weekly なんとなく again

身のぐるりの出来事をゆっくりと

@花辞典のような ⑩

2017-07-18 | 日記

                                      

                                  

今季初の キバナコスモス オレンジ系、新種(しんたね)ゆえか元気の加減がいいようだ、やはり年ごとに増やして蒔かねば、あのコスモス街道のように

はならない、それでもあちらこちらに時をずらして楽しめれば、それはそれでいい。

                                 

この色も濃くて好きな一種、花粉が落ちてる様もありのまま。


 

                                  

あまりの暑さでバラは元気がないし、水遣りをする私がイマイチ、家の中でパタパタ働いてるから、こんなもんでしょう。


 

                                  

ナデシコの二番咲き、この色合いは大人しめでいい、水も遣らぬに咲いてくれようとは大したもんです。



                          

夏野菜がやってきた!恒例のトビタケ、これは盆の酒の肴にはかかせないということで、皆、楽しみにしてる、その時に載せますね、なん

たって、従弟のこの一言がふるってる、

「雨が多くて器量の悪いソラマメもあるが、器量がいいから旨いとは限らない、かえって味が深くていいんでなぇ―が?あなたみたいに

(笑)」そこまで言う とは思うけどいつものこと、

これが72と70の従姉弟同士のふざけた会話だっよ、家にも入る暇ないというから 「どこ行くの?」 と訊いたら 「歯医者」 

ぁら同じじゃん、年取れば、あっちこっちボロボロになってくるんだよね~

でもまぁ、こうやって元気だという交換が出来るんだから良しとしよう、モロヘイヤのスープが飲みたいと思った。

ここのところ片づけが順調で、二階と行ったり来たりしてしかも足取りトントントン~だから、私にしては日々が充実してるからありがた

い、なにより、今までの自分の生き様を改めて思い返してるところ。

                                      

何の変哲もない天ぷらですけど、トビタケ&ピーマン、今日も片づけを一心にこなした自分へのぉご馳走、ささやかなもんです、藻塩で。

 

そしてさっと茹でトビタケを小分けして冷まして冷凍します、供物膳用や盆の肴用にするんです、冷凍出来なかった時代には塩漬けにして塩

出ししてから料理したのですから、それを思えば楽なものです。、

                        

教えというものは目に見てくり返すもので、言葉ばかりじゃあないんだわ、母や伯母や叔母がしてきたことを、記憶にとどめてくり返すの

で、客は、それを懐かしい、美味しいと口にして、言葉にして、味わって、盆や正月や彼岸に語りあえるのだよ、

 今年も母が無事で、私も元気で仏事を終えられるように、これは親が子に伝えなきゃならない、仏を祀るひとが居ることはありがたいと、

何も知らない子に教えるのが親の役目だと、

努々、この家は誰が住む家?だなんて、介護に携わってない親の子は軽々しく言ってはならないと、その親は教えなきゃ、その子が恥ずかし

い思いをするのだよ。   身内の与太話ゆえお含みおきを。



  

ナツハゼが実り始めた、艶めいてるけど、この色がまた変わるんです、花はこのように咲いたもんです。


 

                                

 



                        

ヤブカンゾウが連れで咲いてる、緑の中にあってこのオレンジ色こそが夏の象徴のように、情熱系といっていいだろうか。

                    


 

                   

今季はリアトリスも鮮やかに咲いて、しかも揃い踏みのような、曇天に試みたけど、晴天ならばどうだろうか、後に。

                     

もう一度、満開の時に載せられたらいいな~と思いながら、この位も悪くはないな なんてね。


                     

咲かなかったガクアジサイが漸く、とは言っても咲いてなかったのではなくて、思うような姿になってなかったので、剪定はホントに難しい

わ、ありがとう。

              

もうちょっと若めの一花だけど、このあたりが清々しいかしら?蕾もまだまだ控えてるしね~ 

                   

もう少し若いのが、やはり色合いも柔らかくてこれはこれで、いいんでないかしら? 

                   

これが始まりですのよ、この蕾の紋様が可愛らしくて好きですわ。 

           

思いのほか花が少なかったので、皆様のお宅の花いっぱいには及びませんでした、来季に期待します。


             

やっと蕾が増えてきました ヒメヒオウギスイセン、曇天でしかも夕刻で見え難いでしょうから、明日また。

                     

                   

                           

フジバカマとヒメヒオウギスイセンの連れ咲き、や花はまじり咲きもいいもんだわね。


                      

                                   

                                           

コバギボウシも曇天にはよく似合うと言った方がいいかな?

 

今日も片づけ日和、降る前に草をむしって午後からは家の中で片づけ、何でこう忙しないのかしら?まあ元気な証拠だわ。


                  

すっかり主役の座を奪われた感があるコスモスの拗ね咲き、今はポツポツ咲きも致し方なし。

                      

                      

                    

コスモス♬にしないところがミソだけど、なんたってこのシーン、リアルでテレビで観ました、先輩たちの優しい眼差しや思いに感動です、

青年も驕らずに、とてもステキな青年でした、親ごのぉ育て上手でしょう、弟君もドラマでとてもステキで、揃い踏み出来るDNA。 

                                          


                      

                                          

さてハンゲショウ、思い通りに真っ白になり、ところどころまだただ今化粧中もありますけど、終い花穂ということで。

 

せっかくやる気で外へ出たのに、小一時間で雨が、小雨ならと思っていた、しかし、ざわつくほど降ってきたので惜しかったのに上がらざる

を得なかった、

残念!でも今回種を蒔いたキバナコスモスが順調に育ってて、新しい種のコスモスも大きくなってたから、その周りを草むしり出来た、あま

り芽出しが、小さすぎると草と一緒にむしってしまう恐れがあるので丁度良かった、うまく成り立ってるもんだ。

                       

雨の間、片づけてたら娘が4歳の時書いた絵を母に送ったのが出てきた、向かって右側がおばあちゃん(つまり母)左側が近所のおばちゃ

ん、そして、真中が私だそうで、名を伏せたけど、目と口が、髪の毛が印象的だったのね、ソバージュだったよ~あの頃、四十を過ぎた娘か

ら、著作権と言われたら消しましょう~

                                 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (30)   この記事についてブログを書く
« @花辞典のような ⑨ | トップ | @花辞典のような ⑪ »

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2017-07-18 11:09:44
ヤブカンゾウ、見事な色です。我が家でも咲いています。子供の頃からの馴染みです。
沢山のリアトリスですね。1-2年作ってダメでした。涼しげな色、綺麗なガクアジサイです。ヒメヒオウギスイセンは我が家でも賑やか、邪魔なところは引いています。ギボウシやコスモスも、色々咲いてくれますね。
ハンゲショウはブログでもよそ様の門先でも拝見しました。
kazuyoo60さん こんにちは (non)
2017-07-18 11:46:12
あまり派手な色で巧く撮れないですね、
すすきの陰でなかなかです。

アリトリスもも年数がかかったような気がします、
ここまできたら大丈夫でしょうかね。

子のアジサイの剪定をしてくれた方が思いきりだったから、
翌年咲かず、なんていうか難しいもんです。

ヒメヒオウギスイセンは増えますね~
でも草むしらなくて済むからそのまま^^;

ギボウシも今季は一斉に咲いてまあまあ眺めています。

ハンゲショウはうちも玄関先にあり、介護士さんが母を迎えにくると、
白くなりましたね~と、朝のご挨拶ということで。
祝10回目 (ジョバンニ)
2017-07-18 13:30:18
連載10章も鮮やかな花々で彩られて。
夏ですね~。
ア梅雨明けはまだですね?
大きな被害は無かったようですね。
花に囲まれてお元気で。
まだ続きますか。( ^ω^ )
ジョバンニさん こんにちは (カムパネルラ)
2017-07-18 14:01:43
これもこれなりにトップに何をおくかは考えて、
楽しんでるのよ、夏だわ、
とはいえまだ梅雨じゃない?
お陰さまで土砂降りだったのですけど、
花はそれなりに立っていました。
まだ続きますけどもう飽きたぁの(@_@。
熱く語る篇も編み込んおきますので、
またね。
雨でっか (ナツ)
2017-07-18 16:51:40
こちらも午後から雷がすごかったですが、雨は降りませんでした。
ヤブカンゾウの鮮やかな色はうちの凌霄花と同じようです。ハンゲショウもいいですね。庭が広ければ植えてみたいです。
でも草取りの事を考えると私の腰具合ではうちの狭い庭でちょうどいいかも・・・お疲れ様!
こっちでも (non)
2017-07-18 17:30:20
雷がなりました、雨も降りました、
でも今はすっかり上がり陽射しさえ、
凌霄花に憧れます、植えたことがないので、
鮮やかな色でしょ~同じ感じです。

今季は根気があって仕事が捗りますので、
暇をみては草はね、雨後だし。

私としては大掛かりな最後の片づけという気がします、
捨てられないもんだわね、やはり子のものはまた終います^^;
大切な絵! (ガラケー)
2017-07-18 22:05:31
これは大切な絵ではないでしょうか。!
そんなかわいい時代があったんですよ。
うちの孫もこんな風に描いていたんですよ~。
今ではもう電話もこないけど。
夏休みには顔でも出すのかな。
お盆ももうすぐですね。
ガラケーさん おはよう (non)
2017-07-19 07:00:06
二人の子を娘は育ててます、
私と同じように奮闘したのでしょうけど、
グチを言わないタイプで、
私は孫らの成長を間近で見られて安心でした。

盆の支度は着々と、外掃除から始めてます、
線香上げという大仕事がありますから、
楽しみと言えないこともないのさ。

ホッとします。 (oshibanayoshimi)
2017-07-19 18:34:45
ここに伺うと・・・たくさんの花が咲いていて、ホッとします。有難うございます。
oshibanayoshimiさん こんばんわ (non)
2017-07-19 20:17:31
ご無沙汰です、
このような時節柄、花などとも思いはしますけど、
咲く花には感謝がありますゆえ、やはり載せています、
この時季になければ咲かない花、
見て頂きありがとう、嬉しかったわ。

コメントを投稿