モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

鳥海山の紅葉はどうだろう。(2014年9月27日)

2021-09-30 | 鳥海山/鉾立・秋

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

前週に月山や秋田駒ヶ岳に行ったら、紅葉が始まっていた。
鳥海山の紅葉もそろそろ見頃かなと思い、9月27日に行ってみた。

天気は好く、眺めもすこぶる良好だったが・・・

紅葉は (´π`; 今ひとつという感じ。
秋に何度も登っているという登山者に聞いても、鳥海山で奇麗な紅葉を見たという話は出なかった。

いつもなら鉾立から歩いて出会った順番に風景を紹介するところだが、今回はいきなり終点に近い御浜、それもお鍋ちゃんから。
(早朝の鳥海山は鉾立から登ると、逆光で景色が見えにくい。今回は太陽高度の上がる御浜まで撮影を我慢した。)

めんこい鳥海山 = 鍋森 1652m



鍋森の右に屏風のように連なる山は笙ヶ岳、二峰、三峰。



お鍋ちゃんと鳥の海との位置関係はこのようになっている。

御浜より見下ろした鳥の海、鍋森。バックは庄内平野、左隅に月山。



今回の非合法マップ




鳥の海の南西側には千畳ヶ原と呼ばれる草原が広がる。

今日は草紅葉がほどよく焼けていた。

御田ヶ原付近から千畳ヶ原を望む。奥の山は月山森(1650m)、その彼方に月山。



庄内平野も草紅葉してるように見えるが、あちらは稲穂の色。




蛇石流(じゃいしながれ)



やがては月光川、吹浦川となる川の始まり付近なのに此処には『蛇石流』とちゃんとした名前がついていた。

最初の仕事は鳥の海(鍋森)と千畳ヶ原を分かつこと。

今日、稜線で出会った草紅葉。

ホソバイワベンケイの草紅葉                           チングルマなどの草紅葉
 


何やらいかつい感じの山が見えた。




北面の武士 = 稲倉岳 1554m



七五三掛(しめかげ)から北の方角を望む。




爆裂カルデラ内の林が色づいている。




七五三掛から新山を望む。




七五三掛より上の紅葉は既に終わったのか、はたまた紅葉しないのか。
よくわからないが、今日はここで引き返すこととする(今回の登山は紅葉の確認が目的だ)。

前回(8月24日、記録はこちら)同様、御田ヶ原分岐から鳥の海方面に向かう。

行く手には笙ヶ岳を控えた鍋森






蛇石流に落ちる斜面の草紅葉はモフモフした感じが心地よい。




鳥の海分岐付近まで降下し、鳥海山本体を振り返る。
左側の山体を刻む渓谷は蛇石流。




あっという間に鳥の海に到着。

前回(記録はこちら)、残っていた雪田は消えてしまっていた。




湖面に草紅葉が映っている。




扇子森



鳥海山本体を望む。



紅葉が不振な理由がひとつわかった。

ご覧の通り、この高さの鳥海山は紅葉する樹木(落葉広葉樹)がとても少ない。
緑の部分は常緑のササやハイマツばっかしなのだ。
これでは紅葉したくても出来ない。

鳥海山、鳥の海、草紅葉を眺めながら昼餉をしたたむる。







斯様に素晴らしい大自然の景色の中で自分はしばし至福のひと時を過ごしていたが・・・

ちょうど同じ頃、長野岐阜県境の御嶽山が噴火していた。
このことは下山後、車のラジオで知った。実は鳥海山も活火山で40年くらい前に噴火している。他人事とは思えなかった。
犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げる。




鳥の海に別れを告げ、帰途につく。
かと思うと、逆にこれから入る人も居る。




鍋森も見る角度によって少し形が変わる。


鍋森



笙ヶ岳の斜面のシェイプはいつ見ても綺麗だなと思う。

なんか美人のえりあしを想像してしまう。




長坂道稜線から河原宿、賽の河原を経て鉾立に向かう。

県境付近から稲倉岳方面(山形県)を望む。



鉾立付近(秋田県)から望んだ稲倉岳(山形県)と奈曽渓谷



鉾立付近(秋田県)から望んだ奈曽渓谷と鳥海山(山形県)



