日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

12月ワイン会「グランヴァンを愉しむ」

2018-12-22 14:22:14 | 日記
1、ディア―ヌ・ドゥ・ベルグラーブ2011(オーメドック)メルロ48%、カベルネ・ソーヴィニヨン44%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド4% メドック5級のセカンドラベル
  料理:三元豚のフロマージュ・ド・テット
2、アヴィニョネージ・ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ2013(トスカーナ) プルニョーロ・ジェンティーレ(サンジョヴェーゼ)100%
  料理:フォアグラとリンゴのソテー
3、CHラフォン・ロシェ2011(サンテステフ)カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド メドック4級
  料理:スペイン産カイユ、ミネストローネと共に
4、ラ・マゼル・フィジャック2008(サンテミリオン)メルロー75%、カベルネ・フラン25%
  料理:シーフードドリア



1本目は漂う葡萄の香りに酔いしれる、フルーティなかおり、飲むと辛口の口当たりだが、すっきりとして余韻が若いというかずっしりとした感じが残らず味のわりにあっさりとしたワイン、ボディブローがない感じ
 料理は煮凝りのこってり油のおかげでワインの味ががらりと変わるほど、ワインに甘みが出た感じ。高級なコンビーフ。
 2本目はキャラメルのような香ばしい甘い香りが最高、イタリアワインの中でもかなりの当たりなワインかも、深みがあって尚且つさらりとした印象の飲みやすさ、また暖かくなったらもう一度飲んでみたい、もっとまろやかな感じになりそう。良いワイン。
 付け合わせのフローズンデザートのパインがあまうまし!!フォアグラの濃厚さとちょっと柔らかくそして甘く煮込まれたリンゴは料理というよりもデザート、デザートプレートのようでした。
 3本目高級セメダイン臭あり、飲んでずしっと来る重さがあるがやや飲み口は角がなく丸い、メルロの酸味があって飲みやすさ強調、料理の鶉よりもミネストローネと合わせたほうが自然の甘みがあっておいしく感じた。
 料理はごそっと鶉がお皿に、年末やね~、ジューシだが食べなれないので解体に四苦八苦(貧乏人なんで)ミネストローネの野菜が柔らかくスープにまでだしが出ていて寒い日にはピッタリの暖かスープでした。スープだけでも満足いった品。
 4本目飲んだ時の印象がとても華やかで、バラのゲートでもくぐっているような香りが渦巻く良いイメージが浮かぶ。飲むと意外にビター、コーヒーやカカオ豆それもビターチョコレートを思わせる味わい。でも華やかな香りが印象に残った。
 料理はシンプルに魚類の特にイカと海老の香りと食感のアクセントが良い感じに味となっている、クリーミーなんだけど上の焦げ目が香ばしく食がすすむ君。うみゃいがな。

最近のお買い物
小山愛子「舞妓さんちのまかないさん8巻」
田中芳樹藤崎竜「銀河英雄伝説12巻」
猪ノ谷 言葉「ランウェイで笑って8巻」
荒川弘田中芳樹「アルスラーン戦記10巻」
いきものがかりのツアー1か所しか取れなかった・・・
4/18神奈川県民ホール

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 12月日本酒会「日本酒グラン... | トップ | 1月日本酒会「題名のない日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事