日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

10月ワイン会

2013-10-24 11:27:16 | インポート

テーマは「牡蠣とシャブリを楽しむ」です

1、シャール・モージュ・シャブリ

料理:石巻産生牡蠣

2、ラブレロワ・シャブリ

料理:カキフライ、タルタル添え

3、ウイリアムフェーブル・シャブリ

料理:牡蠣のグラタン

4、シモネ・フェーブル・シャブリ

料理:牡蠣のリゾット

毎年恒例の牡蠣の会今年は成育不良で出来るか心配だったそうですが無事に開催!!

1本目やや黄みがかった色合いがある、柑橘系の香り中でもグレープフルーツ感がしてその後にレモンのような香り、時間がたつとやや柑橘類の甘みも感じるようになりました。石巻産の牡蠣、身こそ小さめだが香りがふわっと香りたち、ふんわりうまし、出てれば20個は食べれそうなぺロリたいらげてしまう。

2本目はきりっとすっきり、やや苦味があって、舌がぴりっとするような舌触り、やや炭酸系を思わせる、時間経過とともに酸味が益してくるワインでした。料理は牡蠣フライ、からりと揚がったフライが香ばしい、そして生とはまた違うふっくら感がまたいい、衣のチーズインがアクセントで効いている、あまり主張の強くないタルタルがまた一味変えてくれるので美味なり!

3本目は燻製香、スモークをまとったような香り特にグレープフルーツの香りを強く感じるお酒でした。クリーミーで美味しいベシャメルホックリと暖かなグラタン、冬にもう一度もうすこし大皿でいただきたい。火入れすることでかなり牡蠣が小粒になってしまうのが残念だな・・・

4本目は柑橘類でもレモンの香りが強くするよう、しかしすっきりとして飲みやすい。料理はリゾットの中に入っているセロリさんもあまり香りの主張も無く逆に牡蠣の風味のよい味がものすごく出ているリゾットでうまし!!!

今年のんだシャブリは自分のイメージする感じのシャブリがなかったが、それでも牡蠣とシャブリノ組み合わせは美味しい組み合わせです。

Dscf1522 Dscf1521 Dscf1523

Dscf1524_2Dscf1526

最近のお買い物

荒川弘 吟の匙9巻 CDドラマ付き

CDポルノグラフィティ「東京ディスティニー

等など・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月日本酒会 | トップ | 11月日本酒会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事