モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

ミズバショウの終わった大場谷地は?(2010年6月15日)

2022-06-30 | 八幡平

大場谷地はミズバショウが咲く五月下旬にはよく来るが、
その後はパタッと来なくなる。
どうなったか確認しようと思い、6月15日に訪ねてみた。

半月前(こちら)に較べると、随分と緑が濃くなっていた。







ミズバショウもリュウキンカもほとんど終了。




今、湿原で旺盛に生育しているのは・・・




コバイケイソウだった。

 
                                            ミツバオウレン

 

ミツバオウレンは三つ葉がうまく撮れていないので、図鑑写真としては失格。  

瑞々しい緑にびっしり覆われた処もあれば、まだ枯れたままの処もあった。
枯草の間には、小さなコバルトの花が。




タテヤマリンドウだ。







水浸しの泥地では・・・

ミズバショウの葉とミツガシワの花



ギボウシの芽吹きの間から、何やら褐色の穂が突き出してる。

 


ワタスゲの古くなった花と言うことは、

もう少ししたら、こんなふうになるかも・・・

2009年7月上旬






この二枚は昨年7月上旬に撮ったもの。
この年はワタスゲが異常なほどにみごとだった(詳細はこちら)。

今年はどうだろう。

エゾノリュウキンカと・・・
 

                                         ツルキツネノボタン

ツルキツネノボタンは地味な野草だが、そうやたらとお目にかかれるわけではない。

私自身は八幡平と焼石岳でしか見たことがない。




上写真の白いアブラナ科は何だろう。
丈は5~10センチ。アイヌワサビにしては、小さすぎる。エゾワサビだろうか。

今回の写真では、根生葉の状態がさっぱりわからないが、
ひとまずエゾワサビとしておこう。

 



右上のスミレはミヤマツボスミレとしておく。


帰り道から。バックは焼山火山。



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年、男鹿ラン紀行(2022年6月13,15日)

2022-06-28 | 男鹿半島6,7月

6月13日、15日の二日間にわたり、男鹿に行ったが、
その主たる目的は野生ランを見ることだった。

野生ランは既に五月下旬にイチヨウランとエビネなど三種類を見ている(記録はこちら)が、
更に多くの種類が咲き揃うのは六月上中旬だ。
今回は二日間で10種類、見ることが出来た。

中には希少な種類も有るので、詳細な生育場所は伏せさせていただく。

まずはサイハイラン属の二種。

サイハイランの群生



サイハイランは男鹿に限らず、あちこちの山林で普通に見かけるが、
よくこんな暗いところに咲くものだといつも感心する。

花は一見、ブサブサで武将の使う「采配」に喩えられるが、近づいてよく見ると、意外と奇麗だ。
葉は花の頃はほとんど枯れているが、冬場や早春の林の中ではよく目立つ。

サイハイラン
 

                                             トケンラン

トケンランも葉は冬場や早春には目立つが、花の時期には枯れてしまい、影も形も無くなる。

ウイキペディアによると、『トケンランは「杜鵑蘭」の意で、
花につく紫色の斑点を鳥類のホトトギス(杜鵑)の胸から腹部にある斑紋にたとえたもの。
絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト)。』とあった。
開花期間がきわめて短く、なかなか開花に立ち会えない種類だ。
一昨年6月13日、来た時は見ごたえのある群生だった(記録はこちら)が、
今年はどうしたのか。十本にも満たなかった。

ところが盗掘されたようでもない。
偶々、花付きの好くない年だったと善意に解釈することにしよう。

次いで、キンランとササバギンラン。
キンランは秋田では少なく、私自身はかつて出羽丘陵で一度見かけた程度だが、
男鹿では割とよく遭遇する。

キンラン



キンラン
 
                                            ササバギンラン


ササバギンランは反対に県内のあちこちでよく見かけるが、
男鹿では少なく、

今回が実質初めてかもしれない(花の終わったものには何回か遭遇している)。

男鹿で最も多いランはもしかしたらコケイランかもしれない。
中腹より上に行くと、登山道沿いや道のど真ん中でふつうに見かける。
同じくイチヨウランも比較的多いのだが、
いかんせん小型で色も緑がかって地味なので見過ごすことが多い。
こちらは開花が早く、五月下旬に盛りを迎え、今回は残り花ばかりだった。

コケイラン



イチヨウランの花をアップで。
 
                                            イチヨウラン


男鹿には雲霧一党、いやクモキリソウ属の仲間が多い。

今回はそのうちスズムシソウが最盛期、アキタスズムシソウとジガバチソウが咲き初めだった。
ウィキペディアによると、
アキタスズムシソウは従来、セイタカスズムシソウとされていたものの中から、

2019年、新種として記載されたとあった。
分布域は広く、北海道、本州、四国、九州だが、
「アキタ」となったのは、タイプ標本が北秋田市で採集されたから。

もう一種、クモキリソウもあるが、こちらは七月以降に咲くので、今回は取り上げていない。

スズムシソウ


スズムシソウ



アキタスズムシソウ

 
                                            ジガバチソウ


エビネの仲間は、先月下旬、エビネ(別名、ジエビネ)を見たが、

今回はより大型で見ごたえのあるサルメンエビネに遭遇した。
このエビネは専門業者から買った株が自宅に有り、何故か15年以上にわたって咲き続けているが、
野生品を見たのは約25年ぶりだ。
男鹿の詳しい方から、稀に山の中にも咲いていると聞いていたので、今回はけっこう気合いを入れて探してみた。
そしたら二日目の15日、この株に遭遇した。
四半世紀ぶりの野生品だ。

絶滅危惧II類 (VU)であり、よく盗掘される。
このランがこの地で末永く咲き続けることを祈るばかりだ。

サルメンエビネ
 

                                         サルメンエビネのアップ


一応、5月20日に見たジエビネ(詳細はこちら)も。





今年は実物には接していないが、
チョウセンキバナアツモリソウも(詳細はこちら)。

チョウセンキバナアツモリソウ(2021/05/24 特別栽培地にて)






以上。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年初夏の男鹿真山(6月15日)

2022-06-27 | 男鹿半島6,7月

男鹿には13日に行ったばかり(毛無山の記録はこちら)だが、15日にもまた行った。
この日は植物保護パトロールの当番だった。

雨がぱらつくあいにくの天気だったが、合羽を着るほどのことも無かった。
パトロールが終わった後、毛無山から最高峰・本山の脇を掠め、真山(567m)まで行ってみた。
毛無山の標高約630mくらいのところにある自衛隊道路ゲート手前から散策路が始まる。
歩き出してすぐあがりこ状の広葉樹林となり、
そこを過ぎると、山頂にレーダーを載せた本山(715m)が見える。

あがりこ状の広葉樹林



本山(715m)を望む。



本山に登りたい人は左側の砂利道(自衛隊道路)を歩いて行く。
なお山頂は自衛隊レーダー基地になっているので立ち入り出来ない。

私は本山に用が無いので右側の山裾の林の中をトラバースして行く。

今回のマップ



散策路は本山の東側山腹を巻くように伸びており、本山と真山の鞍部、標高約500mまで降下する。
この鞍部はフタツアイと呼ばれ、男鹿では珍しく休憩ベンチが設置されている。

その後で約60mを登って真山山頂に至る。

行く途中で見た花たち。

カンボク



ここでもギンリョウソウに出会う。




コケイラン



杉林の中のトラバース道。

 

                                              ヤグルマソウ

トラバース道には山菜のミズがいっぱい。




ケナシヤブデマリだろうか。




ミズヒキの葉
 

                                           フタリシズカ

真山山頂が近づくと、男鹿の名花デワノタツナミソウか咲き出していた。
本格的な開花は下旬頃か。




男鹿のお山、毛無山はブナ林が多いのに対し、本山や真山には杉の木が多い。

真山山頂の南側にあるものはたぶん天然杉と思われるが、樹形も面白く、いつも感心して眺めている。




 





男鹿三山のうち、本山、毛無山の二山山頂は自衛隊のレーダー基地になっているので、立ち入り出来ないが、
真山は山頂に行ける。ただし樹林で展望は皆無。
かわりにすぐ近くに展望台になった神社がある。ここからの眺めは好いし、休憩もできる。

東側の眺め



東側、寒風山と右奥に雲をかぶった森吉山



北側、白神山地方面。



南東側、秋田市方面。



以上。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年初夏の男鹿毛無山(6月13日)

2022-06-26 | 男鹿半島6,7月

毎月一回以上は登っている男鹿毛無山、今年6月は13日に登った。
五社堂に至る999段の石段道両側の林の緑はまた一段と深くなったような感じだ。

999段の石段道



五社堂から先の坂道はエゴノキが多く、ちょうど花盛りだった。

エゴノキの花



ヤマボウシも開花中だったが、木が高く花は見えにくかった。

エゴノキの樹間からヤマボウシの花



下草は・・・
五月連休前後に咲いていたシラネアオイには実が付いていた。
男鹿に多いアオヤギソウもちらほら咲き出していた。

シラネアオイの実
 

                                          アオヤギソウの褐色花タイプ


坂道を三十分ほど登ると、本格的なブナ林になる。

ブナ林の小道
 



いつもこの林で最初の休憩を入れる。







見上げると、ブナの梢には今年の実が成っていた。
ブナの株もとには・・・


キクバオウレンの実姿



中腹より上、賑やかな花は終わってしまい、地味な花ばかりだった。

ミヤマナルコユリ



イチヨウラン
 

                                                                                                                               コケイラン

ギンリョウソウ



山頂部、あがりこ状になったブナ



ヤマツツジ咲き残り



クジャクシダ



毛無山の山頂は自衛隊のレーダー基地になっており、立ち入ることは出来ない。

また毛無山と言っても、樹林に包まれ、景色も望めない。


ところで、福寿草山はその後どうなったのだろう。
そこは四月あたまはフクジュソウ、下旬はニリンソウ、五月中旬はシャクの花の海だった。

参考までに5月20日の様子。



ちょっと気になっていたので、今回、毛無山を下山した後、立ち寄ってみた。
入口付近は背丈を越えるアザミやオオハナウドの藪に覆われ、道は塞がれていた。
ここを突破するには少々勇気が必要だった。




林の中は枯れかかったシャクの海だった。





シャクの間にはミヤマイラクサが少し生えていた。

美味しい山菜だが、それは茹でた後の話。
生きている植物には触ると棘が痛いので要注意。

ミヤマイラクサ
 

                                            アオヤギソウ

他にはアオヤギソウの地味な花が咲き出していた。
ミツバベンケイソウと思われる植物はまだ咲いてなかった。

沢筋に行くと、ミヤマカラマツが多かったが、花は終わり頃だった。

ミツバベンケイソウ?
 
                                            ミヤマカラマツ

以上。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

男鹿の海辺と花(2022年6月13日)

2022-06-25 | 男鹿半島6,7月

男鹿はいつも毛無山や寒風山など山に咲く花ばかり扱っているが、
たまには海辺に咲く花を。

早朝、鵜ノ崎海岸から毛無山を望む。



鵜ノ崎海岸ではハマヒルガオやスナビキソウが盛りだった。

ハマヒルガオの群生






この日の早朝は小雨が降っていたが、昼顔は開花していた。
前日から開いていたものだろうか。

これは何だろう。仮にハマアカザとしておく。

ハマアカザ
 

                                            スナビキソウ

隣でスナビキソウ(ムラサキ科)が咲いていた。

ハーブの一種、ヘリオトロープに近縁と言われるが、今回、匂いを嗅がないでしまった。
花はムラサキ科にしては珍しく大きいが、古くなると赤さびのように変色する。

スナビキソウの大株。



早朝の鵜ノ崎海岸



この後、門前(五社堂)から毛無山に登山した。そちらで見た花は別テーマ頁で報告する(記録はこちら)。


毛無山から降りた後、
登山口近くの海岸の急斜面で橙黄色のカンゾウを見つけた。
花のサイズも草丈も大型なので、もしかしたらトビシマカンゾウかなと思った。

後で詳しい方に聞いたら、
以前はトビシマカンゾウと間違えられたこともあったが、

現在はゼンテイカ(ニッコウキスゲ)に一本化されているとのこと。
男鹿では極めて限られた場所に生育。そこは広葉樹林(主にシナノキ)になっているが、
全国的に見ても海岸林の中にこの花が咲くことは極めて珍しいそうだ。

ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)



ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)
 

                                              クサフジ




近くにクサフジの群生地もあったが、花は咲き出したばかりだった。
なおこの日の天気、早朝は小雨がぱらついていたが、昼前頃から晴れに変わっていた。

ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)やクサフジが咲く近くの海岸



男鹿、特に毛無山は植物に関してはとても面白い場所だ。

来るたびに予想しなかった種類と遭遇する。




土地の人の話では、この岩壁の辺りは希少植物の宝庫とのこと。
しかしロッククライミングの技術がないと・・・
それ以前に藪漕ぎの技術もないと近づくことすら容易ではない。


男鹿の門前(五社堂)近くの海岸には、帆掛島とゴジラ岩がある。
いつも通り過ぎるばかりなので、たまには寄ってみた。

帆掛島



ゴジラ岩の案内板



ゴジラ岩



ゴジラ岩
 

                                         エゾネギ

こちらはウミミドリ(サクラソウ科)。




この植物は潮だまりの中にも生える。塩分に対しては最強の草花かもしれない。


帰りに見た鵜ノ崎海岸三景。










条件が好ければ、ウユニ塩湖のようになるが、今回はそこまでは行かなかった。


男鹿には15日にも来ている。
その日の朝は雨がぱらつく天気だったが、珍しく鳥海山が見えた。




男鹿からは斯様に海越しの鳥海山が見える。

以上。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする