weekly なんとなく again

身のぐるりの出来事をゆっくりと

@花辞典じゃないような ⒊ (s) The Tennessee (d) 空飛ぶ again (m) 心の旅

2018-11-11 | 日記

 

                                                 

やはり秋の象徴ともいえる ☝ いろはもみじ、もう少し青空だったらいいんですけどね~緑葉がいい差し色になってて紅葉に深さが。


              

堂々の咲きっぷりで花びらも色の良い ☝ 小菊、あ~ーあきれいだわ。


                    

仕舞い花となっって風に揺れてる ☝ 黄バラ、元気がなくてなんだかなぁ~ ☝ アルストロメリアも仕舞い花、

 

ところでこの頃パワーアップしちゃってる私です、生活が変わった分じゃあないけど、メンタルがどうも強くなったみたいで(笑)動じない

聞こえはいいけどきっと鈍化したのかも、

ぉひとがどう思おうと知ったこっちゃないわ!と、こっちに来てやっと思えたから不思議~色々なことを言われて、その度に凹んだ凸った!

の繰り返しで忙しないったらありゃしない、妙に低姿勢で暮らすもんだからその弊害が(笑)

それがストーンと落としどころに落ちたからいいんだわね、考えたらそんなにぉひとの気持ちを推量して暮らしたらたまったもんじゃあない

お世話になりっぱなしの精神は程よく緩和させてドンと来い!なんてね、

ママもここまできたら本望だろうし和やかに日々を過ごしてるんだもの言うことなし、ママの祝🍰99歳が見えてきたから、私もホッと一息

つけてるのかな?それにしましても今まで二人で頑張った!なぁ、ハハハ。

 


          

寂しいようなこれまた仕舞いの ☝ 八重黄花コスモス、枯れ庭にちょっとアクセント ☝ ニッコウキスゲ、その姿は大人~

    

plala ブログで盛り上がって、テーマ曲だったテネシーもいいけど、こちらのは一段とシックなテネシーで大人、味わい深いものを

感じられて聞き惚れた、 

そしてこのドラマ  👇 のテーマ・ミュージックでもあった、


BS 252  空飛ぶタイヤ

     

社員を守る、その家族をも守る、企業のコンプライアンスは大企業だろうと中小企業だろうと同じで、経営者はそこに醍醐味を覚え仕事を

するわけだけれども、そこには言い知れぬ自分との葛藤があるのだ、

 ひとたび濡れ衣を着せられたら、一朝一夕にはその汚名は消えず、それが家族にまで及ぶことを実感するようなドラマだった、again!!!

だから最初の思いとはまた違った感想を得た、    

 

私の若い頃の家での与太話 👇

「男だもの、仕事と家庭をまもって当然だし、そこには遣り甲斐がついてくるんだし」と、私は家に居てよくご託を並べてて(笑)Dは、

「家に居る者にはその大変さは分からない!」と言ってたけど、

「外にいる人も大変かもしれないけど(仕事に没頭できるDが羨ましかったこともある)四六時中、家に居る者の気持ちなんか分からない!」

と、言葉には出さなかったけど思ってた、

何が違ったのかというと、お互いに理解しようとする心に欠けてて、自分の思いだけを相手にぶっつけてただけで、相手を思いやるほどの

優しさがなかったわね、お互いに「どうして分かってくれない?」などとね、

 

ドラマでのオトコとオナゴは理想的な夫婦のあり方で美しかった、そりゃあドラマですものとは言いたいけど、それだけじゃなくて、阿吽、

労わり合うという高邁な精神が感じられ、二人の空気が穏やかだった、

私はどうも自己主張だけが強くて㌧でもないオナゴかも、でもまあそこから子らが孫らがそれぞれの道を歩いてるわけで、私にしたら有難い

心を入れ変えなくちゃね~と思うのもつかの間、また私はドラマが終わるころには素の私になっていた(笑)

今なら揃わないと思えるほど実力のある俳優が揃ってて、リコール隠しなどという聴き慣れてしまった(怖いことであるけど)案件を熱く

描いたドラマだった、是非ご覧を。


BS  252    心の旅

                 

                                

現役弁護士としてバリバリ働いて勝率を上げ事務所に貢献して、飛ぶ鳥を落とす勢いのハリソン・フォード役の夫が突然銃弾を浴び入院、

記憶をなくしたらどうなるか、

その時、夫婦の間は冷めてて、アネット・ベニング役の妻にもラブ・アフェア、もちろんハリソンも同僚とラブ・アフェアときたら、これは

崩壊の道をまっしぐら~というところだ、

多感な娘は幼いとはいえ孤独を託つ、その時この事件だもの、どう考えたって複雑に絡み合う運命、波間に揺蕩うようなもの、それじゃあ、

映画としてはありきたり、ここからが真骨頂!引き込まれた、

        


 

 

          

まだまだ色づいてない実もあります ☝ クコの実、チョッと料理にパラパラと飾るほどにしか、そのまま冷凍で保ちますよ。

 

ママの介護認定のため病院で受診してきた、体重を計ろうとして立たせようとしたけど一向に立つ気もなく(笑)「まあいいでしょう」と、

そりゃそうですよ~リハビリしてるわけじゃないんだし今さらと私は思った、計ろうとした意志を認めてもらえりゃね、

そして日常の暮らしを一言二言進言して、今まで通りの介護4ということで、以前より意識が高い気はするけど、お世話にならなきゃ~だし

また冬から春へかけて入退院を繰り返す可能性はあるわけだから、今が良いからといって安閑とはしてられない超高齢ですもん、

その出かける前に朝食を、現役の99歳はどんな食生活かと言えば、

             

バナナ+ヨーグルト+桃缶をミキサーで、それとエネルギー飲料を、ポテサラに菊の浸し、鮭に卵焼き、そして、普通🍚+とろろ芋、中華風

スープ(玉ねぎ、ベーコン塩味)を支援しながら頂いちゃって、まあこんなもんですので薬要らずで今は家で暮らせる状況、極めて良好です


           

こんなきれいな菊の花を ☝ モッテノホカ、お浸しにして頂くなんぞは以ての外じゃあありませんか、でもね、食用菊ですので致し方なし

シャキシャキ感がいっそう味わい深くて粋なのよ、                     

                                               

地元焼きの器に地元の素材で控えめな朝食にはとてもいい按配の ☝ モッテノホカのお浸し、今朝も頂きました~。

 


 

  

                 

 

 

コメント (16)