モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

いにしえの春庭/2015年4月

2022-04-30 | ガーデニング/春

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。


今年の4月はε=ε=へ(+´π`;)ノ 早足だーっ!




風除室の中で育成中の苗たちも徒長気味だったので、
4月5日、雨の合間を縫って、庭への定植を決行。こんなに早く定植したのは初めてだ。





4月になってまず咲くのは球根花。

ミニ水仙ティタテタとチオノドクサ 



早咲きのスイセン `フェブラリーゴールド' 



早咲きのチューリップ ‘ハーツデライト’が咲き出したので、
風除室内で咲き出していたアネモネやチューリップ類を外に出してみる。

 


アネモネ `ミストラルピンク'、クルシアナ系チューリップ、イワヤツデ(タンチョウソウ)など



こちらは風除室の中に残す。
北海道から輿入れしたコリダリス・ソリダ。翌年はみんな枯れた。(T_T)




地味な花も少し。




トウゴクサイシン。今頃、近くの山でも咲いてる。




更に地味な花ではなく芽だしを。

 


 


この花、ハッカクレンの芽だしは日々変化する。
出来たら毎日、その様子を記録したいところだが、ときどき出張のある身には無理。

こちらの葉は雨の日や放射冷却の朝には粋な水芸を見せる。

冷えた早朝のアルケミア・モリス



黄色い葉とムスカリ(アルメニアカム)のコントラストは絶妙だ。

黄金葉シモツケと一緒。                          ヘレボラス・ハイブリッドの黄葉品種と一緒。
 

 


いつもなら5月連休頃、本格的になる球根花が今年は一週間も早く、4月下旬には盛りになった。

晩咲きのスイセン `アイスウィング' 。


アネモネ・ネモローサは十日くらい早い。




原種系チューリップ バッケリー `ライラックワンダー' 。

 



モウズイカの表庭(トップ)へ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春の岩谷山登山(2022年4月20日)

2022-04-29 | 太平山/春、夏

4月20日は朝、保呂羽山に登った後、
午後から秋田市郊外にある低山、岩谷山(366m)に登っている。

行く途中、太平山の連峰が美しかった。




このお山、以前は南山麓の砂子渕集落から直登していたが、
傾斜が急でけっこうしんどかった(以前の登山記録はこちら)。

南山麓の砂子渕集落から見た岩谷山。山頂の岩峰、ブナの木を記憶されたし。



今回は裏側のユフォーレから登ってみた。
こちらのルートは傾斜も割と緩く、道もよく整備されており、楽だった。

花は以前、南面を登った時はシュンランくらいしか見てなかったが、今回のルートもほぼ同様だった。

シュンラン
 

                                             スミレサイシン


この山にはまわりの山に多いカタクリやイチゲなどスプリングエフェメラルが全く無かった。
またオオイワウチワの葉はいっぱい有るのに、花が全く咲いてなかった点は不思議だ。

ショウジョウバカマ
 

                                             オオイワウチワの葉


山頂からは太平山(奥岳)が間近に望めた。



太平山(奥岳)1170m



このお山、木の花は豊富だった。

オオバクロモジ



マルバマンサク
 

                                              タムシバ

タムシバ



ブナの梢を見たら花のようなものが付いていた。




後で調べたら、これは雄花だった。




山頂から南に少しだけ進むと、展望所がある。そこは山麓から見えた岩峰の上だった。

岩峰から南側を望む。


岩峰から南側を望む。



そこからの南側の眺めは壮絶だ。
ここからは鳥海山も見えるが、
この日は午後になったら、かすんでしまい、よく見えなかった。

山頂にブナの大木
 

                                            ブナの洞


下山してから、山麓でトウゴクサイシンの青軸素心を見つけた。
実物を見たのは今回が初めてだった。

トウゴクサイシンの青軸素心



トウゴクサイシン(普通タイプ)

 

                                        山麓で見つけた猛毒植物ハシリドコロ


以上。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カテゴリー「山形の山」の目次

2022-04-28 | 山形の山

(記事の配列は訪ねた年に関係なく、月日の順に並べ、降順とした。)


初冬の庄内鳥海と経ヶ蔵山登山。(2021年12月9日)

初めての摩耶山。(2019年6月2日)

雪割草を見に山形のとある山へ。(2019年4月12日) 

New 
山形のとある山2022、雪割草編(4月11日) 

New 山形のとある山2022、まずは登山編(4月11日)

寒の戻りに庄内の低山へ。(2019年4月3日)

2021年4月1日、山形のとある山・北面編

2021年4月1日、山形のとある山・南面編

2020年3月30日、山形の「とある山」で雪割草を見た。

山形の白いお山(2016年3月17日)

白山島に登ってみた。(2019年2月26日)


2019/06/02 摩耶山山頂から以東岳を望む。



2022/04/11 とある山のミスミソウ



2019/02/26 由良海岸の夕景




以上。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春の保呂羽山登山(2022年4月20日)

2022-04-27 | 出羽丘陵

保呂羽山は昨年秋、二回も登っているが、春にはまだ行ったことがなかった。
実は昨年4月23日に向かっているが、登山口に続く道路が豪雪被害で通行出来ず、
登山は果たせなかった(詳細はこちら)。

今年も大雪だったが、昨年よりはマシだろうと、4月20日に向かってみた。
朝早く家を出て、大仙市神岡町が近づいたら、保呂羽山と鳥海山が並んで見えた。

神岡町手前から保呂羽山と鳥海山を望む。



主要地方道30号線(神岡南外東由利線)を走り、横手市大森町上坂部に至る。

上坂部から始まる道路から見た保呂羽山(下山時撮影)。



横手市大森町上坂部の集落から細道に入り、五分くらい走ったら、倒木で道が塞がれていた。




今回の登山マップ


仕方ないのでその手前に駐車、道路をテクテク歩いたら、その先にはまだ雪が残っていた。

仮に倒木が無かったとしても、自車のタイヤは夏用に交換済みなので通行困難だった。
おまけに路肩が崩壊している箇所もあった。

 



約20分間ほど、歩いたら、南側の(夏場の)駐車場に到着。

保呂羽山そのものの雪はすっかり消えていた。




下居堂(おりいどう)裏はいきなり急斜面になっている。

 

                                               鎖場

鎖場を過ぎると、岩がゴロゴロした稜線を歩くようになる。

一夜盛



一夜盛の解説
 
                                             岩と合体した木

波宇志別神社



花は思ったより少なかった。

オオイワウチワ



山頂直前で鳥海山に再会する。
ここから見る鳥海山は素晴らしかった。

樹木が適度にあるので、額縁のように使用させて頂く。







ここからは人家や鉄塔など人為的なものが全くと言っていいほど見えない。
出羽丘陵の山並みの彼方に真っ白な鳥海山が聳えている。
個人的には絶景だと思う。

左側に出羽丘陵の盟主、八塩山を並べてみる。




下山路で出逢った花も少なかった。

キバナイカリソウ
 

                                            ミスミソウ

この山には雪割草(ミスミソウ)が少し有るが、花色は白か薄いピンクばかり。
花は終わる寸前だった。
盛りの花を見るとしたら、もう十日くらい早く来なければならない。

しかしその頃はまだ雪が多く、車の乗り入れは無理、上坂部の集落からテクテク歩かなければならないだろう。

花の少ない山だが、シュンランだけは多かった。




下山路の伐採地からも鳥海山はよく見えた。




西の方には笹森丘陵の山並み。




今日はこの後、岩谷山に向かった。

以上。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八幡平雪の回廊と万寿山ラスト雪割草(2019年4月20日)

2022-04-26 | 岩手の山

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

近頃は開通したばかりの山岳道路のみごとな雪の回廊がテレビでよく報道されている。
立山黒部ルートには及ばないものの、秋田の近場にもある。
八幡平アスピーテラインだ。

今の時期は低山の花ばかり見て歩いているが、
たまには雪の回廊も見たいと思い、4月20日、早朝から岩手に向かった。

アスピーテラインには、通常なら仙北市田沢湖町から国道341号線を北上し、
玉川温泉経由で入るのだが、

この日は岩手山を始めとした周辺の山々の雪姿を見てから入ろうと思い、まずは盛岡へと向かった。
更に国道4号線、津軽街道(国道282号線)を通り、上坊の一本桜に至るが、
残念、岩手山は雲を被ったまま。

もちろん桜もまだ咲いてなかった
(この場所は五月に再チャレンジした。⇒こちらの下半分参照)。

上坊の一本桜と岩手山



八幡平方面を見ると、茶臼岳より奥には常に雲がかかっている。




まあ、それでも行ってみるかとアスピーテラインに入場。

雪の回廊(壁)は上に行くにつれ、だんだん高くなって来た。




標高1500m、秋田岩手県境付近まで来たら、濃霧に襲われた。

さらに雪も降って来た。さいわいタイヤは交換前だったが、ここで退却を決断。




回廊の高さを実感頂きたく、車も入れて撮ってみた。




この日(4月20日)は八幡平にこれ以上、深入りしなかった。

ただ折角、岩手まで来て、このまま帰るのも勿体ない。
午後から花巻の万寿山に寄ってから帰ることにした。

万寿山の雪割草は4月9日に堪能している(記録はこちら)が、
近くの別山に未開花のエリアが残っていた。

その場所の雪割草を見たら、今年の一連の雪割草ツアーは終わりにしようと思った。

雪割草(ミスミソウ)が群生してる様子。






さらに上にもいっぱい咲いていたが、急斜面なのでこれ以上は登れなかった。

白の大株



ほのかにピンクの中株



ほのかに白の中株                                                                                                                                       ピンク株

 



ピンクの花もパラパラ咲いていたが、
白のように大株になるものは皆無だった。また花のサイズも小さかった。

 



白とピンクの混合。




場所は変哲の無い雑木林。他の花との混合も少し。

 

                                              セリバオウレンと。

カタクリと。
   
                                                                                                                                                            ショウジョウバカマと。



他に咲いてた花たち。

イワウチワ



イワウチワ
 
                                             ヤブレガサの芽出し

シュンラン



帰りに見た山々。

早池峰山と薬師岳。紫波町ラフランス温泉から。



雫石から岩手山




帰りになったら、岩手山からも雲が取れていた。

しかし雲の影が山に当たり、眺めはイマイチだった。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする