goo

白骨温泉 泡の湯

長野県松本市の山深~い所にある白骨温泉へ行ってきました

中津川まで高速で行き、あとは19号線を北上

この温泉の名前の由来は

 成分中の石灰質が、湯船に落ちる木の枝を真っ白に染め、人骨のように見えた

成分中の石灰質が、沈殿・凝固し、浴槽や床に様々な紋様を描いた様子が、人骨に見えた

    要約するとお湯の中に人骨が。。。。。と言う感じです^-^;

日帰り温泉 泡の湯の露天風呂です

 

 乳白色かなり透明度が悪く地面はヌルヌル

  

露天風呂は混浴です

 生まれて初めての混浴で。。。

   たぶん高齢者の憩いの場かな?と思ってビクビクしながら入ってみたら

全員カップルでお年寄りは居ませんでした

   こんな山奥では、車の運転に自信のある人しか来ないのかな?

http://awanoyu-ryokan.com/konyoku.html

乳白色でお湯の中が見えないし、バスタオルもOKなので浸かったままズンズンと。。露天風呂に入る事ができ

お湯の温度もそれほど高くないので、ず~と入ったまま、30分以上浸かっていられるし

また、ズンズンとしゃがみ込んだまま脱衣場へ戻る事ができるので

 自信のない人でも大丈夫! 自信があって勇気もある人は立ち上がってみてもw

    初体験でめっちゃ楽しかったです

   入っていた時、連れが野生の猿を発見!  露天風呂の近くにいたのらしいですが、すぐどこかへ行っちゃったみたいです

        残念~   温泉に入る猿を見たかったな

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バルーンアート

ボランティアイベントで地域の中学生たちと一緒にバルーンアートに挑戦

 風船って膨らんでくると割れるんじゃないかな。。。と思い怖いよね

中学生は思い切りがいいらしく、パン!パン!割れる

 割れるたびビクビク><

    傍に寄らないでよ。。。。。

    部屋が狭いので割れるたび恐怖の悲鳴がw

2個できあがりました

 左のハートは長い風船を2本ずつくるくるして。。。。えっと説明できません^-^;

    ハートの左右が対象にならなかったのはなぜ?w

 

右の風船は大きな風船の中で小さな風船を膨らまして、また更に小さな風船を入れて膨らまして。。。と

      これ作っている時、風船太郎を思い出したw

  

  講師の説明が良かったので、スムーズにできあがりました

  空気が抜けない様に、必死で風船の口元を押さえてたので、親指の付け根が筋肉痛です><

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

メナード美術館 所蔵企画展「ひかり」

メナード美術館へ行ってきました

ここには、すばらしい作品が一杯あります

所蔵企画なので、メナードが持っている物ばかりのイベントです

新しく「ピエール・ボナール 《青いジレを着たブロンドの女》」を買ったらしいw  

お金持ちかも。。。

  小さくて素敵な美術館です

http://museum.menard.co.jp/index.html

学校の美術の時間に聞いた事のある名前の作品が多かったです

 モネ、ルノアール、ピカソ、セザンヌ、マティス・・・・

 前田青邨、速水御舟、岸田劉生、北大路廬山人そして大好きな田淵俊夫

    ね! 知ってる名前ばかりでしょ^-^

 次回は4月7日から名古屋市美術館と一緒に「田淵俊夫展」をやるので、とても楽しみです^-^

 

       田淵俊夫の「煌」が素晴らしかったのでテンションup

 

     

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

飛騨荘川 手打ちそば街道 蕎麦正

雪に埋もれた白川郷へ行ってきました

東海北陸自動車道で白川郷まで一気に行こうと思ったら、飛騨清見から事故で通行止め

手前の荘川で降りて、トコトコと一般道を走っていく事に。。。。

荘川と言えば、そばが有名な所で蕎麦の花畑を見に来た事があります

では!蕎麦を食べてから白川郷へ行こう~と言う事になり156号線を北上

  飛騨荘川 手打ち蕎麦街道 「蕎麦正」

さびれた街道にあるお蕎麦屋さん

 

私はさほど蕎麦が好きではありません。と言うか本当に美味しい蕎麦を食べた事がないです

まあ、あまり期待せずに十割蕎麦を

 今まで食べた蕎麦で最高の美味しさです

  まず、香りがいい!歯ごたえも最高

        汁に付けて食べるのがもったいないぐらい

 薬味も、辛み大根、生わさび、七味唐辛子、塩 と言う本格的な食べ方です

    http://www4.ocn.ne.jp/~misima/index.html

 まあ、だまされたと思って食べに行ってみてください^-^

    取り寄せも可能です    でも、親父さんが可愛いので見に行かないと。。。。

      お持ち帰り用のお蕎麦を買って帰ってきて食べました

          久しぶりの食べ物で感動したよ!

 

白川郷は

 素敵な雪景色   雪は一杯あるのだけどお天気が良かったのでまぶしい><

かやぶき屋根に雪って感じいいな。。。と思って見ていたら

 15mぐらいあるかやぶき屋根の上に人が!

   命綱なしで雪かきの真っ最中

  怖くないんだろうか。。。。。。。

     イケメンぽいけど望遠レンズがないのでこれ以上は><

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

五目御飯

タケシ君が寮を出て自炊を始めたので料理のネタでも書こうかな・・・

まずは五目御飯。。。と言っても簡単な混ぜご飯だけどね

 

まず炊飯器に2合のお米を入れて炊く

ごぼう1本 

人参1本

こんにゃく半分

油揚げ2枚

鳥肉(もも肉)1枚

我が家の炊飯器は37分で炊けるので具材と同時スタートです

ご飯を炊いてる間に、ごぼうをささがきにして茹でる

茹でている間に、他の材料を切る

人参・こんにゃく・鳥肉・油揚げが切れたら(5分ぐらい?)

ごぼうをザルに上げ水を切って

すべての具材を鍋に入れ、醤油大さじ4杯とお酒大さじ4杯いれて火にかける

沸騰したら弱火にして蓋をしてコトコト煮る (落し蓋があれば良いんだけど。。。)

水分が少ないので、たまにかき混ぜてね

最終的に鍋を傾けて、大さじ1杯分の水分が残るぐらいまで煮詰める

 水分が多過ぎるとべちゃべちゃした五目になるので、頑張って水分を飛ばしてね

ご飯が炊けたら、かき混ぜずドサッと具を上にのせ蓋をして5分放置

この5分間に具についてた五目の汁がご飯に染みていく

5分経ったら、ザックリをかき混ぜて蓋をして、また5分放置

これでご飯にもきれいに味が付く

 ちょっとご飯にムラができるんだけど、それも美味しい

 ちょっと濃いめの五目御飯です  

   水から全部の材料を入れて炊く場合は野菜から水分が出るのでお水の量を控えめにして炊いてね

この炊き方の方が失敗しないし、具が美味しいです

   ごぼうのかわりに松茸でもしめじでもOK

  具の水分を大さじ1杯まで煮詰めれば失敗しません

   ちょっと水分が多くても、ちょっと時間が経てば落ち着いてくるしね

 

      さあ、タケシ君!   頑張って作ってみてね

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

下呂温泉 水明館

寒いので下呂温泉に行ってきました

下呂温泉と言えば、雪深くしんしんと寒さが身にしみて。。。。と思ってスタッドレスタイヤで行ってみたものの

雪は全然ない w

 

水明館のHPより

ここのHPはとてもわかりにくいので泊まってみようかな?と思ってる人に説明してあげるね

 

前回は飛泉閣に宿泊 川の見えるお部屋で良かったのだけど、ちょっと建物が古いので今回は臨川閣で宿泊 

  こっちは平成元年にできた新しい建物で空調もすごく良く、お部屋も広い

  フロントや売店・ゲームセンター・プールは飛泉閣の1階にあるので、臨川閣に泊まるとちょっと遠い

  お風呂は、山水閣、飛泉閣、臨川閣の3か所にあるので3回は新鮮な気分で入って遊べる^-^

   食事は、ここって海沿い?と首をひねるほど海辺の旅館並みの食事

    私は山菜とか山の野菜が好きなので、ちょっと残念かな。。。。

      でも飛騨牛は美味しい^-^

お湯がすごくいいよ

  透明で臭いもほとんどしないのだけど、肌にお湯が触れるとヌルヌル 

  有馬・草津・下呂と3大温泉と言われるだけあって素晴らしく良かったです

フロント奥に大きなフロアーがあってコーヒーを飲みながら庭園の白鷺を何時間も見ていました

  首を伸ばしたり縮めたり、場所を変えたり。。。としぐさが可愛いです

 旅館の随所に絵画や陶器が飾ってあり、の~んびり旅館を歩き回るのも楽しい

    ご飯食べて、お風呂入って、後はず~~~~と白鷺を見ていただけですw

    究極の極楽かな?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

御前崎灯台と焼津マグロ料理

焼津へ行ってマグロ料理を食べてきました

さすがこの時期の魚は美味しい^-^

大きくて新鮮な金目鯛が2000円と安いので購入

ついでに、ちりめんじゃこ・ティーバックのお茶。わかめの詰め放題も体験

 こんなに大量のお茶入らないかも。。。。。

 わかめの使い方も思いつかないかな

 袋を渡されると本能でぎっしり詰めるんだけどねw

 

御前崎灯台へ行ってきました

雨は降っていなかったのだけど、すごい風で灯台は閉鎖

静岡最南端の岬で波しぶきと強風で立っているのがやっとです

 玄界灘にいるみたい。。。。

                   行った事ないけど^-^;

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

なばなの里 冬華の競演

三重県桑名市長島町のなばなの里へ行ってきました

三重県と言っても名古屋から高速に乗ってしまえば30分で到着

今回で3回目なのですが、思ったより空いていました

光のトンネルも、こんなに空いていました^-^

のんび~り歩く事ができて良かったです

今回のテーマは

 日本の四季

 音楽に合わせて、春夏秋冬と四季折々が変化していき綺麗でした

 ちょっと寒かったけど、この630万球のLEDを見れば寒さも吹っ飛ぶよ

 

韓国の友達6人と行きましたが

 「今まで出会った日本人の中であなたが一番面白い」と褒め絵もらいました^-^

   これでも、普通の私の20%しか出せてないんだけど。。。。。ね

  

    

  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )