日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

2015本間祭これがホンマに本間の音楽祭!

2015-11-28 01:41:04 | 日記
NHKホールに行ってきました、1年2組のクラスタとして、そしてラバッパーとしてWスタンダードでたのしみにいきました。

前半戦はWACCIさんやSINGSINGSINGの出演者など初々しさがある人々の楽曲、武藤彩未さんによる内田有紀の「幸せになりたい」のカバーはなかなかよかったです。そうこうしたらなにやら色々なビデオレターの中でもなぜか新日道場で新日のテーマソングで出てきたももクロが、あーりんとれにちゃん2人だけどサプライズで飛び入りしてきました「週末ヒロインももいろクローバーZ」が生で見れた、ちょっと驚き会場もどっと沸いていた!!その後出ずらそうに藤井隆さんが一曲披露した後、どうしてもあるギターリスト、セッションしたいとのことで、出てきたのは、リーダー水野さんと晴一さん、どうやら晴一さんがやってみようと声かけしたらしいが、実は1ミリも本間さんは関わっていなかったという事実でもギターの競演と藤井さんの「ナンダカンダ」メッチャ盛り上がっていました、その後の鏡界のリンネのギター対決セッションもなんか、甲乙つけがたくかっこよかった!!
そしてお待ちかねのいきものがかり登場、いきなり今日は2曲でさらにバラードだよの宣告が・・・あれ?結構ラブとピース!期待していたのですが・・・でもね「ありがとう」では、FMヨコハマで散々、FヨコフレンズのCMで本間さんと島田さんの2人のステージがもっともレアと言っていたけど、実現してました。(笑)やっぱ名曲だねぇ・・・いいねぇ、つづくのは「YELL」こちらには松任谷正隆さんがピアノを引いて豪華な楽曲に、裏話としてテレビで松任谷さんが弾いている姿をクレーンでカメラで取ったのを見たら初めて自分の髪の薄い部分を知ってしまったという苦い経験を話していました。、以上でいきものがかりは終了、いきものファンとしては、タオルも持っていったのにふりふりするじょいじょいする曲がなかったのはやや拍子抜けかな?
最後のトリはポルノグラフィティ、こちらはラバッパーとして大満足、まずの楽曲はアキヒトさんの記憶も定かでないほどライブではレアな曲「シスター」懐かしいけど新しい感じがして、聴けてよかった、更にもっといつやったか覚えていないという「カルマの坂」レアすぎます、やばいです、この2曲でお腹いっぱいです、満足です、更に「ハネウマライダー」にはスペシャルギターリストに亀田誠治さんが参加、ドラムが原版で原版のギターリストで生演奏はほぼはじめてらしいタオルふりふり一体感レアな音源ありがとうございました!!

後は印象的だったのは松任谷由美さんの「リフレインが叫んでる」をアキヒトさんが歌うと言うなんともレア度が高い更に後半のサビに来ると聖恵ちゃんがハモって歌いに来るという豪華すぎる楽曲にすごく、きれいなハモりですばらしいポルノっぽい曲になり、聖恵ちゃんの歌の存在感もすごかったです。
ここで一応終了だけどこの後のアンコールがたまらない、なんと今日だけのしかもスカパーでも流れない、いる人のみの、尚且つ今日だけのために作った楽曲、1曲目はポルノグラフィティの「最後のステージ」ハイカロリーな歌だとアキヒトさんがいったとおり通りガツガツと来る音楽印象に残ったフレーズが「命・・・・」なにせインパクトのある曲でした!
2曲目はポルノさんが聖恵ちゃんとデュエットしたいと言うことで出来た曲、晴一さんから、歌詞間違いにはうるさいよとプレッシャーが掛けられ「一文字もですか?」と問い返す聖恵ちゃんがらしくてほほえましかったです、「クリスマスソングFor本間祭に来てくださったみなさまへ」だったかな?クリスマスソングです、いきなり歌詞に今年もハロウィンがあって仮装がニュースで流れたよねと言った歌詞が・・・そうしたら、アキヒトさんががっかりと膝を落としへこんでいた、複線は武道館でも言っていたが前にハロウィンやろうということでアキヒトさんが学ランきて会場行ったらドン引きされたという苦い経験があった話をしていたのでそれで、膝を落としてがっくししていたのだろう、でもこの歌もアキヒトさんと聖恵ちゃんの歌の重なり具合がとっても綺麗ですんでいて心地いい歌でした、しめしあわせて、向き合ったときのアキヒトさんの照れっぷりが、会場に笑いの渦を撒いていました・・最後はリーダー水野さんが作った「SONG」出だしからいきものがかりらしいサウンド、曲もゆったりとしていて、らしい曲、今日のアクト全員の合唱で締めくくり、とっても素敵な空間でした・・・・しかし終わったのが23時って。。。。4時間近くやっていたのか。

でも、ももクロ見れて、島田さん、亀田さん、晴一さんとリーダーのセッション、今日だけの新曲となんか素敵な空間と共にあらためて今日本間祭に参加できてよかったなと思いました。いい時間をありがとうございました。最後の3曲は何とかして世の中に出して欲しいなぁ1回限りではもったいなすぎるし、また聴きたい特にデュエットの曲が素敵でした!!!


コメント

11月ワイン会「〇〇〇〇ー・〇ー〇〇ーを楽しむ」

2015-11-19 10:40:43 | 日記
1、ドメーヌ・ドゥ・ラ・カランド・ボジョレー・ヌーヴォー2015 ガメイ100%
 料理:ヌーヴォーに酔ったアボカド
2、ラブレ・ロワ・ボジョレー・ヌーヴォー2015 ガメイ100%
 料理:秋刀魚と茄子のテリーヌ
3、ジョルジュ・デュブッフ・ボジョレー・ヌーヴォー2015 ガメイ100%
 料理:コックオーヴァン
4、ラブレ・ロワ・ルージュ・ガメイ・スパークリング2015 ガメイ100%
 料理:海老と冬野菜のトマトリゾット



1本目は色合いも濃い目、自分のイメージにあるボジョレーのガメイの色合いでも味わいでもない感じ、飲んで、鉄分や銅のような金属的な香り、ズンっとくるアルコール感が軽快なボジョレー・ヌーヴォーとは一味違う感じ、料理のアボガトのもさっりとチーズの香りを口に含んだ後だとワインも爽やかな香り葡萄の味わいがでてきた。
 料理はドライフルーツの特に干し葡萄の甘味がアボカドにアクセントになっていて、いい感じのサラダ隠れたように入っているチーズが味を纏めている感じで良いですね。ワインに会う。
2本目はブルーベリーのような甘い香り、色合いは先ほどよりやや明るめ、飲むと甘味を感じる秋刀魚と合わせると爽やかな苺のような香りと酸味が感じられてさっぱりとした口当たり、秋刀魚の脂ぽさを消してくれるうみゃい!
 料理は見た目はグロテスク、秋刀魚の味の存在感が圧倒、茄子は見た目にはあるが魚の味のほうが強し、煮凝り風に固まったゼリー状のゼラチンに味が濃縮されている、今回のような軽快なワインでなければ、バルサミコを煮込んだソースだったり、醤油を使ったソースを使えば日本酒にも合いそうな料理、汎用性がありそうだ。
3本目は定番これぞボジョレーの帝王、昔に比べてやや、重い香りの感じだ、自分の思い描くボジョレー・ヌーヴォーを体現してくれている、軽快さ、苺的かおりのみやすさの中にも、フレッシュさもあって安定感抜群です。落ち着きます。
 料理は酸味のある煮込みワインの風味が煮詰まったか、鳥の味がじっくり感じられる身のしっかりした歯ごたえと特に玉ねぎのとろとろ溶けた野菜が甘味の元になっていい感じの煮込みおいしいです。冬にぴったりのお料理です。
4本目シュワシュワの泡が、ガメイとは思えない、濃い黒葡萄の皮の色合い、飲むとシュワット、、さらに甘い、ジュースのような甘さ、これは危険だ飲みやすすぎる、くいくいくいくい逝ってしまう、食前酒でも良いかもしれないスパークリングです。
 料理は結構しっかりと炊き上がったリゾットあるでんて、トマトの酸味が利いていていいぞい、緑はズッキーニ?食感がへんかがあったので楽しめる、でも確実に奴がいやがる、確信的に奴がいる、姿が無くても奴の匂いがする、やっぱり赤いのが一切れはいっていた。(泣)たとえ、ちょいでも、すごいな奴は、オレにとっては天敵だ、全ての味と匂いが奴になるんだよ、味がわからなくなるOrz

