なすがまま (let it be)

政治談義から写真・音響・歴史話

新種PCウィルスへの喚起

2009-05-26 19:07:30 | 時事
 世間ではインフルエンザが猛威をふるっていますが、コンピューターの世界でもウィルスが広まっているようです。企業・個人のWEBサイトから感染し、PCの個人情報を抜き出すタイプのようです。このウィルスはサイトを見ただけで感染し、WEBサイトの担当者(個人・企業)がサイト更新を更新する際に、ウィルスをデータに紛れこませのだそうです。結果としてサイト見た閲覧者が感染し、拡散していくことで注意が必要とのこです。現在も拡散傾向にあり亜種も出ています。豚インフルエンザ同様に予防に注意が必要なようです。わたしも所有するコンピュータおよびWEBを確認しましたが現時点での感染は確認していません。わたしページからの感染は今のところありませんが、管理者として注意をしていきます。

対策
・Adobe Flash Player・Acrobat・Reader を最新の状態にする。
・ウイルス対策ソフトを導入し、定義ファイルを最新にする。
・windowsなどのOSのパッチは最新のものにしておく事。

詳しい情報は下記のページなど参照してください。対処・発見方も載っています。また各ウィルス対策ソフトのページも確認されるようお薦めします。
Impress INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/05/26/23558.html
Wiki GENOウイルスまとめ
http://www29.atwiki.jp/geno/
コメント

裁判員制度と個人的意見

2009-05-24 14:46:37 | 時事
 さて裁判員制度がスタートしました。裁判というと法律の専門家同士の駆け引きという印象が強く、犯罪がらみで巻き込まれなければ(起こす事も含め・・・)係わることなどないと思っていました。弁護士でもないし・警官でもないわけだし、第一学歴がないのでそう言う場に判断を下す側になる可能性が出てくるなど思いもしなかったですね。とりあえず自分が生きているうちは・・・・
 それが現実味を帯びてくると、事件報道が気になって来るのが人情というものです。そうすると、いろいろ日本の裁判のあり方が、冤罪が多い事で非常に気になってきました。報道をみていると「?」という逮捕や判決が多い事に気が付きました。そこで考えを書いて見たのですが、Blogでは一寸書ききれないのでHPの方へ書いて見ました。興味がありましたらリンク先の駄文を読んでやってください。

?・・大丈夫、日本の裁判
コメント

変わった紅茶

2009-05-23 23:05:00 | 日常の話
 27日少し変わった紅茶を買って来ました。本来わたしは珈琲党なのであまり紅茶は飲まないのですが、時々急に欲しくなるときが有り、そうすると近所の珈琲・紅茶専門店か、お隣の市まで買いに行きます。普段ですとそうするのですが、1ヶ月前紅茶が飲みたくなった時はどうも気分が低迷していたので、専門店まで行くのがめちゃくちゃ億劫で、病院の帰りに格安スーパーで100パック380円なる(1パック3.8円?・・・原価はいくらなんだろう)紅茶を買いました。しかし値段相当のものですから、「なんかあじけないなー」っと思っていたのです。そんな折、16日の駅での大口論で一気に気分が反転、行け行けどんどん状態になり専門店へ。
 そこでヌワラエリヤ(50gで460円)なる茶葉を購入(ストレートで飲むとほどよい香りでおいしいです)、その際店主に「個数限定で1番摘みの紅茶が入荷するけどどう?」 と薦めらました。でも「高いから無理には」と言われたのですが、行け行けどんどん状態のわたしはついつい予約購入。その後気分がまた急転・・、だいたい自分に違いが分かるのかよとか、いろいろお金が掛かるのだから贅沢はとか・・・etc
 まあ、いろいろ葛藤はありましたがせっかく買ったので楽しむことにしました。おいしく入れるには、茶葉は多めに(1杯普通3gが目安ですが3.5gと心持ち多め)と茶葉をポットに入れておいてお湯を注ぐ(普通はお湯を入れた後、茶葉を入れる)とのことでした。1回目は蒸らし過ぎか渋みがですぎて失敗。2回目は時計とにらめっこして3分丁度でカップへ。これは成功したようで、やわらかい紅茶の香りに若葉独特の香りが混ざり何ともいえないよい香り。色はオレンジより黄色みがかった感じで、味はほんとに繊細で柔らか・・・今まで好んで飲んでいた紅誉(お米か日本酒みたいな名前)と全く逆で(紅誉は日本の固有種で香り味が強くミルクティーにしても負けない・・ちょっと日本茶っぽい)わーおいしいなあーと思い、「うん、新しい発見」と悦に入おりますが、こんな偉そうに書いて本当味分かってのわたし? と自問自答(また鬱はいった~)
 紅茶の品種はダージリンで新芽と若葉の部分をだけを使用してのだそうです。ロット番号がついており、EX-08。その農園で八回目の新茶の出荷という意味で、新茶として扱われるのはEX-30までなんだそうです。1桁台は貴重ということで、お値段も40gで1260円です。
 