こちらはもう数日したらもっと紅くなるかもしれない。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

禿岳でちょっと珍しい花を見た。(2021年9月15日)

2021-09-28 | 甑山・神室・禿岳

不要不急の県外往来は避けるよう言われて久しいが、
今回は秋田で見られないちょっと珍しい花が丁度今咲いてるようなので、
敢えて禁を破り、宮城山形県境にある禿岳に行ってみた。なお禿の読みは「はげ」ではなく、「かむろ」だ。
近くに神室山が有り、紛らわしいので、「はげかむろ」と呼ぶ人も多い。

このお山、晴天ならば、とても眺めのいい山だが、15日の朝は帽子=雲をかぶっていた。
登っているうちに晴れて来るだろうと楽観的に解釈し、花立峠から登山開始。

花立峠の登山口から禿岳を望む。



今回の非合法マップ




歩き出してすぐ、まずはオオナンバンギセルの残り花。次いでセンブリがいっぱい。

オオナンバンギセルの残り花                                センブリ
 



一合目付近のブナ林




林の中に花は皆無。唯一、咲いていたのはギンリョウソウモドキくらいだった。

ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)                        キノコが少し
 



エゾシオガマ




ところで秋田で見られないちょっと珍しい花とは何か。
それはマツムシソウのことだ。
マツムシソウは秋田県版レッドデータブック2014によると、「絶滅」となっている。
また隣県の山形では絶滅危惧IA類 (CR)、宮城でも絶滅危惧II類(VU)とのこと。
個人的には信州の高原などで数回見ているが、東北では宮城の南部や福島の一部を除き、聞いたことが無い。
一昨年、宮城の友人から、秋田に近い禿岳に有ると教えられ、いつか見に行きたいものだと機をうかがっていた。
開花時期は九月の中旬以降なので信州の高原に較べると少し遅いように感じる。
今回、私が見つけたものは、花が貧弱でしかもたったひと株だった。
宮城でも今ではかなり少なくなっている。大事に見守って行きたいものだ。

マツムシソウ                                     エゾリンドウ?
 



この山のリンドウは葉腋にも花がついていた。となるとエゾリンドウということになるが、

同じ場所に茎頂に一個だけ、貧弱な花が付くタイプも有り、迷ってしまう。
東北地方の高山に多いエゾオヤマリンドウとはいったい何なんだろう。


稜線を登るうちに晴れ上がり、樹林の途切れた場所から下界の景色が見えるようになって来た。
鬼首カルデラの眺めが素晴らしいのだが、この山からはもうひとつ、向町カルデラも南側に見える。
禿岳は両方のカルデラの外輪山となっている。こういう山は珍しいと思う。

鬼首カルデラの眺め



向町カルデラ




途中から禿岳を望む。                                                                                    四合目から五合目にかけては急な坂道が続く。
 



オオカメノキの実



ミズキの実




鬼首カルデラの中に奇麗な田んぼが見えた。




ところが奇麗な田んぼの手前には工業団地のようなものが出来ていた。




昨年、来た時は無かったように記憶しているが、これはソーラーパネルの列のようだ。

山頂近くからの眺め。

鬼首カルデラ



栗駒山方面



虎毛山、須金岳方面




カルデラ壁の急斜面




山頂近くなったら、ナナカマドが多くなってきた。




イワショウブの古花                                  禿岳山頂

 



禿岳の山頂は晴れていればとても眺めのいい処だが、
今日は視程がイマイチで遠くの山々はぼんやりとしか見えなかった。

禿岳山頂から神室連峰。左から小又山、天狗森、神室山。



下山した時は禿岳が見えていたが、この後すぐに雨が降り出し、姿は見えなくなった。




下山してから、山麓で見た花風景。

テンニンソウにアサギマダラ                        サラシナショウマにイカリモンガだろうか。
 



カメバヒキオコシ




オタカラコウは秋田ではなかなか見られない花だ。

 