最近のお買い物
矢野 隆「我が名は秀秋」
星野 亮「ザ・サード完全版」
森川ジョージ「はじめの一歩112巻」
などなど

そして来週は27日に本間祭に行ってきます~、いきものがかりと、ポルノグラフィティが一緒に出るなんて、なんて神なライブ、楽しみやなぁ・・・
コメント

11月日本酒会「石川県の酒を愉しむ」

2015-11-12 10:16:22 | 日記
1、加賀鳶 山廃純米吟醸 冷やおろし原酒 日本酒度:+3 酸度:1.7

2、夢醸 純米酒極み 日本酒度:+4 酸度:1.7

オプション
 悠々 黒帯 特別純米
 雪の茅舎 山廃純米 秋田県
 伯楽星 純米吟醸 宮城県

お料理
 柿と鮪のサラダ
 白子と生姜のフリット
 豚バラの白ワイン煮
 芋煮



1本目はやや白砂糖のような香りがふわっと香る、飲むとコッテリ濃厚、舌に絡みつくような舌触り、がつんとしたアルコール感を迎えた後にすぅっと吟醸香が出てくる、後味にやや苦みばしったところがある、自分が思っているような、藁や乳酸菌っぽい山廃臭は特になく、飲めるが結構強い、気をつけないと一気に酔う!!

2本目は前の一本目の濃い味のあとだからかも知れないが、スッキリ感がある、透明な山水を思わせるほど癖がない、あるのは後から米香が後に少し残るくらいで、これは淡麗な味わい飲みやすい、2品目料理のフリットとあわせて飲んだので相性ぴったりあっていた感じです。
オプション 悠々はやや香ばしいさがある感じ、やや焼酎まで感じさせる香り、飲むとやや水っぽい感じがある、どちらかというと、山廃っぽい乳酸菌や藁のような香りがあるお酒でした。
      雪の茅舎 香りは甘めの、ザラメ風、やや舌先にぴりぴりとした感覚があって、頭の先までつんとアルコール感があった後にやや酸っぱさがあったかな?
      伯楽星 イメージどおりの日本酒の香り、甘めのリンゴっぽい吟醸香があり飲みやすいが飲み口はやや辛味があるお酒、しかしクイクイと飲めてしまうお酒でした。

気がつくと後半に向けて「やや」という表現が多くなっているのは最終的にやや酔いが回っていてやや記憶が曖昧になっているからだと思ってもらうとややありがたい(笑)

お料理 
1品目は見た目はカプレーゼ!!甘い柿と鮪にかかったドレッシングの感じがあっているのか、存外に違和感のない味だったけれど、でも果物とお魚はバラバラの方が好みだな個人的に、柿が甘い!!鮪にかかっているたれがうまい、漬け丼にしてちょーよ
2品目はふわっふわでとろとろミルキー白子の味がじんわり衣に混じった紅生姜の味がアクセント、サッパリとさせてくれる、お酒にもぴったりのおつまみです。
3品目香りが香ばしい、白ワインを煮詰めたからか酸味のある感じだが、豚バラの脂身感とのバランスでくどさがなくなり、豚さんの味が楽しめる一品
4品目ごろごろ里芋がほっくり、しっとり、あたたかいし味も柔らかで、ほっくりベーコンのアクセントも風変わりであったが煮物に一味加えている感じで美味しかった。冬はやっぱ煮物や鍋がうまい季節だなぁ・・・

最近のお買い物
小和田哲男 「戦国武将の実力」111人の通信簿
CD いきものがかり 「ラブとピース!」
DVD 松田樹利亜 J~BORN~
等など
コメント