 LOWな気分の現在、HIGHな気分の時の衝動買いを値段を思い出すたび後悔。気分が、”上がったり下がったり”ともうここ数年になります。いい加減何とかならないものか? それと1パック3.8円の紅茶もどうにかならないかと・・・


※記事は4月27日に書いたものです。


入れるのに成功した(?)紅茶の写真

HPへLINK
コメント

インフルエンザ・・・③

2009-05-21 13:16:20 | 医療・病気
 いろいろ情報が飛んでいますが、今のところ発生時期が異なる部分をのぞけば、季節性インフルエンザと変わらないようです。実は、ほとんど人と接触してないにもかかわらず、今年はインフルエンザに罹ったようで、発熱・鼻水・・アレルギー性の気管支炎がありますので、呼吸困難と下痢が1週間ほど続きました。 
 医師曰く、血液検査したわけじゃないけどインフルエンザでしょうとのこと。でっと聞き返したら、家にこもって寝てなさい。気管支の薬と熱が高くなったら解熱剤を飲めとのこと。寝てれば体力温存・家にいれば他人に感染させないでしょとのこと。気管支炎には注意しなさい、息苦しければ炎症を鎮める吸入器を2~3時間おきに容赦なく使用しなさいとのことでした。炎症の悪化が一番問題のようでしたね。やはり持病のある人は事前にかかりつけ医師に相談しておいたほうがよいかも。
 それでですが、熱が出たら市町村の発熱情報センターへTELし対処を聞きましょう。マスクがないとか、情報を公開してとか、川崎では女子高生と同じ電車で通勤しているが大丈夫かとか、そんな情報はは携帯電話か厚労省のHPでも見てください。自覚症状がでてから連絡するべきでしょう。今のままでは、肝心な人が連絡できない可能性がありそうです。
コメント

定額給付金の申請用紙きました。

2009-05-20 06:00:00 | 時事
 定額給付金の申請がきました。いろいろと政策的には異論もあるのですが、何にせよせっかくいただける訳ですし(前回の地域振興券はいただけなかったので、今回は公平かとなとも思います)、喜んで頂戴することにします。ちょっと変な書き方だと思われるかもしれませんが、我が市の場合「市への(正確には特定非営利法人に対して)寄付」という方法も選択できます。また、細かく目的を選択することも可能で、大まかに4種類(①雇用促進、②高齢者安全(火災報知器の助成)・③生活苦しい人たちへの支援、④市にお任せ)あります。そういう訳でわたしも病気があり生活に不安がありますので、上記のような選択とあいなりました。市も苦しい財政事情なのでしょうが致し方ありません。自分を優先することにいたします。どのみち生活費になるでしょうけど.....(^_^;)

少々気になる点が3つあります
①身分証明書が運転免許証・パスポート・保険証となっているのですが住基カードは? 生年月日あり
 ますが・・・問い合わせの結果OKでした。
②市のHPでは給付についての話より、寄付についての話が圧倒的に多いのです。①はそのために確
 認しないといけない羽目に・・・後は寄付の相手先の特定非営利法人がよくわかりません。広報では市
 への寄付だと思っていたのですが。
③市は開港150周年イベントを4月28日~9月27日まで5ヶ月間行います。準備期間を含めてかなり
 の出費が。開催期間・規模を縮小して、その分を他所へ振り向けても良かったような。ちなみにGWの
 出足は予想以下だったようです。
 ※ある市議の話では全体で300億円・財政調整基金を111億円取り崩すそうです。(このお金は災害
  など、急な支出に対応するための市の預金なのだそうです)


参照・引用
横浜市のホームページ (http://www.city.yokohama.jp/front/welcome.html)
大貫のり夫市議(共・青葉区)(http://www.ohnuki-norio.jp/blog.php?ID=195)
毎日.JP「横浜開港150周年:開国博、GWの有料入場者11万人」
   (http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20090508ddlk14040283000c.html)

コメント