なすがまま (let it be)

政治談義から写真・音響・歴史話

土砂災害の避難準備情報は出されたが・・・

2014-10-13 20:14:35 | 時事
土砂災害の避難準備情報発令
 19:30に横浜市が土砂災害の避難準備情報を発令した。(10/13)
 それは良いが、危険箇所がわからない。区役所へ電話してとか、HPを見てほしいというが、ホームページはつながらない電話はしていないが、役所の回線・待機人数から無理だろう。ハザードマップの検索に40分。土砂災害の指定図は神奈川県の土木部からからようやく発見。すんでいる地域が急傾斜指定地域なので指定区域はあるだろうと思って探したが、やはり一部地域は指定されていた。自分の住んでいる場所ではなかったが、崩れれば避難しなければならないだろう。事前の広報をっしっかりしてくれないと困る。発令が遅い大雨のさなか、薄暗く細い道く大雨で水が流れている坂道を下るのはちょっと。発令の時間に余裕を持たすことが必要ではないだろうか。また電話・HPは集中して使えなくなることを前提にすべき。横浜市の人口は360万人いることを忘れずにいてほしい。準備情報なので避難準備をすることなのだから、良いのかもしれないがもう少し早くしてほしい。

*20:30市のものを継続して検索中たぶん自分が見た危険地域と少し異なっていると思われる。台風18号後に指定箇所を見直し
 ているらしい。とにかく市のHPへつながらない。
 指定があることを知ったのは緊急災害メールの避難準備発令、指定の経緯は神奈川新聞の記事。河川氾濫の災害地図はあるの
 だけど、広報車が回っている気配もない。思うに災害対策は、事前の情報伝達のあり方や準備が重要なんではないかと思う。
 21:00雨が小降りになる避難にはちょうど良いなーっと思う。

*21:21 横浜市のハザードマップおよび避難所を市のホームページより確認。危険箇所は近所にあるが自宅が避難地域でない
 点、避難は建物内の集会所の方が安全と判断、台風の接近のため停電の準備はする。雨合羽の準備がいるなと思うが遅かっ
 たが今回は手遅れ。ちなみに避難所への道筋に危険箇所があったりするのも確認。

*21:30 NHKのニュースにより市内の避難準備地域がわかる自分の住んでいる区には発令されていなかった。注意はすべきだ
 とおもう。ご飯を食べようと思う。頭が痛いのでつらい。頭痛薬が1番最初の台風対策かもしれない。
 う~ん緊急メールは市内危険箇所全域、NHKのニュースでは指示が発令の区がテロップで出ていた。全市じゃないのかな?

*22:56 自分の住んでいる区には避難準備情報は出ていない様子(NHK)。風が強くなってきたのでハンガーなどベランダの対
 策鉢植えなどないので引っ込めるだけ。気持ち悪いなあ~気圧低下かな。湿度気温の上昇傾向の様子。温度・湿度計があるの
 で体感以上に正確。ふわふわ気持ち悪い。感情障害・睡眠障害になってからこういう天候はしんどい。明日は急に気温が上が
 るので、浮ついた感じで仕事になると思う。ミスが心配。注意力の欠如が顕著になるからね~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本人は組織に忠実・・・ | トップ | 大根役者は・・舞台を去るべき »
最近の画像もっと見る

時事」カテゴリの最新記事