6の動きは番号順にする必要はありません。相手のデッキ・動きにあわせて行動することになります。
 例えば、赤緑ビートダウンデッキのような相手が先に攻めてくるならば、早いターンに【ケット・シー】を自殺させて移動コストの重い【ハデス】を慌てて呼ぶのは得策ではありません。【ケット・シー】や【人形遣いの休息】(4-4)+【微睡む人形スージー】を出して相手の攻め手を鈍らせてから反撃に転じるのが得策でしょう。
 逆に相手が黒の除去コントロールデッキであれば、【ハデス】を早出しして相手を攻め立てるのは有効です。こちらの【ハデス】は「【錯乱時計パニックヴォイス】で【ケットシー】回収して自殺→【ハデス】蘇生」が何度も可能なのですから。
 といった感じで、相手のデッキに併せて行動の取捨選択することが重要です。

 ですが、だれが相手でも最も大切なことは、自軍ユニットを中央エリアまで進め、相手を攻め続ける事です。相手の迎撃を誘うことによってこちらのアビスロードの効果を生かしやすいし、相手へスマッシュを刻んでいくことで最終的に【幽魔タスヴィーリー】によるフィニッシュへも繋げやすいからです。それは盤面を支配することであり、ゲームの流れを支配することであり、勝利への道なのです。
 かといって無理に攻撃しなければならないわけではなく、先述の例のように相手が攻撃的なデッキの場合はまずこちらが迎撃に回らなければならないことも多いでしょう。重要なのは攻めに切り替えるタイミングです。


★注目カードピックアップ
【人形遣いの休息】(4-4)
ストラテジー 黒1無1 クイック 色:黒
効果:
●あなたは自分の墓地にある対象の使用コスト3以下の黒のユニットを1枚選び、自分のユニットのない自軍エリアのスクエアにこのカードを結合しフリーズ状態で置く。
●このカードと結合しているユニットに以下の能力を与える。『バトルスペースのスクエアにあるすべての相手のユニットの使用コストの無色エネルギーを-2する。』

【微睡む人形スージー】(4-4)を墓地から出した時の盤面コントロールはいわずもがな。覚えておきたいのはスージー以外と結合していても相手ユニットのコストを下げる効果はあることです。【ケット・シー】に結合して出せば4コストのユニットまで破壊できますし、【人形遣いの休息】と結合しているユニットがいれば、【幽魔モラッハマート】【幽魔タスヴィーリー】の効果の対象も広くなります。このデッキが潜在的に苦手としている7~8コストのユニットの対処に重要です。



【幽魔ヘシュティー】(V-1)
ユニット(アビスロード) 黒2無2 クイック 色:黒
移動:黒1無1 パワー:4500 スマッシュ:1
効果:
●バトルスペースの他の種族「アビスロード」のあなたのユニットのパワーを+2000する。
●このカードがプレイされてスクエアに置かれた時、あなたはバトルスペースの他の自分のユニットを1枚選び、破壊してよい。そうしたならば、あなたは自分の山札を見て種族「アビスロード」のユニットを1枚まで選んで相手に見せ、持ち主の手札に加え、残りの山札をシャッフルする。


 このデッキで唯一手札を稼ぐカード。山札から【幽魔タスヴィーリー】を持ってこられるのは心強い。また、他のアビスロードのパワーUPも盤面を固めていくのに役立つ。このカードでタスヴィーリを手にし、返す刀でパワー8500の【幽魔タスヴィーリー】で相手を攻めるコンビネーションもアリ。



【愛撫の魔煙フェザー】(1-2、V-2)
ユニット(シャドー) 黒2無2 クイック 色:黒
移動:黒1無1 パワー:4000 スマッシュ:1
効果:
●このカードがスクエアから墓地に置かれた時、あなたは自分の墓地の対象の使用コスト3以下のストラテジーを1枚選び、持ち主の手札に加える。


 帰ってきたストラテジー回収ユニット。もちろん往年の【幽鬼の谷】とのコンビ程の破壊力はないが、ピンでも十分強い。このデッキなら【人形遣いの休息】を回収するだけでも強いし、【暗黒の衝撃】(V-1)を回収してその【暗黒の衝撃】でフェザー自身を再度場に出すことで、何度でもフェザーを出しなおす、なんてことも可能。【パニックヴォイス】と組み合わせて使うことで疑似的に手札を補うことも可能。


このデッキを改造するなら
 といった感じでアビスロードデッキの紹介でしたがいかがだったでしょうか。想像以上に蘇生しやすい【ハデス】は強烈で、また、アビスロードで盤面と墓地を循環させていくのは独特の面白さです。是非一度使ってみてほしい。

 このデッキを改造するとしたら・・・
【幽魔タスヴィーリー】などの単体のカードパワーは別にして、このデッキの一番強いところは「【ケット・シー】自殺→【ハデス】登場」か【人形遣いの休息】に繋げることだと思うので、そこを残して改造していくのは面白そうです。例えば、パワーが上がるベースを採用してユニットによるビートダウンを採用し、対コントロール用に【ケット・シー】自殺【ハデス】登場を切り札にするなんて構築もアリだと思います。
 

●「黒単 アビスロード(ハデス主体)(サファイア・ソウル)
http://okoti.blog104.fc2.com/blog-entry-405.html
 こちらは、墓地から蘇生するユニット【ハデス】(V-2)【アルカード伯爵】(V-1)を主題としたデッキ。【ケット・シー】(V-1)だけでなく【異界のサキュバス】も使っていたり、今回紹介した自分のデッキとは一味違う構成ですので、こちらも是非ご覧ください。




★今週のディメンション・ゼロ サイト紹介
●「対戦動画Ⅴ-2その2」 (優先権放置!?
http://silver.ap.teacup.com/silpha/585.html
赤緑ビートダウンデッキ対赤単色ビートダウンデッキの対戦動画。
 他にもいくつも動画をUPされており、デッキレシピも掲載されているので、ぜひ他の記事もご覧ください。


●作りなおしてみました(usui雑記
http://usui108.blog62.fc2.com/blog-entry-225.html
 青黒アイスドラゴンデッキの紹介。



 ●「バトルスペースを支配する方法」のハナシ(焔式思考回路
http://thinkingoffire.seesaa.net/article/178887705.html
連載記事「勝つための条件」のハナシ の続きのお話。「バトルスペースを支配した方が勝ち」という前回の続きで、今回は「どのように支配するか」のお話。




といったところで、今回は時間が来てしまいました。
それではまた来週の更新で。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 青赤隊列召喚クロスデッキ紹... | トップ | デッキ改造の考え方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

デッキ考察」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事