Weekly なんとなく again

身のぐるりの出来事をゆっくりと

@花辞典のような ⒎ (d) アボンリーへの道 (m) オリエント 

2019-04-16 | 日記

                       

この色合いのカタクリ ☝ はマンサクの根方にありますけど、明日には開くでしょう、このうつむいた夕方の姿もいいものですわね、

      

あっという間にニョキニョキ出てきたと思ったら葉が開き ☝ エンレイソウが、ちょっと早いからまた載せますね、

 

さて早春の庭先にこのように早く出たのは私には珍しいことで、大抵はお江戸にすっ飛んでて遊んでた、そりゃ長ーーーい雪に閉じ込められ

待ってました!とばかりに、或いは雪疲れでちょっとむくれた春先だった、

今春は誰より早く外で遊んでるものだから、天然ナメコの従兄の爺様は雪の下大根ぶら下げやってきて、「今年は早くて一生懸命だな~」と

嘆息、私ゃ詳細は言わないで、まあママの事やあれやかや、「春ですから~」と誤魔化した、ふふふ、だって噂は走ってるでしょうから、

それでこの芽吹く庭先の面白さはたとえ様がなくて、草むしりに嘆いてたのがウソのような快感の日々、

 

そして、「筍いる?」のメールがあったから「うん、よろしくね」と即座に返しコメ、私にしては珍しい素早さだったからか【D】は、

「食べ物と¥の話には食いつきが早いね~相変わらず」と、その一言がイケない、私ゃ魚じゃない!今更ほかに何の楽しみがあるというのさ、

花がある暮らしだからいいけどね。

       

 自前の米ぬかと唐辛子でさっさとあく抜きは出来た!こういうことは素早いの(笑)


 

                      

 

やっと爽やかな春風に吹かれて ☝ ショウジョウバカマが咲き始めた、この色この姿、品よく咲いてる、風に揺れてもいいですわね~


 

               

                    

                                                 

たった一輪ですけど遅れまじ!と健気に咲いてた ☝ カタクリ、もう少し纏まって咲いてる処のが咲いたら載せますね~


              

 

           

そして鮮やかな水仙も ☝ 綻びとでもいいましょうか、葉っぱと色を画してよろしいわ。


 

         

たくさん群れて咲き始めたのが見えますかしら?もう少しうまい一枚を撮れたら載せますね ☝ 👇 キクザキイチゲ、

       

                                                                            👇

          

                          👇

                                   

                    

白からブルーまでの色のグラデーションが分かりましょうか?真ん中の色は今季初めてのような気がします、白とブルーの群生が近づいて

このような変化となったのかしらね。

      



 

        

                                      

なかなか虫除けが大変な ☝ マユミの新芽、今季こそは赤い実を撓るほどにつけさせたい!可愛い実だからね、

 

現役で続行できる仕事をもってるぉ方が羨ましい!と、常々うらやましく思って眺めていた、趣味はあくまでも、ないよりはいっか~程度

これだって日々無いアタマを遣ってあれこれ言葉を工面して楽しんでる感じ、

昨日お出での訪問Dr.は「私は80歳、今は妻が入院してるから私は病院の寮で暮らしてて、エレベーターは使わない、食事は自分であれこれ

家は関東と地方に一軒づつ、この管理が大変で維持費もバカにならない、ということで仕事をすることにしてる、PCも必須の時代だからと、

拙いながらカルテの管理くらいは、そして何より糖尿だから気をつけて、一病息災をモットーにして、長患いをしないように気をつけて、

毎日出歩いてる」纏めればこのようなご意見だった、

Dr.サンに出会えてよかったわ、若さをまき散らされるような、説教がましいDr.じゃなくてよかったわΣ( ̄□ ̄|||) この安堵感は今までに、

得られなかった気分、なんたって月1でママを診てくれて、ナースさんは月2で看てくれる、私には心強い専門家さんに少し甘えてみようか

 

私は感心した、たとえば悠々自適な日々を過ごせるというのに、そんなことに甘んじないで、敢えて自分を動かして老化に対抗する、流石に

車は運転なさらずお付きのナースさんの同行だったけど十分現役だった、その思考がいい、

74だし~と吠えてた私が甘かった、都合のいい時だけ老化を持ち出してた、イケない!これじゃあママの世話さえできなくなるんだぞ!と、

自分に言い聞かせて奮起した(笑)やっとお腹がへってきた~


 

  ☝コルチカム             ☝チューリップ           ☝シュウメイギク

 

 ☝オダマキ             ☝アルストロメリア          ☝スイセン

  

 👆ラナンキュラスゴールドコイン    👆スノウフレーク          ☝ヒアシンス   

 

👆 キョウカノコ            ☝ ツクシ

雪を積んでたエリアの発芽はどうしても遅れがち、でもまあ勢いはあるから、そのうちイーヴンになりますのよ、

 

老々介護のこ難しさは介護する方の精神力に依るところが大きい、たとえば疲れるから家で過ごしたい、ぉひとに会って喋って言葉を悔いて

何の解放感にもならなかった、

これじゃダメじゃない、元気印の私がどうするのさ?そう思ったら先ずは自分から、ということで again 参加することにした、攻守所を変え

エリアを変え、本音を57577に、今までは世間様・近隣の目に触れるから内容に難が(笑)あり過ぎてつまらなかった、

いや~~~解放感のレベルが違います、そりゃあ読んでる方もおられるけど、フィールドを変えたら、否定され続けてき過ぎて肯定の喜びを

久々に味わえた気がした、居場所を変えるって(住居じゃないよ)時には必要だわね、楽しいもの。


    

 

               

米ぬかと花用肥料のおかげか ☝ バラの新葉はぞくぞくと、あ~ーー楽しみだわ、そして周りをスイセンが、ここから楽しまなきゃ!

 

普段、しかも冬だったからサボってたガラス拭き、いやーーー埃はしっかりしがみつき、しかも空気の流れが停滞してた家の中なのでね~

そこで暖かさに乗じてママの部屋からガラス拭きを始めた、丈の高いガラス戸が廊下に嵌ってて6枚、

半分は立ったままで出来るけど上の方は椅子に上がって拭かなきゃ、届かない、なにせ私小柄(笑)ですからね、しかも最近、椅子に上がり

慣れてない、平場でさえすっ転ぶんですから~怖い、

でも外が明るくなった分だけ目立ちますからね、オナゴとしては見逃せないところ、しっかり掴まりながら拭きましたよ~気分一新出来た、

ささやかな喜びです、

それから4枚+4枚+2枚と仕上げた処、完全に冬が去って行った(≧∇≦)、序にそのレールの拭き掃除、これも雨戸を閉めてたのでそれなり

だったからキッチリ攻め込んだ!まだまだ残ってるけどオイオイね~晴れた日に、

その後が全然使いものにならなかった私、疲れすぎて眠れず、かと言ってそんなに飲みたくもなく食べたくもなく、ましてや創りたくもない

こりゃ大変だ~とは言いながら、ママのは用意して支援して、それで精いっぱい、初めての事でした~年を感じた74越え実感にしちゃ早い、

「Pさん、十分に老々介護ですよ~」と言われたことを思い出し、今までなら傷つくところだけど妙に納得した、

ということでやっと冬から脱却してきらめく春を!と思ってたら外は雨~旨くイかないねえ、でもまあ、また栄養を取り入れながら頑張るわ

年とったら小まめに片付けは続けなきゃ。



 CS 2  311    「赤毛のアン」スピンオフ アボンリーへの道

 

         画像 

 外で遊んでしまうとどんなに好きなドラマでもおちおち観てられない、(>_<)ジレンマ、でもまあ録画しとけば雨の日にでもゆっくりと観る、

赤毛のアンは大好きだから、スピンオフでも面白いわ、

子供たちの日常が生き生きと描かれ、村で偏屈な婆様をも仲間に入れようと奮闘する気持ちなんて涙ぐましい、このような子供たちの気持ち

大人たちが台無しにしないように、

大人は大人らしく日々を過ごさなきゃね~なんたって子供は大人の鏡なのよ、悪戯したり喧嘩したり野原を駆け巡ったりする、当たり前の時

を今の子らはもてないのが可愛そう~

人生なんてどこでどう転ぶか分からない代わりに、どこでどう好転するかも分からない、転んで痛みを知り、友達の痛みを労われる子になる

ようにしよう、勉強も学校もちょっと魅力的(笑)だけどね、

その駆け引きは、大人の教えようで何とでもなりそうな気がする、自信を持たせるには矢張り褒めて褒めまくって、それがいいと思うけど、

遅すぎることはないんだし今からでも間に合いましょう?


BS  252   オリエント急行殺人事件

 

何度観たって面白い、結果が分かってても面白い、老練した演技と見慣れたぉ顔が懐かしいということで、

[アガサ・クリスティー, 山本 やよい]のオリエント急行の殺人 (クリスティー文庫) 

そうそうこのメンバーです、どんな映画でお目にかかってたのかしら?それまでのことも含めて雨の昼の映画の品定め、

                                                   


 



                                 

 

 

   

コメント (12)