京都御室 整体院 タイ式マッサージ  楽(らく)  ~いつも心に太陽を~

“きぬかけの路”沿いにある隠れ家『asian salon RAKU』
HPは左下のブックマークからどうぞ


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

熱中症

2018年07月18日 | 日記
連日暑さの話題になってしまいます。

先日受けたスポーツ医学検定の試験対策の勉強中で使用していた参考書に載っていたものをご紹介したいと思います。


熱中症は高温で多湿な環境の中で身体が適応できないことにより生ずる症状の総称です

体温も平熱に比べると2.3度も上昇したり、それと共に頭痛やめまい・吐き気や異常な発汗など様々な症状を引き起こします。


熱中症のレベルも比較的軽度な1度から”命の危険性”のある3度まで分類されています


そのレベルによって少し表現も変わっていて、
レベル2は熱失神・熱疲労

レベル2・3を兼ねているのが、熱痙攣

そして命の危険性のあるレベル3が熱射病

となっています




熱失神・熱疲労はめまいや頭痛・吐き気・顔が赤くなる・皮膚のカサつきなど。。。
涼しい場所で首・脇・鼠蹊部を冷やし水分補給と安静にしてリラックスできる服装になると比較的回復しやすいです。


熱痙攣になると筋肉の痛みやこむら返りのようないわゆる”攣り(つり)”が出始めてきます
発汗量が多くなることで体内塩分が排出され、筋肉をコントロールしている機能が低下して痙攣を起こします。
水分・塩分をしっかりとって熱失神・熱疲労の時と同様に涼しい場所でゆっくりすべきですが、水分摂取もできず回復しないときは病院で受診が必要になります


命の危険性のある熱射病は、もはや自分自身ではどうしようもない状況です
これは呼びかけや揺すぶられにも反応は鈍く、意識も低下しています。
体温も40度を超えることもあり、脳機能に異常を来します。
こうなる前に早い段階で対策をとるか、もしくは緊急性のある場合は病院へ行くか、救急車を要請ということになります。



特に子供は体内水分量が多く、代謝がいい割には腎臓機能が未熟である為、脱水や熱中症にかかりやすいと言われています。

腎臓機能は体内で毒素の濾過を行い、尿細管で水分を再吸収して尿を生成していますが、腎臓機能が未熟だと尿毒素を濃縮して排出させることが困難になり、希釈尿となります。

つまり尿毒素排出のために摂取水分量を多くして尿量を増加させて、腎臓機能を維持することになる訳ですが、大量に汗をかいて体内水分量の少なくなった子供の体は脱水症状になりやすいということです!


本来子供の体内水分量が多い理由はそのような機能の未熟さに対応できるように”通常の気温や湿度なら”なっているのかもしれません



らくのホームページ



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ラクササ | トップ | ひまわり »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事