近くの虎毛山の赤倉沢が分布の北限と聞くが、私はまだそこでは見たことがない。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めての神室山(2016年9月24日)

2021-09-27 | 甑山・神室・禿岳

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

神室山は本来ならばキヌガサソウの咲く6月に行きたかった。
遅れに遅れたが、9月24日に初めてその頂きを踏むことが出来た。

それにしても (´π`;)ハードな山だった。秋の宮から西ノ又コースを登り、パノラマコース経由で下りたが、
写真撮影を500枚程度に抑えたにもかかわらず、登りに四時間半、下りに三時間半もかかってしまった。
とても歯ごたえのある山だった。

この日は秋の宮で夜明けを迎えた。神室山方面はしっかり晴れていた。

朝5時頃、湯沢市秋の宮から望む。右の三角形が前神室山。神室山本体はその陰になり見えない。



役内集落の終わりからパノラマコース登山口までは未舗装で腹擦りながらも、車は乗り入れ出来た。

問題は西ノ又コースのその先だが、林道終点の前に冠水箇所が有り、下手をすると身動きできなくなる可能性あり。
下りも考慮すれば、パノラマコース登山口に車を置き、テクテク歩いた方が得策だと思った。

パノラマコース登山口。
パノラマコースは看板から右上に登るが、西ノ又コースは左の草深い林道をさらに進む。



登山口の標高は約410mなので山頂(1365m)までの標高差は約950m。

1000m無いから、たいしたことはなかろうと思ったが、
(´π`;)とんでもない。
その後まもなくこの山の厳しさをいやというほど味わうことになった。

非合法マップ
 



このコースに吊橋は二か所ある。第一吊橋はけっこう揺れた。一人ずつ渡った方がいいと思う。

西ノ又の谷間は奥へ行くほど険悪な雰囲気になって行く。



  

「この先登山道が不明瞭なので・・・」との案内板。  登山道が消えたと思ったら、左側にロープが垂れていた。 

 


第二吊橋から三十三尋の滝までの間が前半の難儀の頂点だろうか。
「老いて猶・・・」の金属製看板に励まされる。

 


渓谷にずり落ちないよう慎重に歩いていたが、三十三尋の滝を過ぎた渡渉点で、思いがけず足を滑らせてしまった。
さいわい怪我はなかったが、渡渉を甘く見てはいけない。

不動明王に無事を感謝。




写真は省略するが、渓谷沿いで見かけた花は、
テンニンソウ、サラシナショウマ、キツリフネ、ダイモンジソウ、フキユキノシタなど。

その後の胸突八丁の登りはやはりしんどかった。

ふり返ると樹間に前神室山の姿が見え、ホッとするが、その後も急な登りが続く。




やがて樹林帯が終わり、急に視界が開けるようになる(クマの昼寝坂付近)。




御田の神(マミヤ平)に到着。




後ろの山は西ノ又沢源流部の稜線であり、神室山ではない。
御田の神は夏場ならばいろんな花が咲き乱れる場所なんだろう。今はキンコウカの草紅葉くらいだ。




稜線に向かい、笹薮の細道を進む。

道の両側から水がしみ出している。此処では夏場いろんな花が咲いてたようだ。
写真は省略するが、チョウジギク、オニシオガマなどの枯れ花、現役ではエゾオヤマリンドウを見かけた。




窓くぐりの手前には国内最大(世界最大)のキヌガサソウの群生地が有ると言うが、
今は枯れてしまい、葉っぱ一枚を見ただけだった。

キヌガサソウの証拠                                      窓くぐり
 


「窓くぐり」をくぐると一気に視界が開ける。
初めて見る神室山本体(秋田側)の山肌はけっこう厳しかった。こういう襞々は秋田の山では珍しい。




大役内川の源流部 。




反対側には一段と雄々しくなった前神室山が。




山頂部稜線には少しだけ残り花が有った。

タテヤマウツボグサの残花。                              ハクサンフウロの残花 。
 

センジュガンピの残花。                                 神室山山頂を望む。 
 


山頂に到着。
バックは虎毛山。




山頂から東側の山々と役内川の谷間を望む。

左から山伏岳、高松岳、栗駒山(雲をかぶっている)、そして虎毛山。




南に神室連峰の最高峰。小又山(1367m)。
神室山よりも2mだけ高い。

 
                                           西の雲間から鳥海山。

今日、鳥海山はちょっとだけしか見えなかった。

西ノ又の分岐まで戻る。

そこから形のいい前神室山を目指し、西ノ又沢の稜線を辿るが、これがけっこう長かった。




ナナカマドの実




前神室山稜線から振り返る。

左から小又山(天狗森と重なっている)、火打岳。




前神室山の稜線から北側(横手盆地)を望む。




このコース、パノラマコースと呼ばれているが、樹木に覆われ、見通しはほとんど効かない。
樹林越しに役内の集落を俯瞰。




その後、杉林になり、あっという間に下山。

山麓(川井付近)から振り返ると、西ノ又沢源流部は雲に包まれていた。




(´π`;)しんどい山だった。あとで登った虎毛山(こちら)や和賀岳(こちら)よりも・・・。
秋田の山としては最も難儀な山ではないかと思うが、
国内最大(世界最大)のキヌガサソウを見るために最低もう一回、登らなければならない。

⇒ 二回目の神室山の記録はこちら


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初秋の早坂高原を駆ける。(2011年9月15日)

2021-09-26 | 早坂高原

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

9月下旬以降は本業が忙しくなりそうだ。少なくとも二週続く連休は全滅の予定。
ならば休みの取れるうちにと、急遽9月15日の木曜日に休みを入れてみた。

運のよいことにその日は晴れた。今年の恒例行事になった半月ごとの某高原参りに行ってみよう。




9月15日の早坂高原、さすがにオミナエシの花は終わっていた。

花は終わっても、黄色味はしばらく残る。それは茎のような花軸も黄色味を帯びているせいだ。
今の季節はこの花の持つシースルー効果がいかんなく発揮されている。

 



次いでミソハギの草紅葉だが、
お気づきだろうか。中ほどにオミナエシが立っている。

ミソハギ                                        ツリガネニンジン

 


このように前面に有っても、背景の植物や風景が透けて見える状態を『シースルー効果』と言う。

ツリガネニンジンもシースルー効果の持ち主だ。

秋になると、夏に活躍した花たちの第二ステージが始まる。

クサレダマの実



ハマナスの実                                         スズランの実

 



この白いパヤパヤは新顔みたい。
ヤマハハコだ。




ヤマハハコ                                                                                                                                                アキノキリンソウ

 



オミナエシの黄色の後任はアキノキリンソウだろうか。

秋になるとキク科の植物がとても多くなる。

アキノキリンソウ                                  ノコンギクとノハナショウブ(実)
 


この場所はもう数日したら、野菊のみごとなお花畑になることだろう。




ちょっと変わったアザミに遭遇。




根の漬物がヤマゴボウの名で売られているモリアザミだろうか。


こちらはたぶんノアザミの残り花だろう。タムラソウも残っていた。

ノアザミの残り花                                  タムラソウ

 


タムラソウに混じって正体不明のトウヒレン属も生えている。丈は30センチから1mまでと幅がある。




正体不明のトウヒレン属 
 


このトウヒレン属はいったい何者だろう。

手餅書籍等によれば、岩手県にあるトウヒレン属は、
イワテヒゴタイ、ナガバキタアザミ、ミヤマキタアザミ、ヒメヒゴタイ、ヤハズトウヒレン・・・。

秋の草原に咲く小さな草花たち。

ウメバチソウ。右の青白い蕾のようなものはセンボンヤリの閉鎖花。                    ウメバチソウ。真ん中辺にハナイカリの古花。
 



センブリも有った。ハナイカリはこれでも一応リンドウ科。花か実かよくわからん花だ。


センブリ                                         ハナイカリ
 


リンドウ科が続く。
いよいよ代表取締役リンドウのお出まし。

リンドウ。バックはアヤメの実。                                                                                              リンドウ。上から撮影。
 


意外に思うかもしれないが、私が野生のリンドウを見たのは今回が初めてである。

秋田の野山にあるリンドウはエゾリンドウやエゾオヤマリンドウばかりであり、花の先端(裂片)の開きはあまり良くない。
花の開くリンドウ Gentiana scabra var. buergeri は太平洋側に多く分布しているようだ。

ハマウツボ科も二種類有った。いずれも半寄生植物。

シオガマギク                                    タチコゴメグサ?

 


残念なり。今回、花の盛りは過ぎていた。

 
シラカバ林に踏み込んでみる。




林の下で見かけた花や実。
当初、ゴマナの貧弱なタイプかと思ったが、シロヨメナのようだ。

シロヨメナだろうか。
 



他にはアキノキリンソウやツリガネニンジンなどもいっぱい咲いていたが、既に出ているので省略。


秋の高原も良いもんだ。可能ならば、年内にもう一、二回来てみよう。

 


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初秋の鞍掛山。(2021年9月11日)

2021-09-24 | 岩手山と姫神山

(本頁は「三ツ石山でリンドウを見る。」の続きです。)

9月11日は午前中、三ツ石山に登ったが、午後から近くにある岩手山の支峰、鞍掛山に寄ってみた。

鞍掛山の標高は897mと低く、一時間半くらいで登ってしまうため、この山だけに登ることはまず無い。
今までは姫神山に登った後とか、平ヶ倉稜線経由で千沼ヶ原に行く前など、近くの他の山に登った前後に寄っていたが、
三ツ石山の後に来たのは今回が初めてだ。
低山ながらも、秋田ではなかなか見られない花もあるので、ついつい寄ってしまう。

鞍掛山山頂から岩手山を仰ぐ。



今回の非合法マップ



鞍掛山の散策路はよく整備されており、いつ来てもハイカーで賑わっている。

今日は土曜の午後なので家族連れがとても多かった。散策路を歩き出したらすぐに小さな男の子に遭遇。
4,5歳くらいだろうか。「迷子になっちゃった。」とハッキリ言いながらビービー泣いていた。
さいわいすぐ後からお母さんらしき人たちが現れたので、教えてあげたら後ろへ駆けて行った。
本物のお母さんではなかったが、この子の面倒は私たちが見ますとのこと。お言葉に甘えて登山を再開する。

鞍掛山の散策路



散策路沿いには花は少なかったが、いろいろなショウマ類が有った。

サラシナショウマの穂花



サラシナショウマ全体                           
ルイヨウショウマ。こちらの花は春、今は実。
 



オオバショウマは秋田ではほとんど見られない花だ。


オオバショウマの穂花



オオバショウマの特徴的な葉と草姿                            
ツルリンドウの実
 


以前、同時期に来た時はいろいろなキノコがいっぱい生えていたが、今回は何故かさっぱりだった。


不明種                                    
これはハナホウキタケ(有毒)だろうか。
 



山頂近くなると、ところどころ樹林が途切れ、小さな草花が咲いていた。


センブリ                                         
ウメバチソウ
 

アキノキリンソウ



オオナンバンギセルの残り花                                リンドウ

 


上右のリンドウは(東北の)高山に多いエゾオヤマリンドウとは別の種類だ。
太平洋側の岩手にはこのリンドウが比較的多い。


鞍掛山山頂から岩手山を望む。



鞍掛山山頂から姫神山を望む。



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする