モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

鳥海山・祓川斜面で紅葉狩り(2021年10月10日)

2021-10-23 | 鳥海山/祓川・秋

栗駒山と違い、鳥海山の紅葉が話題になることはあまり多くない。
何故だろうか。
私がざっと見た範囲では、鳥海山山頂部はハイマツや笹、ミヤマハンノキなどに覆われている。

これらの植物はいずれも紅葉しない(ミヤマハンノキの葉は紅葉する前に風に飛ばされてしまう)
これでは紅葉しろと言うのも無理な話である。
そのかわり、西側中腹にある鳥海湖付近や千畳ヶ原では素晴らしい草紅葉が見られる(例えばこちら)。
一方、北側の祓川斜面は落葉広葉樹が比較的多いので、
例年ならば9月下旬~10月上旬になるとそこそこ紅葉するものだが、
今年はどうだろう。
9月29日に行ってみたところ、まだほとんど紅葉してなかった(記録はこちら)。

栗駒山など奥羽山系の高山では例年よりも一週間以上も早く紅葉しているというのに今年の鳥海山は遅れている。
10月10日ならばそろそろ好いかなと思い、また出かけてみた。

6時ちょっと過ぎ、標高1200mの祓川駐車場に到着したら、大勢のカメラマンが三脚を立てていた。
こんなに朝早くから紅葉の撮影に来るとは凄いなと思ったら、皆さんのカメラは一様に東の方を向いていた。

ここはカメラマン諸氏にとっては日の出の撮影スポットだったのだ。
というわけで、 (´π`;)私も釣られて・・・。

祓川駐車場から見た日の出



カメラマン諸氏からは怒られるかもしれないが、日の出や日没シーンの写真にはあまり興味がない。
露出補正しながら、10数枚撮ったところで、何だかあほらしくなって止めた。
肉眼で見た印象に最も近いかなと感じた一枚で放免頂きたい。

ところで今日の鳥海山は・・・
と南側を見ると、山頂部はスッポリと雲に包まれていた。

祓川・竜ヶ原湿原から見た鳥海山



それでも中腹の紅葉を見るには支障ないと判断し、登ってみることにした。

竜ヶ原湿原を通り過ぎ、これから登るタッチラ坂を祓川神社跡地から眺めると、まあまあの色付きだった。




坂を少し登って左側の斜面を見下ろすと、こちらもほどほどに赤味が出ていた。

その後は、うす暗い樹林帯の中を歩くので、見通しは好くない。
以前は紅葉のトンネルをくぐって登ったように記憶しているが、今回は紅葉している実感があまり無かった。
曇って光量が足りないせいだろうか。いずれにしろ、色がめそっとしている。

紅葉トンネル






オオカメノキの紅葉                                 タケシマランの実
 


タッチラ坂の道端には凄い形相のダケカンバの老木が幾つか有った。

夏場は木の葉に覆われ、見えにくいのだが、秋も深まって葉が落ちだすと目立つようになる。

ダケカンバの老木



向かいに生えていたナナカマド




林の切れ目から遠くの斜面の紅葉がちらりと見えた。
いろんな色が混じって油絵を見ているようだった。

遠くの斜面の紅葉



六合目・賽の河原が近づくと、鳥海山(七高山)が見えるはずだが、今日は雲をかぶっていた。

この先、高い樹木は少なくなる。

賽の河原から、鳥海山(七高山)方面を覗く。



ダケカンバの樹形がおみごと。
こちらは下山時に撮影したもの。朝の登山時は逆光になり、よく見えない。




下山時、賽の河原の雪渓跡を俯瞰。
こちらも朝の登山時は陰になりよく見えない。




モミジカラマツの残花                                
御田の池塘
 



御田の眺めは9月29日とほとんど変化なし。




御田のこの付近は紅葉が奇麗だった。







康ケルンを過ぎ、七つ釜、八合目まで上がると、樹木の紅葉はいよいよ終わり。

康ケルン付近から下側の紅葉を俯瞰



八合目付近、最後の紅葉。

ナナカマドとミヤマセンキュウ                             ネバリノギランの草紅葉
 


チョウカイアザミの残り花                               
 康新道の台
 



今回は祓川ルートの紅葉を見ることが目的なので、山頂には行かない。

ここで引き返してもいいのだが、
折角、八合目まで来たのだから、少し先、
康新道のカルデラ断崖まで行くことにした。
カルデラの中の紅葉を覗き込みながら、それをおかずにして昼飯を食べようと思う。

鳥海山本体は雲をかぶったまま。




康新道に紅葉は無かった。

今日の終着点、康新道のカルデラ断崖に到着した。

カルデラ断崖から稲倉岳を望む。



前回(9月29日)と違い、カルデラ対岸の稲倉岳はよく見えるものの、
鳥海山本体にかかる雲の影響でカルデラ内部には暗い影が差している。

そのため期待していたカルデラ内部の紅葉はあまりよく見えなかった。

それよりも今回は風が凄く強い。断崖のへりに立つと吹き飛ばされそうだった。

肝試し。断崖から下を覗く。以前、見たものに較べると赤味が足りないように感じた。




北側の断崖






よって断崖上での昼飯は諦めた。来た道を少し戻り、風の弱い草むらに陣取り、握り飯とした。

祓川まで下山したら鳥海山から雲が取れて来た。





10月18日は寒かった。予想通り、鳥海山には初冠雪。例年よりは8日遅いとのこと。
翌19日の朝は秋田市の自宅付近からも雪姿の鳥海山が見えた。




いきなり大量の雪が中腹、1000mくらいの高さまで降っていた。
紅葉はかなりのダメージを受けたことだろう。

あまり奇麗とは言えなかったが、一週間前に見ておいてよかったと思う。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八甲田山は紅葉してるかな。(2019年10月10日)

2021-10-22 | 八甲田山

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイク、更にレイアウトを少し変更し、再アップしたものである。

紅葉時期、八甲田山は過去に三回ほど掠めている。
最初は2008年の10月8日と翌9日(八甲田は葉っ紅だ!壱 ・ )。この時は道路から眺めただけだが、凄まじい紅葉だった。
次いで、2015年の10月21日。この日は主に蔦温泉付近の晩期紅葉を愉しんだ(記録はこちら)。
三度目は2017年9月22日。この日は毛無岱を散策しただけ。まだ十分紅くなっていなかった(↓写真。記録はこちら)。

2017/09/22 下毛無岱の眺め 



今回はちゃんと登山しながら紅葉を鑑賞してみようと、最も紅かった前例に倣い、10月10日に出かけてみた。

コースは夏場の6月19日と同じ。酸ヶ湯温泉から仙人岱経由で大岳に登り、
(余力が有れば、井戸岳、赤倉岳にも寄って)毛無岱を通って酸ヶ湯温泉に下る周回ルートだ。

今回の非合法マップ。



この日は秋田市自宅を午前3時前に出発、6時丁度に登山開始。

まだうす暗くてよくわからなかったが、酸ヶ湯付近の紅葉の進み具合は二、三分くらいだろうか。
なお出発時、山は雲で覆われ、見えなかった。 

樹林帯のトンネル道                                   シラタマノキの実
 

登山道脇の樹木はまだ緑のままだった。
もう少し登ったら、紅葉してるかなと期待したが、今回は必ずしもそうではなかった。

地獄湯の沢 



このコース、紅葉はほとんど無かったが、歩いているうちに雲がドンドン取れ、晴れ上がって行ったのは嬉しかった。

大岳山頂が近づくと、少しだけ草紅葉があったが、樹木の紅葉は無し。
大岳の上半分は針葉樹や笹に覆われており、紅葉したくても出来ない山なんだと後になって気付く
(同じような現象は八幡平や森吉山、真昼岳などでも経験している)。

チングルマとネバリノギランの草紅葉



そのため撮影で立ち止まることも少なく、8時には山頂に着いてしまった。

今回は山頂標がリニューアルしていた。

材料は青森ヒバなのか、ハッとするような香りが漂っていた。




今日の山頂からの展望は素晴らしかった。今まで登った中では最高と言える。

今回は紅葉よりも山岳展望に徹しよう。

南側は・・・

手前は硫黄岳(1360m)、中景は左に南八甲田・乗鞍岳(1450m)、右に駒ヶ峰(1416m)、奥に岩手山や八幡平。

                             

櫛ヶ峰の左に森吉山が見えたが、そのすぐ右のシルエットは・・・。



もしかしたら鳥海山。正しければ、個人的には最も北から眺めた鳥海山と言える。

それはさておき、その左には・・・

南八甲田の乗鞍岳(1450m)越しに岩手山
 



手前は南八甲田の赤倉岳(1298m)だが、

中景左側は戸来岳/三ツ岳(1159m)、奥の真ん中辺は早池峰山と推測。



 

北側は・・・
田茂やち岳山頂と青森市街地を望む。



「北海道が見える!!」

と山頂で大声を発する御方(70歳台男性)も居たが、
私が見る限りは下北半島(恐山の山塊)を見誤っているようだった。こういう時は敢えて口を差し挟まない方が良さそう。

避難小屋に向かって降りる。

井戸岳と避難小屋



大岳から下る余勢を借りて、井戸岳へ駆け上がる。
井戸岳山頂手前から望む小岳や高田大岳は素晴らしい。

どちらもアオモリトドマツと笹に覆われており、紅葉は皆無だが、それはそれで美しい。

小岳(1478m)



高田大岳(1552m)と雛岳(1240m)。親子のピラミッドのようだ。




井戸岳、赤倉岳山頂部には
また違う山岳風景が広がっていた。

井戸岳の火口内面、ほぼ全景。


 

赤倉岳の断崖と青森市街地。



赤倉岳からこれから向かう毛無岱の湿原を見下ろす。

 



赤倉岳からの帰り、南側の展望を今一度復習。




避難小屋まで戻り、そこから低木林帯を毛無岱へと降下して行く。
 一昨年、訪ねた時はまだ紅葉が始まったばかりだった(冒頭写真)が、今回はどうだろうか。


上毛無岱の草紅葉。バックは南八甲田の櫛ヶ峰(1517m)と横岳(1340m)。


 

草紅葉のこんがり焼け具合は申し分なかったが、周りの樹木紅葉は上毛無岱ではもう終わっていた。

上毛無岱から北八甲田の赤倉岳(15481m)と井戸岳(1537m)を振り返る。



上毛無岱丸池付近。
今日はここで昼飯とした。




草紅葉は太陽光角度の関係か、南側の方が赤味を強く感じた。

上下、毛無岱間の階段は人気スポット、ここから見下ろす紅葉時の下毛無岱は絶景と言える。

いつもなら階段に立ち止まったまま撮影している人が居て、こちらの撮影に難儀するのだが、今回は珍しく居なかった。

階段から下毛無岱を望む。



階段も終わりが近づいてきた。

 


ここから先は下毛無岱。

北側、田茂やち岳方面を望む。


 

こちらもやはり南側の方がこんがり焼けていた。

下毛無岱の草紅葉。バックは南八甲田の櫛ヶ峰(1517m)と横岳(1340m)。 

 

今日は遠くの山はよく見えるのに何故か近場の岩木山がイマイチだった。

下毛無岱から岩木山。
 



下毛無岱から赤倉岳(15481m)と井戸岳(1537m)、八甲田大岳(1585m)。



下毛無岱湿原下部から八甲田大岳(1585m)



今日は下毛無岱まで降りて初めて樹木紅葉を観た。

しかし2008年10月8日と翌9日(八甲田は葉っ紅だ!壱 ・ )と較べると、圧倒的に赤味が足りない。
今年は多くの山で紅葉が遅いと言われる。
ここはもしかしたらこれからもう少し赤くなるのかもしれないが、
私が見た限りでは落葉した木も多く、今年は稀に見る紅葉の不作年なのかと思ったりして・・・。

もうすぐ酸ヶ湯温泉。

酸ヶ湯温泉と大駐車場を望む。                              酸ヶ湯温泉と大岳。
 



酸ヶ湯に下山して時計を見たら、正午を少し過ぎたばかりだった。
このまま秋田にまっすぐ帰るのもなんか勿体ない。そう言えば南八甲田の赤沼にはまだ行ったことが無かった。
今日は時間に余裕も有るので、これから行ってみることにした。

ここは普段なら(紅葉時期などを除き)ひと気の少ない場所と聞いていたが、今日はどうしたんだろう。

仙人橋の駐車場が満杯に近く、警察車両も停まっていた。
まだ紅葉していないブナ林を歩くこと30分と少しで赤沼に到着。

こちらもほとんど紅葉してなかった。

赤沼。バックの山は赤倉岳。



赤沼は透明度が(国内では)摩周湖に次いで二位とか三位だとか。

午後から訪ねたので、逆光になって見えにくいかなと思ったが、いざ行ってみるとさすがの絶景だった。

なお沼を見終わって、帰ろうとしたら、警察官や捜索隊のような格好をした男性がゾロゾロと森の中から現れ、吃驚した。
聞くところでは、「山狩りをしていた。昨年、遭難したと思われる御方の頭蓋骨が
最近、森の中で見つかったので、今日は頭蓋骨以外の骨を探していた。」とか。

入口の駐車場が混み合っていたのはそのせいだった。

ここにはしっかり紅葉している時期を見計らい、また来てみようと思う。



モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グレートフラット・大白森(2016年10月16日)

2021-10-21 | 乳頭・千沼ヶ原/秋

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。写真を加え、再アップ。)

乳頭山や秋田駒に登ると南八幡平の樹海の中に空母、あるいはカッパ禿のように山頂が平らな草原になっている山が見える。
いつか訪ねてみようと思う一方で、途中のブナ林でクマさんに遭ったらどうしよう
とも思っていた((-_-;)今年春、この山域でクマさんに遭遇している)。


2016/10/02 乳頭山に登る途中から見た大白森。バックは森吉山。
 


大白森 




10月16日は紅葉シーズンの日曜日でしかも晴天。

こういう日ならば登山者も少しは居るだろうと思い、大白森に行くことにした。
結果として(私の登っている間に)団体さんや大型犬を連れた夫婦も含め、30名近い登山者が切れ目なく登っていたので
クマさんの脅威もなく、世にも不思議な山上草原の眺めとブナの紅葉を満喫出来た。


 


登山口は有名な乳頭温泉郷の中でも人気の鶴の湯温泉。




温泉手前の鶴の湯神社から登山が始まる。
神社を過ぎると、広い林道を少し歩き、再び登山道、杉林やカラマツ林が続く。

「金取坂」という意味深な名称の急な上り坂を越えたら、いよいよ紅葉が始まっていた。







ブナの林も色づき出していた。

 


乳頭山や蟹場温泉への分岐点まで来たら、

これから先はブナ林の稜線歩きとなる。
稜線歩きだから、快適かと思うと、そうではない。
下写真の登山道などは草が生えているものの、ズボズボで底なし沼のようだった。




この稜線はぬかるみが多いと聞いていたので、ゴム長も携え、途中で履き替えした。

何故か弘進ゴムの長靴

 

ちょっと長い登りがあるが




それを過ぎたら、アオモリトドマツが混じり出し、けっこう広い湿原が・・・




いつの間にか小白森の間っ平らな山頂に来ていたのだ。

小白森の山頂(1144m)から秋田駒ヶ岳を望む。



マルバマンサクの紅葉



再び、アオモリトドマツやブナ林に突入。

 


おっ。少し開けて来たなと思ったら、

あっという間にこの光景。

東側、八幡平南部や岩手山を望む。



少し歩くと、真っ平らになった。
山座同定を試みる。




これがグレートフラット・大白森の山頂?なり。

西側は平原のみ
(厳密には森吉山が有るが、この日は何故か靄に包まれていた)。 



北側は茫漠とした八幡平。中央の凸部はもっこ岳。




曲崎山と八幡平、もっこ岳 







この先は樹林帯となる。

東側をアップで。池塘はここ一箇所のようだ。

岩手山と三ツ石山の重なり



左から小乳頭山、乳頭山、笊森山



南側は。

秋田駒ヶ岳 

 




西の方は空と草原のみ。




季節的にも湿原に咲いている花は皆無だった。

初夏の頃に咲いた花の名残を。

チングルマ                                       ヒメシャクナゲ
 


秋田には他にも平坦な山頂を持つ山が幾つかある。その多くは広大な湿原になっている。

他に登ったのは、田代岳虎毛山など。 

モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リベンジ・栗駒山紅葉。後編(2021年10月4日)

2021-10-19 | 栗駒山/秋

(本頁は「リベンジ・栗駒山紅葉。前編」の続きです。)

展望岩頭を降り切った鞍部から先はぬかるみ箇所も無くなり、快適な稜線歩きとなる。
目の前に連なる小ピークはやがて秣岳になるが、ところどころが禿げて小麦色になっている。

鞍部から秣岳に連なるピーク群を望む。左から1397mピーク、(仮称)モンサンミッシェル峰、秣岳。



この禿げは昭和時代は「しろがね草原」と呼ばれていた。

最近は、地図によっては「しろがね湿原」とも表現されているが、
いつの間に湿原に変わったのだろう。不思議に思い、この身をもって確かめたところ、
湿原ではなく、立派な草原だった。植生学上は「雪田草原」と呼ぶもののようだ。
似たような風景は鳥海山では鳥の海周辺や千畳ヶ原にあるが、奥羽山系では比較的珍しいかなと思う。

しろがね草原






しろがね草原から焼石岳を望む。



しろがね草原越しに虎毛山。



しろがね草原から展望岩頭を振り返る。



1397mピークの稜線を進むと、ある地点から突然、目の前に広い草原(一部、中間湿原)と小さな岩のピークが現れる。

(仮称)モンサンミッシェル峰



少し近づいて



このピークは、その形がとある世界遺産に似ていることから、
最近、一部の登山者の間で「モンサンミッシェル」と呼ばれるようになった。
いつもならば、ピークの岩の上で昼の休憩とするところだが、
今日は時間帯的にも混雑が予想されたので、
その手前の道端で握り飯を食べ始めた。
そして木道を歩く登山者が途切れた隙を見計らい、写真を撮った。

モンサンミッシェルの岩の上から秣岳の左側と泥湯三山を望む。奥にかすかに鳥海山。



モンサンミッシェルの岩の上から秣岳を望む。



モンサンミッシェル峰の次はいよいよ秣岳だ。
その間にはまたまた気持ちの良い草原(一部、中間湿原)が広がっている。

奥の山々は左から虎毛山、神室連峰(小又山、天狗森、神室山、前神室山)



ここには見慣れぬ針葉樹の疎林がある。これはアオモリトドマツ(オオシラビソ)だ。




この針葉樹は鳥海山や朝日山地など東北の日本海側高山では欠如している。
奥羽脊梁では、八甲田山、八幡平周辺、森吉山などには豊富だが、
秋田駒ヶ岳より南では欠如している。そして蔵王でまた現れ、有名な樹氷となる。
秋田駒ヶ岳と(蔵王山北部の)山形神室岳の間、約160kmの奥羽山脈にこの木は無いと思われていたが、
50年前頃、秣岳のこの場所で発見された。
大昔、アオモモリトドマツは奥羽山脈一帯に生えていた(と思われる)が、豪雪とか何らかの理由でこの区間では絶滅した。
がここでは生き延びていた。ここはアオモリトドマツの聖地のようだ。

秣岳南側の草紅葉



秣岳からアオモリトドマツ林越しにモンサンミッシェル峰を振り返る。




秣岳はこの一帯では一番高い山だが、山頂からの展望はあまり好くない。
ただし山頂の直前から須川湖が見えて来る。

足元に須川湖や須川高原。奥の山並みは焼石岳。



ここではいつも須川湖湖畔に駐車中の柿の種号探しをする。皆さんには見えますかな。




展望岩頭を振り返ったら、左側に栗駒山が見えるようになっていた。




山頂を過ぎ、少し下って行くと、秋田側の景色がよく見えて来る。

左手前から吹突岳、泥湯三山、奥にうっすらと鳥海山



河童の禿げアタマのような地形とトラバース道



手前に河童の禿げアタマのような地形があるが、今回はそこがほどよく紅葉していた。

その手前の鞍部まで急坂を降下、次は横に伸びる断層線?をトラバースして右の森へ降りて行く。

例のトラバース道はちょっと不思議な地形になっている。
岩盤が剝きだしで、上から水がしたたり落ちており、滑って歩きにくい。
季節によってはこの場所はちょっとしたお花畑になるようだ。

なおここから望む秣岳は尖っている。

秣岳の意外な表情



トラバース道が終わると、深いブナの森になる。
今日、歩いたコースの中では唯一のブナ林、ここで見た紅葉や木の実などを。

ブナ林の中の紅葉



オオカメノキの紅葉                                   タムシバの実
 



秣岳の登山口標識には自転車が縛られていた。
おそらくは私同様、周回登山をした人が登山終了後、(須川温泉の)駐車場まで使うつもりで置いたものと思われる。

秣岳の登山口                                  須川湖駐車中の柿の種号
 



須川湖に駐車した柿の種号と再会する。
最後に須川湖からまわりの山々を望む。今日はこれらの山をぐるっと廻って来た。

栗駒山と展望岩頭。手前に剣岳。



秣岳




モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リベンジ・栗駒山紅葉。前編(2021年10月4日)

2021-10-18 | 栗駒山/秋

家内から突然、山行きの許可?が出たので、10月4日(月曜日)は栗駒山へと向かった。
このお山は9月29日にも行ったが、登山口に着いたら悪天候だったので、急遽、登山を中止(代わりに鳥海山へ。記録はこちら)。
今回はそのリベンジだった。未明3時半に秋田市自宅を出発、6時頃、須川湖に到着した。
山靴に履き替えていたら、秣岳が黄金色に輝き出した。こんな奇麗な秣岳を見たのは初めてだ。

秣岳が黄金色に輝いた時



 








その数分後には緑っぽいいつもの姿に戻っていた。
紅味はなかったが、これもモルゲンロートのひとつだったのか。

今回の非合法マップ



6時半頃、須川湖を出発。約30分間、舗装道路をテクテク歩いて須川温泉へ行く。
栗駒山への登山道はここから始まる。朝早いせいか登山者はあまり居なかった。

名残ヶ原から栗駒山と剣岳を望む。



苔花台から産沼コースに入り、山頂には9時ちょうどに到着。須川湖からだと二時間半だった。

このコースを歩くときはガスに巻かれることが多いのだが、今回は晴天なので途中の景色もよく見えた。

産沼コースから焼石岳



産沼コースから剣岳



産沼コースから展望岩頭



ただ残念だったのは、視程がイマイチで鳥海山など遠くの山は霞んでよく見えなかった。

それと山頂部の紅葉はもう終わっていた。

産沼



産沼コースから栗駒山を望む。



産沼コースから岩手側を振り返る。



栗駒山の山頂は平日月曜、朝9時だというのに (;゚Д゚)なんじゃ。こりは!と言いたいほど人が多かった。
須川温泉から登る人は疎らなのに、こんなに密なのは宮城側、いわかがみ平から来た人が桁違いに多いからだろう。
山頂標の脇では記念撮影の順番待ち。多くの皆さんはこの撮影が終わったら、そのまま出発地へ下るみたいだが、
私は
いつも勿体ないなと思う。
山頂の喧騒は昔から嫌なので、私は約30秒で通過。天狗平方面に下って行く。

山頂付近から宮城側中央コース方面を見下ろす。それほど紅くなかった。



栗駒山頂を振り返る。



宮城側、御室方面を眺める。



山頂稜線からの眺めは、個人的には岩手、秋田側の方が変化に富んで面白いと思っている。

展望岩頭まで行くと、まずは昭和湖が見えて来る。




展望岩頭から秋田県側の眺めはいつも素晴らしいが、今日は視程がイマイチで鳥海山はぼんやり。

また風が強く、あおられて転倒するほどだった。風が弱ければ、ここでひと休みするのだが、今日は足早に通過することにした。




竜泉ヶ原



竜泉ヶ原の少し西側にある湿原



秣岳に続く稜線としろがね草原越しに泥湯三山や吹突岳を望む。




展望岩頭からの降下中、珍しくクジャクチョウに遭遇。




稜線の紅葉はもう終わっていた。
残っていたミヤマナラの紅葉は意外と奇麗だった。

 



展望岩頭から降下する樹林帯の道はところどころ洗堀されて酷い状態だった。


後編」へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする