日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

9月ワイン会「オーストラリアワインを楽しむ」

2016-09-22 10:48:51 | 日記
1、ヒドゥン・パール・シラーズ シラーズ100%
 料理:アボガドココット
2、ウィンダム555シリーズ シラーズ100%
 料理:まぐろと豆腐のマヨネーズ和え
3、ザ・リザーブ・イエローテイル・カベルネソーヴィニヨン カベルネソーヴィニヨン100%
 料理:ラムチョップのロースト、クリーミーマッシュポテト添え
4、ツリーベア・カベルネ&シラーズ カベルネソーヴィニヨン、シラーズ
 料理:キノコのリゾット



1本目はふっと、ビールを飲んだときの一口目の麦の香りがするような香ばしい香り、黒葡萄(巨峰やピオーネ)などを感じるような甘みを感じる、けれど、自分のイメージの合ったシラーズよりも軽いテイスト、どちらかと言うとイタリアワインのように感じるのは南半球産の暖かい気候のせいであろうか?軽く冷やしてもいいだろうなぁ
 料理は見た目がココットの中のボリュームが圧倒、クリームチーズとケチャップがかなりのアクセント、もっさりアボガドに火が通ってお芋のようなほくほく食感、卵も茹で上がったようにしろみもボリューム感たっぷり黄身がとろとろあふれ出し更に美味、バケットの上に乗せて食べたい!!

2本目はこちらも飲みやすい、ラズベリーや木苺のような甘酸っぱい酸味を感じる中にほんのりと甘さがじわじわと出てきてうまし、軽いテイストだが1本目の軽さとは全然違う少しだけ渋みが余韻として残る、同じシラーズでもこんなにも違うのかと思わせるワイン
 料理は豆腐って意外とマヨネーズと合うんだ!!まぐろとはツナマヨとかで合うのはわかるけど、ほぼほぼ同じ大きさの角切りにしてあるまぐろと豆腐の口の中に入った時の食感の楽しみ、魚の赤身を楽しむのと豆腐の柔らかさを楽しむことの出来るおつまみ。

3本目は草っぽいかおり、青臭い、いかにもカベルネソーヴィニヨンを飲むときに感じる香り、だがピリッとする舌にある辛味と渋みの中にある苦味のバランスがせめぎあっていて複雑みがあって面白い余韻の残るワイン、お肉のラムの香りとの相性がいいのか癖のある香りも飛ばしてくれる効果もあるようなインパクトを与えてくれるワイン!
 料理は骨がワイルドなラムチョップ、羊の香りをバルサミコソースがマイルドに、そして合わせたワインの強さで気にならないレベルに、がぶっと噛み付き頬張る肉の食感、噛む楽しさを思い出させるお料理、下に引かれたマッシュポテトがもふもふと美味しい、たまらん!!!

4本目は香りから高級セメダイン臭、シンナー臭、甘酸っぱさがさくらんぼ、アメリカンチェリーのような赤い実を想像させる爽やかさ、カベルネよりもシラーの方が勝っているのか辛味をまず感じるが、じわーっと甘みが余韻にずーっと残りスぅーと冷たい感じ、キシリトールを食べた後のような冷たさを感じる、この日の中ではこのワインが自分では1番美味しいと思いました。

 キノコリゾット、まずはポルチーニの強いインパクト抜群の香りがぶわっと広がる、口に含むと更に食感の違ったキノコ、特に平茸がキノコの香りをポルチーニとは別に強く味が出ていた、存在感もあって歯ざわりもあって一目を置く存在、全体的に秋のキノコの香り満載、鼻で楽しむリゾット!!!キノコ好きにはたまらん

最近のお買い物
森川ジョージ「はじめの一歩115巻」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月日本酒会

2016-09-15 10:50:48 | 日記
1、伝心 純米原酒生詰め 秋(福井県) 日本酒度:+5 酸度:1.0

OP 幻の瀧 純米吟醸 富山県黒部

今回は参加者が極端に少ないためただの飲み会に・・・

料理:秋刀魚のカルパッチョ、ディルの香り
  :スモークサーモンとチーズの春巻き
  :日向鳥のロースト、栗とキノコのクリームソース
  :秋の炊き込みご飯




1本目は濃いい香り、ややとろみを感じる舌触り、最初に甘みを感じるのは原酒特有の、アルコールの甘さか?麹の香りがしっかりと乗っていて、ずしんとした重さのあるお酒、かなりしっかりとした味付けの料理に合いそう、それこそ、すき焼きや焼き鳥、ステーキなどコッテリした料理と食べても負けないお酒に感じました。

オプションはフルーティーな香り青リンゴやベッコウ飴のような香ばしい香り、レタスや、きゅうりに通じる青々とした瑞みずしさを感じる、やや辛口か切れ味抜群で喉越しすっきりさんのあじわい、うまし!!

お料理、秋刀魚は脂乗り最高まるでトロのような脂ノリとろとろでおいしいとろけるよう、それを締めるようにバルサミコの酸味が良い感じに効いている。
 2品目の春巻きはカリさくの春巻きの食感から、しゃきっとキノコのマリネが出てくる、主にえのきの食感がたまらなく良い、さらにスモークサーモンがトドメをさしてくる良い塩梅のサーモンが本当に美味しいうままままっ!!!
 3品目日向鳥のぷりぷりとした身の歯ごたえが良い肉質を感じられる美味しさ、栗の姿が見えないが甘みのある(栗)ームソースがからんでうまい、ここでもキノコの食感が生きていてアクセントになっている良い脇役だ助演男優賞もの
 4品目の炊き込みご飯サツマイモの甘さ、ベーコンの油質ののった香り、チーズは見つからなかったが、チーズに辛味のあるチーズをつかったそうで、その辛味が生姜やラー油を思わせる辛味となってぴりりと甘みの中から顔を出してきて飽きの来ない味わいの炊き込みご飯でした。

最近のお買い物
兵頭二十八「名将言行録」乱世の人生訓
宮下英樹 センゴク権兵衛3巻
そにしけんじ 猫ピッチャー5巻
等など
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/10超いきもの祭り2016地元でSHOW!!厚木でSHOW!!

2016-09-11 22:53:29 | 日記
海老名に続き厚木初日に参加してきました~
本厚木駅に下りて
お、同じだ(アムロ・レイ風)こんな事でテンション上がる
ファンの方たちならみんな知っているお花屋さんも歓迎していました。
バスはやっぱり厚木文化会館発、初ホールワンマンやった場所だしここしかないでしょう!!、バスに揺られて山奥へ、会場まで遠いなぁ・・・
今回の入場リストバンドは大山グリーン!!

超お祭り広場で腹ごしらえ、牛すじ、ロコモコ、から揚げ、しかし暑さがはんぱない、体力持つかな?
Iのこもった水筒持っていったけど足りないなぁ・・・

今回のお迎えDJは植松哲平さん、マイルドな関西弁交じりの口調で盛り上げていました、水分買うための列がカオスなのであきらめた、その間客席にお客さん

あゆころちゃんが近くで取れた、今回はみどすけ、えびーにゃは反対側で遠かった・・・

そしていよいよ開演、まず最初に厚木市長小林イッキーモンキーでえす、とテンション高田でイッキーフード付きタオル姿で登場、海老名市長よりも遊び心があった、市長自身が興奮気味だった
ここからセットリスト
1、ありがとう
2、風が吹いている
3、キミがいる
4、ブルーバード
5、ラストシーン
6、翼
7、地球
8、花火
9、ちこくしちゃうよ
10、YEEL
11、花は桜、君は美し
12、ラブとピース
13、Sweet!Sweet!Music!
14、気まぐれロマンティック
15、じょいふる
16、笑ってたいんだ
17、心に花を咲かせよう
アンコール
18、ぼくらのゆめ
19、コイスルオトメ
20、SAKURA

