日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

11月ワイン会

2018-11-15 13:59:08 | 日記
1、ラブレロワ・ボージョレー・ヌーボー 酸化防止剤無添加
2、ローランド・プシャクール
3、ドメーヌ・デ・シャルボニエール・ボジョレー・ヌーボー・オーガニック
4、ラブレロワ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー・ヴィエイユ・ヴィーニュ
5、トラン・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー
料理:大皿1プレートに乗ったオードブル
  :16穀米のリゾット




1本目はレモン香のような上立香、飲むとイチゴなどのフルーツのような香りと酸味、ピリッとした、黒コショウのようなスパイス感がある、最後の最後にブドウの香りが余韻として残る。
 2本目は甘酸っぱさが先に来る。プラムやクランベリーのような赤い果実の甘酸っぱさを感じる、やや微発泡感を感じられるので爽やかさがある。
 3本目ボージョレーの新鮮さを愉しむというより、軽さはあるもののドメーヌワインのような高級セメダイン臭を感じる高級ワインを思わせる。ブルーベリーのような深い甘さを飲むと感じられる、上立香はないが、飲んで初めて香る香り。ボディーも感じられてヌーボーとは思えぬ出来。
 4本目は古木を使っているからなのか。新酒という感じはなく昔のただ、色合い鮮やかなフルーティだけがうりだったボジョレーとは一線を画す、いっぱしのワイン、寝かせても、熟成しそうな勢いの、深みのあるワイン重厚なワインだけど、渋味が少ないので飲みやすさはあるので、飲みやすい。
 5本目はイチゴ香や酸味が良いバランス、イチゴジャムを混ぜて飲んでいるかのような、やや粘りを感じさせるような熟成された味、口当たりは軽いのだがのど元過ぎると重さを感じてくる。なかなかの一品。
 料理は盛り合わせ料理、中でも鴨肉と、骨付き肉のボリューミーさが良かったな、明太マッシュポテトのバゲット乗せもなかなかのインパクト。生ハムの巻物もサラダ感があってうまかった。チーズはやっぱりワインにピッタリ。
 16穀米のリゾットは米の味が濃厚で、尚且つ意外にクリームや、チーズによってもそもそ感がなくなるので食べやすしうまし。!!!

最近のお買い物
楠戸義昭「激闘!賤ケ岳」
和田裕弘「信長公記―戦国覇者の一級資料」
本郷和人「戦国夜話」
岡田秀文「関ケ原」
などなど
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 11月日本酒会「瀬戸酒造色... | トップ | 12月日本酒会「日本酒グラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事