日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

9月ワイン会

2018-09-23 16:29:43 | 日記
1、サン・マルツァーノ・タロ・サリーチェ・サレンティーノ2014(イタリア)
2、カーヴ・ド・タン・シラー2016(フランス)
OP ARTIGAZO(スペイン) グルナッシュ40% シラー30% カベルネ・ソーヴィニヨン30%

料理:洋風シシャモ
  :シイタケのアンチョビバターソテー
  :塩サバとトマトソース
  :栗のクリームリゾット



1本目はイタリアらしく軽快でさっぱりとした飲み口、サンジョーベーゼに似た味わいだが、色合いはサンジョベーゼよりも濃い目、使っている品種はサリーチェ・サレンティーノあまり聞いたことのない品種だが、葡萄の香りよりもチェリー感がある、やや酸味のほうに偏っているが魚に合わせると甘みが感じられるようになる。
 2本目はシラーにしては色合いが薄い。バラのような花の香り。重厚感というのはあまりないかな、シラー独特の冷たく思いという個人的イメージとは程遠いシラーかな?どちらかというと軽い。
オプションはマスタード感のあるピリリと引き締まった味、苦みなどはないが。タンニンの渋さが重みやアルコール感が高めに感じられ。飲みごたえ十分、コストパフォーマンスに優れた高級志向なワインだった。うまし。

料理はチーズとししゃもの卵のぷちぷちが絡んで意外に美味、焼く以外考えられなかったけど、こんなお洒落な感じにもなるのね、レモンの風味がさっぱり感あり。いいおつまみ。
 大きい傘のしいたけ肉厚で食べ応えあり、アンチョビの塩加減とシイタケの味わいあるジューシーな出汁がうみゃいぞい。
 サバが半身デカいし、ボリューミー、秋は魚がうみゃいなぁ。トマトソースが具材もいっぱいだが唐辛子が効いていて脂ののったサバに対しても負けていなくてパンチのある濃い味で美味しく仕上がった皿。ソースをガーリックトーストに乗せてもうまそうだぞい。
 栗が甘い、リゾットにチーズが意外に多めに入っているのか濃厚だがそれが逆に栗の甘さが引き立つ、まさしく秋にふさわしいリゾット。満腹中枢を刺激する。

最近のお買い物
藤島康介「トップウGP4巻」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月日本酒会「秋の味覚と秋... | トップ | 10月日本酒会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事