座席はかなり真ん中から遠いのであきらめて、モニターの方に目が行くことが多かった、後は、隣のひとが変なテンションで横ステップ踏みやがってかなり迷惑だった、自分の世界に入り込むのはわかるせめて立てノリジャンプでやってくれ、座席近くの人の迷惑考えてくれや、そこだけがテンション下がったわ・・・隣の人は選べないからねこれだけは運だけど、良識もってほしいわぁ
ライブはつかみの2曲白を基調とした聖恵ちゃんの衣装がまぶしい、3曲目で白い風船がどこまでも空高くに上がっていく姿が幻想的、5曲めは、並び順によっては絶対泣いてしまうな、リーダーいわく今日から映画公開しています、ライブが終わったら今度は映画みてすごく良いシーンで流れるからと自信満々でした。
7曲目からセンターステージにサポートメンバーも移動、実はこれがテンプレだったのだが海老名では実現できなかったそうで、3人がサポートメンバーに囲われている感じで演奏、本日だけの演奏は、2NDシングル、ライブでは6年ぶりだそうだ、夏模様の気温にぴったりの演奏、ここからなんとなくブルーバードへの道筋がついた曲らしい、9は聖恵ちゃんの作った歌、地元相模大橋の出てくる歌、出来上がるまでほっちと2人で作り上げたなんて話をしているとリーダーがすねていた、切り返しで聖恵ちゃんはリーダーとじゃあ出来ないと思う、すぐに喧嘩見たくなっちゃうし、それもそうかとリーダー言っていました。演奏後半に自転車のハンドル部分持って歌っていたよ、最後にハンドルの自転車ベルを「チリンチリン、チリンチリン」とならしていた、かわいらしい、リハーサルよりもベルのならしが多かったとリーダーが言っていた。
11から16は本当に怒涛のようにハイカロリー無心にはしゃいじまったぜい。
17に向かう前に聖恵ちゃんのMCで油だんご発言はなかったが、「もうねべたべただけどね、なにかねこれもなにか気持ちいいんだ、わたしのわがままで地元厚木で何か出来ないかということで、ほとんどライブなんてやったことない場所に、みんなが足を運んでくれて、楽しんでくれて、(この辺で言葉が詰まりながらもしゃべる聖恵ちゃん)こんな風に色々な協力があって地元の人やバス会社、町の人本当に本当に色々な人が協力してくれて今日があります、本当にありがとうございます。と、感極まった感じで言っていたのが印象的。
17は暑さで水分が足りない状態で、この曲は体の水分まで涙で持っていかれてしまうよ、夢題も聴きたかったけれど、この曲が大好きだから2日ともこの曲で自分的には大満足!!
アンコールの18も水分持っていかれた~この曲も本当に良い曲、いやあ、楽しい時間はあっという間終わってしまうんだなぁ、
最後に聖恵ちゃんの生声で皆さん気をつけてお帰りください、今日は本当に来てくださってありがとうございました。といって終わり引き上げる際にカメラレンズにありがとうと書いてエンディングになりました。打ち上げ花火も厚木のときより派手に多く打ち上げられていました。たーまーやー!!
10周年イベント2日間だけだけど参加できたことが幸せでした、たのしい祭りでした。

規制退場はライブ会場に1時間30分まっていましたが、DJ植松さんのがんばりで楽しく時間を過ごしていました、途中のエア「じょいふる」はちょいとシュールでおもしろい空気になっていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/4ポルノグラフィティ「横浜ロマンスポルノ’16~THE WAY~」に行って来たよ

2016-09-05 13:46:41 | 日記


事前の雨予報とはうって変わって暑いくらいの日差し!! 
とりあえずグッズ売り場にてTシャツ タオル、あっなぜかハマスタなのにカープグッズが!!ポルノさんとのコラボ企画で帽子とカープボウヤの顔がアキヒトさんとハルイチさんになっている・・・
んでもって入場したがバックネット裏しかも、ロイヤルシート席革張りでふっかふかのシート座席待っている間は良かったが肝心のライブは相当遠かったのでほぼほぼモニター越しでした・・・前回はアリーナだったけど今回は真反対だった。

時間になるとダッグアウト自分のいるほぼ真下から1塁側からハルイチさん3塁側からアキヒトさんが歩いて登場、ここは間近に見れた。

セットリスト
1、ハネウマライダー
2、横浜リリー
3、サウダージ
4、Nananaサマーガール
5、アゲハ蝶
6、敵はどこだ
7、2012Spark
8、ミステーロ
9、ルーシーに微熱
10、ギフト
11、EXIT
12、愛が呼ぶ方へ
13、My wedding song
14、ヒトリノ夜
15、Mugen
16、Ohh!!!HANABI
17、オーリバル
18、メリッサ
19、ミュージックアワー
20、THE DAY
アンコール
21、新曲「LIAR」(仮)
22、エピキュリアン
23、ジレンマ
24、ダイアリー00/08/26
まずは開口一番「雨など降っておらん!晴れておる!」雨の中でやるのも恒例なんじゃが、晴れと言うのもね、しゃべることが戸惑う、今日は雨でずぶぬれになる代わりに、汗でびしょびしょに濡れて帰ってくれとMC
1から5まではアコースティックバージョン、会場半ばの特製ステージで、1曲目はまさかのここかと驚いて聴いていたら、1番が終わって、アキヒトさんがストップストップと音楽を止めるというハプニング、どうやらイヤモ二が故障したらしく、またはじめから歌いなおすと言う、こちらとしてはラッキーハプニング、2は横浜とつくくらいだからやっぱ場所に似合うあのアルバムの中では一番好きな曲だった、nananaは男子4人による美声のコーラスがある意味面白おかしかった、6からは本ステージへ移動、バックバンドも勢ぞろい、ステージにも証明がきらびやかに、6は生で聴くのは初めてだったんで新鮮だった。この辺だったかな、「今年のカープは強い、優勝するからね」「横浜スタジアムさんは心が広い、ベイスターズの本拠地なのにカープグッズをこんなにも売ってくれているなんて」と笑いを誘っていたさらに「楽屋に届いていたんですよハルイチと刺繍の入ったベイスターズのユニホーム・・・いや気まずい」とそっと折りたたむ仕草をしてまた笑いを誘っていました、ハルイチさんの夢はカープのピッチャーになって筒香の内角を突くピッチングを目指すそうです。9はなにかなまめかしく私は感じていて、色艶やかな曲で一風変わっているなと思っています。11、12はじっとりと聴けていい雰囲気、13は会場に歌詞と共に写されたモニター画像がかわいらしい絵本チックで楽しめました。14、15はまた特設ステージで尚且つ黒い革ジャン姿で、アレンジはロカビリースタイル、ツイストでも踊りたくなるような、弦楽器の軽快なリズムが心地いいアレンジすっごく印象的でした。
16まえはセンラバのあおりで会場中が「ふぅふぅ」の大合唱温まったところで「そろそろタオルを降りましょうか」で始まった17、18はもうのりのり、メリッサはやっぱこの元の感じがやっぱり好き、この曲で度はまりしたんだから、好きだわこの曲、19はなんか久々に感じるな、会場中があのへんてこ踊りをするのは圧巻!!!
20は腕につけたフリフラライトがいっせいに光るそれを上空に飛ばしたドローンが撮影ビジョンに「THE WAY」の文字が浮かび上がると会場は大盛り上がり、光るライトの中で歌われ、きらびやか、前にフリフラは経験済みだが、外の空間のほうが見栄えがするシステム、ドローンは良かった!!
アンコール
21はまだ題名が決まっていない「LAIR LAIR」にしようとしたらB'sさんに同じ曲があるからだめだったらしい、けど曲中に「LAIR LAIR」と繰り返す部分があるんだけど、中毒性がかなりある曲で今から楽しみです。
23ではもうばかになりました・・・これは会場にいる人にしかわからない感覚ですね、「うっほい、うっほい、うっほい」で両手片足あげて馬鹿になっていました。

「おまえら胸張っていけ、自信もって行け」という言葉毎回励みになります。

そういえば最後に後ろのほうに挨拶に行きたいと思います、と言って私たちのちょうど目の前のTHE WAYと書かれた段差のほうへ歩いて近づいて、階段に登ると、アキヒトさんから「もう一曲やろう」の一言がうぉーーーとこっち側の席は大盛り上がりで最後の24は迎えました。最後にアキヒトさんが「最高の場所で最高の時を過ごさしてもらってありがとう」と言っていたのが印象的だった、最後まで手を振りながら引き上げていく姿を見送り今回のライブも堪能しました。
面白かった~今回のセットリストは「神ってる」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加